エイジングケアもできる日焼け止めの選び方とおすすめアイテム

紫外線対策の日焼け止めで同時にエイジングケアも行う女性

日焼け止めは紫外線対策に必須。

しっかり紫外線ダメージを防ぎたいですね。

30代を超えるとUVカットだけではなく、エイジングケアも併せてできればと思いませんか?

この記事では、エイジングケアもできる日焼け止めの選び方をご紹介します。

また、おすすめのアイテムをご紹介します。

エイジングケアもできる日焼け止めの選び方とおすすめアイテムの目次

1.エイジングケアもできる日焼け止めを選びたいあなたへ

日焼け止めでエイジングケアを考える女性

エイジングケアの要の紫外線対策

なぜなら、紫外線は顔のたるみほうれい線しわなどのエイジングサインの原因だから。

そんな紫外線対策のアイテムと言えば、真っ先に思い浮かべるのが日焼け止めですね。

日焼け止めには、SPFとPAといったUVブロックの指標があります。

この2つがどれだけ紫外線ダメージを防ぐことができるかの指標です。

さらに、付加機能として、エイジングケアもできて美肌をキープできるものがあればと思いませんか?

最近では、日焼け止めの高機能化が進み、エイジングケアもできるアイテムが増えつつあります。

そこで、この記事では、エイジングケアにおすすめの日焼け止めの選び方をご紹介します。

また、エイジングケア世代の方におすすめのノンケミカルの日焼け止めをご紹介します。

「エイジングケア世代の私に合う日焼け止めの選び方は?」

「日焼け止めにどんな成分が配合されていればエイジングケアができるの?」

「エイジングケアにおすすめの日焼け止めを教えて!」

などが気になる方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。

<エイジングケアのための日焼け止め・UV化粧下地>

ナールスゲン推奨濃度配合UV化粧下地「ナールス ヴェール」

紫外線対策とエイジングケアが同時にできる!

SPF40、PA+++

ナールスゲン推奨濃度配合UV化粧下地「ナールス ヴェール」

日焼け止め・UV化粧下地「ナールス ヴェール」モデル白山真希さんインタビュー

飯塚美香さんがナールス ヴェールの使用感をレビュー!

<この記事の大切なポイント>
  • 紫外線対策はエイジングケアでとても大切です。そして、日焼け止めはそのために欠かせないアイテムです。
  • 紫外線ダメージは、紫外線の強さと浴びる時間で決まります。だから、冬でも外出時間が長い場合は、日焼け止めを塗ることが大切です。
  • エイジングでお肌はバリア機能が低下したり、薄くなります。そのため、エイジングケア世代の日焼け止めは、刺激の少ない優しいタイプを選ぶことが大切です。
  • エイジングケア世代には過度に紫外線カット力の高い日焼け止めはあまりおすすめできません。季節やライフスタイル、肌質などに合わせて、適度な紫外線カット力のある日焼け止めを選びましょう。
  • エイジングケア世代におすすめの日焼け止めは、肌に負担の少ない紫外線散乱剤のみで出来たものです。また、エイジングケア化粧品成分、保湿成分を含み、刺激性の高い成分が配合されていないものを選びましょう。

2.紫外線対策はエイジングケアの基本

紫外線対策にかかせないアイテムたち

1)日焼け止めで肌老化を防ごう

お肌の老化の原因の第一位は、紫外線による光老化です。

だからこそ、紫外線を防ぐことが、肌老化を防ぐために効果的なのです。

紫外線は大きくUVA、UVB、UVCの3種類です。

波長が長いUVAは、地表に降り注ぐ全紫外線のうち約95%を占めています。

エネルギーは弱いのですが、肌に蓄積し、じわじわと肌の奥にダメージを与えることが特徴です。特に、波長の長いロングUVA真皮の奥まで浸透します。

そのため、顔のたるみほうれい線シワたるみ毛穴などの原因になります。

波長の短いUVBは、全紫外線のうち約5%を占めています。

エネルギーは強く、短時間でサンバーンを引き起こします。

また、シミやソバカス乾燥肌の原因になります。

UVCはオゾン層に吸収されるため、地表に届くことはほとんどありません。

肌老化を防ぐためには、日焼け止めやUVカットアイテムを活用し、紫外線を防ぐことが必要です。

2)エイジングケアのために年中紫外線対策を

紫外線は時期によって量は違いますが、1年中地表に降り注いでいます。

紫外線ダメージは、

紫外線の強さ×紫外線を浴びる時間

で決まります。

短時間でも強い紫外線を浴びれば肌はダメージを受けやすく、例え紫外線の強さが弱くても長時間浴び続けることはリスクがあります。

だから、長時間外出する際は冬でも紫外線対策が必要です。

また、屋内にもUVAは入り込んできますので、太陽光が部屋に入るなら、日焼け止めを塗って肌を守りましょう。

日焼け止めに記載されている「PA」「SPF」の数値に着目すると、日焼け止めの紫外線カット力がわかります。

PAは主にUVAを防ぐ力を表したものです。

「+」マークで表示され、「+」の数が多いほど防御効果が高くなります。「+」は、1〜4までのレベルがあります。

SPFはUVBを防ぐ効果の指標です。1〜50+までの数値があり、数字が大きいほど防御効果が高いことを表しています。

屋内か屋外か、スポーツをするのかレジャーをするのかなど、使用場所や使用状況に応じて、適切なPA・SPFの数値の日焼け止めを使用しましょう。


3.エイジングが進めば紫外線ダメージと日焼け止めの負担が大きい

紫外線ダメージを受ける女性

1)エイジングで皮膚が薄くなって紫外線ダメージが大きくなる

エイジングとともに、表皮角質層セラミド天然保湿因子(NMF)が減ってしまいます。

そのため、バリア機能が低下します。

また、加齢でお肌の土台である真皮コラーゲンエラスチンプロテオグリカンヒアルロン酸などの分泌量が低下します。

そのため、真皮層は薄くなり、表皮細胞をつくる力も低下して角層の新陳代謝が遅くなって、肌の菲薄化が進みます。

その結果、紫外線ダメージを受けやすくなります。

特に、皮膚がもともと薄い目元や口元などに影響が強く現れることがあります。

だからエイジングが進むほど、しっかりと紫外線を防御する必要があるのです。

2)エイジングで肌の機能が低下して日焼け止めの負担も大きくなる

今、説明したとおり、エイジングによってバリア機能は低下しやすくなります。

また、ターンオーバーが乱れることも増えてきます。

そんなお肌は、外部刺激に弱くなります。

つまり、化粧品などの化学物質の刺激にも弱くなるのです。

だから、エイジングが進んだお肌は、紫外線からお肌を守るはずの日焼け止めも、お肌の負担になってしまいます。

年齢とともに変わるお肌の状態に配慮して、刺激の少ない優しい日焼け止めを使うことが大切です。


4.エイジングケアのための日焼け止めの選び方

日焼け止めを使用する女性

1)まずは日常生活で十分な紫外線カット力が必要

エイジングが進んだ肌は、紫外線ダメージを受けやすいことをご説明しました。

だから、季節に合わせて適度な紫外線カット力のある日焼け止めを選ぶことが大切です。

夏以外の季節の日常生活では、SPF20、PA++程度で十分です。

夏場でも、SPF30以上、PA+++以上あれば問題ないでしょう。

紫外線は1年中降り注いでいますので、1年を通して対策をすることが望ましいです。

年間を通してSPFやPAが高いものを常時使用するのではなく、季節やライフスタイルに応じた紫外線カット力の日焼け止めを選ぶとともに、夏場などはこまめに塗り直すことも意識しましょう。

日本皮膚科学会の「皮膚科Q&A 日焼けQ13サンスクリーン剤の使い方」に、日焼け止めの使い方が記載されているので、参考にしてください。

なお、日本では、紫外線量の地域差はあっても10時〜14時の間に多く降り注いでいます。

特に紫外線が強い夏場は、この時間の外出を避けることもおすすめです。

日焼け止めだけでなく、UVカット効果のある日傘や衣類などファッションで紫外線対策を行うことも効果的と言えます。

2)エイジングケア成分配合の日焼け止めを

日焼け止めでエイジングケアできることも大切な要素です。

そのため、日焼け止めを選ぶ際には、エイジングケア化粧品成分が配合された日焼け止めを選ぶことをおすすめします。

代表的なエイジングケア化粧品成分として、ナールスゲンビタミンC誘導体プラセンタエキスなどが挙げられます。

エイジングケア化粧品成分にも色々なものがありますので、自分に合った成分を見つけることがポイントです。

3)エイジングケア世代には紫外線散乱剤の日焼け止めがおすすめ

日焼け止めには、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類があります。

紫外線吸収剤は肌表面で紫外線を吸収し、化学反応を起こして紫外線の侵入を防ぎます。

一方、紫外線散乱剤は肌の上で紫外線を反射させて、紫外線の侵入を防ぐことが特徴です。

2種類を比べた場合、紫外線散乱剤の方が肌への負担が少なく、エイジングケア世代にはおすすめです。

紫外線散乱剤は、パッケージに「紫外線吸収剤不使用」や「ノンケミカル」と記載されています。選ぶ時にチェックするとよいでしょう。

4)潤い成分や抗炎症成分もエイジングケアに必要

エイジングとともにバリア機能が低下するため、お肌は乾燥肌に傾きます。

そのため、保湿成分が配合されたものを選ぶと、お肌の潤いをキープすることに役立ちます。

全成分表示をチェックし、保湿成分が配合されているかどうかを確かめることをおすすめします。

代表的な保湿成分としては、グリセリンスクラワン、ヒアルロン酸などがあります。

ただし、日焼け止めの前にしっかり保湿ケアを行えば、過度に保湿成分にこだわりすぎる必要はありません。

また、肌荒れなどを防ぐグリチルリチン酸2Kのような抗炎症成分もおすすめです。

5)刺激のある成分が少ないこと

エイジングケア世代は特に、刺激性のある成分は避けましょう。

アルコールPGなど、お肌の負担になりやすい成分が入った日焼け止めは避けることが無難です。

また、パラベンフェノキシエタノールなどの防腐剤は、最近では配合濃度が減り、安全性が向上しています。

そのため、過度に心配する必要はありません。

ただし、自分の肌質や肌状態に合わない防腐剤の有無を知っておくことは大切です。

全成分表示をチェックして、刺激性のある成分がなるべく少ない日焼け止めを選ぶことをおすすめします。

刺激性のある成分を避けるためにも、どのような成分に刺激があるのかなどの基本的な知識を身につけておくとよいでしょう。

配合成分の内容がわかると、より自分のお肌にあった日焼け止めを見つけやすくなります。


5.エイジングケアで使いたい日焼け止めの成分

日焼け止めの成分

1)紫外線散乱剤

①酸化チタン

酸化チタンは、紫外線散乱剤の代表格です。

安全性が高く、普通肌だけでなく敏感肌インナードライ肌など、どんな肌質の人でも使えます。

酸化チタンは、光を受けると光触媒作用で強力な酸化力を発揮する成分です。

そのため、紫外線があたっても活性酸素が発生しないように表面をコーディング加工して使います。

紫外線にはUVA(波長320~400nm)と、UVB(波長290~320nm)があります。

酸化チタンの対応波長は290~350nmであり、UVBからお肌を守ることに効果的です。

日焼け止めの他にも、ファンデーションなどのメイクアップ用品に配合されています。

②酸化亜鉛

酸化亜鉛は紫外線散乱作用がある成分です。

対応波長が290nm~400nmと幅広く、広範囲の紫外線を反射させます。

そのため、UVA、UVBどちらからもお肌を守る頼もしい成分です。

また、安全性が高く、どんな肌質の人にも使用することができます。

酸化チタンと比較した場合、皮膜力は劣りますが、透明感が高く白浮きしにくいことが特徴です。

近年では、ナノ化(微粒子化)された酸化亜鉛も増えており、より使用感や紫外線散乱作用が向上しています。

③酸化鉄

酸化鉄には、紫外線散乱剤を補助し、防御効果を高めるはたらきがあります。

だから、日焼け止めに配合されることもあります。

酸化鉄は、皮膚や目に対する刺激性のない安全な化粧品成分です。そのため、肌質を選ばず使うことが可能です。

2)エイジングケア化粧品成分

①ナールスゲン

ナールスゲンは、分子量が330ドルトン程度の極めて小さなアミノ酸誘導体です。

水溶性のエイジングケア化粧品成分として、日焼け止め以外にもエイジングケア化粧品に配合されます。

ナールスゲンは、基礎実験で3つの美肌たんぱく質 、コラーゲン、エラスチン、HSP(ヒートショックプロテイン)47を増やすことがわかっています。

また、表皮で抗酸化物質であるグルタチオンを増やします。

さらに、紫外線による光老化を抑えるはたらきもあります。

②ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体には、水溶性、油溶性、両親媒性があります。

主に日焼け止めに使われるのは、刺激の少ないVCIPなどの油溶性のビタミンC誘導体です。

シミの予防、皮脂コントロール毛穴ケア、コラーゲンの生成などのはたらきでエイジングケアをサポートします。

③ビタミンE誘導体

ビタミンE誘導体トコフェロールは、油溶性のビタミンです。

酸化の予防や肌荒れの予防が期待できるエイジングケア化粧品成分です。


6.エイジングケアにおすすめの日焼け止め

ナールスヴェール

エイジングケアにオススメの日焼け止め&UV化粧下地として、ナールス ヴェールをご紹介します。

「ナールス ヴェール」は、京都大学と大阪市立大学で共同開発されたエイジングケア化粧品成分「ナールスゲン」を推奨濃度で配合した紫外線散乱剤だけのノンケミカルタイプの日焼け止めです。

紫外線散乱剤のみの配合ですが、SPF40、PA+++という高いUVカット力を実現しています。

だから、春や夏の季節の外出でも十分な紫外線対策が可能です。

エイジングケア世代の方はもちろん、乾燥肌やインナードライ肌、乾燥性敏感肌でも使える、優しいタイプの日焼け止めです。

さらに、独自処方により、つけているのを忘れるほど軽いテクスチャーであることも大きな特徴です。

今まで、肌に合う日焼け止め・UV化粧下地が見つからなかった、というエイジングケア世代の方におすすめです。

ナールス ヴェールの特徴を整理すると、次の通りです。

  • SPF40&PA+++でどの季節でも日常生活や外出時の紫外線をしっかりカット
  • 敏感肌の方にもオススメのノンケミカル&ノンパラベンでお肌に優しい処方
  • お肌になじみやすい独自処方の肌色で白浮きしない
  • べとべとしないノンオイリー処方でとても軽いつけ心地
  • でもメイクが崩れにくいウォータープルーフ処方
  • ナールスゲン&ビタミンC誘導体配合でエイジングケアもできる
  • スクワランやグリセリンなどの保湿成分配合でうるおいをキープ

<全成分>

シクロペンタシロキサン、水、ジメチコン、酸化チタン、BG、酸化亜鉛、PEG-9ジメチコン、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、カルボキシメチルフェニルアミノカルボキシプロピルホスホン酸メチル(*)、水酸化AI、ハイドロゲンジメチコン、イソステアリン酸ポリグリセリル-2、グリセリン、ジエチルヘキサン酸ネオペンチルグリコール、ジカプリン酸ネオペンチルグリコール、スクワラン、酸化ジルコニウム、ジステアルジモニウムヘクトライト、グルタミン酸Naトコフェロール、グリチルリチン酸2K、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、フェノキシエタノール、酸化鉄

(*)ナールスゲン


7.エイジングケア世代は日焼け止め以外の紫外線対策も

エイジングケア化粧品で紫外線対策する女性

1)衣類でも紫外線対策を

紫外線対策は日焼け止め以外でも行なえます。

UVカット効果がある衣服を身に着けるなど、ファッションも組み合わせて紫外線対策することがおすすめです。

UVカット素材を使用したアイテムは、洗濯などによってUVカット効果が低減することはありません。

代表的なメーカーとしては、旭化成繊維、ユニチカトレーディング、帝人ファイバーなどが挙げられます。

一般的に濃い色の方が紫外線カット効果が高いと言われているので、黒い色のアイテムはおすすめです。

ただし最近では、色やデザインも多様化しているので、自分の使いやすいUVカットアイテムを選ぶとよいでしょう。

衣服だけではなく、ストールなどの小物も便利です。

衣服だけでは防ぎきれない首周りなどの日焼けを防ぐことができます。

また、運転する時も窓ガラスを透過して紫外線が降り注いでいますので、手袋などのアイテムを着用してなるべくお肌を紫外線から守ることが大切です。

2)アイケアメガネもエイジングケア世代におすすめ

エイジングケア世代の方は、目の紫外線対策も大切です。

でも、色の濃いサングラスに抵抗のある方も多いのではないでしょうか?

そんな場合は、色の薄いライトブルーレンズやブラウンレンズを使ったメガネとあまり変わらないアイケアメガネがおすすめです。

光を反射するレンズでは目とサングラスの間に入る紫外線をカットすることができません。

だから、光を吸収するレンズを使ったアイケアメガネがおすすめです。

さらに、最近問題になっている近赤外線ブルーライトをカットできるものをおすすめします。

こうしたアイケアメガネなら、エイジングケア世代の方が気にする目の下のたるみ目元のしわ目の下の黒クマなどの予防が期待できます。

3)アフターケア&保湿ケア

まず、日焼け止めは、夜のスキンケアの際に、エイジングケア向きのクレンジング料でその日のうちにしっかり落としましょう。

日焼けしてほてりがある場合などは、冷たいタオルで冷やしてからスキンケアすることをおすすめします。

この時、けっして肌をこすらないように注意しましょう。こするとダメージになります。

こうした紫外線のアフターケアによって、紫外線のダメージを軽減することができます。

熱が引いたら、洗顔をしてから化粧水美容液乳液保湿クリームを使ってしっかり保湿ケアを行います。

この場合、ナールスゲン、レスベラトロールブドウエキス、アスタキサンチン、コエンザイムQ10エルゴチオネイン金コロイドなどの抗酸化作用のあるエイジングケア化粧水エイジングケア美容液を使うことも紫外線のアフターケアになります。

エイジングケア世代にはこうした対策がおすすめです。


8.まとめ

エイジングケアもできる日焼け止めの選び方とおすすめアイテムのまとめ

エイジングケアのための日焼け止めの選び方をご紹介しました。

また、エイジングケアにおすすめの日焼け止め・UV化粧下地をご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

日焼け止めは紫外線対策に必須のアイテムですが、しっかりUVカットできることに加え、エイジングケア世代の肌に負担が少ないものを選ぶことが基本です。

その上で、エイジングケアのためには、保湿成分や抗酸化成分、抗炎症成分などにも着目して選ぶとよいでしょう。

エイジングケア世代のあなたは、この記事を参考に自分にあった日焼け止めを選んでくださいね。

関連記事

紫外線治療とは?皮膚の病気に有効な光線療法の1つ

続きを読む

脂性肌におすすめの化粧下地の選び方。3つの法則

続きを読む

乾燥肌のためのおすすめの日焼け止めの選び方と使い方

続きを読む

ノンケミカルの日焼け止めの選び方とおすすめは?

続きを読む

日焼け止めの使い分けと選び方は、年齢・季節・利用シーンで!

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」