皮膚常在菌の種類と働きを知って一歩進んだエイジングケア!

トコフェリルリン酸Naを使って美肌になった女性

お肌の健康を保つためには、皮膚の表面にいつも存在する「皮膚常在菌」のバランスが大切です。

皮膚常在菌のバランスは誤ったスキンケアやエイジングケアで乱れます。その結果、お肌の状態が悪化します。

だからこそ、皮膚常在菌を意識した正しいスキンケアやエイジングケアが大切なのです。

この記事では、皮膚常在菌の種類とその役割、またバランスを保つための方法をご紹介します。

皮膚常在菌のはたらきを知って、一歩進んだエイジングケア!の目次

1.皮膚常在菌が気になるあなたへ

皮膚常在菌が気になる女性

顔の皮膚、つまり表皮にも「菌」がいることをご存知ですか?

菌と聞くと、悪いイメージを思い浮かべがちですが、この「皮膚常在菌」あるいは「表皮常在菌」と呼ばれる皮膚の菌は、お肌にとってよいはたらきをしたり、悪いはたらきをしたりしながら存在しています。

皮膚常在菌には多くの種類があり、それらがバランスを保って共存しているのですが、そのバランスが崩れると乾燥肌肌荒れをはじめ、さまざまな肌悩み・肌トラブルを起こしてしまいます。

細菌がさまざまいる状態を「細菌叢」(フローラ)と呼びますが、健やかなお肌のために大切なのです。

この記事では、皮膚常在菌とはどのようなはたらきをしているのか、またエイジングケアとはどのように関わっているのかをご説明します。

また、美肌のために皮膚常在菌のバランスを保つスキンケアの方法をご紹介します。

  • 皮膚常在菌ってどんな菌があるの?
  • はたらきは?
  • 皮膚常在菌が乱れる原因は?
  • 肌悩みやエイジングケアとの関係は?
  • 皮膚常在菌のバランスを保つ洗顔やクレンジングって?

などを知りたい方は、ぜひ、続きをお読みください。

<皮膚常在菌のバランスを保つエイジングケアのために>

自らの潤う素肌づくりの第一歩!

ナールスゲン配合エイジングケア化粧水「ナールスピュア」

皮膚常在菌のバランスを保つエイジングケアのためにオススメのナールスピュア

潤いを保ち皮膚常在菌のバランスを崩さないクレンジングなら!

皮膚科医監修・アミノ酸系洗浄成分配合のクレンジングジェル「ナールス エークレンズ」

エイジングケア世代専用ナールスエークレンズ

<この記事の大切なポイント>
  • 皮膚常在菌は、誰のお肌にもいて美肌に大切です。お肌が健康なら皮膚でバランスを取って生息しています。
  • 皮膚常在菌は、善玉菌、日和見菌、悪玉菌の3種類に分かれます。しかし、フローラのバランスがとれていれば悪玉菌が存在しても大きな問題はありません。
  • 表皮ブドウ球菌は、美肌菌とも呼ばれる善玉菌の代表的な皮膚常在菌です。
  • アクネ菌はニキビの原因菌ですが、お肌を弱酸性に保つはたらきもあるので、殺菌すればよいというわけではありません。
  • 皮膚常在菌と上手に付き合うには、優しいながらも不要な皮脂をしっかり取る洗顔が大切です。

2.皮膚常在菌とは?

皮膚常在菌とは?と考える女性

1)皮膚常在菌ってどんな菌

人の体内や皮膚には、100兆もの菌がいると言われています。そのうち80%は腸内細菌です。

皮膚には、数百億から1兆もの菌がいると言われ、顔だけでも80万もの常在菌がいると言われています。

菌と言えば、感染症を引き起こすことから、「悪いイメージ」が強いのですが、常に皮膚にいて、時と場合によってよいはたらき、悪いはたらきをするのが、皮膚常在菌です。

皮膚常在菌は、表皮常在菌とも呼ばれますが、その名の通り表皮にいます。

数百もの種類があると言われていますが、表皮ブドウ球菌、アクネ菌、黄色ブドウ球菌などがよく知られています。

これらの皮膚常在菌は、それぞれが活動するとともに、相互に影響を受けたり与えたりしながら、バランスを保って生存しています。

しかし、誤ったスキンケアやその他の刺激などでそのバランスが崩れた場合、ニキビや肌荒れ、乾燥肌の原因になるなどの肌トラブルを招くことがあります。

例えば、ニキビの原因である「アクネ菌」も、全体にバランスの取れた数なら、「悪さ」をすることもなく過ごしています。

しかし、バランスが崩れ、過剰な数になれば、ニキビをつくる原因となって、「悪者」になってしまうのです。

つまり、皮膚常在菌が正しいバランスで生存することがお肌の健康にとても大切なのです。

2)皮膚常在菌とスキンケアの関係

皮膚常在菌は、顔の表皮にいるわけなので、クレンジング洗顔、あるいは化粧水美容液などのエイジングケア化粧品の影響を受けます。

最近では、除菌、抗菌への意識が高まって、「洗いすぎ」「除菌しすぎ」の傾向があります。

お肌を清潔に保つことはよいことですが、それが行き過ぎると皮膚常在菌のバランスが崩れ、問題も起こります。

皮膚常在菌は、ヒトと共存するのが本来の姿であり、「バリア機能」を維持する一役を担っています。

肌を健康に保ち、ハリツヤをキープするには、それを意識したエイジングケアに取り組むことが大切なのです。


3.皮膚常在菌の種類とはたらきは?

皮膚常在菌の種類ノイメージ

皮膚常在菌には、3つのタイプがあり、それぞれはたらきが違います。

1)表皮ブドウ球菌に代表される善玉菌

表皮ブドウ球菌は、グラム陽性球菌の1種です。

表皮ブドウ球菌は、空気を好むので、その名の通りお肌の表面に住み、皮脂を餌にして生きています。

そして、3つのはたらきでお肌を健やかにするのを助けているのです。

そのため、美肌菌とも呼ばれます。

①皮膚を弱酸性に保つはたらき

表皮ブドウ球菌は、皮脂を分解して、グリセリンと脂肪酸に分解します。

脂肪酸は酸性であり、表皮を弱酸性に保つ役割を果たします。

それによって、お肌のバリア機能をサポートしているのです。

②NMF(天然保湿因子)産生サポート

皮脂、と表皮ブドウ球菌が分解した成分が混じりあって、NMF(天然保湿因子)を作り出し、表皮の潤いを保ちます。

つまり、お肌の保湿をサポートするはたらきをしています。

③菌のバランス維持による雑菌からの保護

弱酸性に保つことで、雑菌の生息や侵入を防いで、バリア機能を維持します。

また、感染症やアトピー性皮膚炎を引き起こす原因となる黄色ブドウ球菌を防御する抗菌ペプチドを産生します。

このように、表皮ブドウ球菌は、お肌を健やかに維持するために、大切な菌なのです。

実は、この表皮ブドウ球菌の餌(栄養)になるのが汗です。

また、汗も病原微生物を防御する抗菌ペプチドにより表皮ブドウ球菌のはたらきを助けます。

だから、汗をかくことは、皮膚常在菌をサポートして美肌につながるのです。

汗と美肌との関係については、「汗をかいてエイジングケア!汗は最高の化粧水&美容液?!」をご覧ください。

2)アクネ菌に代表される日和見菌

アクネ菌は、先ほども例で取り上げましたが、ニキビの原因菌として有名です。しかし、過多にならなければ、健康な皮脂膜をつくる「善玉菌」としてはたらくのです。

アクネ菌は、空気を嫌うので、毛穴の奥や皮脂腺などの空気の入りにくい場所にいますが、表皮ブドウ球菌と同様に、皮脂を食べて、脂肪酸とグリセリンに分解してくれるのです。

つまり、肌を弱酸性に保って守るはたらきをしているのです。

ところが、食生活の乱れ、ホルモンバランスの乱れやストレスなどで毛穴に皮脂が詰まれば、 空気が遮断され、餌となる皮脂が毛穴にたくさんある状態になります。

そうなれば、アクネ菌は、毛穴の中で過剰に繁殖してしまいます。

そして、アクネ菌が皮脂を大量に食べた結果、脂肪酸が増えすぎ、その刺激によって、毛穴の炎症を引き起こし、ニキビの原因になってしまうのです。

3)黄色ブドウ球菌に代表される悪玉菌

①黄色ブドウ球菌

黄色ブドウ球菌は、腸炎ほか感染症の起炎菌として有名ですが、顔にも常在しています。

表皮ブドウ球菌がたくさん繁殖していて、皮膚常在菌のバランスが取れ、お肌が弱酸性のときは、問題になることはありません。

しかし、お肌の表面がアルカリ性に傾き、表皮ブドウ球菌が少なくなると黄色ブドウ球菌が大増殖します。その結果、お肌は痒みや炎症を引き起こしてしまいます。

ひどい場合は、化膿したり、「とびひ」になったりしますので、そんなときは、すぐに皮膚科を受診することをおすすめします。

②マラセチア菌

マラセチア菌は、カビの一種です。アクネ菌ほどではありませんが、痒みや痛みのある
炎症の原因になります。
マラセチア菌にはマラセチア・ダーマティス、マラセチア・シンポディアリス、マラセチア・グロボーサ、マラセチア・ファーファー、マラセチア・レストリクタの5種があります。

このうちマラセチア・ファーファーは毛穴に侵入すれば、すぐに免疫反応による炎症が発生します。

このように皮膚常在菌には、善玉菌、日和見菌、悪玉菌がいるので、そのはたらきの違いを理解しておきましょう。


4.皮膚常在菌のバランスを保つエイジングケア

皮膚常在菌を保つ優しい洗顔

ここまでで皮膚常在菌のバランスを維持することが、エイジングケアにとって大切なことがご理解いただけたと思います。

ここからは、皮膚常在菌を意識したスキンケアやエイジングケアについて考えてみます。

1)皮膚常在菌を考えた洗顔

ここでのポイントは、いきすぎた洗顔で皮膚常在菌を洗い流しすぎると、皮脂も減り、皮膚のバリア機能を弱めてしまう可能性があるということです。

適切な洗顔であれば、洗顔後に皮脂は正常にでてくるので、それを餌にして皮膚常在菌のバランスは戻ります。また、石鹸も弱アルカリ性ですが、通常なら、洗顔後にお肌は弱酸性に戻ります。

しかし、刺激の強い洗顔剤の使用、過度な回数の洗顔、擦りすぎ洗顔で、まだ肌に留まっているべき角質まで落とした場合は、皮脂の生成が遅れたりすることで皮膚常在菌のバランスは崩れてしまうことがあります。

その結果、お肌の乾燥を助長してしまうのです。

他にもアトピー性皮膚炎も過度な洗顔や洗浄がその原因の一端であるとも言われています。

お肌バリア機能の強さは人それぞれですが、過度な洗顔は避けるべきです。

こうした洗顔の後に、どんなによいエイジングケア化粧品を使ってもその効果を実感することは難しいでしょう。

皮膚常在菌は、ヒトと共存してエイジングケアをサポートしてくる大切なものです。

そのバランスを維持する第一歩は、「適切な洗顔」です。

エイジングケア化粧品によるスキンケアの前に、まず、適切な洗顔を意識しましょう。

優しい洗顔については、「乾燥肌の改善対策 | 正しいスキンケアとエイジングケア」でも紹介していますので、こちらを参考にしてください。
乾燥肌の予防や改善対策は正しいエイジングケアが大切!

2)クレンジングも皮膚常在菌のバランスに影響

皮膚常在菌のバランスに影響するクレンジング

皮膚常在菌のバランスのためには、洗顔と同様、あるいはそれ以上にクレンジングに注意が必要です。

なぜなら、メイクを落とすクレンジングは洗顔以上にお肌の負担になるからです。

そのため、セラミドやNMFなどを落とし過ぎない優しいクレンジング料を使うことをおすすめします。

タイプとしては、クレンジングジェル、クレンジングクリーム、クレンジングミルクがおすすめです。

特に、肌質が乾燥肌や敏感肌インナードライ肌の場合は、アミノ酸系界面活性剤などの乾燥肌・敏感肌向けのクレンジング料を使いましょう。

一方、メイクが肌に残ることも問題です。

お肌の酸化が進み皮膚常在菌のバランスが崩れたり、お肌の老化の原因になるからです。

特に毛穴のよごれが残ると角栓が過剰になっていちご鼻の原因になってしまいます。

クレイアーチチョーク葉エキスなどを配合した毛穴汚れをしっかり落とすクレンジング料を使いましょう。

皮膚常在菌のバランスをキープするためには、クレンジング料を正しく使うことも大切です。

クレンジングの方法については、「クレンジングの正しい方法と使い方で美肌を目指す!」をご覧ください。

3)皮膚常在菌を考えたニキビ・毛穴対策

皮膚常在菌を考えたニキビ・毛穴対策を考える女性

先ほど、アクネ菌が日和見菌であることを説明しました。

大切なことは、ニキビ対策としてアクネ菌を除去することではないのです。

もちろん、炎症があるニキビはアクネ菌を除去することが先決ですが、そこまでニキビがひどくない場合やニキビ予防のためには、毛穴の詰まりを防ぐことでアクネ菌を過剰に増やさないことが大切なのです。

サリチル酸などはアクネ菌を殺菌できるのでニキビ対策の化粧品などで使われる成分です。

これらを長い期間使うことはかえって皮膚常在菌のバランスが崩れるので、炎症が治まったら使用をやめる方が望ましいのです。

大切なのは、ニキビを予防することで、毛穴が詰まらないようにしっかりと不要な皮脂を取り除くことなのです。

優しい洗顔と不要な皮脂を取る洗顔を両立させるのは難しいのですが、特に思春期から20代前半の場合は、不要な皮脂をしっかり取ることが大切です。

皮脂の詰まりを感じたり、毛穴の黒ずみが気になる場合などは、酵素洗顔を試してみることもよい選択肢です。

ただし、ニキビがひどくなると炎症が起きてしまい、治ってもニキビ跡が残ることも。ニキビがひどい場合には、早めに皮膚科を受診しましょう。

最近では、抗菌薬のほか毛穴の詰まりを除去する外用薬が開発され、薬物治療の選択肢が広がっています。

4)皮膚常在菌を考えたニキビ・毛穴対策

皮膚常在菌を考えたニキビ・毛穴対策を実践する女性

それでは、洗いすぎない洗顔やアクネ菌の殺菌など以外で、皮膚常在菌と共存するためのエイジングケアをどう考えればよいのでしょうか?

それは、何と言ってもバランスのよい日常生活と過度なメイクを避けること、そして、エイジングケア化粧品を正しく使うことです。

お肌を健やかに育てる上では、食べ物を基本としてバランスのよい生活が大切です。皮膚常在菌のバランスも正しい食生活や適度な運動など、日常生活の上に成り立つのです。

食べ物については、「美肌をもたらす食べ物と飲み物は?その種類から栄養素まで」や「美肌のための食事のとり方とアンチエイジングへの効果は?」を参考にしてください。

また、メイクが濃いとどうしても強いクレンジングが必要になったり、ダブル洗顔も必要です。

そのため、洗いすぎて皮膚常在菌のバランスを崩すリスクが高くなのです。

だから、健やかなお肌のためには、メイクはほどほどがよいのです。


5.皮膚常在菌のバランスを保つエイジングケア化粧品の選び方

皮膚常在菌のバランスを保つエイジングケア化粧品のイメージ

エイジングケア化粧品による保湿は、皮膚常在菌のバランスを保つ上で大切です。

肌のキメを整え、くすみの無い透明感のある皮膚をもたらすためにしっかり使いましょう。

しかしながら、油溶性成分を過度に使うこと、刺激の強い成分が配合された化粧品を使うことなどは、皮膚常在菌のバランスを崩すリスクにもなってしまいます。
エイジングケアは、皮膚常在菌の存在を意識して行うことで、お肌の老化防止にもつながることを覚えておきましょう。

そんなエイジングケアを行なうための化粧品選びのポイントは、保湿で潤いをキープできることと刺激が小さいことです。

1)保湿がしっかりできる化粧品で潤いキープ

十分に保湿されている肌はターンオーバーやバリア機能が正常です。この状態であれば、皮膚常在菌のバランスも整っています。

そのための基礎化粧品は、保湿化粧水保湿美容液乳液保湿クリームです。他にもフェイスマスク美容オイルなどがあります。

これらは、保湿に対する役割が少しずつ異なるので、うまく使い分けて乾燥肌を予防・改善することで、皮膚常在菌のバランスをキープしましょう。

<基礎化粧品のアイテムと期待できる保湿のプロセス>

基礎化粧品のアイテムと期待できる保湿のプロセス

特に保湿力が高くエイジングケアもできる化粧水としては、ナールスゲン化粧水プロテオグリカン化粧水などのエイジングケア化粧水があります。

エイジングケア美容液ならプロテオグリカン美容液セラミド美容液がおすすめです。

エイジングケア保湿クリームならセラミドクリームシアバターなどが配合されたものがおすすめです。

基礎化粧品は、化粧水ランキング美容液ランキングだけに頼らずに、美容成分の特徴を理解して自分の肌質や肌状態に合ったものを選びましょう。

2)こんな成分には要注意

注意が必要な成分を伝える女性

皮膚常在菌のバランスを保つために、注意したい成分としては、刺激が強いアルコールや合成着色料、合成香料などです。

また、保湿剤ではPGなどは濃度が高いと刺激があり、肌トラブルを起こすことがあります。

これらの成分が無添加の化粧品ノンアルコール化粧品がおすすめです。

特に、年齢を重ねるほど優しいエイジングケア化粧品を使いましょう。

一方、誤解の多い成分としては、高分子ポリマー、界面活性剤、パラベンフェノキシエタノールなどの防腐剤があります。

これらは、刺激がないわけではありませんが、配合される場合も濃度は低く、それほど心配する必要はありません。


6.まとめ

皮膚常在菌のはたらきを知って、一歩進んだエイジングケア!のまとめ

皮膚常在菌とは何か?また、その役割と洗顔、ニキビ、エイジングケアの関係はご理解いただけましたでしょうか?

皮膚常在菌は、お肌にとってなくてはならない存在であることがおわかりいただけたのではないでしょうか?

エイジングケアには、エイジングケア化粧品を使う前に意識して実践することがたくさんありますが、皮膚常在菌との共存もその1つです。ぜひ、大切にしたいものです。

あまり知られていない皮膚常在菌ですが、それを活かす洗顔やエイジングケア化粧品の使い方を実践しましょう。


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」