頭皮のエイジングケアで美髪&美肌に!

お肌は乾燥を感じたらたっぷり水分を与えたり、保湿クリームなどの化粧品で保護したりしますが、頭皮に関しては、特別にケアすることって少ないのではないでしょうか。

でも、紫外線などの影響で、頭皮も乾燥し、髪にダメージを与えているのです。

今回は、頭皮のエイジングケアについて考えてみます。

 

 

1.頭皮がたるむと、顔もたるむ!?

 

頭皮もお肌と1枚でつながった皮膚。乾燥するとフケが出やすくなったり、また、血行が悪くなって髪や頭皮に栄養分が届かなくなると、抜け毛が多くなり、新しく生えてくる髪が細く弱くなってしまうといいます。

さらに、年齢を重ねるとともに白髪が増えたり、ハリ・コシが低下するなど、髪にもエイジングの悩みが出てきます。

ヘアケアをする女性

 

人の髪は、個人差もありますが、通常1日で古い毛が50~100本くらい抜け、新しい毛に生まれ変わるといわれています。

しかし、加齢によって髪の元となる毛母細胞の働きが低下すると、このヘアサイクルが乱れ、成長期が短くなって髪が細くなり、量も減ってくるのです。

また、頭皮の内側の構造はお肌と同じなので、ハリや弾力不足はたるみのもとに。

頭皮は顔の皮膚とつながっているため、頭皮のたるみは顔のたるみも引き起こします。

 

 


2.頭皮&髪の正しいケア方法とは?

 

では、美髪はもちろん、美肌の鍵もにぎっている頭皮&髪の正しいケア方法をご紹介します。


1)シャンプーは1日1回、夜に洗うのが基本

1日に2回以上のシャンプーは、頭皮の乾燥の原因に。

また、睡眠中は成長ホルモンが分泌される時間。このタイミングに合わせるためにも夜のシャンプーが効果的です。

 

2)シャンプー前はブラッシング&お湯洗いを

髪が乾いた状態でブラッシングしておくと、頭皮や髪の汚れを浮かせ、シャンプーの泡立ちも良くなります。

シャンプー剤をつける前に、お湯だけで1分程度頭皮を洗っておくのも洗浄効果が高まり、摩擦から髪を守れますよ。

 

3)頭皮もしっかり乾かして

毛先や髪の表面だけ乾かして頭皮を放置しておくのは、雑菌が繁殖し、イヤなニオイの原因になります。

ドライヤーは、頭皮に風を送り込むためにも、髪の内側に風をあてて乾かすのが正解。

髪の根元が立ち上がり、ボリュームもアップします。

 

4)頭皮マッサージを習慣に

シャンプーする時には、指の腹で頭皮をマッサージするように洗うと血行がよくなり、抜け毛予防に効果的です。

また、テレビを見ている時など、気がついたらマッサージする習慣づけを。

気持ちがいい強さで、頭頂部を引き上げるように意識して行うと、頭皮が柔らかくなって、顔のたるみ予防にもなります。

 

5)たんぱく質、ビタミンB群をたっぷりと

髪や頭皮の成分は、ケラチンと呼ばれる多種類のアミノ酸が結合したものなので、食事は良質のたんぱく質の摂取を心がけましょう。

また、たんぱく質の働きをサポートするビタミンB2やビタミンB6なども大切な栄養素です。

*卵、大豆、納豆、赤身の肉、鶏肉、牛乳、バナナ など

 

大豆

 

 

この他、ストレスは頭皮や髪にとっても大敵。

抜け毛や白髪の原因ともいわれていますので、ゆっくり入浴したり軽めの運動をするなど、リラックス習慣を心がけたいですね。

 

 

pixta_8704800_S

 

 


3.まとめ

 

エイジングケアのためには、お肌を化粧品でお手入れするのと同じように、頭皮のこともきちんと気にかけ、美髪&美肌につなげましょう。

 

 

 

関連記事

話題のスーパーフードは、美容とダイエットにも効果が?

続きを読む

メンズ(男性)にもエイジングケアが必要な3つ理由と5つの対策

続きを読む

スマホ習慣がたるみやシワ、老け顔の原因!美肌への影響とは?

続きを読む

美肌は、睡眠中のホルモンによってつくられるってホント!?

続きを読む

笑いが美肌をもたらす?エイジングケア効果とアンチエイジング

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」