肌と目の老化を招く近赤外線はアイケアメガネでブロック!

本ページはPRを含みます。


ナールスから紫外線と近赤外線をカットするアイケアメガネ新発売!

最近、紫外線ととともに、目や肌の老化の原因となることで注目の近赤外線。

この近赤外線の問題についてポイントをご紹介します。

また、それをカットして目を守るアイケアメガネの秘密もご紹介。

本当にキレイになれる!動画「ナールス60日間美肌プログラム」とは?

この記事の目次を紹介するイラスト

1.紫外線だけじゃない!肌老化の原因

紫外線による肌老化した女性

「肌と目の老化を招く近赤外線はアイケアメガネでブロック!」をお届けします。

肌老化の原因は年齢によるものもありますが、その8割は太陽光線による「光老化」です。

太陽光線の中で光老化に影響を与えるのは紫外線であることをみなさんご存知ですよね?

紫外線A波(UVA)は、お肌の奥の真皮に届いて、お肌のハリ・弾力に重要なコラーゲンエラスチンの構造を壊してシワたるみを引き起こします。

また、お肌が黒くなる日焼け「サンタン」も引き起こします。

紫外線B波(UVB)は、UVAよりも波長が短く、表皮に届いてシミソバカスの元となるメラニンを作ります。

お肌が赤くなったりヒリヒリするといった日焼け(日光皮膚炎)も、UVBによるものです。

またUVBは、表皮細胞の遺伝子を傷つけますが、この修復がうまくされないとがん細胞が生じて、皮膚がんにつながることもあるといわれています。

でも実は、近赤外線も関係していることが近年の研究でわかり、新たな光老化の原因として注目されています。

<皮膚に及ぼす太陽光線の影響>

皮膚に及ぼす太陽光線の影響のイラスト

<参考記事>

紫外線は3種類!UVAとUVBとUVCの特徴と違いは?


2.近赤外線はお肌の土台をこわす有害光線

お肌を壊す近赤外線を避ける女性

1)近赤外線とは?

近赤外線とは、波長が780~2000(または2500)nmの不可視光線です。

近赤外線は、赤外線カメラや家電用のリモコンなどの赤外線通信に利用されているので、室内でも浴びることがあります。

しかも、地上に到達する太陽光線のうち紫外線量は約1割ですが、近赤外線の量は3割以上と、紫外線の約3倍!

紫外線と近赤外線の地上に到達する量の比較

2)近赤外線の肌へのダメージ

近赤外線はUVA、UVBよりも波長が長いので、お肌の奥の真皮を通過して皮下組織にまで届くだけでなく、筋膜や筋層にまで入り込みます。

紫外線よりエネルギーが弱くて、じわじわとダメージを与えますが、その影響は甚大です。

真皮のコラーゲンやエラスチンにダメージを与えてお肌のハリや弾力を低下させるだけでなく、近赤外線は皮下組織にダメージを与えるので、皮膚の土台から傷つけるわけです。

さらに、筋膜や筋層にまで到達して破壊するので、たるみを招くと考えられています。

さらに最近では、表皮の細胞にダメージを与えてターンオーバーに悪影響を与えることがわかってきました。

こうしたことから、近赤外線はたるみ毛穴や詰まり毛穴、黒ずみ毛穴のリスクになるといえます。


3.近赤外線や紫外線は目そのものにもダメージを

目に近赤外線を浴びる女性

近赤外線や紫外線が目から入ると、脳が「強い日差しが入ってきた」とからだ全体に日差しにまけないよう、お肌にメラニン色素をつくる命令を出すためお肌が浅黒くなります。

これが目から入る太陽光線による「日焼け」の原因です。

その結果、お肌のシミ・そばかすやシワへとつながります。

一方、近赤外線や紫外線はお肌だけではなく、目そのものにもダメージを与えています。

長時間浴び続けていると、角膜が炎症を起こして強い目の痛みや充血、眼瞼炎といった症状が出ます。

さらにダメージが蓄積されていくと、目の細胞が破壊されてしまい目の老化が進むことも。

また、ドライアイ、白内障、加齢黄斑変性症といった目の病気へとつながるリスクが高まります。

だから、紫外線や近赤外線からお肌や目を守る対策は必須です。

特に近赤外線は、曇りや雨の日でも地上に降り注がれているので、気をつけてくださいね。


4.近赤外線や紫外線のブロック対策

近赤外線や紫外線のブロックするアイテム

日焼け対策として、日焼け止め、日傘、帽子、サングラス、手袋、長袖の服などでカバーしている人が多いと思います。

また、光老化のリスクが高まる10時〜14時の外出を控えることも、無防備に太陽光線を浴びない良い方法です。

日焼け止め対策のサングラスは、紫外線だけでなく近赤外線もブロックするものを選びたいですね。

サングラスは、紫外線カット99%のものが一般的になってきましたが、実はレンズの内側に入ってくる紫外線はカットしていないものがほとんどです。

その秘密はレンズの構造!

多くの光を反射するタイプのレンズでは、目の横や後ろからサングラスと目の間に入る紫外線や近赤外線などを反射するので、それが目にダメージを与えます。

一方、光を吸収するタイプのレンズなら、そんな問題は起こりません。

あなたは、自分の目を守るためにどちらを選びますか?

今回ナールスでは、紫外線、近赤外線、そしてブルーライトもブロックするアイケアメガネを新発売しました!

<反射と吸収してカットするレンズの違い>

反射と吸収してカットするレンズの違いの図

このアイケアメガネは、メガネの内側に入り込んでくる太陽光線もブロックする光を吸収するレンズを使用しています。

詳しいことは、下記からご覧いただけますので、少しでも気になったらクリックを!

※特許出願中

近赤外線もブロックするナールスのアイケアメガネ

<参考情報>

紫外線・近赤外線をカットするアイケアメガネを40代美女が試着

ブルーライトをうまく浴びてアンチエイジングや健康に役立てよう!


5.編集後記

肌老化や目の老化をまねく近赤外線についてご紹介しました。

また、目から入る近赤外線をブロックするアイケアメガネをご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

近赤外線って、家電のリモコンや暖房器具で使われていて身近にありますし、がんの免疫療法でも使われているという良い点もあります。

でも、肌老化への影響が大きいというのは実感として、あまりありませんでした。

ここで紹介したアイケアメガネの存在を知った時に、実はサングラスはレンズで跳ね返して紫外線をブロックしているだけで、目とレンズの間に入ってくるものはブロックできていないことを知り衝撃的でした。

紫外線だけでなく近赤外線からもからだを守るようにしなければ、ですね。

この記事「肌と目の老化を招く近赤外線はアイケアメガネでブロック!」がナールスエイジングケアアカデミーの読者の皆様のお役に立てば幸いです。

著者・編集者・校正者情報

(執筆:エイジングケアアカデミー編集部 やすだともよ

医学出版社、医学系広告代理店にて編集・ライターとして、医師向け、患者向けの情報提供資材や書籍等の記事の編集・執筆や、国内・海外医学会取材・記事執筆を行う。

著者情報 株式会社ディープインパクト 富本充昭
(編集・校正:株式会社ディープインパクト 代表取締役 富本充昭)
ナールスエイジングケアアカデミー編集長

京都大学農学部を卒業後、製薬企業に7年間勤務の後、医学出版社、医学系広告代理店勤務の後、現職に至る。医薬品の開発支援業務、医学系学会の取材や記事執筆、医薬品マーケティング関連のセミナー講師などを行う。

文部科学省後援日本化粧品検定1級

一般社団法人化粧品成分検定協会認定化粧品成分上級スペシャリスト

著作(共著)
KOLドクターの的確な人選と良好な関係作りのコツ

医薬品マーケティングにおける市場・売上予測と戦略策定

当社スタッフの本業は、医学・薬学関連の事業のため、日々、医学論文や医学会の発表などの最新情報に触れています。

そんな中で、「これは!」という、みなさまの健康づくりのご参考になるような情報をご紹介したり、その時期に合ったスキンケアやエイジングケアのお役立ち情報をメールでコンパクトにお届けしています。

ぜひ、ご登録をお待ちしております。

キレイと健康のお役立ち情報が届く、ナールスのメルマガ登録はこちらから

ナールスチャンネルをみて動画でエイジングケアを学ぼう!

関連記事

コラーゲンをサプリメントで摂れば効果的。エビデンスを知って美肌に!

続きを読む

Ⅳ型コラーゲンの特徴とそれを守るプリンセスケア

続きを読む

マリンコラーゲンのメリットと提供理由!日本酵研さんにインタビュー

続きを読む

コラーゲンの正しい摂り方を知って美肌とアンチエイジング

続きを読む

老化の症状改善にコラーゲンに含まれるグリシンが効果を

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

エイジングケアを本気で学ぶ情報サイト|ナールスエイジングケアアカデミー

エイジングケアを本気で学ぶ情報サイト|ナールスエイジングケアアカデミー