顔冷え対策は肌の老化を予防や解消するためのエイジングケア

顔冷えの予防を行う女性

あなたは、「顔冷え」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

その名の通り、冷え性の影響で顔まで冷えてしまうことです。

顔が冷えると、お肌の乾燥をまねいたり、しみ、くすみ、しわなどのエイジングサインも深刻に。

「顔冷え」は意外と気付きにくいため、知らず知らずのうちに進行していることもあり、注意が必要です。

この記事では、顔冷えを防ぐエイジングケアや改善、解消の方法についてご紹介します。

1.顔の冷えが気になるあなたへ

顔冷えに悩む女性

朝起きた時、顔がひんやりしていると感じたことはありませんか?

顔の冷えは、手足と違って意識しにくく、また、寒い季節にはあたりまえと見過ごされることも多いといいます。

でも、「顔冷え」は肌ダメージの大きな要因!

エイジングケアの大敵ともいえ、そのままにしておくとお肌の老化がどんどん進んでしまいます。

なぜなら、顔冷えの状態なら美容成分も届きにくかったり、お肌のターンオーバーも乱れがちだから。

どんなに高価なエイジングケア化粧品を使ったとしても、美容成分がきちんと浸透するお肌でなくては、効果は出にくいですよね。

では、どうすればいいのか、今回はエイジングケアにとって重要な顔冷えの原因と対策についてお話しします。

「もともと冷え性で冬は顔も冷たいので、何とかしたい!」

「顔冷えって、なぜ悪いの?」

「顔冷えの原因って?」

「顔冷えの改善の方法を知りたい!」

「エイジングケア化粧品で顔冷え対策ってできるの?」

などが気になる方は、ぜひ、続きをお読みくださいね・

<PR>

顔冷えの保湿対策なら、バイオセルロースのフェイスマスクで!

ナールスゲン配合フェイスマスク「ナールスパッション」

ナールスパッション
<この記事でお伝えしたい大切なこと>
  • 顔冷えの原因は、冷え性と同じで血行不良です。
  • 顔冷えは、しみ、しわ、くすみほか、様々な肌悩みの原因になります。
  • 紫外線は、血管やリンパ管にダメージを与えるので血行不良を招き、顔冷えの原因になります。
  • 顔冷えの予防や改善には、代謝をアップさせたり、体温を上げる、血液循環をよくするなどの様々な対策を組み合わせましょう。
  • エイジングケア化粧品は、直接的な顔冷え対策にはなりません。しかし、内側からの対策と合わせてバリア機能とターンオーバーの正常化のために使うことで、お肌は健やかな状態になります。

2.あなたは大丈夫?顔冷えをチェック!

チェックをする女性

まず、最初にあなたが「顔冷え」なのかどうか、チェックしてみましょう。

手が冷えていない状態で、お顔や首を触ってみて下さい。

もし、触った時に頬や鼻、首などが、「冷たい!」と感じれば、顔冷えの可能性があります。

これはどういうことかと言えば、「顔の温度が手よりも低い」ということです。

だから、明らかに顔が冷えてしまっている状態なのです。

もともと冷え性の方や体力があまりない方は、代謝もよくない可能性があるので、特に冬場は注意して下さいね。

顔冷えをチェックする女性

3.顔冷えの原因とお肌への影響

顔冷えを気にする女性

1)冷え性と顔冷えの関係

顔冷えの原因は、冷え性です。

実は、顔冷えという医学用語はありません。

顔に冷え性の症状が出る状態を、「顔冷え」と呼んでいるだけです。

そもそも「冷え性」にも医学的な定義がないので、病気としては扱われませんが、一般的には、

  • 他人より寒がり
  • 腰や手足、あるいは体のどこかに冷えを感じる
  • 冬は、電気毛布やカイロ無しで過ごせない
  • 夏でも足が冷える
  • 冷房のきいているところは身体が冷えてつらい

などの傾向があります。

また、冷え性では、肌荒れ、生理痛、生理不順、頭痛、めまい、腹痛、体のだるさ、不眠など様々な症状を感じます。

そんな冷え性は、血行不良が主な原因です。

血行不良は、代謝の低下、筋肉量の低下、女性ホルモンの乱れ、自律神経の乱れとも関係しています。

顔も冷え性の影響を受けますし、血行不良などで顔の体温が低くなると「顔冷え」になるのです。

2)顔冷えの原因をもっと知ろう!

①血行不良で顔冷えに!

まず、なぜ顔が冷えるのかというと、気温の低下によって血管が収縮して血行が悪くなるから。

血液のめぐりが滞ると、酸素や栄養分が十分に細胞に届かなくなり、新陳代謝も悪くなって体温が下がってしまうのです。

新陳代謝が低下すると、老廃物が排出されにくくなり、お肌表面に古い角質がたまりがちに。

また、お肌も乾燥しやすくなります。

こうしたことが、キメの乱れをはじめ、くすみしわたるみほうれい線といったエイジングサインに結びつき、お肌をじわじわと老け込ませてしまいます。

特に、顔の中でも目の周りには毛細血管が細かく通っていて、血行の状態が見えやすいとか。

そのため、目の下のくまやくすみが目立ち、顔冷えによるダメージが現れやすいそうです。

顔の色ツヤは、人の印象を左右する大切な要素。

これは、放っておけないですよね?

②冬の寒さも顔冷えに

何もつけなければ、冬でも顔は大気にさらされたままです。

そんな冬の冷たい空気をダイレクトに受けてしまうことも、血管が収縮する原因になります。

これは体温を外に出さない防御メカニズムですが、冷え性で代謝が低下していると気温の低下に十分な対応ができないのです。

③紫外線ダメージによるリンパ管へのダメージ

リンパ管の流れがよいと老廃物が十分に排出され、血液の流れがよくなることが知られています。

逆にリンパ管の流れが悪いと、血行も悪くなってしまいます。

リンパ管は、紫外線でダメージを受けます。

例えば、夏の間に紫外線対策が不十分でリンパ管がダメージを受けていると、冬になってその影響で顔冷えになることもあるのです。

だから、紫外線対策は顔冷え対策にもなるのです。

もちろん、紫外線は光老化をもたらすので、顔冷えだけではなく、紫外線対策はエイジングケアで最も大切です。


4.顔冷えと肌老化・肌悩みを知ろう

顔冷えと肌老化・肌悩みが気になる女性

ここでは、そんな顔冷えと肌老化や肌悩みとの関係をもう少し整理してみます。

なぜ、顔冷えが問題なのかがよくわかると思います。

1)顔冷えと乾燥肌

顔が冷えているとターンオーバーが乱れます。ターンオーバーの乱れは乾燥肌の原因の1つです。

また、顔の温度が低いと皮脂をつくるはたらきが低下して、乾燥肌をさらに進ませるのです。その結果、お肌がカサカサになったり、角質肥厚になることもあります。

乾燥肌は、様々な肌悩みの原因なので、顔冷えがある場合は保湿をしっかり行い、乾燥肌対策を行うことが大切です。

2)顔冷えとシミやくすみ

顔冷えでターンオーバーが遅れるとメラニン色素が角質から排出されにくくなります。

そのためシミやくすみの原因になってしまうのです。

3)顔冷えとむくみ

顔が冷えている状態では、リンパの流れが悪く老廃物がうまく排出できません。

その結果、顔のむくみの原因となってしまいます。

さらに、顔冷えが続くと、顔の温度を維持するために、脂肪がつきやすくなり、顔が大きくなってしまうこともあります。

40代や50代になってからの顔のむくみは、たるみをもたらしほうれい線を目立たせる原因にもなります。

4)顔冷えと目元の肌悩み

顔冷えは、乾燥による小じわ目元のしわを目立たせてしまいます。

目の周りの血行が悪くなって、目の下のクマ(青クマ)の原因にもなります。

このように、顔の冷えは、肌へ様々な悪影響を与えるので、きちんと対策を行いましょう!


5.顔冷えの予防&解消の対策8つのポイント

顔冷えの改善ポイントを説明する女性

顔冷えの予防や改善、解消の対策の基本は、エイジングケア化粧品ではできません。

生活習慣の中で、冷え性を改善することが大切なのです。

ということで、今すぐできる顔冷えの予防と解消方法をご紹介します。

もちろん、冷え性や顔冷えを改善できれば、エイジングケア効果も高まります。

1)マスクで顔冷え予防

ちょっと意外ですが、もっとも手軽な顔冷え対策は「マスク」。

実は、鼻の奥には脳の温度を調節する場所があります。

マスクをすることで、冷たい空気が直接入らなくなるため、顔の冷えが予防できます。

マスクと言えば、風邪や花粉症の対策の必須アイテムですが、冬には顔の冷え対策にも使えるのです。

また、保湿効果もあるので、冬は外出時にはもちろん、家でもマスクをしておくといいそうですよ。

顔冷え対策のマスクの写真

2)首周りを冷やさない

頭と体の血液が行き来する首を冷やすと、頭の血流が悪くなり、顔冷えが進んで顔色がくすんだりします。

襟元があいた服装などは避け、外出時はマフラーやストールで首周りの保温を心がけてくださいね。

顔冷え対策は、顔だけではなく首やデコルテにも注意を!

3)スキンケアは温かな手で

化粧水(ローション)をなじませる時などは、血流を促すよう温めた手で行うのがポイントです。

手のひらで顔全体を包み込むようにハンドプレスすれば、手の温もりによって美容成分の浸透もアップします。

顔冷え予防にハンドプレスをする女性

4)手や顔の血管マッサージを取り入れる

手は神経が集中しているので、ここをマッサージすると手だけでなく、脳や体の血流も増加して全身が活性化するのでおすすめです。

また、フェイスマッサージも顔の新陳代謝がよくなると、目の下のくまやしみ、しわなどが薄くなり、フェイスラインもすっきり!

顔冷え対策に加えて、エイジングケア効果も期待できますね。

5)食事は規則正しく&温かな食べ物を

エネルギー不足では身体も温まらないので、朝ごはんからしっかり食べる習慣を心がけましょう。

また、ニンジン、ゴボウ、ショウガをはじめ根野菜など、身体を温める食材や温かい飲み物を摂るのもおすすめです。

他では、野菜や果物ならトウガラシやリンゴなどの寒い地域で採れるものの多くは体を温めます。逆に、バナナやパイナップル、キュウリなど、熱い地域の食べ物は体を冷やすので注意しましょう。

栄養素としては、血行を促進するビタミンE、抗酸化作用を発揮するとともに自律神経の働きをよくしたり、鉄分の吸収を促進するビタミンC、酸素を全身に運び、貧血を予防する鉄分、代謝と関係の深いビタミンB1やB2、抗ストレスホルモンの生成に関わり、自律神経を正常に働かせるパントテン酸などが顔冷え対策にオススメです。

ビタミンEは ⇒ イクラなどの魚卵類、青魚、モロヘイヤ、うなぎ、かぼちゃ、ナッツ類に豊富です。

ビタミンCは ⇒ 赤・黄ピーマン、アセロラ、パセリ、ケール、ゴーヤ、キウイフルーツに豊富です。

鉄分は ⇒ レバー、肉類、しじみ、あさり、卵、海苔、ひじき、大豆製品に豊富です。

ビタミンB1は ⇒ 豚肉、たらこ、レバー、玄米、豆類、ナッツ類に豊富です。

ビタミンB2は ⇒ レバー、うなぎ、チーズ、納豆、魚卵に豊富です。

パントテン酸は ⇒ レバー、卵、納豆、魚卵、干し椎茸に豊富です。

体を温める食べ物や血行をよくする栄養素で、冷え症や顔冷え対策を行いましょう。

6)湯船に浸かって顔冷え対策

湯船に浸かって顔冷え対策する女性

冷え対策や顔冷え対策には、お風呂はシャワーで済まさず、湯船につかること。

全身を温めて、血行をよくすることで、冷え性の改善や顔冷えの解消も期待できます。

夏も湯船に浸かることで冬の顔冷え予防を行いましょう。

また、最近話題の「HSP入浴」も有効です。

HSPとは、ヒートショックプロテインのことです。

日本語では、熱ショックたんぱく質と言います。

HSP入浴法は、「40~42°C前後で10~20分間」と、熱めのお湯でしっかり体を温める方法で、ヒートショックプロテインを増やします。

その結果、免疫アップや代謝アップが期待できます。

HSPを増やすことは、顔冷え対策だけでなくアンチエイジングにもよいことなのです。

ただし、HSP入浴法は、「毎日、実施する」ことを勧めているわけではありません。また、高齢の方や病気のある方は、医師と相談するようにとの注意もあります。

7)表情筋エクササイズで代謝アップ

顔の筋肉、つまり表情筋を鍛えることは、筋肉の代謝をアップさせるので顔冷えの予防対策になります。

また、若々しい印象を保つためにも、表情筋のエクササイズをオススメできます。

顔の筋肉が弱くなると、皮膚がたるみやすいので、表情筋のエクササイズはそれを防ぐためにも効果的です。

つまり、表情筋のエクササイズは、顔冷え対策とお肌のたるみ予防を兼ねることができるのです。

8)適度な運動も顔冷え予防に

適度な運動をする男女

適度な運動も体を温め、代謝をアップするので冷え対策や顔冷え対策になります。

「適度な運動」がどの程度かは難しいのですが、最大酸素摂取量の50%前後が目安の1つです。

最大酸素摂取量とは、酸素摂取量の最大値のことです。

例えば、自転車に乗って坂道を延々と登って行くと、次第に息苦しくなります。

そして、限界に達して、これ以上運動ができなくなります。

このとき、1分間あたりどれだけ酸素を取り込む能力があるのかが「最大酸素摂取量」です。

実際にこれを測定する機会はほとんどありません。

そこで、代わりに心拍数が使われます。

最大酸素摂取量の50%前後は、

  • 50歳未満で、1分間あたり100~120拍
  • 50代以上なら、1分間あたり100未満です。

体感的には、「楽な感じ」「ややきつい」の間の感覚です。

「ウォーキング」なら、8000歩から10000歩程度の運動量が目安です。

適度な運動は、顔冷えに限らず、健康そのものの増進につながるので、ぜひ、生活習慣に取り入れましょう。

ウォーキングについては、次の記事も参考にしてください。

エイジングケアによい姿勢とウォーキング | 高岡よしみさん特別寄稿


6.顔冷え対策とエイジングケア

顔冷え対策とエイジングケア

1)顔冷え対策になる洗顔とは?

実は、顔冷えを予防したり、顔冷えを悪化させないためには、洗顔も大切です。

ポイントは3つです。

1つは、冷たい水で洗わないことです。

冷たい水で洗顔することで、顔を一層冷やしてしまうのでよくありません。

33℃から34℃前後のぬるま湯で洗いましょう。

もう1つは、摩擦の多い洗顔や刺激の強い洗顔を避けること。

顔冷えに限りませんが、洗顔は優しく行うことが大切です。

最後に、顔を拭くときも、優しさと温かさを考えましょう。

顔冷え対策には、蒸しタオルで顔を温めながら優しく拭くことをオススメします。

2)顔冷え対策に加えて保湿を!

まだ若い20代でも顔冷えがあるとお肌は乾燥しやすくなるので、保湿化粧水ほか美容液保湿クリームを使って保湿をシッカリ行いましょう。

30代以上の方なら、こうした顔冷え対策に加えて、自分にあったエイジングケア化粧品を上手に使うのもとてもよい選択肢のひとつです。

なぜなら、顔冷えを改善してエイジングケ化粧品を使えば、美容成分をシッカリお肌の奥へ届けることができるからです。

冬場などでバリア機能の低下を防ぐためには、保湿力の高いエイジングケア化粧品を使いましょう。

エイジングケア化粧水なら、特にプロテオグリカンヒアルロン酸などを配合したものがオススメです。

また、併せてコラーゲンエラスチンなどの産生をサポートするエイジングケア化粧品成分配合のものなら、しっかりエイジングケアすることが可能です。

化粧水ランキングや口コミだけに頼らず、肌質や年齢に合った自分にピッタリのものを選んでくださいね。

たとえば、ナールスゲンネオダーミルは、線維芽細胞にアプローチして、お肌本来の力を引き出す成分。

そんなナールスゲンやネオダーミルなどを配合したエイジングケア化粧品を使用することも、対策に付け加えてはいかがでしょうか?

2)顔冷えにはフェイスマスクでスペシャルケアを

フェイスマスクで顔冷え対策

顔冷えでは、お肌に美容成分が届きにくいことをお伝えしましたが、そんな時にしっかり美容成分をお肌の奥まで届けたい場合は、化粧水パックフェイスマスクがオススメです。

特に、バイオセルロース製のフェイスマスクは密着力と密閉効果が高く、しっかりと美容成分をお肌の奥へ届けてくれます。

オススメは、リンパ管ケアに着目した成分「キュアパッション」配合の「ナールスパッション」です。

キュアパッションは、リンパ管機能をサポートするという、今までにない着眼点から開発されたエイジングケア化粧品成分です。

リンパ管に着目したエイジングケアをすることで、顔冷えの予防にもピッタリです。

密着度の高いバイオセルロースでキュアパッションをお肌に届けることで、効果的な顔冷え対策のエイジングケアができますね。

ぜひ、内側からの顔冷え対策と合わせて上手にエイジングケア化粧品を使いましょう。


7.顔冷えのまとめ

顔冷えのまとめ

顔冷えについてその原因や改善、解消の対策をご紹介しました。

冷え性はよく知られた言葉ですが、顔冷えはまだなじみが少ないのではないでしょうか。

また、顔が冷えていることには気付かないことも。

そんな顔冷えを放置すると、肌荒れや肌老化につながります。

ただし、エイジングケア化粧品で顔冷えを解消することはできませんので、食べ物や日常生活での対策で改善することが大切です。

お肌の血行をよくして温かさを保つことが、美肌につながるなら、ぜひ毎日のエイジングケア習慣として実践していきたいですね。

関連記事

美肌になる方法とは?正しいエイジングケアと生活習慣で美肌へ

続きを読む

チョコレートのカカオで美肌・美容効果とアンチエイジング

続きを読む

頭皮の乾燥の原因と対策は?エイジングケアで美髪&美肌に!

続きを読む

飲み方と成分を知って美肌に!お酒とエイジングケアのいい関係

続きを読む

エイジングケア化粧品だけじゃない!アロマでエイジングケアを!

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」