目元・口元の乾燥・肌悩みとお肌の特徴を考えたエイジングケア

目元 くま

目元や口元と言えば、お肌の乾燥をはじめ肌悩みが多いパーツです。

では、なぜ目元や口元にそんな肌悩みが多いのでしょうか?

それは、目元や口元のお肌の特徴によるものです。

この記事では、目元や口元の特徴を踏まえた、乾燥や肌悩みを改善・解消するためのスキンケアやエイジングケケアをご紹介します。

目元・口元のエイジングケアなら

ナールスゲン配合目元専用美容液ナールスネオ

1.目元・口元の乾燥や肌悩みが気になるあなたへ

目元・口元の乾燥や肌悩みを気にする女性

夕方、鏡を見て、目元や口元のファンデーションのヨレに気付いたことはありませんか?

目元や口元は他の部位よりも乾燥しやすく、目元はまばたき、口元は食事や会話などで常に動いているために、負担がかかってしまうのです。

だから、夕方になるとメイクが崩れてしまうことがよくあります。

また、乾燥肌をはじめさまざまな肌悩み肌老化が起こりやすいパーツです。

例えば、目元に現れるエイジングサインといえば、目尻のしわ目の下の目の下のたるみクマ、そして目の下から頬の中央を横切るしわ、いわゆるゴルゴラインが代表的なものです。

一方、口の周りに現れるエイジングサインといえば、ほうれい線マリオネットラインがあります。

これらのエイジングサインは年齢とともに出やすくなり、実年齢より老けて見えることがあるため、エイジングケア世代の大敵です。

また、疲れた印象を与えてしまうことも多いのです。

では、なぜ目元や口元は、お肌の乾燥が進んだり、いやなしわなどのエイジングサインが目立ちやすいのでしょうか?

それは、目元や口元のお肌の特徴に理由があります。

まず、そのことを知っておくことが、エイジングケアを考える最初のステップとなります。

そのため、この記事では、しわ、たるみといった目元や口元のエイジングサインの個別の対策ではなく、目元や口元のお肌の特徴をもとにしたエイジングケアの考え方について説明します。

<この記事でお伝えしたい大切なこと>
  • 目元や口元は、顔の中でも皮膚が薄く、とてもデリケートなパーツです。
  • 乾燥しやすく、しわやくま、ほうれい線などのエイジングサインが目立ちます。
  • 目元、口元のエイジングケアは、皮膚の特徴を理解することが大切です。
  • 目元や口元も、エイジングケアの基本は保湿と紫外線対策です。
  • 目元、口元は、専用のエイジングケア化粧品を上手に利用しましょう。

2.目元のお肌の特徴は?

目元のエイジングケアに悩む女性

目の周りは、しわ、たるみ、くまなど、顔の中でもエイジングサインが現れやすいパーツですね。
エイジングケアをしていても、なかなか肌悩みが解消されにくい部分といえます。

その理由は、目元のお肌の特徴にあります。

1)皮膚が非常に薄い

目元の皮膚の厚さはわずか0.6mmと、顔の他の部位に比べて3分の1程度。

そのため、エイジングケアにとって大切な水分や栄養を蓄えておくのが難しく、乾燥紫外線などのダメージを受けやすいデリケートなパーツなのです。

2)皮脂腺が少ない

目の周りの皮膚には、皮脂腺汗腺がほとんどないため、バリア機能に乏しく、うるおいを保ちにくくなっています。

また、刺激に弱く、強くこすったり強い刺激があったりすれば、メラニン色素が沈着しやすいのです。

3)毛細血管が多い

目の周りには、細動脈や細静脈、毛細血管が密に通っています。

また、目の下の皮膚は薄いので、血行の状態が見えやすく、毛細血管が透けてみえることもあります。

そこを流れる血液が、目や目の周りの皮膚に酸素と栄養を運んでいるのですが、

疲れや老化などの影響で血液の流れが悪くなった場合、その状態が薄いお肌に、ダイレクトに反映されてしまい、目の下のくまが目立ちやすくなるのです。

目元のくまについて詳しくは、「目の下のくま(クマ)の原因・種類と解消のエイジングケア」を参考にしてください。

4)目元はよく動く

目の動きやまばたき、表情の変化などによって、目の周りのお肌はよく動きます。

その分負担が多くなって、お肌が疲れやすいのです。

そのため、小じわやしわが目立ってきます。

また、注意しておきたいのは、眼瞼下垂という目を開きにくくなる病気です。

この病気は、加齢に伴うコラーゲンエラスチンなどの衰えによるたるみ、まぶたを引き上げる眼瞼挙筋の衰えや、目の酷使などで起こる可能性があります。

現代は、1日中パソコンやスマートフォンなどを使える環境にあり、エイジングケア世代も目を酷使することが多くなっています。

特に、スマホはいつも手元にあるので使いすぎる傾向にあります。

スマホ習慣がたるみやシワ、老け顔の原因になるので、使い過ぎには注意しましょう。

もし瞼が垂れて目が小さくなったような感じがする場合は、早めに眼科を受診するなど専門家に相談しましょう。

目をPCで酷使する女性


3.口元のお肌の特徴は?

口元もエイジングサインが目立ちやすいパーツですが、

たとえば、口元のしわやたるみは老け顔の大きな原因になる他、口角が下がって不機嫌そうな印象を与えてしまうこともあり、エイジングケア世代の大きな悩みといえます。

口元のお肌の特徴としては、

1)口の周りの皮膚は薄い

口の周りの皮膚は顔の中でも薄く、目の周り同様デリケートな部分です。

そのため、乾燥や紫外線などのダメージを受けやすく、こうした刺激によって口の周りがカサカサするなどのトラブルが起きてしまいます。

2)口紅の影響を受けやすい

口紅は、お肌を明るく見せるなど、エイジングケア世代にとってメイクのポイントになるアイテム。

でも、落ちにくいタイプの口紅を使うと、落とすのにも一苦労ですね。

そこで洗浄力の強いクレンジング剤でメイクオフすると、唇や周りのお肌の皮脂を摂りすぎてしまい、その結果、乾燥を招いてしまう一因になることがあります。

エイジングケアの基本、正しいクレンジングについてはこちらの記事を参考にしてください。

*クレンジングの効果アップ!メイク落としの選び方と使い方

3)食事の影響を受けやすい

口元など、口の周りは、食べたり飲んだりする部分で、どうしても汚れてしまったり、食べ物の成分の影響を受けやすい場所です。

また、食物アレルギーがあると、唇やその周りのお肌が炎症を起こしてしまうことがあります。

その結果、乾燥を招いたり、肌荒れしたりすることも多いのです。

口元の乾燥を気にする女性

エイジングケア世代が気になる唇のお悩み、乾燥対策やケア方法については

「唇からエイジングケア」をぜひお読みください。

4)口元はよく動く

会話などで、口の周りのお肌もよく動きます。

その分負担が多くなって、口元のお肌が疲れやすいのです。

また、皮膚疾患による乾燥にも注意が必要です。

たとえば、舌で口の周りを舐めてしまうことによって起こる「舌なめ皮膚炎」があります。

舌なめ皮膚炎は、文字どおり子どもに多い皮膚炎ですが、大人でもなめる癖がついている場合は頻繁に起こります。

これは、乾燥で肌荒れが進行してしまっている上に、唾液の刺激で起こるものです。

また、口周りに色素沈着がみられる場合には、「アトピー性皮膚炎」の可能性があります。

もしアトピー性皮膚炎なら、さらにお肌のバリア機能は低下しているため、わずかな刺激にも敏感になってしまいます。

舌なめ皮膚炎やアトピー性皮膚炎の心配がある場合は、早めに皮膚科を受診しましょう。


4.エイジングと目元・口元の乾燥や肌悩み

目元口元のエイジングケアに悩む女性

今、目元や口元の特徴をご紹介しました。

これで、目元や口元が乾燥しやすいこと、肌悩みが起こりやすいパーツであることがお分かりいただけたと思います。

そんな目元や口元のお肌とエイジングの関係についてはどうでしょうか?

エイジングとともに目元や口元のお肌に限らず、お肌のさまざまなパーツでお肌の老化が起こります。

それを指標化したものが、エイジングインデックスです。

お肌全体のエイジングの指標として、ターンオーバー、エストロゲンの量。

表皮のエイジングの指標として、角質層のお肌の水分量、皮脂の量、セラミドの量。

真皮のエイジングの指標として、コラーゲンの量、エラスチンの量、ヒアルロン酸の量。

以上の8つを20代、30代、40代、50代、60代、70代まで5歳刻みで指標化してレーダーチャートにしました。

これは、年齢ごとにどんな指標の低下が大きいかなどをチェックすることで、年代別のエイジングケアを考えるためのものです。

お肌のエイジングインデックス

これから言えることは、目元や口元もエイジングとともに、肌老化が起こるということであり、もともと弱い分、他のパーツより早く肌老化が始まるリスクが高いと言えるのです。

だから、目元や口元は、顔の中でも年代を重ねるにつれてより丁寧なエイジングケアを行うことが大切なのです。

30代、40代、50代のエイジングケアについては、次の記事を参考にしてください。

「30代、初めてのエイジングケア化粧品。知らないと損する真実!」

「40代だからこそ考えたいエイジングケアと化粧品の選び方!」

「50代のエイジングケアと化粧品の選び方と大切な7つの真実!」


5.目元・口元のエイジングケアの基本

目元・口元のエイジングケア

このように、目や口の周辺のお肌はデリケートな部分で、乾燥しやすくしわなどのエイジングサインも目立ちやすい特徴があります。

そのため、お顔の他の部分以上に、乾燥肌対策やエイジングケアに気を配ることが大切なのです。

とはいっても、スキンケア、エイジングケアの基本は、保湿「紫外線対策」です。

そして、「お肌の清潔」です。つまりは、洗顔やクレンジングです。

まずは、この3つをしっかり実践しましょう。その上で、個別のお悩みの原因を理解したエイジングケアを考えましょう。

 

1)目元・口元の洗顔やクレンジング

目元や口元は、清潔にするために洗顔やクレンジングが大切です。

しかし、過度な回数であったり、摩擦や刺激の強い方法はNGです。

保湿の前に、乾燥を招いてしまうような、クレンジングや洗顔をしていないでしょうか?

 

口元については、前述しましたが、目元もアイメイクを落とす際に洗浄力の強いクレンジング剤を選んだり、手早く落とそうとしてゴシゴシこすってしまいがちです。

もともと皮膚が薄くデリケートな部分に、このような刺激を与えてしまうと角質層がダメージを受け、本来持っているはずのバリア機能も失われてしまうので注意が必要です。

マスカラなどもお湯で落とせるタイプを選ぶなど、目元のお肌にやさしいメイク、洗顔を心がけましょう。

クレンジング料は、年齢を重ねるにつれ、ジェルタイプ、ミルクタイプ、クリームタイプのものやアミノ酸系界面活性剤使用の優しいものへ変えていきましょう。

洗顔もクレンジングと同じく優しく行うことが大切です。

基本的には、年齢とともに優しい洗顔料を使うようにしましょう。

また、肌質でも多少違いますが、洗顔回数は、普通肌の方で1日2回がめどです。

脂性肌でも3回までを限度にし、乾燥肌、インナードライ肌敏感肌の方は、洗顔料は1日1回程度で、あとはぬるま湯だけで洗いましょう。

混合肌の方の場合も、目元や口元は乾燥しているケースが多いので、乾燥肌の方と同じ洗顔が基本です。

とくに、目元や口元は優しい洗顔を心がけてくださいね。

ターンオーバーが遅い場合やごわつきがある場合は、目元や口元に酵素洗顔を行ってもよいですが、週1回程度から始めて最高でも3~4回までにとどめましょう。

目元・口元を意識して洗顔する女性

2)目元・口元の保湿

洗顔の後には、まず、保湿化粧水またはエイジングケア化粧水でお肌を潤しましょう。

目元や口元には30代、40代、50代と年齢を重ねれば重ねるほどやさしい化粧水を使いましょう。

化粧水ランキングに頼るよりも、しっかりと成分に特性を理解して化粧水を選びましょう。

エイジングケアを考えれば、アルコールフリー化粧水がオススメです。

また、拭き取り化粧水収れん化粧水は、ターンオーバーが遅くて角質肥厚になったり、くすみがある場合には一時的に使ってもよいのですが、習慣的に使うことはバリア機能の低下につながるので避けましょう。

その後に、目元・口元専用の美容液やアイクリームを使うのも、目元・口元のエイジングケアには効果的です。

美容液やアイクリームには、水分保持力に優れたセラミド配合のエイジングケア化粧品がおすすめです。

その理由として、お肌の水分保持力は角質層の細胞間脂質が担っていて、その細胞間脂質の主成分はセラミドなのです。

だから化粧品で補うなら、ヒトのセラミドと構造が同じヒト型セラミドがオススメです。

 

セラミドの詳しい情報やセラミド配合のエイジングケア化粧品の選び方について知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

*セラミドは肌の保湿力の鍵!その秘密と化粧品の選び方

*セラミド化粧水は効果的?ランキングではわからない選び方

*セラミド美容液のエイジングケア視点で考える選び方・使い方

*セラミドクリームの口コミやランキングに頼らない選び方

3)目元・口元の紫外線対策

夏だけでなく、1年を通しての紫外線対策はエイジングケアの常識ですね。

冬もしっかり紫外線対策を行いましょう。

でも、顔や体に日焼け止めを塗っても、唇までしっかり紫外線対策できているでしょうか。

口の周りの皮膚や唇は、デリケートな場所。紫外線にさらされると、影響も受けやすくなります。

唇のケアには、UVカット剤が配合されたリップクリームで、保湿もかねたエイジングケアをしておくとよいでしょう。

また、日焼け止めは、目の周りは避けて塗るのが基本です。紫外線ダメージから守りたいからと、目のぎりぎりまで日焼け止めを塗ると、目にしみる場合があるので気をつけましょう。

目元の紫外線対策としては、UVケア効果のあるリキッドファンデーションを薄く塗るか、パウダーをはたいておくのもよい選択肢です。

その他、サングラスや帽子をかぶるなどで、目とその周辺を紫外線から守るようにしましょう。

紫外線対策に関しては、次の記事も参考にしてください。

*紫外線対策はファッションで差がつく!透過率は色・素材で違う

*紫外線によるエイジング「光老化」とフォトフェイシャル治療

*外出とエイジングケア 日焼けのアフターケアはビタミンACEで!

*紫外線が目に入ると、肌が日焼けする不思議な現象はなぜ?

目元や口元の紫外線対策のためのサングラスと帽子


6.目元や口元で特に気をつけたい肌悩みと対策

1)花粉症による目や口へのダメージ

春や秋は、花粉症で目元がかゆくなる場合もあります。

目元や口元に花粉が付着して、かゆみがでたり、赤くなってしまうのです。

また、目や口元を擦ったり、鼻のかみ過ぎによる摩擦で肌にダメージを与え、肌荒れを起こしていることもあります。

このように目元や口元は、花粉症のダメージも受けやすいのです。

詳しくは、

「花粉による肌荒れ「花粉症皮膚炎」は、治療とスキンケアで保湿」をご覧ください。

また、花粉症や乾燥肌によるかゆみの原因と対策については、

「乾燥肌だとなぜかゆいの?かゆみの原因と改善の対策を考えよう!」をご覧ください。

2)目の下のクマ

目の下のクマは、目のまわりの皮膚は非常に薄く、乾燥や紫外線などのダメージを受けやすいことで起こりますが、原因によって種類が異なります。

血行不良が原因の青クマや赤クマ、メラニン色素の沈着で起こる茶グマ、たるみが原因で起こる黒クマがあります。

だから、原因に合わせた対策が必要です。

目の下のクマについての詳しい情報は、

「目の下のくま(クマ)の原因・種類と解消のエイジングケア」をご覧ください。

3)目の下のたるみ

目の下のたるみは、目の下の皮膚の真皮の衰え、眼窩脂肪の突出、目の下の表情筋である眼輪筋の衰えが原因です。

やはり、目のまわりの皮膚が非常に薄く、乾燥や紫外線などのダメージを受けやすいことが大きく影響しています。

目の下のたるみについて詳しくは、

「目の下のたるみの解消!すべてが学べる7つのポイント」をご覧ください。

4)口元の悩みの代表!ほうれい線

ほうれい線は、口元の肌悩みとして、また老け顔の原因としても有名です。

ほうれい線の原因は、主に顔のたるみですが、むくみによるたるみでできるほうれい線急激なダイエットによるほうれい線が目立つこともあります。

そんなほうれい線については、次の記事を参考にしてください。

ほうれい線を解消したい!エイジングケア化粧品選びのコツ

ほうれい線を消す、改善するための対策がすべてわかる!


7.まとめ

目元・口元のエイジングケアで肌悩みを解消した女性

目元と口元のお肌の特徴、乾燥肌や肌悩みを改善するスキンケアまたエイジングケアについてご理解いただけましたでしょうか?

この2つの場所は、皮膚が薄いことが大きな特徴で、そのため乾燥しやすいことがエイジングサインを目立たせる大きな要因です。

しかし、スキンケア、エイジングケアの基本である「保湿」と「紫外線ケア」を、より大切にすることで、予防が可能です。

 

ぜひ、そのことをご理解いただき、目元や口元のエイジングケアにお役立ていただければ幸いです。

ナールスブランドの目元・口元の専用エイジングケア化粧品

目元・口元の気になるエイジングサインへ 集中ケア美容液 ナールス ネオ

関連記事

肌荒れの原因・症状と改善のための3つのスキンケアと5つの対策

続きを読む

顔のむくみの原因と解消のためのエイジングケアの秘密

続きを読む

肌質(肌タイプ)の診断と改善のコツは?

続きを読む

珪素(シリカ)は、美肌やエイジングケアに効果的な成分!

続きを読む

手の老化「老け手」予防と改善のエイジングケアの対策

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」