ソラレンを含む食べ物を知って、紫外線対策とエイジングケア

ソラレンを豊富に含む柑橘類

ソラレンとは、果物や野菜に含まれる光毒性物質の1つです。

ソラレンは紫外線を吸収する性質があるので、紫外線に対する感受性を高めます。

つまり、ソラレンが体内にあると日焼けしやすくなるのです。

この記事では、ソラレンを含む食べ物とエイジングケアや紫外線対策のポイントをご紹介します。

目次ちゃん

1.紫外線対策の意外な敵「ソラレン」

紫外線の強い日

ソラレンと言う言葉を聞いたことがあるでしょうか?

ソラレンは、いくつかの種類の果物や野菜に含まれる成分です。

ソラレンは、スキンケアやエイジングケアにも関係あるので、ぜひ、その特徴を知っていただきたい成分です。

ソラレンは、光毒性のある成分で、食べた後に外出して紫外線を浴びれば、日焼けの原因になるリスクを高めます。

せっかく日焼け止めで紫外線対策をしても、ソラレンが体内やお肌にあると、日焼けしやすい状態になります。

そのため、お肌の老化が進んでしまう可能性があるのです。

でも、ソラレンを含む食べ物を知って、上手な食べ方をすれば心配することはありません。

この記事では、ソラレンとソラレンを含む食べ物や食べ方、また、それと関係の深い野菜や果物を使ったスキンケアのデメリット、紫外線対策のコツなどをご紹介します。

「ソラレンって何?」

「光毒性って?」

「キューリやレモンのパックは何か問題があるの?」

「ソラレンを含む食べ物を教えて欲しい!」

「ビタミンCにはソラレンは含まれないの?」

などが気になる方は、続きをチェックしてくださいね。

<PR>

エイジングケアにぴったり!

ナールスゲン配合エイジングケア化粧水ナールスピュア

ナールスピュア

<この記事の大切なポイント>
  • ソラレンとは、いくつかの種類の野菜や果物に含まれる光毒性のある成分です。
  • だから、ソラレンがお肌にあると日焼けやシミの原因になってしまうことがあります。
  • ソラレンを多く含む食べ物は、朝などお出かけ前には食べずに、夜や紫外線を浴びない場所にいる際に食べることが紫外線対策の観点ではオススメです。
  • レモンやキューリはソラレンを含むので、パックをした後、外出することは控えた方が良く、そもそも食べ物でパックすることはあまりオススメできません。
  • 化粧品成分のビタミンC誘導体などには、ソラレンは含まれません。

2.ソラレンと光毒性

ソラレンを含む柑橘系の果物

1)ソラレンとは?

ソラレン(英語名:Psoralen)とは、柑橘類や一部の野菜などに含まれている物質です。

紫外線を吸収する作用があるため、ソラレンを含んでいる化粧品を塗ったり、ソラレン含有の食べ物を食べてから紫外線を浴びると、肌荒れやお肌に炎症を起してしまうことがあります。

また、ソラレンにはメラニンの生成を活性化させる作用があり、赤みやシミ・色素沈着などの原因になります。

2)光毒性とは?

光毒性とは、太陽の光(紫外線)に当たると活性酸素などが発生して肌にダメージを与えてしまう性質のことです。

ソラレンも光毒性がある成分にあたります。

紫外線を浴びてしまった女性

例えば、ソラレンを肌につけた状態で太陽の光を浴びると、ソラレンが紫外線のエネルギーを蓄積して、その後一気に皮膚内にエネルギーを放出するのです。

そのため、短時間で比較的強い状態の日焼けを引き起こし、シミや色素沈着などの原因になるのです。

強い日焼けは火傷と同じですので、度合いによっては皮膚の組織が損傷してしまうこともあり、注意が必要です。

光毒性の性質が知られていなかった1970年代頃は、ソラレンを含有しているベルガモット油を高濃度に配合した化粧品などが販売されており、シミなどの皮膚トラブル事例が発生していたこともありました。

現在でも、ベルガモットを配合した化粧品は販売されていますが、キチンと対策が取られており、光毒性を持つ成分を取り除いたベルガモットFCFを使用しているか、光毒性を発揮しないレベルの低濃度で配合されているので、使用しても問題が起こることありません。

もちろん、ソラレンを摂取しても、濃度・紫外線を浴びた時間・紫外線量などによってどの程度のダメージになるかは異なります。

それでも、皮膚トラブルを避けるためには、ソラレンの光毒性を正しく理解してお肌に不要な負担をかけないことが美肌をキープするエイジングケアの観点からも大切です。


3.ソラレンを含む食べ物と食べ方

ソラレンを含む食べ物について考える女性

1)ソラレンを含む果物

ソラレンを多く含む果物は次の通りです。

  • レモン
  • オレンジ
  • グレープフルーツ
  • みかん
  • キウイ
  • いちじく
  • アセロラ

主に柑橘系の果物に多く含まれていることがわかりますね。

光毒性についてお話したので、もしかして「食べるのが怖い」と思ってしまったかもしれませんが、食べ方さえ注意すればメリットの方が多い果物です。

柑橘系の果物やキウイなどにはビタミンC等の栄養が豊富なことはよく知られています。

これらは、美肌のための食べ物です。

ビタミンCを積極的に摂ることで、お肌のハリをキープして、ほうれい線シワを防ぐ効果が期待できます。

だから、食べ方に気をつけて、上手に摂取することをオススメします。

2)ソラレンを含む野菜

ソラレンを多く含む野菜には下記があります。

  • きゅうり
  • にんじん
  • セロリ
  • 春菊
  • 三つ葉
  • パセリ

比較的身近な野菜にもソラレンが含まれていることがわかります。

また、これらもβカロテンなど肌老化や肌悩みを防ぐ成分が豊富な美肌のための野菜です。

3)ソラレンを含む食べ物の摂り方

ソラレンを含む食材を食べる女性

ソラレンを多く含んだ食材は、摂り方に注意することがポイントとなります。

ソラレンは食べてから約2時間程度で全身に届きます。

だから、ソラレンを多く含む食べ物は、朝、出かける前には食べないようにしましょう。

もちろん、光(紫外線)がない所であれば光毒性は生じません。だから、朝食べる場合は紫外線を浴びないことを心がけましょう。

または、ソラレンを多く含んだ食材は夜に食べることもオススメです。

特に柑橘類やパセリ等、ビタミンCの多く含む食べ物は、夜に食べることで日中に紫外線を受けて傷ついた細胞の修復に効果を発揮してくれます。

つまり、紫外線のアフターケアができるのです。


4.気をつけたい野菜や果物のスキンケア

紫外線対策で気をつけたいレモン

1)レモンパックやキューリパック

レモンパックやキューリパックなどが流行したことがありますね。

経験したことがある方も少なくないのではないでしょうか?

しかし現在は、レモンパックやキューリパックはデメリットが大きいため、あまりおすすめされていません。

もうお分かりだと思いますが、まずソラレンによる光毒性の問題です。

先にご紹介した通り、レモンもきゅうりもソラレンを多く含んでいます。

パックによって、皮膚表面にソラレンをつけた後、紫外線を浴びるとシミ増加の可能性を高めてしまうリスクがあります。

レモンパックが話題になっていた理由としては、ビタミンCを多く含んでいることから、美肌効果に期待できるということがあります。

だから、ソラレンはレモンの皮にあるので皮を避ければ良いとの反論もありますが、レモンパックにおいては、ソラレン以外の物質も問題です。

例えば、ソラレン以外にも、クエン酸が含まれています。クエン酸にはピーリング効果がありますが、角質層を溶かしてしまうリスクもあります。また、肌を刺激し肌荒れの原因となるD-リモネンなどが含まれています。

つまり、レモンはパックすることで、お肌に負荷を与えてしまう危険性があるのです。

きゅうりパックにおいては、ソラレンが含まれていることと合わせて、効果を疑問視する声が高まっています。

きゅうりは95%近くが水分であり、もし仮にソラレンの心配がなくなったとしても、期待できる美肌効果は、それほど高くないと考えられています。

きゅうりの水分は肌に載せたとしても、お肌を保湿する力は高くなく、あまり乾燥肌対策にはなりません。

また、体質的にきゅうりがあわないと、かぶれなどを起こしてしまう可能性もあります。

エイジングケア化粧品などを使って保湿した方が、はるかに良い効果を期待できるのです。

こうしたことから、レモンパックやキューリパックは控えた方が無難でしょう。

「食べて安全だから、肌に塗っても安全」と言われることもありますが、食べて安心なものでも、お肌から吸収すると思わぬ刺激がある場合もあります。口からの吸収と皮膚からの吸収は別と考えましょう。

2)ビタミンC誘導体は、大丈夫?

ビタミンC誘導体のイメージ

エイジングケア化粧品やエイジングケア化粧水などでよく使われるビタミンC誘導体は、そのままでは肌に吸収されくいビタミンCを肌に入りやすい形に少し化学構造を変えたものです。

ビタミンC誘導体には、水溶性ビタミンC誘導体両親媒性ビタミンC誘導体油溶性ビタミンC誘導体にわかれ、それぞれいくつかの種類があります。

代表的なものとしては以下があります。

①水溶性ビタミンC誘導体

  • アスコルビン酸Mg
  • アスコルビン酸Na

②両親媒性ビタミンC誘導体

③油溶性ビタミンC誘導体

これらの成分に関しては、ソラレンが含まれていませんので、光毒性の心配はありません。

そのため、ビタミンC誘導体入りの化粧品や日焼け止めを使うことは、問題ないと言えます。

ビタミンCという言葉に過敏に反応して、思い込みで避けないようにしましょう。

ビタミンC誘導体は、酸化を防ぐはたらき、つまり抗酸化作用があります。また、コラーゲンを増やしたり、皮脂の分泌をコントロールするなど、美肌に良いはたらきがあります。

だから、シミだけでなくニキビの炎症を抑えたり、シワの予防に役立つなど、エイジングケアに有効です。

このため、化粧水ランキングなどでもビタミンC誘導体配合化粧水が上位にランクインすることがよくあります。

ただし、ビタミンC誘導体の濃度が高い場合には乾燥肌を引き起こすことがあります。

ビタミンC誘導体を使う場合は、保湿成分が配合された乾燥肌対策の化粧水乾燥肌向け美容液乾燥肌向けクリームを一緒に使いましょう。

また、人によっては肌がピリピリしたり薄皮がむけることがあるのですが、これらは光毒性による日焼けとは異なりますので混合しないようにしましょう。


5.美肌のための紫外線対策の基本

紫外線対策を行う女性

紫外線による光老化は、アンチエイジングの大敵。

ソラレン対策を含めて、美肌につながる紫外線対策の基本を見ていきましょう。

1)日焼け止め

紫外線対策の基本として、まず日焼け止めを塗ることが大切です。

紫外線は日陰や部屋の中に居ても届きます。

夏だけでなく、冬も紫外線対策が必要です。昼間は1年中、日焼け止めを塗るケアを心がけましょう。

日焼け止め化粧品には、紫外線B波のカット効果を表す「SPF」と、紫外線A波のカット効果を示す「PA」が記載されています。

両方チェックして選ぶことが大切です。

ただし、数値が高いものやウォータープルーフのものは、肌への負担が大きいという側面があるので気をつけましょう。

日焼け止めを使う際は、量にも注意することがポイントです。

塗る量が少ないと、十分な効果を期待できなくなります。

商品説明をよく読んで、適量を使うように心がけましょう。

使用する際は、手のひらに日焼け止めを出し、顔全体に丁寧に伸ばします。

シミができやすい頬骨あたりには重ね付けをするとより効果的です。

日差しが強い夏場や、遮るものがない海や山などのアウトドアに出かける時は、塗り忘れなどがないように、特に注意しましょう。

また女性の場合、生理前は黄体ホルモンという紫外線感受性を高めてしまう成分の分泌が多くなるので、この時期は特に念入りなケアをすることが大切です。

日焼け止めは、などをかくことでとれてしまいます。

定期的な塗り直しを心がけましょう。

2)UVカット効果がある衣服やサングラスを身につける

UVカットのための衣服やサングラス

日焼け止めと合わせて、UVカット効果がある長袖の衣服やサングラスを着用する対策も有効です。

普通の洋服では、紫外線をすべてカットできませんが、UVカット効果がある羽織物などを選べば、紫外線から肌を守ることができます。

サングラスは日本では馴染みがない方も多いでしょう。

しかし、紫外線の強い国では目の保護のために子どもにも使用が呼びかけられている優れものです。また、最近ではクリアレンズでUVカット効果のある眼鏡も市販されるようになっています。

長時間紫外線を浴びたり、また短時間であっても浴びた紫外線量が多いと目に負担をかけますし、目からの紫外線がお肌にも悪影響を与えることもあります。

目への悪い影響を避けるためにも、UVカット効果のあるサングラスを活用することがオススメです。

このようにファッションでも紫外線対策を行いましょう。

3)紫外線対策に効果がある食べ物を摂る

紫外線対策には内側からのケアも大切です。

シミやそばかすを予防するビタミンCを食べ物から摂取すると良いでしょう。

もちろんソラレンが含まれている食べ物を朝に取るなら日焼け止めなどでしっかり対策しましょう。

夜に取れば、ソラレンを気にする必要もなく紫外線のアフターケアにピッタリです。

他にも、紫外線から肌を守る効果があり肌老化を防いでくれるβ-カロテンや高い抗酸化作用があるビタミンE、肌の新陳代謝を活発にするビタミンB2などを摂ることをオススメします。

β-カロテンとビタミンEなら緑黄色野菜、ビタミンB2なら卵や納豆などの食材に豊富に含まれています。

バランスの良い食事を心がけて、栄養バランスを保つことも需要なポイントです。

4)美白化粧品を上手に使う

美白化粧品のイメージ

シミを防ぐために美白化粧水などの美白効果のある化粧品を使うことも良い選択肢です。美白化粧品で、お肌が白くなるわけではありませんが、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを予防する効果があります。

夏場などの紫外線の強い場合は、シミ予防強化のためにエイジングケア化粧品に加えて、美白化粧品もうまく取り入れましょう。

ただし、美白成分にはお肌への負担もあるので肌質や肌状態によっては、合わないものもあります。敏感肌インナードライ肌、乾燥肌などの方は、特に注意して自分に合ったものを選びましょう。

5)日焼けの後のケア

もしうっかり日焼けをしてしまったら?

どんなに注意していても、紫外線は100%防げるものではありません。

そのため、うっかり日焼けをしてしまったらアフターケアをキチンと行うことが重要と言えます。

まず、日焼けをしている箇所を冷やしましょう。

ほてりをしずめ、肌に負担をかけないことが大切です。

冷やした後は、たっぷり水分を補給したり、ビタミンACEなどを配合したエイジングケア化粧品を使って、内外からケアをしましょう。

体やお肌のダメージを解消するためには、十分で質の高い睡眠を取ることもオススメです。

ソラレンにも言えることですが、ダメージを受けてからケアをするのは大変です。

ダメージを受けてから対処するよりも、まずはダメージを受けない予防対策に力を入れましょう。


6.まとめ

ソラレンのまとめ

ソラレンと光毒性、ソラレンを含む野菜や果物などの食べ物と食べ方をご紹介しました。また、ソラレンを意識したエイジングケアや紫外線対策のポイントをご紹介しました。

ソラレンとは、どんな成分かご理解いただけたでしょうか?

ソラレンはあまり知名度が高い成分ではありませんが、ちょっとした知識があるのとないのとでは、紫外線対策やエイジングケアにおいて差がつくことがご理解いただけたのではないでしょうか?

ぜひ、ソラレンの知識をあなたの美肌やエイジングケアのために役立ててくださいね。

関連記事

外出とエイジングケア 日焼けのアフターケアはビタミンACEで!

続きを読む

紫外線ダメージで肌老化!効果的に防ぐ対策でエイジングケア

続きを読む

冬でも紫外線対策は大切!その理由は、光老化を促進するから!

続きを読む

紫外線対策はファッションで差がつく!透過率は色・素材で違う

続きを読む

紫外線によるエイジング「光老化」とフォトフェイシャル治療

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」