肌荒れ予防効果があるカワラヨモギ花エキス配合化粧品のイメージ

カワラヨモギ花エキス(カワラヨモギエキス)はキク科の植物カワラヨモギから抽出した成分です。

消炎効果と抗菌効果があり、肌荒れを予防する化粧品に配合されます。

この記事では、カワラヨモギ花エキスの効果や安全性をご紹介します。

また、カワラヨモギ花エキス配合のオススメのクレンジング料やフェイスマスクについてもご紹介します。

この記事を読むことで得られることは?
  • カワラヨモギ花エキスが、どのような化粧品成分なのかがわかります。
  • カワラヨモギ花エキスのはたらきや効果、安全性がわかります。
  • カワラヨモギ花エキスが、どんな化粧品に使われるかがわかります。

京都大学農学部卒医薬品業界歴30年以上の専門家の執筆記事

ナールスエイジングケアアカデミーには月間数十万ページのアクセスがあります。

この記事の目次を紹介する女性のイラスト

スポンサードサーチ

1.カワラヨモギ花エキス(カワラヨモギエキス)に興味がある方へ

カワラヨモギ花エキス(カワラヨモギエキス)を説明する女性

「美肌になれる!カワラヨモギ花エキスで肌荒れ予防や美白の効果」をお届けします。

カワラヨモギ花エキスは、キク科の植物であるカワラヨモギの花、葉、茎から抽出したエキスです。

肌荒れを防ぐ効果で美肌をもたらすことが期待されることから、クレンジング料化粧水美容液をはじめ、さまざまなスキンケアアイテムに配合されます。

また、エイジングケア化粧品にも配合されます。

つまり、カワラヨモギ花エキスは有用な化粧品成分の1つです。

正しいエイジングケアのためには、さまざまな化粧品成分の理解が大切です。

この記事では、カワラヨモギ花エキスの特性、効果、安全性について詳しくご紹介します。また、どんな化粧品によく使われるかをご紹介します。さらに、カワラヨモギ花エキス配合のオススメのクレンジング料やフェイスマスクについてもご紹介します。

「カワラヨモギ花エキスってどんな化粧品成分?特徴を教えて!」

「カワラヨモギ花エキスの効果は?どんな肌悩みによいの?」

「カワラヨモギ花エキスの保湿力は?乾燥肌は防げる?」

「カワラヨモギ花エキスの安全性や刺激性は?敏感肌でも大丈夫?」

「カワラヨモギ花エキス配合のオススメの化粧品は?」

などについて知りたい方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。

<オススメのカワラヨモギ花エキス配合のクレンジング料なら>

医師監修で石鹸より優しいアミノ酸系洗浄成分配合

敏感肌、乾燥肌にも!クレンジングジェル「ナールス エークレンズ」

<カワラヨモギ花エキス配合のフェイスマスクなら>

カワラヨモギ花エキス&ヒト幹細胞培養液配合フェイスマスク「ナールス リジェ パーフェクトマスク」

<カワラヨモギ花エキス配合のクレンジングも試せる>

本気のエイジングケア化粧品ナールスのトラベルセット

ナールストラベルセット

<この記事の大切なポイント>
  • カワラヨモギ花エキスは、キク科の植物カワラヨモギ由来の成分です。民間薬として、肝炎・黄疸・じんま疹などの改善のために使われてきました。
  • カワラヨモギ花エキスは、水とアルコール(エタノール)、BG(1,3-ブチレングリコール)によって抽出されます。黄褐色または茶褐色の液体で、独特の臭いがあります。
  • 化粧品の全成分表示では、「カワラヨモギ花エキス」ですが、医薬部外品に配合される場合は、「カワラヨモギエキス」と表記されます。化粧品成分には同じものでも、化粧品と医薬部外品で表示名称が異なる場合があります。
  • カワラヨモギ花エキスには、消炎効果と抗菌効果があり、肌荒れの予防のために配合されます。また、収れん効果や色素沈着を防ぐ作用などもあります。
  • カワラヨモギ花エキスは、毒性や刺激性はほとんどなく安全性が高い成分です。だから、敏感肌など肌質を選ばず使えます。その効果と安全性からさまざまな化粧品に配合されます。

2.カワラヨモギ花エキスとは?

カワラヨモギ花エキスの原料カワラヨモギの写真

1)カワラヨモギ花エキスの基本

カワラヨモギ花エキスは、キク科の植物カワラヨモギの花・葉・茎から抽出した成分です。

アルコール(エタノール)BG(1,3-ブチレングリコール)によって抽出される黄褐色または茶褐色の液体です。

含有成分は、ジカフェオイルキナ酸やクロロゲン酸などのタンニン、カピリンやβ-ピネンといった精油、フラボノイドで、独特の臭いがあります。

化粧品の全成分表示では、「カワラヨモギ花エキス」と表記されます。

一方、医薬部外品の場合は、「カワラヨモギエキス」と表記されます。

カワラヨモギ花エキスは、胆汁分泌促進作用や消炎作用があることから民間薬(生薬)として、「インチンコウ(茵陳蒿)」という名前で、肝炎・黄疸・じんま疹などの改善のために用いられてきました。

インチンコウエキスには、天然保湿因子(NMF)のもとになるたんぱく質であるフィラグリンを増やすはたらきがあります。

2)カワラヨモギ花エキスが配合される化粧品

 

カワラヨモギ花エキスが配合される化粧品

カワラヨモギ花エキスは、さまざまな化粧品に配合されます。

クレンジングジェルなどのクレンジング料、保湿化粧水収れん化粧水保湿美容液乳液保湿クリームフェイスマスクハンドクリームネイルケアアイテムなどに使われます。

また、ボディの乾燥肌対策のアイテム、フケやカユミを防ぐ頭皮ケアや毛髪用化粧品、エイジングケア美容液エイジングケア保湿クリームなどにも配合されるようになっています。

さらに、化粧下地、日焼け止め、ファンデーションなどのメイクのアイテムにも使われます。


スポンサードサーチ

3.カワラヨモギ花エキスの効果と安全性

カワラヨモギ花エキスの効果を感じる女性

1)カワラヨモギ花エキスの効果

①消炎効果と抗菌効果

カワラヨモギ花エキスには、消炎効果と抗菌効果があります。

だから、肌荒れの予防のために配合されます。

また、発ガン物質やカビの繁殖を抑制するはたらきや強力な坑カビ効果があることも知られています。

さらに、精油には真菌の発育を抑えるはたらきがあると考えられています。

カワラヨモギ花エキスは精油を含んでいます。

こうしたはたらきから、乾燥肌乾燥によるかゆみ、湿疹、アトピー性皮膚炎の症状の改善効果が期待されています。

②収れん効果

カワラヨモギ花エキスには、タンニンが含まれていることから収れん効果があります。

だから、毛穴の引き締めなどの肌悩みに効果が期待できます。

③薄毛を防ぐ効果

カワラヨモギ花エキスには、水と比べて約2倍の毛乳頭細胞増殖が認められた実験データがあります。

毛乳頭細胞が増えると、毛髪が太くなるので、女性の薄毛を防ぐ効果が期待できます。

④メラニンの生成を抑える効果

カワラヨモギ花エキスには、メラニン産生を抑制するはたらきがあります。

つまり、美白作用およびシミくすみ色素沈着を予防する効果が期待できるのです。

2)カワラヨモギ花エキスの安全性

カワラヨモギ花エキスの安全性のイメージ

カワラヨモギ花エキスは、毒性や刺激性はほとんどなく安全性が高い成分です。

その安全性の高さから、赤ちゃん用のかぶれ対策のクリームにも配合されます。

したがって、敏感肌や乾燥肌、乾燥性敏感肌インナードライ肌をはじめ、どんな肌質の方でも使うことが可能です。

もちろん、普通肌脂性肌混合肌でも使えます。

だから、40代からのエイジングケア化粧品の美容成分としてもオススメです。

また、高齢の方の乾燥肌対策子供の乾燥肌対策にも使える成分です。

しかし、どんな成分でも誰にでも安全とはいえません。

だから、赤みがでたり刺激を感じる可能性を100%否定することはできません。

つまり、化粧品かぶれ接触皮膚炎)のリスクがまったくないわけではないのです。

肌が弱いなどが気になる方は、パッチテストをすることをおすすめします。


4.カワラヨモギ花エキス配合のオススメのクレンジング料

カワラヨモギ花エキス配合のオススメのクレンジング料を使う女性

カワラヨモギ花エキス配合のオススメのクレンジングジェルをご紹介します。

アミノ酸系界面活性剤配合クレンジングジェル「ナールス エークレンズ」です。

水性のオイルフリーのクレンジングジェルで、アミノ酸系界面活性剤の1つであるラウロイルグルタミン酸Naが主な洗浄成分なので、乾燥肌や敏感肌でも安心して使えるクレンジング料です。

また、ダブル洗顔不要のクレンジング料です。

カワラヨモギ葉エキス配合以外の特徴は次のとおりです。

ナールス エークレンズは、皮膚科医監修で、次のような特徴があります。

ぜひ、エイジングケア世代の女性に使っていただきたいクレンジングジェルです。

アミノ酸系界面活性剤配合クレンジングジェル「ナールス エークレンズ」

<全成分>

BGラウリン酸ポリグリセリル-10ペンチレングリコールグリセリン、ラウロイルグルタミン酸Na、ヒアルロン酸Na加水分解ヒアルロン酸、グルコシルセラミド、金、タナクラクレイ、カワラヨモギ花エキス、シソ葉エキス、ユズ果実エキス、アーチチョーク葉エキス、ダマスクバラ花油α-グルカンPEG-60水添ヒマシ油カルボマーポリアクリル酸Na水酸化K


スポンサードサーチ

5.カワラヨモギ花エキス配合のオススメのフェイスマスク

フェイスマスクを使う女性

オススメのカワラヨモギ花エキス配合のフェイスマスク「ナールス リジェ パーフェクトマスク」をご紹介します。

ナールス リジェ パーフェクトマスクは、バイオセルロース製のシートタイプのフェイスマスクです。

バイオセルロースとは、ナタデココの原料を主成分として、食用菌による発酵技術を用いてつくられた食物由来のナノ繊維のことです。

不織布のシートマスクと比べて、美容成分の浸透力が高いことが大きなメリットです。

ナールス リジェ パーフェクトマスクは、カワラヨモギ花エキス以外に、次のような配合成分の特徴があります。

このように、乾燥によるお肌の老化を予防するために大切な成分が配合されています。

1枚でなんと25mlという、美容液1本分もの美容成分が凝縮されたフェイスマスクです。

肌のキメを整え、ハリツヤのある透明感に満ちたお肌に導きます。

また、次の肌悩みのエイジングケア対策にも役立ちます。


6.まとめ

 

まとめ

カワラヨモギ花エキスがどんな化粧品成分なのか、その効果や安全性をご紹介しました。

また、どんな化粧品に配合されるかを取り上げました。

さらに、カワラヨモギ花エキス配合のオススメのクレンジングジェルやフェイスマスクについてもご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

カワラヨモギ花エキスには、消炎効果と抗菌効果があるとともに、収れん効果やメラニン抑制効果もあります。

だから、さまざまなエイジングケア化粧品に配合されます。

また、安全性の高い成分で敏感肌や乾燥肌でも使えます。

ぜひ、カワラヨモギ花エキスを上手にエイジングケアに取り入れてくださいね。

この記事「美肌になれる!カワラヨモギ花エキスで肌荒れ予防や美白の効果」が、エイジングケア世代のお役に立てば幸いです。

<カワラヨモギ花エキス配合のクレンジングも試せる>

本気のエイジングケア化粧品ナールスのトラベルセット

ナールストラベルセット

スポンサードサーチ

著者・編集者・校正者情報

著者情報 株式会社ディープインパクト 富本充昭
(執筆:株式会社ディープインパクト 代表取締役 富本充昭)

ナールスエイジングケアアカデミー編集長

京都大学農学部を卒業後、製薬企業に7年間勤務の後、医学出版社、医学系広告代理店勤務の後、現職に至る。

医薬品の開発支援業務、医学系学会の取材や記事執筆、医薬品マーケティング関連のセミナー講師などを行う。

文部科学省後援日本化粧品検定1級

一般社団法人化粧品成分検定協会認定化粧品成分上級スペシャリスト

著作(共著)

KOLドクターの的確な人選と良好な関係作りのコツ

医薬品マーケティングにおける市場・売上予測と戦略策定

(編集・校正:エイジングケアアカデミー編集部 若森収子

大学卒業後、アパレルの販促を経験した後、マーケティングデベロッパーに入社。
ナールスブランドのエイジングケア化粧品には、開発段階から携わり、最も古い愛用者の一人。

当社スタッフの本業は、医学・薬学関連の事業のため、日々、医学論文や医学会の発表などの最新情報に触れています。

そんな中で、「これは!」という、みなさまの健康づくりのご参考になるような情報ご紹介したり、その時期に合ったスキンケアやエイジングケアのお役立ち情報をメールでコンパクトにお届けしています。

ぜひご登録をお待ちしております。

キレイと健康のお役立ち情報が届く、ナールスのメルマガ登録はこちらから

ナールスチャンネルをみて動画でエイジングケアを学ぼう!

関連記事

衝撃!ヒアルロン酸で乾燥肌に!誤った使い方を避けて正しい保湿

続きを読む

ヒアルロン酸化粧品の保湿にはデメリットがあった!秘密と安全性

続きを読む

エチルヘキシルグリセリンは保湿力のある化粧品成分?効果と安全性

続きを読む

ココイルアルギニンエチルPCAは刺激が小さなアミノ酸系界面活性剤!

続きを読む

グルコシルヘスペリジンはビタミンP!美肌のための化粧品の使い方

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」