マツエクOKのおすすめのクレンジングを見つけよう!

マツエクOKのおすすめのクレンジングを使う女性

今やまつ毛エクステンション(通称:マツエク)は、20代の若い女性だけでなくエイジングケア世代にも流行。

だから、メイク落としのクレンジング料は、マツエクOKのタイプを探す方も多いのではないでしょうか。

この記事では、そんなクレンジング料の選び方をご紹介します。

また、おすすめのマツエクOKのクレンジングジェルをご紹介します。

マツエクOKのおすすめのクレンジングを見つけよう!の目次

1.マツエクOKのクレンジングをお探しのあなたへ

マツエクをしている女性

今では、マツエクは流行を超えて、多くの女性でポピュラーなものになっています。

だから、エイジングケア世代の女性でも多くの方がマツエクをするようになっています。

きっとあなたもその一人ではないでしょうか?

そんなあなたにとって、マツエクしたままメイクをしっかり落とせるクレンジング料は必須のアイテムですね。

そんな便利なマツエクOKのクレンジング料はどうやって選べば良いのでしょうか?

今や、クレンジングにもオイル、リキッド、ジェルをはじめ多くのタイプがあります。

メーカーも資生堂やポーラ、カネボウ、オルビスといった大手から無印良品やちふれなどのプチプラまでたくさんあります。

また、@コスメなどのクレンジングランキングや「美ST」や「美人百花」などの美容雑誌でも特集が組まれます。

加えて、年齢も違えば肌質や肌状態も違う中、自分にとってピッタリのマツエクOKのクレンジング料をどのようにして選べば良いのでしょうか?

これは難しいですが、大切なことですね。

この記事では、エイジングケア世代の方に向けて、マツエクOKのクレンジング料の選び方をご紹介します。

また、おすすめのクレンジングジェルをご紹介します。

「マツエクOKのクレンジング料の条件は?」

「キレイな状態を長持させるために何をポイントに選べば良いの?」

「マツエクしているから優しいタイプを選びたい!」

「使い方で気をつけたいポイントは?」

「エイジングケアにおすすめのマツエククレンジング料を教えて!」

などが気になる方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。

そして、あなたにピッタリのおすすめのマツエクOKのクレンジングを選んでくださいね。

<おすすめのクレンジン料なら>

マツエクOKのおすすめのクレンジングジェル「ナールス エークレンズ」

マツエクでも安心して使えるクレンジング「ナールス エークレンズ」

<今だけ!無料サンプルプレゼント!!>

マツエクをしている全ての女性!おすすめのクレンジングジェル!ぜひお試しください☆

ナールス エークレンズ無料サンプル申し込み

<エイジングケア世代のためのクレンジングジェルの動画>

【衝撃】オチがすごすぎて、ハマる人続出!|ナールス史上初の素敵なストーリー

 

<この記事の大切なポイント>
  • マツエクをしている場合には、グルー(接着剤)を溶かすクレンジングオイルは向きません。また、オイル配合の他のタイプもおすすめできません。
  • マツエクOKのクレンジング料は、リキッドタイプ、ジェルタイプ、ローションタイプから選びます。
  • おすすめは、クレンジングジェルです。なぜなら、ジェルは摩擦が少ないことや優しい洗浄成分を使ったものが多いからです。
  • クレンジング料は、マツエクOKであることも大切ですが、肌質や肌状態にあっていることが大切です。また、年齢が上がるにつれて優しいものを選ぶことが大切です。
  • マツエクOKのクレンジング料を使う場合でも、1分程度で済ませば、お肌への負担を減らすことができます。

2.マツエクに向かないクレンジングのタイプって?

NGを主張する女性

マツエクOKのクレンジング料を選ぶ前に、そもそもNGのものを知っておきましょう。

結論を言えば、クレンジングオイルやオイル配合のクレンジング料は、マツエクには適していません。

なぜなら、速乾性のグルー(接着剤)がオイルで溶けてしまうからです。

マツエクを自分のまつ毛につける際に使う接着剤であるグルーは親油性です。

つまり、油と馴染みやすい性質があります。

だから、クレンジングオイルを使うと、速乾性のグルーが油に溶けてしまいます。

その結果、マツエクは、ポロポロと落ちてしまうことに。

また、クレンジングオイルでなくても、オイルが配合されると同じリスクがあるのです。

マツエクOKのクレンジング料なら3~4週間持つはずが、あっという間にスカスカになってしまいます。

こんなことにならないように、速乾性のグルーにオイルタイプやオイル配合はNGであることを理解しておきましょう。

ただし、マツエクそのものも進化しています。

遅乾性のグルーの場合は、結晶がゆっくりと固まるので空洞がありません。

そのため、オイル配合のクレンジング料も使えます。

オイルが絶対にマツエクにNGとは言えなくなってきました。

クレンジングオイルを使いたい場合は、遅乾性のグルーを選びましょう。

とは言っても、マツエクのクレンジング料には、オイルフリー、最低でも油分少なめがおすすめです。


3.マツエクOKのクレンジングの選び方のポイント

マツエクOKのクレンジングの選び方のポイントを解説をする女性

ここからは、マツエクOKでキレイな状態をキープできるクレンジング料を選ぶためのポイントをご紹介します。

基本は、オイルを含まないか、含んでいても少量のリキッド、ジェル、ローションから選ぶことになります。

1)おすすめはオイルフリーのクレンジングジェル

クレンジングジェルには、水性タイプと油性タイプがあります。

また、水性にはオイルフリーとオイルインがあります。

ジェルタイプは、摩擦が少ないので刺激を与えにくいことがメリットです。

一方、リキッドなどと比べると、やや洗浄力が弱いことがデメリットです。

だから、ナチュラルメイクの方には、水性でオイルフリーのマツエクOKのクレンジングジェルがおすすめです。

また、30代からのエイジングケアを考えた場合は、メイクをナチュラルにして優しいタイプのクレンジング料を使うことをおすすめします。

2)濃いメイクならリキッドタイプ

リキッドタイプのクレンジングのイメージ

クレンジングリキッドは、比較的洗浄力が強く、濃いメイクもしっかりと落とせるものがたくさんあります。

目元にアイライナーなど濃い目のメイクをしている方は、マツエクOKのクレンジングリキッドがおすすめです。

しかし、40代、50代と年齢を重ねると、濃いメイクを落すクレンジング料は負担が大きくなります。

40代のエイジングケア50代のエイジングケアではあまりおすすめできません。

できれば、年齢とともにメイクを薄めにしてクレンジングジェルに代えることをおすすめします。

3)ローションタイプは旅行の際など限定的な使用に!

ローションタイプのクレンジング料には、ベタつきなく使えるマツエクOKのものがあります。また、洗い流しが不要で、コットンに含んでメイクオフできるものもあります。

しかし、摩擦が多くお肌への刺激が強いので、旅行などの場合に限って使いましょう。

特に、エイジングケア世代の方や肌質乾燥肌敏感肌インナードライ肌の方には、あまりおすすめできません。


4.おすすめのマツエクOKのクレンジング料の条件は?

マツエクOKのイメージ女性

1)優しい洗浄成分で出来ている

マツエクOKであってもクレンジングは肌の負担になります。

やはり、優しい洗浄成分できているものがおすすめです。

優しいタイプのクレンジング料を選ぶことは、エイジングケア世代にとっては特に大切なポイントです。

界面活性剤は、ラウリン酸ポリグリセリル-10などの非イオン界面活性剤やラウロイルグルタミン酸Naなどのアミノ酸系界面活性剤がおすすめです。

非イオン系ならイオン化しないので、静電気による乾燥肌などのリスクもありません。肌への負担も少なく安全性の高い界面活性剤のため、乾燥肌をはじめどんな肌質でも使えます。

アミノ酸系はさらに優しく環境にも優しいので、エイジングケア世代には特におすすめです。

これらの優しい界面活性剤は、敏感肌の方のクレンジング料にもおすすめです。

2)刺激の強い成分が入っていない

刺激がなく優しいイメージ

クレンジング料には、洗浄成分以外でも気をつけたい成分があります。

まず1つ目がアルコール。

アルコールは、化粧品の全成分表示では「エタノール」と表記されます。

アルコールは刺激や揮発性があるので肌に負担になってしまいます。

だから、マツエクOKのクレンジング料は、アルコールフリーがおすすめです。

最近では使用される機会が減りましたが、PGは刺激性のある成分です。

また、DPGは、PGほどではありませんが、刺激性があります。

だから、高い濃度で配合されたクレンジング料は、控えた方が良いでしょう。

少なくともこの2つが全成分表示の1行目や2行目にある場合は、配合濃度が高いので避けましょう。

その他では、合成香料・合成着色料も無くても良い成分です。

さまざまなものがあり、刺激性のあるものからないものまであります。

とは言え、メイク落としの機能面では不要なので、エイジングケア世代の方は、控えた方が無難でしょう。

3)保湿や肌荒れ防止ができる

本来、クレンジングは、保湿が目的ではありません。

しかし、目元などは皮膚が薄く肌荒れを防いだり、潤いをキープしながらメイクを落すことで肌ダメージを減らすことができます。

コラーゲンヒアルロン酸グルコシルセラミドユズセラミドなどの水溶性保湿成分が入っているマツエクOKのクレンジング料がおすすめです。

4)毛穴汚れはしっかり落ちる

毛穴汚れがしっかり落ちるクレンジングをする女性

マツエクとは直接関係ありませんが、毛穴の黒ずみが残ると肌ダメージになります。

だから、クレンジングで毛穴の汚れを落すことが大切です。

毛穴汚れを吸着するタナクラクレイ毛穴ケアの対策ができるアーチチョーク葉エキスなどはおすすめの成分です。

5)ダブル洗顔不要

肌にとってもマツエクにとってもダブル洗顔はダメージになります。

だから、マツエクOKのジェルタイプなど、ダブル洗顔不要のクレンジング料がおすすめです。

6)年齢に応じて優しさを重視

誰でも、年齢を重ねるとお肌が薄くなって乾燥肌傾向になります。

また、肌老化も進みます。

だから、年齢とともにより刺激が少ないマイルドなマツエクOKのクレンジング料を選ぶことが大切です。

30代、40代、50代の年代別のエイジングケアのためのクレンジング料の選び方は、次の記事を参考にしてください。

30代におすすめのクレンジングのランキング不要の選び方

40代におすすめのクレンジングはランキングで選ばない!

50代におすすめのクレンジングはランキングより優しさで!

7)肌悩みがあればその点も考えよう

肌悩みがある女性

どんな肌質であっても、エイジングケア世代になると肌悩みも増えてきます。

肌悩みはクレンジング料だけで改善するわけではありませんが、少なくとも悪化させるタイプのものを選んではいけません。

マツエクのことだけではなく、肌悩みやエイジングサインも意識してクレンジング料を選びましょう。

毛穴汚れにオススメのクレンジングの選び方とランキング?

ほうれい線を予防するクレンジング料の選び方と使い方

しわを予防・改善するクレンジング料の選び方と使い方

いちご鼻や角栓を改善するクレンジング料の選び方と使い方

シミを予防するクレンジング料の選び方と使い方

くすみの予防や解消のためのクレンジング料の選び方と使い方

脂性肌のためのオススメのクレンジング料の選び方と使い方

インナードライ肌を改善するクレンジング料の選び方と使い方


5.おすすめのマツエクOKのクレンジング料

マツエクOKのおすすめのクレンジングジェル「ナールス エークレンズ」

マツエクOKのおすすめのアミノ酸系界面活性剤配合クレンジングジェル「ナールス エークレンズ」をご紹介します。

水性のオイルフリーのクレンジングジェルで、アミノ酸系界面活性剤であるラウロイルグルタミン酸Naが主な洗浄成分です。

マツエクOKに加えて、エイジングケア全般にもおすすめです。

ナールス エークレンズは、皮膚科医監修で、

  • アミノ酸系界面活性剤により、お肌に負担の少ない優しいクレンジングが可能です。
  • 粘りのあるジェルがお肌に密着し、汚れをしっかり落としながらも、優しく洗い上げます。
  • タナクラクレイ(軟質多孔性の海泥)が毛穴の汚れを吸着し、クリアな素肌をサポートします。
  • アーチチョーク葉エキス配合で、毛穴のたるみ、開き、詰まり、いちご鼻、ザラつきなどの毛穴の悩みにアプローチし、毛穴の目立ちにくいお肌をサポートします。
  • ナノサイズまで小さくした「金コロイド」を配合。永続する抗酸化効果で、お肌の老化の原因となる活性酸素を除去し、お肌の酸化を防ぎます。
  • グルコシルセラミド、ユズ果実エキスの効果で、バリア機能の改善をサポートします。
  • 肌荒れ防止成分のカワラヨモギ花エキスシソ葉エキスが、デリケートなお肌を優しくいたわり、肌荒れを感じさせない健やかな美肌へと導きます。
  • 10の無添加(無香料、無着色、無鉱物油、オイルフリー、アルコールフリー、パラベンフリーフェノキシエタノールフリー、石油系界面活性剤フリー、PG・DPGフリー、旧表示指定成分フリー)を実現しています。
  • マツエクもOKです。
  • W(ダブル)洗顔不要のクレンジング料です。

といった特徴があります。

<全成分表示>

BGラウリン酸ポリグリセリル-10ペンチレングリコールグリセリン、ラウロイルグルタミン酸Na、ヒアルロン酸Na加水分解ヒアルロン酸、グルコシルセラミド、金、タナクラクレイ、カワラヨモギ花エキス、シソ葉エキス、ユズ果実エキス、アーチチョーク葉エキス、ダマスクバラ花油α-グルカンPEG-60水添ヒマシ油カルボマーポリアクリル酸Na水酸化K


6.マツエクしているときのメイクの落とし方は?

マツエクありの女性がクレンジングをする様子

1)マツエク当日の洗顔やクレンジングは慎重に

マツエクを付けた日は、お風呂や洗顔、クレンジングには慎重になりましょう。

マツエクのグルーの種類でも変わりますが、完全に乾ききるまで1日程度の時間が必要です。

付けた当日は、まつ毛を濡らさないことがポイントです。

洗顔やクレンジングはまつ毛の周りは避けましょう。

また、湯船に浸かると蒸気で揮発したグルーの成分が空気と混ざって目に入るリスクがあります。だから、蒸気を避けるためには、マツエクを付けた当日は、軽くシャワーで済ませましょう。

2)摩擦の大きなクレンジングはNG

NGイメージ

どんなクレンジング料を使っても、刺激を与えてはいけません。

ゴシゴシ擦るなどはNGです。

どんなタイプでもクレンジングの使い方には、注意しましょう。

洗い流す際は、シャワーではなくぬるま湯を使って手で洗い流すことをおすすめします。

顔を拭く際も特にマツエクをしている目元や口元は優しくしましょう。

3)クレンジング後の目元ケアもしっかり行う

まつ毛の周りをはじめ目元はしっかり保湿しましょう。

しっかりスキンケア行わないと、エイジングとともに目元のハリは減って、目元のシワまぶたのたるみ目の下のたるみ目の周りのクマなどが目立ちます。

セラミド、中でもヒト型セラミドを配合した目元美容液などを使って、エイジングケアを行いましょう。

なお、必ずしもまつ毛美容液を使う必要はありません。

まつ毛美容液は、医薬品を除けばまつ毛を伸ばす成分は配合されていません。

お肌の美容成分を与えることでまつ毛が育つ土台を健やかにすることはできますが、まつ毛そのものを強くしたり育毛するはたらきはありません。


7.マツエクで肌ダメージや刺激を受けないために

マツエクで肌ダメージや刺激を感じる女性

クレンジング以前に、マツエクそのもので肌ダメージを受けない工夫も大切です。

実は、マツエクのグルー成分であるアクリル樹脂「シアノアクリレート」は、空気中の水分と結びついて硬化する過程で、化学反応として「ホルムアルデヒド」が放散されます。

シアノアクリレートが硬化した後にも微量発生する場合もあることから、ホルムアルデヒド試験に合格したグルーが使用されているかどうかが、ダメージを避けるためのポイントです。

シアノアクリレートには、メチル系、エチル系、ブチル系、メトキシエチル系の4つのタイプがあります。

速乾性とホルムアルデヒドの影響は、次の順序です。

メチル系 > エチル系 > ブチル系 > メトキシエチル系

現在では、メチル系の使用は減り、ブチル系やエチル系で遅乾性のものが多く使われているようです。

マツエクOKのクレンジング料の選び方と同様に、この点も注意しましょう。

なお、メチルシアノアクリレートは、一般社団法人日本まつげエクステメーカー連合会では使用禁止になっています。


8.まとめ

マツエクOKのおすすめのクレンジングを見つけよう!のまとめ

マツエクOKのクレンジング料の選び方や使い方のポイントをご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

魅力アップのためにつけたマツエクは、できるだけ長くキレイな状態をキープしたいですよね。

そのためのおすすめのマツエクOKのクレンジング料についてもご紹介しました。

エイジングケア世代のあなたも、マツエクを長持ちさせながら、メイクはしっかり落して美肌を保ってくださいね。

関連記事

クレンジングの際のフェイスマッサージは肌老化を進める?

続きを読む

クレンジングの失敗で目の下のクマに!改善の対策は?

続きを読む

20代にオススメのクレンジング。10年後の美肌のために!

続きを読む

洗顔の正しい知識でランキング不要のオススメの洗顔料の選び方

続きを読む

肌荒れを防ぎたい!おすすめのクレンジング料の選び方

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」