ウィルブライドS-753はエイジングケアによい化粧品成分なの?

ウィルブライドS-753配合化粧品のイメージ

ウィルブライドS-753という化粧品成分の名前を聞いたことがあるでしょうか?

ウィルブライドS-753は、あまり有名な化粧品成分ではありませんが、「水性保湿油」というコンセプトで開発された新しいタイプの化粧品成分です。

高い保湿力とともにべたつきが少ないことから、さまざまなスキンケアアイテムやエイジングケア化粧品に配合されるようになってきました。

この記事では、ウィルブライドS-753の特性について詳しくご紹介します。

また、ウィルブライドS-753配合のオススメのエイジングケア化粧水をご紹介します。

ウィルブライドS-753はエイジングケアによい化粧品成分なの?の目次

1.ウィルブライドS-753に興味があるあなたへ

ウィルブライドS-753を調べる女性

あなたは、ウィルブライドS-753という化粧品成分をご存知でしょうか?

化粧品成分の中には、有名なものからそれほど知られていないものまで、たくさんの種類があります。

ウィルブライドS-753は、比較的、新しい成分でもあり、あまり知られていない化粧品成分の1つです。

しかし、ウィルブライドS-753は、保湿効果に加えて、製品のテクスチャーをよくしたり、肌なじみがよいなどのメリットがあります。

だから、化粧水美容液はじめ、エイジングケア化粧品に配合される機会も増えてきました。

また、安全性が高いことから敏感肌化粧水などの敏感肌化粧品にも配合されることがあります。

正しいエイジングケアのためには、ウィルブライドS-753をはじめ、さまざまな化粧品成分を理解することが大切です。

この記事では、ウィルブライドS-753の特性について詳しくご紹介します。

また、ウィルブライドS-753配合のオススメのエイジングケア化粧水をご紹介します。

「ウィルブライドS-753ってどんな化粧品成分?」

「期待できるウィルブライドS-753の効果は?」

「ウィルブライドS-753の安全性は?」

などが気になる方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。

<オススメのウィルブライドS-753配合化粧水なら>

ウィルブライドS-753&ナールスゲン配合エイジングケア化粧水「ナールスピュア」

<この記事の大切なポイント>
  • ウィルブライドS-753は、グリセリンと同等の高い保湿力を持つ水性保湿油です。
  • 保湿油に水溶性の性質を加えたことで、水性から油性まで幅広いスキンケア化粧品に配合されます。
  • ウィルブライドS-753は、肌なじみがよく、高濃度で配合してもべたつきません。そのため、良好なテクスチャーを維持することができます。
  • また、ウィルブライドS-753は、水溶性ビタミンC誘導体などの経皮吸収を促進させる効果が確認されています。
  • 非イオン界面活性剤と併用すれば、補助界面活性剤としても機能。ウィルブライドS-753は、乳化可溶化の安定性を向上させます。

2.ウィルブライドS-753とは?

ウィルブライドS-753に疑問を抱く女性

1)ウィルブライドS-753の基本特性

ウィルブライドS-753は、グリセリン骨格を有する油脂(トリグリセリド)に着目した植物性グリセリンのアルキレンオキシド誘導体と呼ばれる成分です。

ウィルブライドS-753は、「バイオから宇宙まで」というコーポレートスローガンを持つ日本の化学メーカー「日油株式会社」が独自の技術を活かして開発した成分です。

ウィルブライドS-753は、「水性保湿油」というコンセプトの化粧品成分で、水性から油性までの化粧品に幅広く使えることが大きな特徴です。

「水と油が融合するの?」と疑問に思われた方も多いでしょう。

従来の保湿油は、化粧水のような水性の化粧品には配合しにくいと言われていました。

従来、美容オイルに利用されるオリーブ油などの油脂やスクワランやワセリンなどの炭化水素系の油分は、水分の蒸発を防ぐことで保湿力を発揮します。

これらの成分は、「保湿油」と呼ばれ、高い親油性を持っていることが特徴です。

その高い親油性のため、化粧水などには不向きな成分であるとともに、保湿効果を高めようと高い濃度で配合すると、使用感の劣化をもたらします。

ウィルブライド S-753は、保湿油に水溶性の性質を加えることで、化粧水などの水性成分の多い化粧品にも配合されやすくした保湿成分です。

また、肌へのなじみもよく、使用感もよいというメリットを持たせた成分なのです。

ちなみに、ウィルブライドS-753のウィルという名前の由来は、water(水)の“w”とoil(油)の“il”を組み合わせたものです。

ウィルブライドS-753の化粧品の全成分表示では、「PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン」と表記されます。

一方、医薬部外品では、「ポリオキシブチレンポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリセリルエーテル(3.E.O.)(8.E.O.)(5.P.O.)」と表記されます。

2)ウィルブライドS-753のメリットと特徴

ウィルブライドS-753のメリットと特徴を教える女性

①保湿効果

ウィルブライドS-753は、保湿成分の代表格であるグリセリンと同等の保湿効果があることです。

また、グリセリンと一緒に使うことで、保湿力の相乗効果も期待されます。

②テクスチャーの良さ

ウィルブライドS-753は、高濃度で配合してもベタつかず、良好なテクスチャーをキープします。

③さまざまな化粧品に配合できる

ウィルブライドS-753は水溶性ですが、アルコールなどの溶剤、および油脂、エステル油などの極性油とも相溶性があるため、さまざまな化粧品成分と一緒に配合することが可能です。

④ビタミンC誘導体の吸収促進

ウィルブライドS-753は、エイジングケア化粧品成分として有名な水溶性ビタミンC誘導体などの経皮吸収を促進させる効果も確認されています。

⑤補助界面活性剤としてはたらく

ウィルブライドS-753は、非イオン性界面活性剤と併用することで、補助界面活性剤として機能することも可能な成分です。 つまり、乳化可溶化安定性の向上に役立つのです。

⑥安定性が高い

ウィルブライドS-753は、常温液体で、凝固点が低い特徴があります。

そのため、配合した化粧品の低温での安定性を損ないません。

また、時間を経ても安定性が高い状態を維持します。

3)ウィルブライドS-753の安全性は?

ウィルブライドS-753の安全性を説明する女性

ウィルブライドS-753は、現時点では安全性のデータは見当たりませんが、刺激性や毒性は認められていないようです。

また、アレルギーの問題についても報告がありません。

さらに多くの化粧品に配合されている中でも、大きな問題の報告がないことから、基本的には安全性の高い成分であると言えます。

だから、普通肌脂性肌はもちろん、乾燥肌混合肌インナードライ肌敏感肌などどんな肌質でも使える成分です。

しかし、誰にでも100%安全とは言えません。

人によっては、赤みがでたり肌荒れかゆみなどが起こる可能性も否定できません。

アトピー性皮膚炎がある方やお肌が弱い方は、パッチテストをすることがおすすめです。

4)ウィルブライドS-753はどんな化粧品に配合されるの?

「ウィルブライドS-753なんて聞いたことがない」という方も少なくないかもしれません。

しかし、最近ではその有用性からウィルブライドS-753を配合した化粧品が増えてきました。

また、さまざまなタイプの化粧品に使われるようになってきました。

洗顔フォームなどの洗顔料クレンジングジェルなどのクレンジング料保湿化粧水保湿美容液乳液保湿クリームフェイスマスクオールインワンゲルハンドクリーム、口紅やリップグロスなど唇ケア用品、ファンデーションなどメイクのアイテム、シャンプーやヘアコンディショナーなど頭皮ケア用品などに使われます。

また、エイジングケア化粧水エイジングケア美容液エイジングケア保湿クリームなどにも配合されるようになっています。


3.ウィルブライドS-753でケアできる肌悩みは

ウィルブライドS-753で肌ケアをする女性

1)乾燥肌

ウィルブライドS-753には、保湿力があるので乾燥肌対策に使えます。

本来お肌には水分の保持能力があり、角質層の水分は20~30%程度に保たれています。

しかし、お肌の保湿の3大要素である「皮脂膜」、「NMF(天然保湿因子)」、「角質細胞間脂質」のいずれかまたは複数に問題があると、角質層の水分が20%を下回り、乾燥肌となります。

乾燥肌の原因は複数ありますが、加齢によってお肌の保湿物質が減少することもその一つと言えます。

乾燥肌を予防・改善したいなら、ウィルブライドS-753などの保湿成分配合のスキンケア化粧品で、日々保湿ケアを行うことが大切です。

また、ウィルブライドS-753には、水から極性油まで幅広い相溶性があるので、保湿ケア成分として適しています。

2)乾燥肌が原因となる肌悩み

乾燥が原因の肌悩み肌老化はたくさんあります。

むしろお肌のトラブルや肌悩み、エイジングサインのほとんどは、何らかの乾燥が原因となっていると言っても過言ではありません。

代表的なものとしては以下があげられます。

ウィルブライドS-753配合の化粧品で保湿ケアを行うことで、これらの予防や改善が期待できます。

もちろん、ウィルブライドS-753だけではなく、ヒアルロン酸セラミドなどの保湿力の高い成分を一緒に使うことがオススメです。

◎鱗屑

冬など空気が乾燥している時期になるとお肌に白く粉が吹いたように見えることはありませんか?

これは鱗屑(りんせつ)と呼ばれるものです。

乾燥によって角質層の結合力が弱くなった結果、生じます。

特に、冬には乾燥肌対策をしっかり行って、鱗屑を予防しましょう。

◎肌荒れ、かゆみ、蕁麻疹

かゆみ、蕁麻疹を患う女性

十分なうるおいがあるお肌は、バリア機能が正常にはたらき、外部刺激から守られています。

しかし、乾燥によってお肌のバリア機能が低下すると、外部からの刺激に弱くなり、肌荒れ、かゆみ、蕁麻疹などの肌トラブルが発生するのです。

◎敏感肌やインナードライ肌

乾燥肌が悪化すると敏感肌やインナードライ肌に変化してしまうこともあります。

ケアも慎重に行う必要があるので、気をつけなければなりません。

◎小じわ

乾燥が原因で小じわが生じることがあります。

見た目にも老けて視えますので、早めに対策することが大切です。

小じわとしては、目元のしわ口元のしわが目立ちやすいので、特に意識して対策を行いましょう。

◎ほうれい線

ほうれい線が気になる女性

ほうれい線の原因の一つは乾燥肌です。

特にエイジングケア世代のほうれい線は、乾燥肌が進行を早めてしまう場合があるので気をつけましょう。

◎毛穴トラブル

「開き毛穴」、「黒ずみ毛穴(いちご鼻)」、「たるみ毛穴」、「メラニン毛穴」、「乾燥毛穴」など、さまざまな毛穴トラブルの原因の一つは乾燥肌です。

ウィルブライドS-753配合の化粧品を使うなどの毛穴ケアをしっかり行うことで、目立ちがちな毛穴トラブルが軽減できます。

◎シミやくすみ

乾燥肌でターンオーバーが乱れるとシミくすみの原因になります。

ウィルブライドS-753配合の化粧品でターンオーバーが正常化すれば、シミやくすみが目立ちにくくなります。


4.オススメのウィルブライドS-753配合化粧水は?

ウィルブライドS-753&ナールスゲン配合エイジングケア化粧水「ナールスピュア」

オススメのウィルブライドS-753配合のエイジングケア化粧水は、「ナールスピュア」。

ナールスピュアは、エイジングケアを考える方なら、どなたでも使っていただけるエイジングケア化粧水です。

私たちの化粧水ランキングの第1位です。

乾燥肌対策だけではなく、しわ対策ほうれい線対策たるみ毛穴対策など、エイジングサインの予防対策にピッタリのエイジングケアローションです。

ナールスピュアの旧タイプには、ウィルブライドS-753を配合していませんでした。

しかし、2017年のリニューアルの際に、保湿力アップとテクスチャーの改良のために、ウィルブライドS-753を加えました。

ウィルブライドS-753以外の配合成分の特徴としては、

など、エイジングケアにピッタリの化粧水です。

また、香料・着色料・鉱物油など、エイジングケアに不要な成分が無添加の化粧水です。


5.まとめ

ウィルブライドS-753はエイジングケアによい化粧品成分なの?のまとめ

ウィルブライドS-753の効果や安全性について詳しくご紹介しました。

また、オススメのウィルブライドS-753配合化粧水「ナールスピュア」についてもご紹介しました。

ウィルブライドS-753が、とても使い勝手のよい化粧品成分であることがおわかりいただけたのではないでしょうか?

そんなウィルブライドS-753は、エイジングケア化粧品としても使いやすい成分です。

ぜひ、ウィルブライドS-753配合の化粧品を上手にエイジングケアに活かしてくださいね。

関連記事

ヒアルロン酸の効果を考える!正しいエイジングケアのために

続きを読む

マトリキシル3000はエイジングケアに効果的な化粧品成分!

続きを読む

ペンチレングリコール(1,2-ペンタンジオール)とはどんな化粧品成分?

続きを読む

グリチルリチン酸2K(ジカリウム)化粧品の効果と安全性は?

続きを読む

カルボマーは高分子ポリマー。実は安全?危険?その真実!

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」