アーモンドを食べる習慣のある人は顔のシワが少ない!?

米国カリフォルニア・アーモンド協会の出資のもと、カリフォルニア大学デービス校皮膚科医により行われたアーモンドを間食として毎日摂取した閉経後女性のシワへの影響に関する研究結果を紹介します。

アンチエイジング対策としてのアーモンドの効果はいかに?

アーモンドを食べる習慣のある人は顔のシワが少ない!?

1.アーモンドがお肌の健康に及ぼす効果を検証した初の調査が行われる!

ビタミンB2が豊富なアーモンド

 

「奇跡のナッツ」といわれるアーモンド。

アーモンドは他のナッツ類と比べて糖質が少なく、抗酸化作用のあるビタミンE(トコフェロール)腸内環境を整える食物繊維、脂肪燃焼に効くビタミンB2、血流を促進するオレイン酸、美肌に欠かせないミネラル、カルシウムなど栄養の宝庫で、若々しいお肌の維持に加えて、ダイエットアンチエイジングへの効果が期待できるといわれています。

このアーモンドの世界最大の生産地といえば、米国カリフォルニア州です。

今回、カリフォルニア大学デービス校の皮膚科医たちによってアーモンドのシワに対する効果を検討するパイロットスタディ(※)が、カリフォルニア・アーモンド協会(カリフォルニア州のアーモンド生産農家・加工業者約7,600で組織)の出資のもと行われました。

調査では、閉経後のエイジングケア世代の女性を対象に、ナッツ類以外の間食の代わりに、毎日アーモンドを摂取すると、シワの幅やシワの重症度が改善されるかどうかをみています。

さて、結果はどうだったでしょうか・・・?

 

※パイロットスタディとは、研究計画が適切かどうかを確かめたり、修正する必要がないかを調べるために、試験的に行われる調査や研究のことです。

 


2.研究方法は?

アーモンドを食べる女性

 

今回の研究は、16週間にわたるランダム化比較試験で、フィッツパトリックのスキンタイプ1または2の閉経後の健康女性28人を無作為にアーモンド摂取群と対照群に分けました。

フィッツパトリックのスキンタイプ1とは、必ず赤くなって日焼けしない肌、タイプ2はいつも赤くなって日焼けは最小の肌のことです。

アーモンド摂取群の女性たちは、毎日の間食は、1日の合計カロリー摂取量の20%に相当する量となる約60g(1日平均340カロリー)のアーモンドを摂取しました。

対照群の女性たちは、同カロリーのナッツ類を含まない間食として、シリアルバー、エナジーバー、プレッツェルを毎日摂取しました。

調査期間中は、全員、それぞれの間食以外は通常の食事を摂ってもらいましたが、ナッツ類やナッツを含む製品は摂取しないようにしてもらいました。

アーモンドのシワに対する効果は、調査開始時、4週間目、8週間目、12週間目、16週間目に評価しています。

顔のシワを複数の高解像度カメラで撮影し、調査開始時、8週間目、16週間目に、顔のシワを3Dで復元して評価し、重症度スコアはシワの深さと長さをもとに算出。また、肌のバリア機能は、皮脂産生と経皮水分蒸散量(TEWL)を測定して評価しました。

 


3.アーモンドを毎日適量食べるだけで、顔のシワが大幅に改善

しわが改善した女性

 

顔のシワの画像解析の結果から、アーモンドを間食として毎日摂取していた女性たちは、摂取していなかった女性と比較して、次のような結果でした。

  • シワの幅が10%減少
  • シワの重症度が9%減少 

つまり、シワのと大幅な改善が見られています。

一方、皮脂産生量も経皮水分蒸散量(TEWL)も両グループで有意な差がなく、お肌のバリア機能については、両グループの間に有意な差は見られなかったとのことです。

つまり、アーモンドを毎日摂取することは、シワの改善にも良い効果があるということですね。

一方、皮脂産生量も経皮水分蒸散量(TEWL)バリア機能への影響がないことからは、保湿効果は無いと言えます。

健康的に健やかなお肌を手に入れるには、エイジングケア化粧品による「外側からのケア」に加えて、「からだの内側からのケア」が大切、ということがデータでも示されました。

 


4.編集後記

一時期、ダイエットするぞ!と決心して、間食にアーモンドを食べていた時期がありました。

でも、長続きできなかった(というかチョコレートの誘惑に負けました)ので、体重が減ったのか、お肌がどうだったかといったことは残念ながら覚えていないのですが、今回の研究報告を読んで、もう一度、今度はダイエットだけでなくシワ対策としても、アーモンドを積極的に摂るようにしようと思いました。

カリフォルニア・アーモンド協会によると、1日23粒が理想的な摂取量とのこと。
だいたい、手のひら一杯くらいだそうです。

アーモンドのことをもっと知りたい方はこちらから
 
(執筆:エイジングケアアカデミー編集部 やすだともよ

関連記事

8割の女性で、肌の触感がその日の気分に影響

続きを読む

ヨーグルトは夜に食べるのが一番効果的!

続きを読む

「聞こえ」と認知症の関連 エイジングケア世代約7割が知らない結果に

続きを読む

「ビジネス共同参画TV」にミス・スプラナショナル東京・神奈川大会メンバー登場

続きを読む

ナールスが「@cosmeブランドオフィシャル」に参加!なにを実施?

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」