化粧水をコットンで使うってよいの?エイジングケアの視点から

無添加化粧水を使う女性

あなたは化粧水を使う際に、

手でつける派? それともコットン派?

化粧水をつけるのに、手とコットンはどちらがよいのという議論はよくありますね。

果たして実際、どうなのでしょうか?

この記事では、エイジングケアの視点から、手とコットンでの化粧水の付け方に迫っています。

正しいエイジングケアのために、ぜひ、続きを読んで頂ければ幸いです。

目次ちゃん

1.化粧水をコットンで使うか?手で使うか?迷っているあなたへ

コットンを使おうとしている女性

今回は、化粧水の使い方でよく話題になるお話。

お客様より、保湿化粧水エイジングケア化粧水などを使う際は、

「化粧水は、手とコットン、どちらで使えばよいのですか?」

「エイジングケア化粧水なら、手とコットン、どちらがオススメですか?」

というご質問をいただくことがあります。

果たして、化粧水やエイジングケア化粧水を使う際、手?それともコットン?どちらが正解なのでしょうか?

結論を先に言ってしまえば、どちらを使っても正解なのです。

ただし、「どちらにせよ、正しい使い方で!」との条件がありますが・・・。

ただ、私たちがエイジングケアの視点から、どちらをオススメするかと言えば、

「化粧水は、コットンより手!」です。

化粧水を手で使う女性

それでは、手とコットンで化粧水を使った場合のメリットとデメリットを比較してみたいと思います。

化粧水を上手に使うことは、エイジングケアにしっかり取り組む上でも大切なことなので、ぜひポイントをご理解いただければ幸いです。

なお、化粧水の選び方や使い方の詳細については、

化粧水ランキングを超える!エイジングケア化粧水の選び方

化粧水の使い方で美肌効果を高める!上手なエイジングケア

をご覧ください。

<PR>

エイジングケア世代の方に、コットンではなく手で使っていただきたい!

ナールスゲン配合エイジングケア化粧水「ナールスピュア」

イオン導入と相性のよいナールスピュア

<この記事のポイント>
  • 化粧水を手で使う場合とコットンで使う場合は、それぞれにメリットとデメリットがあります。
  • 手とコットン、どちらで使っても正しい使い方をすれば、間違いではありません。
  • こってりタイプの化粧水は手、さっぱりタイプの化粧水はコットンが適しています。
  • 収れん化粧水やふき取り化粧水は、コットンが適しています。
  • エイジングケアの視点からは、コットンより刺激になるリスクが低い「手」をオススメします。

2.“手” で化粧水を使うメリットとデメリット

まず、最初に化粧水を手で使うメリットとデメリットをまとめてみます。

化粧水を手に取る様子

1)手で化粧水をつけるメリット

①刺激が少なく、お肌に優しく使える。

コットンに比較すると手肌の方が、お肌に優しいので刺激を与えるリスクは少ないと言えます。

②お肌の状態を、直接確認しながら使える。

手でお肌に直接触れることで、お肌の状態が体感できます。

この点は、コットンにはないメリットです。

お肌とのスキンシップを通して、

お肌が乾燥しているのでは?」

皮脂が多い気がする」

角質がゴワゴワしてきたのでは?」

などがわかれば、肌悩みの対策や乾燥肌対策にもいち早く取り組めますね。

③お手の温度で化粧水が浸透しやすくなる

お肌を手の温度で温めることで、化粧水の美容成分が浸透しやすくなります。

洗顔やお風呂の後、お肌の中に水分がある状態で、化粧水を手で温めると一層効果的です。

高価なエイジングケア化粧水の場合なら、美容成分が浸透してくれた方がよいですね。

④上手に使えば、無駄がない。

コットンに化粧水を浸すとどうしても、コットンに吸収されてしまったものが一部残ってしまいます。

一方、手の場合なら上手に使えば、無駄なく使えます。

エイジングケア世代の方なら、化粧水の扱いには慣れているので、上手に使えると思います。

⑤手の方が経済的

コットンには少額とはいえ、お金がかかります。

手はもちろん無料ですから、経済的です。

2)手で化粧水をつけるデメリット

①不潔な状態で行うと、お肌のトラブルを起こすリスクがある。

手が不潔だとお肌に雑菌などがついてしまって、

肌荒れなどお肌のトラブルになるリスクがあります。

もちろん、清潔な手で使えば問題はありません。

②うまく使わなければ、ムラになる。

手の場合、化粧水を満遍なくつけないとムラになってしまうこともあります。

コットンだとそのリスクは比較的少ないので、デメリットとなります。

また、小鼻や目尻などの細かなパーツに上手につけるのが難しい点もデメリットです。

③手からこぼれれば、化粧水が無駄になる。

コットンは化粧水を吸収しますが、手ではこぼれるリスクがあります。

特に、サッパリタイプのテクスチャーの化粧水のこぼれるリスクが高まります。

④一部の種類の化粧水には向かない

化粧水にはさまざまな種類があります。

収れん化粧水ふき取り化粧水など一部の化粧水に手は向かないことがあります。

3)手で化粧水をつけるポイント

手で化粧水をつける時のポイントを考えながら実践する女性

①手で化粧水をつける基本

化粧水を手でつける場合のポイントは、大きく2つあります。

1つは、手を清潔にすることです。

もう1つは、目元や口元など、細部の乾燥しやすいパーツにもしっかりと化粧水をつけることです。

その点について詳しくは、

目元・口元の乾燥・肌悩みとお肌の特徴を考えたエイジングケア

こちらをご覧ください。

②手に化粧水がたくさん浸透するって本当?

化粧水を手で使うデメリットに、

「化粧水が手に吸収されるのでもったいない」

「高いエイジングケア化粧水を手に吸わすのは・・・」

というお話がありますが、これは、都市伝説です。

水分が手につくので、それを無駄とも言えなくはありませんが、

手のひらは、角質が顔より厚く、化粧水が多く吸収される可能性は非常に低いのです。

「化粧水を手でつけると、手に吸収される」、という心配はご無用です。

もちろん、エイジングケア化粧水も同様です。

③ハンドプレスについて

化粧水を手で使う場合で、最近、増えつつあるつけ方が、ハンドプレスです。

コットンによるパッティングに比べて刺激が少ないことから、ハンドプレスをエイジングケアに取り入れる方が増えてきました。

敏感肌インナードライ肌の方、ゆらぎ肌の状態、女性ホルモンのバランスが崩れている時期などは、普段、コットンを使っている方でもハンドプレスをオススメします。

ハンドプレスは、コットンを使用していないので肌への刺激が少ないことがメリットです。

詳しくは、「化粧水はハンドプレスで浸透力や保湿効果が高まるって本当?

をご覧ください。


3.“コットン” で化粧水を使うメリットとデメリット

化粧水をコットンにつける様子

1)コットンで化粧水をつけるメリット

①清潔に使える

新しいコットンは、清潔ですからその点はメリットです。

ただし、コットンは1回限りにして毎回、新しいコットンを使いましょう。

②ムラなく使える。

コットンで化粧水をつけるとムラになるリスクは減ります。

しっかりと化粧水でお肌をカバーできるので、この点はエイジングケアにもプラスです。

③こぼれるリスクがない。

コットンに化粧水をしみ込ませれば、こぼれる心配はありません。

④化粧水の種類を選ばない

コットンなら、どんな種類の化粧水でも使うことが可能です。

ふき取り化粧水で不要な角質が取れることもあります。

ただし、テクスチャーがコッテリ系の化粧水の場合は、コットンの羽毛が立ってしまう場合があるので、その点は要注意です。

⑤コットンパックとして使える

コットンに化粧水を浸して化粧水パックをすることができます。

2)コットンで化粧水をつけるデメリット

①扱いによっては、刺激を与えることがある。

コットンで肌を強くたたいたり、きつく擦ったりするとお肌への刺激になることがあります。

肌荒れ他肌トラブルの原因になるリスクもあります。

②肌の状態が体感できない

コットンだと直接、お肌に触れることがないので、お肌の状態を体感することができません。

③コットンの品質によっては、お肌の負担が大きい。

品質の悪いコットンやお肌に合わないコットンを使った場合には、お肌のトラブルの原因になるリスクがあります。

④コットンに残った化粧水は無駄になる。

コットンに一度、吸収された化粧水をすべて肌につけることはできず、一部は残ってしまいます。

つまり、化粧水を手で使うよりコットンを使う方が不経済です。

3)コットンで化粧水をつけるポイント

①コットンで化粧水をつける基本

コットンで化粧水をつけるポイントは、とにかく優しくつけることです。

コットンの使用で優しさを意識する女性

その点を強く意識して、強くたたいたり、擦ったりしないように注意しましょう。

化粧品メーカーが、自社の化粧水用にコットンを開発し、それを薦めている場合があります。

この場合、しっかりした企業なら、成分や使い方の観点から、効果が高いコットンを開発しています。

そんな場合は、お薦めに従った方がよいでしょう。

しかし、一般的には、化粧水を使う場合に、「コットンが手よりよい」ということはありません。

②コットンによるパッティングについて

コットンパックは、化粧水の浸透をよくしたり、血行を促進させるなどのメリットがあります。

一方、強くたたくとお肌が赤くなったりするなどのリスクも高くなります。

正しく行えば化粧水の効果を高めるコットンによるパッティングですが、誤った方法だと逆効果になってしまいます。

なお、コットンによるパッティングについては、

化粧水のパッティングは、エイジングケアにとってよいつけ方?

こちらをご覧ください。

②コットンパックについて

コットンパックは、化粧水パックとも呼ばれます。

化粧水をコットンに浸してパックすることで、化粧水の美肌成分の浸透を高め、保湿効果を高める方法です。

  • この方法は、5分以内で終わらせること
  • アルコール配合化粧水では行わないこと
  • 化粧水の後は、さらに油溶性成分などで保湿すること

などが大切です。

コットンパック(化粧水パック)についての詳しい情報は、

化粧水パックは、失敗で美肌が遠くなる!正しい方法で保湿を

をご覧ください。


4.エイジングケアには、手とコットン、どっちがいいの?

エイジングケアには、手とコットン、どっちがいいのかを考える女性

1)エイジングケアによいのは、「手」で化粧水をつける方

化粧水を手で使う場合、コットンで使う場合のメリットとデメリットを比較してみました。

基本は、どちらも正しく使えば、問題ありません。

自分がリラックスできる方を選ぶのがよいでしょう。

それでは、エイジングケアのためにエイジングケア化粧水を使う場合は、どうでしょうか?

また、エイジングケア化粧水を使う場合に、特別注意する点はあるのでしょうか?

答えは、「エイジングケアでは、特にできるだけお肌に負担をかけないことを優先するので、コットンよりも手が勝る点が多い」です。

なぜなら、エイジングケアそのものが、30歳を超えてから行う方が多いからです。

この年齢にさしかかると、20代に比べれば、お肌は薄くなりつつあります。

また、年齢を重ねていくことで、少しずつお肌が薄くなり、刺激に弱くなります。

肌質普通肌脂性肌の方も乾燥肌傾向になるのです。

40代50代になるとなおさらその傾向が強くなります。

そうなってくると、化粧水はできるだけお肌に負担をかけない使い方をすることがベターです。

こうした点から考えれば、エイジングケア化粧水を使う場合は、コットンより手で使った方のメリットが勝るのではないでしょうか。

2)手でもコットンでもムラなく優しく!

もちろん、コットンでも上手に使えるなら問題はありませんので、コットンがお好みの場合は、コットンを使ってもよいと思います。

ですが、これだけは共通しています。

いずれの場合も、「お肌にやさしく、ムラなく」がポイントです。

ムラを意識した化粧水のつけ方

手を使うにしても、コットンを使うにしても、自分に合った方法で、心身をリラックスさせることを意識しましょう。

3)コットンから手への切り替えのタイミングは?

今まで、化粧水をコットンで使っていた方で、これから手に切り替えたいと言う方もおられるのではないでしょうか?

「もう30代なので、これから手で化粧水を使おう」

という方は、いつから始めればよいのでしょうか?

つまり、「エイジングケアっていつ始めればよいのか」ということにも関係していますね。

エイジングケアって、いつから(何歳から)始めればいいの?

の記事で詳しく説明していますが、エイジングケアを考えるのは、思った時、まさに「今」です。

とはいっても、コットンでも問題なくエイジングケアを行えるならそれを否定するつもりはありませんが、私たちは、何歳であってもエイジングケアを意識したときから、手で化粧水をつけることをオススメします。

なぜなら、化粧水をつけるタイミングは、クレンジングや洗顔後のまっさらなお肌と手のスキンシップの時間と考えるからです。


5.まとめ

顔冷えのまとめ

「化粧水は、手とコットン、どちらで使えばよいの?」についてまとめてみました。

コットンで化粧水をつける場合、手で化粧水をつける場合の両方のメリットとデメリットをご理解いただけましたでしょうか?

私たちの立場としては、「エイジングケアにはコットンより手」です。

しかし、どちらの方法であっても、スキンケアもエイジングケアも、基本は、それ自体がお肌の刺激や負担になっては本末転倒です。

また、自分自身の感性で、リラックスできることも大切なことです。

今回の「化粧水は、手とコットン、どちらで使えばよいの?」のように、どちらにもメリットとデメリットがある場合は、答えはご自身の中にあるのです。

ぜひ、楽しんでエイジングケアをなさってくださいね。

関連記事

美白化粧水の選び方にランキングは必要?

続きを読む

無添加化粧水とは?特徴とエイジングケアの視点から見た選び方

続きを読む

プロテオグリカン配合のエイジングケア化粧水の選び方と使い方

続きを読む

敏感肌化粧水の選び方は、ランキングより正しい知識で!

続きを読む

エイジングケア化粧水の選び方は、肌質と年齢で考える

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」