30代から不足しがち!エイジングケアに必要な保湿の3大因子

保湿の3大因子を意識したエイジングケア

スキンケアやエイジングケアを考える上で意識したいのは、保湿であることは誰もがご存知ですね。でも、お肌の保湿を担う3大因子とは何か、ご存知でしょうか?

この記事では、30代から不足しがちな保湿の3大因子とそれを意識したエイジングケアでいつまでも美肌をキープする方法をご紹介します。

保湿の3大因子をサポートするエイジングケア化粧品「ナールス」

美女3名の座談会「保湿の3大因子を守るシンプルなスキンケアは?

1.はじめに

あなたは、エイジングケアに大切な表皮にある保湿の3大因子をご存知ですか?

これを知らずにエイジングケアを行うことは危険!

また、エイジングケア化粧品は、この3つの因子を補うことがその大きな役割です。

正しいエイジングケアと保湿のために、表皮の3つの要素を理解しましょう。

また、食べ物や睡眠などの日常生活で保湿の3大因子を減らさないことも大切です。

あなたが、エイジングケアの初心者で、

「30代なのでこのままのお肌をずっとキープしたい!」

「保湿のことがよくわからない」

「保湿の3大因子を知りたい!」

「エイジングケアの基本を理解したい!」

「エイジングケア化粧品の成分の基本が知りたい!」

なら、ぜひ、読み進めてくださいね。

<この記事でお伝えしたい大切なこと>
  • 30代からは、美肌を保つさまざまな成分の減少が目立つので、エイジングケア化粧品でしっかり保湿を行うことが大切です。
  • 保湿は、表皮の角質層にある「保湿の3大因子」を意識することが大切です。
  • なぜなら、保湿の3大因子はバリア機能を担っていて、お肌を外部刺激から守る役割もあるからです。
  • 保湿の3大因子は、加齢以外にも紫外線やストレス、誤ったスキンケアでも減ってしまうので、注意しましょう。
  • 保湿の3大因子は、スキンケアだけではなくバランスのよい食生活ほか、規則正しい生活習慣で減少を抑えることができます。

2.30代から始めたいエイジングケア

年齢とともに、お肌の状態は変化していきます。

お肌のハリツヤやうるおいに必要なあなた自身の美肌成分も、加齢によって減少。

すると、シミ毛穴が目立つ、小じわが増えてきた…など、いやなエイジングサインもあらわれ出します。

「でも、本格的なエイジングケアは、40代からで大丈夫」、、、

そんなふうに考えているあなた!!

エイジングケアにとってとても大切で、美肌を成り立たせる表皮の3つの因子(要素)の量は、30代から低下し始めるといいます。

すでにエイジングケアを始めているという方も、これからのエイジングケアの効果を高めるために、3つの表皮の因子(要素)について知っておきたいですね。

エイジングケアをいつから始めるのがよいかについては、「エイジングケアって、いつから(何歳から)始めればいいの?」でご紹介したとおり、「必要だと感じた時」でよいのですが、できれば30代の前半からエイジングケア化粧品をお使いになることをオススメします。


3.保湿の3大因子は、エイジングケアの要

保湿の3大因子が安定している女性

1)表皮にある保湿の3大因子

エイジングケアの基本は、乾燥からお肌を守る「保湿」。

お肌の乾燥は、ツヤや透明感を失わせるだけでなく、バリア機能の低下を招き、肌あれや肌老化の原因になります。

まさに、乾燥はエイジングケアの大敵ですね。

保湿に関しては「お肌の保湿とは?本当にわかるスキンケアの基本と保湿成分」で詳しく解説していますが、

「適切な量の水分が、保湿成分によってお肌の中につなぎ止められ、さらに油分によって水分の蒸発を防ぎ、お肌にしっかり保持されている状態」のことです。

この状態は、本来、化粧品ではなく、お肌自身で生み出すことができるのです。

もともとお肌には、自ら保湿物質をつくり出し、表皮の角質層に水分を蓄えておく機能があります。

この水分保持機能を支えているのが、お肌のうるおいを守る

NMF(天然保湿因子)

皮脂膜

「角質細胞間脂質」

という3つの保湿物質。

3つは互いに助け合いながら、水分をキープしています。

また、お肌を外部の刺激から守るバリア機能もこれらの3つの保湿物質によって支えられています。

表皮の構造と保湿の3大因子

「NMF(天然保湿因子)」「皮脂膜」「細胞間脂質」が健全にはたらいている状態であれば、角質層には約20%〜30%の水分が含まれているといわれ、若々しく、うるおいのある肌理(キメ)が整った素肌を保つことができるのです。

しかし、エイジングケアの要ともいえるこの3つの因子は、年齢とともにつくられる量が減少。

20代をピークに、30代になると低下し始め、それによってお肌表面にはさまざまなエイジングサインがあらわれてきます。

年齢ごとのお肌の状態については、こちらの記事をご参照ください。

年代別エイジングケアの道標とエイジングインデックスとは?

2)真皮の衰えは、たるみの原因に!

この記事では、真皮や真皮の中にある線維芽細胞コラーゲンエラスチンヒアルロン酸プロテオグリカンなどについては、詳しく触れません。

これらの衰えは、もちろん、お肌の老化の原因であり、たるみやたるみが原因となるほうれい線しわたるみ毛穴ゴルゴラインマリオネットラインなどをもたらします。

しかし、こうしたエイジングサインや肌悩みも表皮の3大因子を意識してしっかり保湿することで、目立つのを遅くすることも可能です。

だから、まずここでは、保湿の3大因子を意識したエイジングケアを理解しましょう。


4.保湿のための3大因子それぞれの役割

保湿のための3大因子の役割について説明する女性

では、角質層の水分保持のためにはたらき、お肌のうるおいをキープしてくれる表皮の3要素について詳しくみてみましょう。

1)NMF(天然保湿因子)

NMFとは、ナチュラル・モイスチュアライジング・ファクターの頭文字を取ったもの。

角質細胞内にあり、健やかな角質細胞は、その重さの約30%をNMFが占めています。

NMFの主な成分は、新陳代謝の過程でたんぱく質が分解されて放出したアミノ酸

水分を取り入れるはたらき(吸湿性)と水分を抱え込むはたらき(保湿性)を持ち、角質層においてとらえた水分を逃さないという重要な役割を果たしています。

エイジングケアにとって理想的な、うるおいに満ちたお肌の状態を保つためには、NMFがとても重要なのです。

NMFで保湿されたイメージの画像

2)皮脂膜

皮脂膜は、皮脂腺から分泌された皮脂(油分)に汗などの水分が混じってできています。

この油分と水分は、皮表脂質に含まれるリン脂質などによって乳化され、クリーム状に混ざって「天然の保湿クリーム」として皮膚表面をおおい、NMFや角質細胞間脂質のはたらきにより角質層に蓄えられた水分を蒸散させないようにします。

また、皮脂膜には、お肌に柔軟性や弾力性を与えるエモリエント効果、外部の刺激からお肌を守る防御効果、暑さや寒さからお肌を守る保護効果などもあり、エイジングケアにとって大切な役割を果たしています。

3)角質細胞間脂質

その名の通り、角質層の細胞と細胞の間に存在し、角質における水分保持の約80%を担う角質細胞間脂質。

新陳代謝の過程で生じるもので、約半分はセラミドでできています。

脂質、つまり油とはいうものの、水となじむ構造を持ち、水分をサンドイッチ状にはさみ込む性質でお肌のうるおいを保ちます。

また、セラミドには、角質の細胞と細胞をつなぐ役割もあり、セラミドが水分をはさみ込み、さらに細胞と細胞を固定する接着剤のようにはたらくことによって、お肌の水分を逃さないようにしているのです。

こうして、お肌の角質層は、水と油が交互に10層近く重なった状態を形成します。

これを「ラメラ構造」と呼びます。

ラメラ構造が健やかな状態であれば、水分の保持が十分できると同時に外部刺激の侵入を防ぐことができるのです。

このように、角質層の中でパワフルな水分保持力を発揮するセラミドは、エイジングケアのカギを握る存在といえます。

セラミドについては、こちらの記事もぜひお読みください。

保湿成分セラミドのはたらきとエイジングケア効果とは?


5.保湿の3大因子が不足するのは加齢のせい?

加齢による肌の変化を気にする女性

1)加齢とともに減る保湿の3大因子

エイジングケアの基本「保湿」には、これら「NMF(天然保湿因子)」、「皮脂膜」、「角質細胞間脂質」という3大因子(要素)は欠かせない存在です。

中でも、「NMF(天然保湿因子)」と「角質細胞間脂質」の役割は大きく、この2つの減少は角質層の水分不足の大きな要因となってしまいます。

その理由として、「NMF(天然保湿因子)」、「角質細胞間脂質」ともに、表皮のターンオーバー(新陳代謝)から生み出される保湿物質のため、まず新陳代謝がスムーズに行われていないと、どちらも不足してしまうのです。

しかし、加齢とともに新陳代謝の機能は弱まっていくため、「NMF(天然保湿因子)」も「角質細胞間脂質」も必然的に不足しがちに。

角質層の水分保持能力も低下し、乾燥しやすくなることで、お肌のエイジングをすすめてしまいます。

エイジングで乾燥肌に悩む女性

さらに、皮脂の分泌量も年齢を重ねるにつれ、どんどん減少していきます。

皮脂の分泌量が不足することも、お肌の老化に影響を与えると考えられ、エイジングケアにとって、この3要素の不足は大きな問題といえます。

このように、これらの3要素の減少は、加齢と密接な関係があります。

2)加齢以外の保湿の3大因子が減る原因

しかし、加齢以外にも

  • 紫外線
  • ストレスや過度な運動などによるお肌の酸化
  • バランスの悪い食事
  • 睡眠不足
  • 身体の冷え
  • 喫煙

などが悪影響を与えます。

30歳未満でスキンケアをしっかりしているのに、あまりにも乾燥が気になる場合などは、生まれ持っての体質やお肌の質・タイプを除けば、生活習慣が大いに関係しています。

エイジングケアを考える際には、いっしょに日常生活もチェックしてみましょう。

日常生活や食べ物に関しては、次の記事を参考にしてください。

エイジングケアより大切な日常の生活習慣で肌老化の予防を!

紫外線ダメージで肌老化!効果的に防ぐ対策でエイジングケア

美肌をもたらす食べ物と飲み物は?その種類から栄養素まで

美肌のための食事のとり方とアンチエイジングへの効果は?

セラミドを食べ物、飲み物で!乾燥肌としわにも効果が期待?

喫煙がお肌の老化を加速!タバコで老け顔になる原因と対策

美肌は、睡眠中のホルモンによってつくられるってホント!?

冷え性を改善すれば、エイジングケア効果もアップ!?

3)誤ったスキンケアで保湿の3大因子が減る!

また、

  • 過剰なスキンケア
  • 誤った洗顔やクレンジング

も同様に悪影響を与えるので気をつけたいですね。

①過剰なスキンケア

化粧水のつけすぎをはじめ、必要がない場合にさまざまな化粧品を使えば、お肌の刺激になることもあります。

また、化粧水パックフェイスマスクなどを長時間行うと、角質層が「水浸し」の状態になってしまいます。

これらもバリア機能を低下させる原因になることもあり、保湿の3大因子に悪影響を与えます。

②誤った洗顔やクレンジング

1日3回以上洗顔する、2分以上のクレンジングや洗顔、脱脂力が強すぎるクレンジングなどは、必要な皮脂まで取り去ったり、セラミドやNMFを洗い流すリスクがあります。

これらもバリア機能を低下させる原因になることもあり、保湿の3大因子に悪影響を与えます。

クレンジングや洗顔についての詳しい情報は、こちらの記事をご参照ください。

洗顔の正しい知識でランキング不要のオススメの洗顔料の選び方

ダブル洗顔の正しい方法は?肌質・肌状態・年齢で考える

クレンジングの効果アップ!メイク落としの選び方と使い方

セラミドを減らさないスキンケア!間違ったクレンジングはNG

エイジングケアで本当に大切なのは紫外線対策と保湿と洗顔


6.不足するうるおいを補うエイジングケア

潤いを取り戻す女性

これらが減少し始める30代からは、20代とは違ったスキンケア、エイジングケアをスタートする時期に来ています。

NMF(天然保湿因子)、角質細胞間脂質の主成分であるセラミドや皮脂分泌が減ることで、お肌は乾燥しやすくなるため、まずはうるおい不足を補うためのエイジングケアが必要に。

そのためには、高い保湿力のあるエイジングケア化粧品を選ぶことを意識しましょう。

1)まずはベースとなるアミノ酸成分

NMFの約50%はアミノ酸とアミノ酸の代謝物であるピロリドンカルボン酸。

アミノ酸は1 種類ではなく、グリシン、アラニン、プロリン、セリン、アルギニン、リシン、グルタミン酸、トレオニンなど、さまざまなアミノ酸が混じっています。

化粧品の成分としてもこれらのアミノ酸系成分はあるので、ベース成分としてアミノ酸やアミノ酸誘導体を補うことで、NMFに近いはたらきをします。

また、京都大学と大阪市立大学で共同開発されたエイジングケア化粧品成分ナールスゲン」もアミノ酸誘導体です。

ナールスゲンは、分子量331ダルトンという小さな成分で、浸透性が高く、水分を保持することでお肌を保湿するはたらきに加え

  • お肌のハリや弾力に大切なコラーゲン、エラスチン、HSP47を増やす
  • 表皮の抗酸化物質グルタチオンを増やす
  • 紫外線ダメージによる光老化を抑える

というエイジングケアをサポートするはたらきがあります。

これは、NMFにはないはたらきです。

2)セラミドはバリア機能の要

保湿の決め手となるのは、セラミド配合のエイジングケア化粧品。

セラミドの中でも、お肌のバリア機能や保水力に優れたヒト型セラミドを配合したエイジングケア化粧品がおすすめです。

ただし、セラミドは、水溶性ではなく油溶性の成分なので、保湿クリームや美容液などのエイジングケア化粧品から選ぶといいでしょう。

セラミド化粧品の選び方は、下記も参考にしてください。

セラミド化粧水は効果的?ランキングではわからない選び方

セラミド美容液のエイジングケア視点で考える選び方・使い方

セラミドクリームの口コミやランキングに頼らない選び方

3)皮脂膜の代わりをする油溶性の保湿成分

皮脂膜に近いはたらきをするものには、ワセリンや馬油、アルガンオイル、オリーブオイルなどの美容オイルに使われる成分があります。

また、スクワランもその1つです。

さらに、保湿効果が期待できる成分として、天然由来のシアバターも選択肢の1つです。

「保湿の王様」とも呼ばれるシアバターは植物性油脂で、保湿クリームなどに配合されています。

シアバターとシアの実

シアバターについての詳しい情報は、こちらの記事をご参照ください。

シアバターのエイジングケアでの効果と上手な使い方の秘訣!


7.エイジングケアは年代別で!

年代別のエイジングケア

今回の記事では、保湿の3大因子であるNMF(天然保湿因子)、皮脂膜、角質細胞間脂質を中心にお話を進めました。

これらはとても大切な成分ですが、エイジングケアは年代別で考えることも大切です。

30代、40代、50代のエイジングケアは次の記事を参考にしてください。

30代、初めてのエイジングケア化粧品。知らないと損する真実!

40代だからこそ考えたいエイジングケアと化粧品の選び方!

50代のエイジングケアと化粧品の選び方と大切な7つの真実!

また、次の記事もエイジングケアのお役に立ちます。

エイジングケアの意味と目的は?3つの素肌力で美肌を保つ!

エイジングケアの全てを知るとは?

エイジングは不要!エイジレスなお肌を目指すエイジングケア


8.まとめ

お肌の表面や表皮にあって、エイジングケアにとって重要な役割を果たす「NMF(天然保湿因子)」、「皮脂膜」、「細胞間脂質」の3つの因子(要素)について説明しました。

加齢によって減少していくこれらの保湿成分は、正しいエイジングケア化粧品選びと、毎日のエイジングケア習慣で補うようにしましょう。

もちろん、エイジングケア化粧品に頼るだけでなく、食事や睡眠などの基本の生活習慣を整えることも大切です。

ナールスブランドの中で、エイジングケアに大切な表皮の3つの要素を意識し、それらをバランスよく配合した製品は、こちら。

エイジングケア保湿クリーム「ナールス ユニバ」

関連記事

グルタチオンとその効果!抗酸化力とエイジングケア化粧品

続きを読む

エイジングケアの第一歩!お肌(皮膚)の構造と役割を知ろう

続きを読む

皮脂を抑えるエイジングケアは、過剰でも不足でもダメ

続きを読む

肌理(キメ)の細かいお肌を手に入れるエイジングケアとは?

続きを読む

エイジングケアの意味と目的は?3つの素肌力で美肌を保つ!

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」