たるみによるしわは消えないの!?予防・改善の対策と治療

たるみによるしわで悩む女性の写真

シワといってもその種類がいくつかありますが、もっとも深いシワは、たるみが原因のシワ

そんな、たるみによるシワは、エイジングケア化粧品で消すことができません。

だからこそ、予防をしっかりと行うことが大切です。

この記事では、そんなたるみによるシワの予防と改善の対策、また美容医療についてもご紹介します。

たるみによるシワは、予防が大切!

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品「ナールス」

1.たるみによるしわに興味を持ったあなたへ

たるみによるしわの改善を図る人を応援する女性

しわの中で、そのエイジングケア対策がもっともやっかいなのが、“たるみによるしわ”。

なぜなら、しわを引き起こす原因がたるみの場合では、真皮、表情筋、皮下脂肪などに問題が。

そこは、エイジングケア化粧品の及ばないパーツだからです。

しかも、誤ったエイジングケアを行うと、たるみによるしわの改善に効果的でないばかりか、悪化させてしまうこともあります。

そんなたるみは、多くのエイジングケア世代の女性にとっての大敵です。

エイジングケアアカデミーで行ったアンケート調査でも、たるみはお肌悩みの第1位。

この中には、たるみによるしわも含まれていることから、いかに大きな悩みかがうかがわれます。

20代~70代のお肌悩みの1位はたるみ

この記事では、そんなたるみによるしわの原因と、予防・改善のためのエイジングケア対策や治療を紹介します。

「たるみによるしわが気になる方」

「たるみによるしわの予防や改善対策について知りたい方」

「たるみによるしわの治療について知りたい方」

は、ぜひ、続きをお読みください。

<この記事でお伝えしたい大切なこと>
  • たるみによるしわは最も改善が難しいしわです。
  • 真皮層、顔の筋肉、皮下脂肪の3つの衰えが、たるみによるしわの原因です。
  • 目立ってからでは遅いので、たるみによるしわは予防が大切です。
  • エイジングケア化粧品では、たるみによるしわを消すことはできません。
  • たるみによるしわの大きな改善を望むなら、美容医療によるしわ治療を考えましょう。

2.たるみによるしわとは?

たるみに悩まされている女性のイメージ

しわは、「しわの種類(小じわ・真皮じわ・表情じわ)とエイジングケア」で説明しているとおり、さまざまな種類があります。

また、しわには、種類に応じて、さまざまな原因があります。

そんなしわの原因については、「しわの原因を考える!正しいエイジングケアのために」で詳しく説明しています。

なかでも、たるみによってできるしわは、乾燥による小じわよりも深いしわが多いものです。

一般的に、しわの進行度から言えば、ちりめんじわ、小ジワは初期のものですが、次に表情じわが目立ち、たるみによるしわは最も進行したもので、しわがより深く目立つようになっていくのです。

そして、悲しいことですが、たるみが原因でできてしまったしわは、エイジングケア化粧品による対策だけでは、しわが改善したり、消えたりすることはないのです。

たるみによるしわの代表的なものは、ほうれい線や、目の下にできるしわです。

また、首のしわもたるみで目立つことが多いしわです。これらのしわ対策は、スキンケア全般やエイジングケア化粧品の見直しに加えて、長期的な生活習慣の見直しも必要になります。

また、短期間でたるみによるしわを大きく改善するためには、美容医療も考える必要があります。

なお、特に、目の下のたるみが気になる方は、「目の下のたるみの解消!すべてが学べる7つのポイント」をご覧ください。

また、ほうれい線が気になる方は、「ほうれい線を消す対策の全てとエイジングケア化粧品の役割」をご覧ください。


3.たるみによるしわの原因

たるみによるしわを気にする女性

たるみによるしわの原因は、当然ながら、たるみです。たるみが生じる原因は、主に3つあります。

1)真皮層の老化

お肌のたるみが起こるのは、肌の弾力構造を支えている真皮層が衰えるからです。

真皮層は、0.2mmしかない薄い表皮の奥にある1.8mm前後の皮膚の一部です。

そんな真皮も老化しますが、その直接的な原因は、具体的には、真皮層の細胞外マトリクスを形成するコラーゲンエラスチンが減少するからです。

コラーゲンやエラスチンが減少する要因としては、加齢以外にも紫外線によるダメージ酸化糖化などがあります。

コラーゲンとエラスチンは、お肌のハリや弾力をもたらしているたんぱく質。

これらが減ったり、失われてしまうと、お肌にハリがなくなり、たるみが起こるのです。

たるみによるしわを示す皮膚構造の図

また、真皮層の細胞外マトリクスには、ヒアルロン酸プロテオグリカンヒートショックプロテイン(HSP)47などもあります。

これらの減少も、お肌の老化を加速させることになります。

こうして、肌にたるみが起こると、重力に従って皮膚や脂肪が下向きに垂れてしまいます。

この結果、しわができやすくなり、また深いしわになっていくのです。

2)皮下脂肪の肥大化や衰え

顔の真皮層の1つ奥には、皮下脂肪があります。

加齢に伴って新陳代謝が落ちることで、皮下脂肪は大きくなってしまいます。

そして、大きくなった皮下脂肪が重力に耐えきれなくなって、垂れ下がることが、たるみによるしわにつながるのです。

皮下脂肪が肥大化するもう1つの理由は、肥満です。

肥満は、身体だけではなく、顔の皮下脂肪にも影響を与えます。

過剰なエネルギーを摂ると、皮下脂肪の中にある白色脂肪細胞に余剰分が貯蔵されて、肥大化するのです。

加齢と肥満が重なると、顔のたるみは、一層、進んでしまいます。

なお、皮下組織に関する詳しい情報は、皮下組織と皮下脂肪の構造と役割。たるみ・ほうれい線を意識!をご覧ください。

3)筋力の低下

顔の筋肉は「表情筋」と「深層筋」に分かれています。

表情筋は、その名のとおり、顔の表情をつくるための筋肉です。

一方、深層筋は表情筋と骨のあいだにある筋肉で、表情筋に栄養を運び、老廃物を受け取って、表情筋の活動を支えています。

これらの筋肉も、加齢とともにその筋力が低下します。

筋力が低下することで、皮下脂肪を支えきれなくなってたるみが起こり、しわをもたらしてしまうのです。

このように、たるみによるしわは、真皮層の老化、皮下脂肪の肥大化や老化、筋肉の衰えの3つが原因なのです。

なお、たるみの原因や対策については、「顔のたるみの症状と原因から予防のエイジングケアと改善対策」も参考にしてください。

また、たるみの進行度は年齢によっても異なるので、その点についての詳しい情報は、「たるみは年齢と男女で違う!肌悩みのエイジングケアは?」をご覧ください。

さらに、頭皮のたるみが、おでこのしわの原因になることもあります。それについては、「頭皮のたるみでほうれい線に!予防と改善のエイジングケア」を参考にしてください。


4.たるみによるしわの予防

たるみによるしわの予防対策を行う女性

たるみによってできるしわを予防するためには、まずはたるみの原因をつくらないことです。

ここでは、エイジングケア化粧品以外で、たるみによるしわを予防する方法を紹介します。

1)紫外線対策

真皮では、コラーゲンの束である膠原線維や、エラスチンの束である弾力線維によって、お肌のハリを保っています。

そして、コラーゲンやエラスチンは、真皮の線維芽細胞でつくられています。

ところが、紫外線を浴び続けると活性酸素が発生し、真皮の線維芽細胞を破壊したり、コラーゲンやエラスチンを変性させてしまいます。

逆に言えば、紫外線を防げれば、コラーゲンやエラスチンの変性を防げるのです。

だから、たるみ予防の第一は、紫外線対策を行いましょう。

なぜなら、紫外線ダメージは、紫外線の強さと紫外線を浴びる時間の掛け算できまるからです。

夏の快晴の日なら短時間でも紫外線ダメージが大きいのでわかりやすいと思いますが、気象庁によると曇りの日でも紫外線は快晴の日の60%程度はありますし、雨でも20~30%程度はあるのです。

だから、天気にかかわらず、紫外線対策をしなければダメージは蓄積します。

また、冬は紫外線量は減りますが、長い時間、紫外線を浴びればやはり紫外線ダメージは大きくなるのです。

その結果、たるみが進みしわが目立つようになるのです。

これが、冬でも紫外線対策が必要な理由です。

日焼け止めをこまめに塗り、さらに日傘やサングラスなどでUVケアをすることが効果的です。

特に、紫外線A波(UVA)は、雲やガラス窓もすり抜け、お肌の奥深くまで届いて、たるみやしわの原因になるため、年間を通して注意が必要です。

紫外線対策のためのサングラスと防止

紫外線対策については、下記の記事も参考にしてください。

紫外線によるエイジング「光老化」とフォトフェイシャル治療

紫外線ダメージで肌老化!効果的に防ぐ対策でエイジングケア

紫外線が目に入ると、肌が日焼けする不思議な現象はなぜ?

紫外線対策はファッションで差がつく!透過率は色・素材で違う

2)たるみやしわ予防には、紫外線のアフターケアも大切

また、紫外線のアフターケアも同じく大切です。

紫外線カットのための対策を行っていても、全くダメージがないということはありません。

だから、紫外線を浴びた後も身体やお肌の活性酸素を除去することも大切なのです。

食べ物やサプリメントによるビタミンACE(エース)の補給や、エイジングケア化粧品でビタミンA誘導体、ビタミンC誘導体ビタミンE誘導体を積極的に補いましょう。

紫外線のアフターケアについての詳しい情報は、「外出とエイジングケア 日焼けのアフターケアはビタミンACEで」をご覧ください。

3)保湿対策もたるみによるしわ予防の基本

加齢をはじめ、間違ったスキンケアなど、さまざまな要因によってお肌は乾燥しやすくなります。

この乾燥がたるみやしわなどの肌トラブルの根本的な原因に。

このため、保湿は乾燥肌を防ぎ、お肌の若々しさを保つうえで、もっとも重要なスキンケアといえます。

保湿とは、お肌にうるおいを与え、お肌の中に適切な水分(20%以上)が保持されている状態を維持すること。

さらに、バリア機能ターンオーバーを正常化し、お肌が自らの力でうるおう状態をサポートすることです。

正しい保湿のためには、文字通り、水分を「保持」する「保湿成分」であるヒューメクタントや水分の蒸発を防ぐ保湿成分であるエモリエントを適度に与えることが大切なのです。

もちろん、「エイジングケア化粧品」以外の化粧品でも保湿は可能ですので、しっかり保湿成分をチェックして保湿力の高い化粧品を選びましょう。

なお、ヒューメクタントとエモリエントについては、次に示す表を参考にしてください。

化粧品に含まれる主な保湿成分の分類

また、スキンケア化粧品による保湿はもちろんですが、お部屋の空気の乾燥などにも気をつけましょう。特に、冬場は乾燥しやすいのでさまざまな対策が必要です。

なお、保湿についての詳しい情報は、「お肌の保湿とは?本当にわかるスキンケアの基本と保湿成分」の記事を参考にしてください。

保湿のための乾燥対策については、次の記事も参考にしてみてください。

乾燥肌の予防や改善対策は、正しいエイジングケアが大切!

乾燥肌の原因の11の要素とは?~エイジングケアの視点から~

乾燥しているのにテカるインナードライ肌!その対策は?

エアコンによる乾燥肌には保湿と加湿~冬を乗り切るエイジングケア~

乾燥肌は静電気になりやすい?~冬の乾燥肌を乗り切るエイジングケア~

乾燥肌は食べ物と飲み物で保湿、そしてエイジングケア化粧品!

4)抗酸化でたるみによるしわ予防

お肌の酸化は、老化を促進させる大敵で、真皮、筋肉、皮下脂肪などを含めて全身に悪影響を与えます。

したがって、抗酸化が全身のエイジングケアにもなり、お肌のたるみやしわなどのエイジングサインの予防になるのです。

抗酸化とは、過度な活性酸素が体内にできてしまうことを防ぐことや活性酸素を早く追い出してしまうことです。

活性酸素は、紫外線以外にも、化学物質、放射線、電磁波、喫煙(副流煙含む)、ストレス、不規則な生活、過度な運動でも発生します。

これらを避ける生活を送ることが、抗酸化であり、たるみによるしわはもちろん、しみくすみといったエイジングサインのケアにつながります。

酸化と抗酸化についての詳しい情報は、「お肌の酸化は老化の大敵!防ぐための対策とエイジングケア」をご覧ください。

5)抗糖化

糖化の原因になる食べ物

糖化とは、身体の中で起こっている焦げのようなもので、たんぱく質と糖が結びついて、AGEs(Advanced Glycation Endproducts=最終糖化生成物)という物質がつくられてしまうことです。

このAGEsは強い毒性を持ち、お肌だけでなく、身体全体の老化を進める物質なのです。

真皮にあるコラーゲンやエラスチンも糖化すれば、変性してしまって、たるみやしわを引き起こしてしまいます。

だから、たるみによるしわの予防のためには、抗糖化が必要なのです。

糖化についての詳しい情報は、「肌老化の原因「糖化」を予防する対策は5つのポイントで!」や「糖化がお肌を老けさせる? | エイジングケアと糖化の関係」をご覧ください。

6)エクササイズとマッサージ

しわ予防のために、皮下脂肪の肥大化や顔の筋力低下を防ぐには、顔のエクササイズやマッサージなども効果的です。

リンパマッサージで、老廃物の排出をスムーズにすることも効果的です。

ただし、間違った方法ではかえって、しわを深くしてしまいますので、その点は注意して正しい方法で行いましょう。

表情筋の対策は、「ほうれい線の表情筋対策を考える」が参考になります。

7)バランスのよい日常生活

バランスの良い食事でたるみによるしわの改善

たるみやしわを予防する上では、睡眠をしっかり取る、たんぱく質を含むバランスのよい食事を摂る、適度な運動を行うなどの規則正しい生活も大切です。

日常生活の基本については、「エイジングケアより大切な日常の生活習慣で肌老化の予防を!」をご覧ください。

しわ予防の食べ物については、「エイジングケアの味方!話題のスーパーフードとは?」や「美肌をもたらす食べ物と飲み物は?その種類から栄養素まで」をご覧ください。

また、睡眠については、「夜寝る前のエイジングケアと質の高い睡眠でハリ・ツヤ美肌!」や「美肌は、睡眠中のホルモンによってつくられるってホント!?をご覧ください。

さらに、運動に関しては、「エイジングケアに良い姿勢とウォーキング」も参考にしてください。


5.たるみによるしわのエイジングケア

たるみをエイジングケア化粧品でケアする女性

では、次にエイジングケア化粧品でのたるみによるしわ対策をご紹介します。

ただし、最初にお伝えしたとおり、エイジングケア化粧品は、たるみが原因の深いしわを消したり、劇的にしわを改善するものではなく、あくまで予防的に使うものとお考えください。

たるみであっても、しわであっても、エイジングケアの基本は保湿なので、セラミドなどの水分を保持する力の強い保湿成分で保湿を行うことが大切です。

また、ビタミンA誘導体(レチノールレチノイン酸トコフェリル)などのお肌のターンオーバーを安定化する効果のある成分が配合されているものもよいでしょう。

さらには、コラーゲンやエラスチンを増やすデータのあるエイジングケア化粧品成分であるナールスゲンネオダーミル、ビタミンC誘導体などもオススメの成分です。

なお、エイジングケア化粧品の選び方に基本は、「エイジングケア化粧品の効果と選び方は、7ステップで!」をご覧ください。

こうしたポイントを踏まえて、しわ対策のエイジングケア化粧品は、保湿成分とエイジングケア化粧品成分がバランスよく配合されたものから、自分の肌質や状態に合ったものを選びましょう。

そのためには、成分のはたらきをしっかり理解することが大切です。

また、防腐剤などで自分に合わない成分を知っておくことも必要です。

しわ対策のエイジングケア化粧品については、次の記事を参考にしてください。

しわ対策のエイジングケア化粧品の選び方と使い方

しわ取りクリームは、本当にシワに効く?その選び方と使い方

しわ美容液 ランキングに頼らない選び方の秘訣


6.長期的なたるみによるしわ対策

たるみによるしわの改善に成功した女性

1)たるみによるしわの改善は、長期的な取り組みが必要

では、スキンケア以外で、たるみによるしわを改善するための取り組みとしては、どんなことができるでしょうか?

ここまでは、たるみによるしわを予防する対策、エイジングケアをご紹介しました。

これらの予防策は、実はたるみによるしわが目立った後も、有用なのです。

今、たるみによるしわが目立っているとすれば、ここまででご紹介した予防策を行ってこなかったり、不十分な場合でしょう。

だから、今からでも目立ったたるみによるしわ対策として、生活習慣の改善や紫外線対策、抗酸化、抗糖化に取り組みましょう。

ただし、コラーゲンやエラスチンなどによる真皮の生まれ変わりは、3~5年かかってしまうことです。

だから、たるみによるしわ対策を始めても、半年や1年経ってからといって、大きな改善が見込めるわけではないのです。

それでも継続することで、今以上にしわが深くなるのを防ぐことができますし、たるみによるお肌の老化で目立つゴルゴラインマリオネットラインなどの予防にもつながります。

今、たるみによるしわが目立っていてもあきらめずに、長期的な対策を続けましょう。

2)必要に応じてサプリメントも活用しよう!

しわ改善のためにアミノ酸配合のサプリメント

そんなたるみによるしわの対策に、食べ物だけではなく、サプリメントを使うことで改善することは可能でしょうか。

基本は、コラーゲンやエラスチンほか皮膚をつくるたんぱく質をバランスよく摂ることが大切ですが、食べ物だけでさまざまなたんぱく質を摂れないこともあります。

そんな場合は、たんぱく質の元であるアミノ酸などを配合しているサプリメントを摂ることもよい選択肢です。

もちろん、アミノ酸を摂ったからといって、すぐにたるみによるしわが改善するわけではありません。

また、食べたアミノ酸がすべてお肌に使われるわけではないので、効果の保証はできませんが、たんぱく質合成を促進するアミノ酸を長期的に摂ることは、マイナスにはならないでしょう。

3)長期的なしわ対策はアミノ酸を活用

アミノ酸は、全部で20種あり、体内で合成できない「必須アミノ酸」と合成できる「非必須アミノ酸」に分けられます。

必須アミノ酸は、食べ物などから摂る必要のあるアミノ酸です。

<必須アミノ酸>

BCAA(イソロイシン 、 ロイシン 、 バリン) 、 ヒスチジン 、 リジン(リシン) 、 メチオニン 、 フェニルアラニン 、 スレオニン(トレオニン) 、 トリプトファン

<非必須アミノ酸>

アスパラギン 、 アスパラギン酸 、 アラニン 、 アルギニン 、 システイン・シスチン 、 グルタミン 、 グルタミン酸 、 グリシン 、 プロリン 、 セリン 、 チロシン

ここでは、コラーゲンほか、いくつかのアミノ酸を簡単にご紹介します。

①コラーゲン

コラーゲンは、グリシプロリン、アラニン、ヒドロキシプロリン、グルタミン酸、アルギニンなどのアミノ酸からできています。

だから、食べるとコラーゲンペプチドに分解され、最終的にはアミノ酸になります。

なので、食べたコラーゲンがそのままお肌のコラーゲンになるわけではありません。

しかし、最近ではコラーゲンペプチドが血中に運ばれシグナルの役割を果たすことで、体内のコラーゲンを増やす可能性があることが指摘されています。

まだ仮説段階ですが、たるみによるしわ対策に食べるコラーゲンに意味がないわけではなさそうです。

詳しくは、「コラーゲンのエイジングケアとアンチエイジングにおける役割」をご覧ください。

②グルタミン

グルタミンは、たんぱく質合成促進、免疫を活性化するはたらき、消化管の粘膜を維持するはたらきがあるアミノ酸です。

また、線維芽細胞を使った実験で、コラーゲンの合成を促進することがわかっています。

グルタミンは、体内でつくられますが、病気や疲れがある時、ストレスが大きい時にはたくさん消費されるアミノ酸です。

そんな場合は、たるみによるしわ対策だけではなく、身体の健康のためにもサプリメントなどで補うことをオススメします。

③アルギニン

アルギニンは、たんぱく質合成促進、成長ホルモンの分泌、血流改善、免疫の活性化などのはたらきがあるアミノ酸です。

アルギニンは、コラーゲンを構成するプロリンなどに変化して、コラーゲンの合成をサポートします。

④HMB(β-ヒドロキシメチル-β-メチル酪酸)

HMB(β-ヒドロキシメチル-β-メチル酪酸)とは、必須アミノ酸であるBCAAの1つであるロイシンが変化した成分です。

たんぱく質の合成を活性化し、たんぱく質の分解を防ぐはたらきがあります。

日本では、2009年から食品への使用が認められた成分で、アスリートたちの間で注目の高い成分です。


7.たるみによるしわの治療

たるみによるしわに効果的な美容医療

エイジングケア化粧品や日常生活では改善が不十分、あるいはかなり進行しているけれども、大きく改善したいという方は、美容医療によるたるみ治療やしわ治療を検討しましょう。

たるみやしわの治療の種類には、レチノイン酸による外用薬、ケミカルピーリング、外科的な手術、レーザーを用いた治療、ボツリヌストキシン製剤やヒアルロン酸の注入、線維芽細胞培養による再生医療などさまざまな方法があります。

美容医療を行う場合は、まず美容クリニックなどで専門医に相談の上、自分のしわに合った適切な治療を受けましょう。

なお、たるみによるしわの治療の詳細については、「しわ対策|エイジングケアの10の対策と7つの美容医療」をご覧ください。


8.まとめ

しわによるたるみについてのまとめ

たるみによるしわがどんなものか、またその原因や予防方法についてご理解いただけたでしょうか?

また、たるみによるしわの治療についても簡単にご紹介しました。

この記事で説明したように、たるみによるしわを予防、改善するためには、スキンケアだけではなく、多方向からのアプローチが必要です。

また、いったんできてしまったしわは、エイジングケア化粧品でも消すことはできません。

ほうれい線や目の下にできるしわが代表的なものですが、これらのしわがあるのとないのとでは顔の印象が違ってくるため、できれば早期にケアしたいですね。

ぜひ、日常生活全体を考えたエイジングケアで、原因であるたるみを防ぎ、しわをもたらさないように心がけましょう。

関連記事

しわ対策のエイジングケア化粧品の選び方と使い方

続きを読む

しわの種類(小じわ・真皮じわ・表情じわ)とエイジングケア

続きを読む

小じわ・ちりめんじわを消す対策ならエイジングケア化粧品で!

続きを読む

しわの原因を考える!正しいエイジングケアのために

続きを読む

エイジングケアハンドクリームで手のしわ対策を!

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」