頭皮のたるみで、ほうれい線に!予防と改善のエイジングケア

頭皮のケアをする女性の写真

あなたは、頭のたるみが、ほうれい線などの原因になってしまうリスクがあることをご存じですか?

 

お肌は頭から顔までつながっていて、そのため頭のたるみは、顔にも影響を与えるのです。

 

そんな、たるみはエイジングケア化粧品で改善することはできませんから、さまざまな手段で予防することが大切。

 

この記事では、頭のたるみの原因と改善の対策についてご紹介します。

ぜひ、早めに頭のたるみを予防して顔のたるみへの対策を心掛けましょう。

 

なお、この記事は章ごとにまとめをつけていますので、そこからチェックして全体像をつかんでいただくことも可能です。

 

頭皮とほうれい線の関係の前に、頭皮はそもそも“たるむ”ものなのでしょうか?

 

答えは、YESです。

あまり知られていませんが、頭皮は、顔のたるみとほほ同じ原因でたるみます。

 

頭の皮膚の構造は顔と同じで、年を取るとともにお肌のハリや弾力が低下して、筋力も低下します。

ハリや弾力は、真皮内にある、バネのような構造でお肌のハリを支えているエラスチンコラーゲンが変質することで失われます。

 

また、筋肉は皮下脂肪の下にありますが、筋肉の質が低下してくると、皮下脂肪や皮膚を支えることが困難になってきます。

これらに伴い、頭皮にもたるみが生じてしまうのです。

 

頭、顔、身体と、実は全身の皮膚は1枚につながっています。

 

つまり、頭皮がたるんでくると、頭皮とつながっている顔の皮膚もその影響を受け、「フェイスラインのたるみ」につながっていきます。

 

だから、頭皮のたるみも、目の周りや目の下のたるみの他に、ほうれい線、ゴルゴラインマリオネットラインなどのたるみが原因で肌悩みをもたらすこともあるのです。

もちろん、おでこのしわも、頭皮のたるみでできる場合もあります。

 

ハリや弾力、筋力低下は自然の摂理のため、完全に食い止めることはできないものの、原因を知り対策をすることで、格段に頭皮は変わってくれます。

頭皮のたるみは、エイジングケア化粧品で改善すべきものではありませんが、予防や改善の対策はちゃんとあります。

頭皮が変われば、お顔のエイジングケアの効果もより発揮されることになるでしょう。

 

この記事では、頭皮のたるみの原因や特徴、対策をまとめました。

 

 

「顔のたるみのためにエイジングケアをしているのに、思うような効果が感じられない。」

「最近、まぶたが下がってきた気がする。」

「頭皮のたるみケアをエイジングケアに取り入れたいけどやり方がわからない」

 

などのお悩みがある人は、これを読んでたるみの仕組みを一緒に理解していきましょう。

 

 

<この記事でお伝えしたい大切なこと>
  • 頭皮も、顔のお肌と同じでたるみます。
  • 顔のたるみは、頭皮のたるみによって引き起こされていることがあります。
  • 顔のたるみ対策としてエイジングケアを一生懸命しているのに効果がみられない場合は、頭皮がたるんでいないかを疑ってみることです。
  • 頭皮のエイジングケアは、加齢による毛髪の状態不良や抜け毛を予防するだけでなく、顔のお肌の健康にもつながります。
  • 頭皮のたるみのケアで大切なのは、紫外線対策、保湿と食べ物をはじめとした日常生活に加えて、正しいヘアケアです。

 

1.頭皮のたるみが起こる原

 

頭皮にたるみが起こる原因はたくさんあります。

 

  • 加齢による筋肉の衰え
  • 真皮の衰え
  • 紫外線によるお肌の乾燥
  • 血行不良、睡眠不足やストレス
  • 食生活の乱れ
  • ホルモンバランスの乱れ

 

などです。

 

また、シャンプーなどの間違いなどもたるみの進行に影響を与えます。

 

年齢を重ねることにより、顔と一緒で頭皮にもたるみが起こります。

それぞれの原因は、自分の努力次第で抑えることも可能となります。

 

それぞれの原因をご説明します。

 

1)加齢(頭皮の筋力低下)による筋肉の衰え

頭の筋肉は、いったいどのような構造になっているでしょうか。

 

前頭筋、後頭筋、側頭筋というのが頭部の周りについていて、それらをつなげるように頭頂部を帽状腱膜が覆っています。

頭頂部には筋肉はありません。

この薄い帽状腱膜が筋肉を支える格好になっています。

 

頭部の筋肉の部位を説明している図

 

前頭筋: 額から眉毛までを覆っている筋肉。

後頭筋: 側頭部から下顎の付け根までを覆っている筋肉。

側頭筋: 頭蓋骨と首の骨をつないでいる筋肉。

 

これらの筋肉が衰えてくると、動きが鈍くなって、顔の筋肉を上に引き上げる力が低下し、結果、垂れさがることになってしまいます。
そうなると、頭頂部の帽状腱膜が引っ張られて突っ張り、固くなり、ますます上に引き上げる力が弱くなっていきます。

 

場所は違いますが、筋肉の衰えでたるみが目立つのは、顔と同じです。

 

2)頭皮の真皮の衰えもたるみの原因

お肌の弾力、ハリの低下が顔のたるみの原因であることはよく知られています。

 

頭皮のたるみも同じで、真皮や線維芽細胞が衰えると、コラーゲンやエラスチンが減少することが大きな原因です。

 

3)紫外線によるダメージお肌の乾燥

UV-Aを浴びると、真皮にあるエラスチン・コラーゲンが破壊されて、お肌の弾力が失われてしまいます。
頭皮は、髪の毛で守られてはいますが、日焼け止めによるUVケアができる部位ではないので、帽子や日傘などで防がない限り、直接影響を受けてしまいます。

 

つまり、頭皮も紫外線による光老化によって、たるみになるリスクがあるのです。

 

4)地肌の乾燥

今、お話した紫外線でも、頭皮の地肌は乾燥します。

また、保湿が不十分であったり、誤ったヘアケアなども地肌の乾燥肌をもたらします。

 

乾燥肌は、表皮バリア機能ターンオーバーの乱れを起こします。

乾燥肌が続くとお肌の老化の原因となって、それがたるみへとつながります。

 

だから、乾燥肌の原因を避けることもたるみ予防には大切なのです。

 

 

お肌の乾燥を気にする女性

 

 

5)血行不良がたるみを促進する

血管を通して酸素や栄養分が十分に供給されないと、

お肌の新陳代謝が鈍り、ハリや弾力が失われ、たるみや乾燥といったお肌のトラブルを引き起こします。

 

血行不良を招く主な原因は喫煙や冷えです。

 

ニコチンは、血管を収縮させて血行を阻害します。

冷えも血行を阻害し、栄養を頭皮に送り届ける力が弱くなるのです。

 

このように血行不良もたるみを引き起こす原因になるのです。

 

6)睡眠不足やストレスもたるみを助長

お肌の生成は睡眠時に行われますが、慢性的に睡眠不足だと、お肌の生まれ変わりがスムーズに行われないばかりか、ホルモンバランスの乱れや不調も引き起こし、肌荒れの原因となります。

 

睡眠不足ではストレスも増えてしまいます。

その結果、体内で活性酸素が増え、お肌の老化や頭皮のたるみのリスクとなるのです。

 

7)ホルモンバランスの乱れもたるみの敵

ホルモンバランスが乱れると、皮脂が過剰分泌したり、毛穴が詰まりやすくなってしまいます。

その結果、毛穴や頭皮がたるみ、髪が抜けやすくなったり、顔のたるみまでも引き起こしてしまいます。

 

 

ホルモンバランスの乱れに悩む女性

 

 

また、皮脂が蓄積されていると、紫外線などでお肌が酸化して固くなります。

それが頭皮や毛髪の健康な育成を阻害してしまい、トラブルの原因になることもあるのです。

 

ホルモンバランスが乱れる原因としては、ストレス、睡眠不足、運動不足、過度なダイエット、日常生活の乱れなどがあります。

 

これらも結果的に、たるみの原因となってしまうこともあるのです。

 


 

<第1章のまとめ>

頭皮のたるみの原因は、筋肉の衰え、真皮の衰えに加えて、紫外線ダメージ、お肌の乾燥、血行不良、睡眠不足、ストレス、ホルモンバランスの乱れなどがあります。

 

このように、たるみには、頭皮ケアだけではなく、日常生活が深く関わっていることがわかります。

 

 


2.頭皮の特徴と肌質の違い

 

1)頭皮の特徴は?

顔のお肌と同じく、

  • 表皮
  • 真皮
  • 皮下組織

で、できています。

 

頭皮でも表皮は、下から「基底層(きていそう)」、「有棘層(ゆうきょくそう)」、「顆粒層(かりゅうそう)」、「角質層(かくしつそう)」があり、バリア機能も備わっていて、ターンオーバーも行っています。

 

では、頭皮ならではの特徴は、どんなものがあるのでしょうか?

 

 

頭皮の種類を考える女性

 

 

①髪の毛があり、お肌も厚い

紫外線など外的刺激や物が当たる衝撃などからの保護のために髪の毛があります。

また、顔と比較してお肌も厚いのが特徴です。

 

②皮脂腺・汗腺が多い

皮脂腺や汗腺が多く、顔に比べて2倍程度あります。

だから脂や汗で汚れやすいことが特徴です。

また、真菌(カビ)の1種であるマラセチア菌が大量発生して、脂漏性皮膚炎の炎症やかゆみで悩むこともあります。

 

③バリア機能が低く、ターンオーバーが長い

頭皮はバリア機能が低いため、トラブルが起こりやすいことも特徴の1つです。

 

また、顔と比較して、皮膚が厚いことも特徴で、

ターンオーバーは、顔の1.5倍くらいかかり、20代で40日程度と考えられています。

 

2)頭皮にもある肌質

頭皮には主に3つの肌質があります。

脂性タイプ、乾燥タイプ、正常タイプです。

顔と全く同じです。

 

  • 皮脂が多くて頭皮にベタつきのある人は「脂性タイプ」
  • 皮脂が少なくて、フケがパサつく人は「乾燥タイプ」
  • 特に異常が見られないのが「正常タイプ」になります。

 

 

お肌のタイプに悩む女性

 

 

脂性タイプは女性より男性に多く見られます。

また、シニア世代よりも10代や20代といった若い年齢層に多い傾向です。

 

お肌のタイプは、常に一定ではありません。

ホルモンバランスの変化や加齢、疲れなどによるストレス、季節などによって変化するので、注意が必要です。

 

そこで、いったい自分がどのタイプなのかを知るための、簡単なセルフチェックをご紹介します。

 

<肌質チェックの方法>

 

チェック方法は、洗髪後に8割程度乾かした後、生え際とつむじの2箇所にあぶらとり紙を置きます

 

30分程であぶらとり紙に脂がついたら「脂性タイプ」です。

1時間くらいで脂がつく場合は「正常タイプ」で、

2時間以上経っても脂がつかないときは「乾燥タイプ」になります。

 

自分の頭皮の状態を知ることは、お肌のケアをするうえでとても大切なことです。

セルフチェックは定期的にするとよいでしょう。

 

もしあなたが脂性タイプ場合は、しっかり頭皮を洗うことが重要ですが、洗いすぎると逆に皮脂をより分泌させてしまう恐れがあるので、洗い過ぎには注意してください。

 

また、乾燥タイプの人は洗浄力が弱くて、保湿力の高いシャンプーで洗髪し、血行を促すようにマッサージを取り入れたりして、頭皮に栄養が届くようにすることで皮脂の分泌を促しましょう。

 


 

<第2章のまとめ>

頭皮の構造は、基本的に顔と同じですが、少し特徴が異なります。

毛髪がある、皮脂腺や汗腺が多く皮脂トラブルが多い、バリア機能が弱くターンオーバーが長い、などです。

 

また、頭皮にも肌質があるので、自分の肌質をチェックして、それに合った地肌のケアを行いましょう。

 

 


3.顔のたるみは、頭皮のたるみから

 

頭皮のたるみが原因の肌のたるみに悩む女性

 

 

1)顔と頭皮のたるみの関係

顔のたるみは、頭皮のたるみにより引き起こされていると言われています。

顔と頭、そして身体と、全身の皮膚は1枚につながっています。

 

ですから、頭あるいは顔、どちらかのお肌でトラブルが起こると、もう片方に必然的に影響を及ぼします。

 

しかし、顔のたるみは意識していても、頭皮のたるみを意識している人は少ないのではないでしょうか。

 

頭皮は目に見えてたるみが目立つケースは少ないでしょうから、顔のたるみと結び付けて考えることは難しいのでしょう

 

それくらい盲点であると言えます。

頭皮ももちろん、何もしなければたるんでしまいます。

 

たるみの前兆としては、目元や目尻に小さなしわができます。

また、目の下のくまや鼻から口の縦じわができたら要注意となります。

しわが目につくようになってきたら、たるみが現れてきます。

 

その場合、顔のお肌のたるみに注目するだけでなく、頭皮のたるみも同様にあるものと認識することが大事になります。

 

 

頭皮のたるみがきになる女性のイメージ

 

 

2)頭皮のたるみをチェックする

 

①つまんで、たるみをチェック

最も簡単なチェック方法は、耳の上部の頭皮をつまんでみることです。

簡単につまめるようならたるみがある証拠です。

 

②動かして、たるみをチェック

頭皮にたるみがあるかどうかは、後頭部(後頭筋)と頭頂部(帽状腱膜)を両手で動かしてみることによって確認できます。

 

後頭部と頭頂部が同じくらい動けば大丈夫ですが、後頭部より頭頂部が硬くなっている場合は、帽状腱膜が薄くなっていて、頭皮がたるんでいる証拠になります。

 

③コリで、たるみをチェック

エイジングケア世代の男女では、頭皮にコリを感じることもあるのではないでしょうか?

 

頭全体を指でもむように動かしてみて、頭皮がスムーズに動いたり、顔の皮膚と一緒に動くなら、コリもたるみも心配ありません。

 

しかし、動かしてみてツッパリ感があったり、頭のテッペンが、後頭部より硬く感じるなら、頭皮のコリが原因でたるみができている可能性があります。

 

④美容師さんにチェックしてもらう

頭皮は、自分の目で直接見ることはできません。

だから、たるみをはじめ自分でチェックするのは、実際には難しいのです。

 

たるみ以外でも毛髪の状態を含めて、美容師さんに定期的にチェックしてもらうのも一つの手です。

 

 

美容師のチェック

 

 

3)頭皮のたるみは髪の毛にも悪影響

さて、たるみのチェックは、していただけたでしょうか?

 

頭皮のたるみは、筋力が弱っているために、下へ引っ張られる力に耐えられず皮膚が下がっていきます。

毛穴も一緒にひっぱられて髪の毛が寝た状態になってしまい、美容的にもボリュームダウンします。

 

もちろん、頭皮への栄養不足はそれだけで悪影響を与えますが、たるみがあるなら栄養不良もあり得るので、髪の毛にも配慮が必要になってきます。

 

そんなたるみも早い段階で対処すれば、いくらでも復活させることができまので、

早めに気が付いて対応することが肝心です。

 

また、顔のたるみをリフトアップしたければ、頭皮をケアすればいいのです。

頭皮をケアすれば、頭皮と顔の両方のたるみをケアすることができます。

 

なお、顔のたるみに関しては、「顔のたるみの症状と原因から予防のエイジングケアと改善対策」でもご紹介していますので、ぜひご覧ください。

 


 

<第3章のまとめ>

頭皮は顔とつながっているので、たるみがあるとそれが顔にも悪い影響を与えるのです。

ほうれい線を始めとする肌悩みの対策は、頭皮のたるみも意識しましょう。

 

頭皮のたるみのチェック方法は、つまむ、動かす、コリをチェックするなどがありますが、自分でチェックするのが難しいなら、定期的に美容師さんにお願いしましょう。

 

 


4.頭皮のたるみの対策と予防

 

すでに頭皮にたるみがあると認識している人は、すぐにでも対策を始めれば、改善させることが可能です。

もちろん、たるむ前から予防していれば、たるむスピードをゆっくりにすることができるでしょう。

 

ここで挙げるたるみ対策すべてを取り入れられると素晴らしいですが、無理をすると、かえって継続できなくなります。

 

できることから少しずつ初めるだけでも、その効果は表れてきますので、、地道にやっていきたいですね。

 

 

頭皮の保湿

 

 

1)基本は、頭皮の保湿でたるみ予防

顔の保湿が大切なのと同じで、頭皮の保湿も大切です。

保湿で筋肉の衰えによるたるみは改善できませんが、たるみの予防策としては十分意味があります。

 

頭皮は、顔のお肌と同じ構造ですが、先ほどお話したとおり特徴が異なるので、頭皮専用の保湿アイテムを使いましょう。

 

コラーゲンやヒアルロン酸などの水溶性の保湿成分が配合されたローションによる保湿と

ホホバオイルオリーブオイルなどのオイルを使う方法もあります。

 

2)紫外線対策でたるみ予防

紫外線対策は、たるみだけではなく、スキンケアやエイジングケアの基本です。

 

紫外線のピークは6月~8月で、午前10時~午後2時です。

 

しかし、紫外線は1年中降り注いでおり、冬だからといって気を抜くのではなく、夏と同じように対策をするのが理想です。

また、紫外線量は晴天時の100%に対して、曇りの日でも60%受けていることになります。

 

 

紫外線

 

 

【紫外線を避けるためには】

  • 帽子を被りましょう。通気性がよくて、つばの広いものがお勧めです。
    1番効率よくUVカットしてくれるのは、麦わら帽子です。
  • 日傘をさしましょう。白色よりも黒色の方がより遮断してくれます。
    雨晴れ兼用もありますし、紫外線100%カットのものも出ています。いつも持ち運ぶようにしましょう。
  • 外出時に歩く場所は、日陰を選びましょう。
    日陰だと、日なたの半分の紫外線の量になりますし、暑さも和らぎます。
  • まだまだ品揃えは少ないですが、頭皮用のUVケア商品も活用しましょう。

 

ファッションを考えた紫外線対策については、

紫外線対策はファッションで差がつく!透過率は色・素材で違う

こちらを参考にしてください。

 

 

紫外線対策は、日焼け止め対策に加えて、アフターケアも大切です。

 

ビタミンACEを含む食べ物を摂ったり、ビタミンA誘導体(レチノールレチノイン酸トコフェリル)、ビタミンC誘導体、ビタミンE誘導体配合のエイジングケア化粧品を使うこともオススメの方法です。

 

紫外線のアフターケアについて、詳しくは、「外出とエイジングケア 日焼けのアフターケアはビタミンACEで!」をご覧ください。

 

3)マッサージでたるみ対策

 

頭皮をマッサージしてたるみ予防

 

①頭皮(血行促進)マッサージ

マッサージは、滞ったリンパや血行の流れをよくして、むくみを取り、頭皮の隅々に栄養分を運べるようになります。

ここで、頭皮マッサージ法を3つご紹介します。

 

【目元のたるみに効果的】

頭と首の境目にある中央のくぼみを指圧しましょう。

指の腹で1~3まで数えながら押します。

1番深いところで一旦押すのを止めて、ゆっくりと手を離していきます。

 

【顔全体のたるみに効果的】

頭部全体をまんべんなく指圧して揉みほぐしましょう。

額と生え際の境目から頭頂部へ進みます。

そして頭頂部から首と頭の境目に進みます。

両手5本ずつの指の腹で押します。

痛気持ちよいくらいの指圧で行います。

 

【顔全体のリフトアップに効果的】

耳の裏側部分を指で押してみましょう。

指の腹で痛気持ちよい強さで押し、上下に擦ります。

最後には耳の上の側頭部へ斜めに引き上げましょう。

 

基本的には、前の生え際・首筋の生え際・頭頂部・耳の後ろをマッサージすることで血流が流れます。

入浴中やお風呂上りに行うと、より効果的です。

 

 

リフトアップマッサージ

 

 

②リフトアップマッサージ

約5分ほどで出来るマッサージを紹介します。

 

朝昼晩と1日3回行うとより効果があがりますが、朝晩でも、1日1回でも構わないので、毎日できるよう工夫してください。

入浴中や入浴後がお勧めで、お肌を傷つけないよう、やさしく行ってください。

 

  1. 鎖骨周りを指の腹で押す(血行をよくします)
  2. おでこの部分を、内側から外側に向かってクルクルと円を描きながらマッサージ
  3. 目と眉毛の間のくぼみを3箇所ずつ押す
  4. 目の下のくま部分を外側へマッサージ
  5. こめかみを押す
  6. 鼻筋~小鼻を上下にこする
  7. 頬骨に沿って内側から外側へマッサージ
  8. あごを掴みながら下~上へマッサージ
  9. 耳下のリンパを下へ流す
  10. 鎖骨周りを再び流す
  11. わきの下のリンパを少し押す


③スペシャルケアでたるみ対策
紫外線を思った以上に浴びすぎたり、明らかに皮膚がたるんできたと気が付いた時、またはストレスが溜まってどうしようもない時には、サロンなどに行き、プロの力を借りましょう。

 

エステサロンでは、たるみ専用のコースが用意されているところもあります。

使っているクリームも、市販されている物ではないので、即効性があるものも多いです。

 

さらに、気分もリフレッシュすることができ、気持ちの面からも幸せな時間を過ごす事ができるのではないでしょうか。

 

たまには自分へのご褒美も大切です。

 

 

頭皮マッサージを受けリラックする女性

 

 


 

<第4章のまとめ>

頭皮のたるみケアの基本は、保湿と紫外線対策です。

 

また、頭皮マッサージ、リフトマッサージなども取り入れてみましょう。

ときには、エステなどでプロの手を借りてみるのもオススメです。

 

 


5.まとめ

 

頭皮のたるみの原因と対策をご紹介してきました。

 

いかがでしたでしょうか。

特にあまり意識をしていない頭皮のたるみが、実は顔のたるみに影響を及ぼしていること、だから頭皮のたるみに注目する必要があることを思っていただけたのではないでしょうか。

 

頭皮をケアすることで、髪の毛もキレイになりますし、抜け毛予防にもなります。

さらにお顔の美肌への効果も得られ、女性なら誰でも嬉しいことだらけです。

 

たるんできたかな?と思ったら、生活習慣を見直して、少しでもたるみの原因をなくすように今から心がければ、この先の美しさは大きく変わってくることでしょう。

上手にストレス発散もできるようにしていきたいですね。

 

また、紫外線に注意して、マッサージも定期的に行うようにすれば頭皮が健康になってくれます。頭皮も顔と同じで、優しく丁寧にケアをしたらしただけ応えてくれます。

 

毎日のエイジングケアの中に頭皮ケアを入れて、美しさを保っていきましょう。

 

 

関連記事

目の下のたるみの予防と改善・解消!全てが学べる7つのポイント

続きを読む

まぶたのたるみやしわの原因と予防・改善のエイジングケア対策

続きを読む

顔のたるみの症状と原因から予防のエイジングケアと改善対策

続きを読む

肌のハリとは?弾力がなくなる原因と取り戻すための方法・対策

続きを読む

マリオネットラインを消す!?その原因と解消のための対策

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」