たるみは年齢と男女で違う!肌悩みのエイジングケアは?

たるみによるしわで悩む女性の写真

たるみは、さまざまなエイジングサインの原因。

そんなたるみは、年齢とどんな関係があるのでしょうか?

たるみはいったんできるとエイジングケア化粧品で改善はできません。だから、年齢別にたるみの進行を考えて予防することが最も大切です。

この記事では、たるみの年齢別の状態とエイジングケアについてご紹介します。

0.はじめに

エイジングサイン(年齢に伴う肌悩み)の中でも、悩みが大きくスキンケアだけで改善しないのが、お肌の「たるみ」。

たるみと言えば、目の下のたるみ頭皮のたるみも気になりますね。

たるみは、ほうれい線、ゴルゴライン、マリオネットライン、黒ぐまたるみ毛穴シワなどの原因です。

これらは、全てエイジングケアの大敵ですね。

 

そして、これらはエイジングケア化粧品では根本的な対策ができません。

 

たるみは、

などによって発生します。

 

たるみについての詳しい情報は、「顔のたるみの症状と原因から予防のエイジングケアと改善対策」で解説していますので、この記事では、年代別医にたるみがどう違うのかを取り上げます。

 

「私の顔のたるみの進行ってどうなの?」

「そろそろたるみの対策を考えた方がよいの?」

「たるみとお肌の中の状態って、どんな関係があるの?」

 

などが気になる方は、続きをチェックしてくださいね。

 

<この記事でお伝えしたい大切なこと>
  • たるみの主な原因は、真皮の衰え、表情筋の衰え、皮下脂肪の肥大化です。
  • 男性と女性で比べると、たるみにくいのは男性のお肌です。
  • 20代でたるみが目立つことはまれですが、お肌の老化は25歳頃から始まります。
  • 20代~60代までどの年代でも、年齢、年代に合ったエイジングケアをすることで、たるみの予防は可能です。
  • たるみの予防には、エイジングケア化粧品だけでなく、食べ物をはじめとした日常生活の対策が大切です。

1.たるみの原因と肌悩み

たるみの原因に悩む女性

 

 

たるみの原因は、「顔のたるみの症状と原因から予防のエイジングケアと改善対策」で詳しく解説していますので、ココでは簡単にまとめてみます。

 

また、たるみには種類もありますが、それについては、「ほうれい線のタイプは、たるみの種類と骨格の違いで決まる!」をご覧ください。

 

1)たるみの主な原因

たるみの主な原因には、真皮の衰え、表情筋の衰え、皮下脂肪の肥大化などがあります。

 

①真皮の衰えによる肌弾力の低下

お肌の中で、最も表面に近いのは真皮です。

真皮には、線維芽細胞と細胞外の組織があります。

 

若い時の線維芽細胞は、代謝も活発で、コラーゲンエラスチンヒアルロン酸プロテオグリカンなどをつくり出す力も十分にあります。
そのため、細胞外の組織として、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸プロテオグリカンなどが十分にあり、すべてがバランスよく並んでいるのです。

つまり、若いお肌では、これらの成分がお肌の基礎的な土台として、表皮をしっかり支え、ハリや弾力のあるお肌を維持しているのです。

 

しかし、真皮の線維芽細胞や細胞外の組織は、年齢や紫外線などによってダメージを受けます。

 

その結果、線維芽細胞の活力が下がり、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、プロテオグリカンなども減少してしまい、お肌の弾力が失われ、たるみの原因となるのです。

 

 

たるみを鏡でチェックする女性

 

②表情筋など筋肉の衰え

顔には「表情筋」「深層筋」があります。

 

表情筋は、表情を作る筋肉で、皮膚のすぐ下にあります。

表情筋が衰えると、その上にある脂肪や皮膚を支えられなくなってしまいます。

 

一方、深層筋は、骨に付いている筋肉で、表情筋を支えています。

また、深層筋はポンプのように血液を顔全体に送り届ける役割をしています。

深層筋が衰えると、表情筋が支えられなくなったり、お肌に栄養が行き渡らなくなります。

 

この2つの顔の筋肉の衰えが、たるみの原因となります。

③真皮と皮下組織の結合力の低下

エイジングによって真皮と皮下組織の結合力が低下します。

これもたるみの原因の1つです。

 

④皮下組織・皮下脂肪の衰えや肥大化

皮下組織の大半が、皮下脂肪です。

皮下脂肪は、エイジングで機能が衰えると肥大化し、重力の影響により下方向へ落ちてきます。

これがたるみの原因になります。

 

2)その他のたるみの原因と要因

むくみや、猫背などの悪い姿勢などもたるみの原因となることがあります。

また、活性酸素による酸化糖化紫外線による光老化乾燥肌、喫煙、睡眠不足などもたるみの要因となります。

 


 

<第1章のまとめ>

たるみは、真皮の衰えによる肌弾力の低下表情筋など筋肉の衰え真皮と皮下組織の結合力の低下皮下組織・皮下脂肪の衰えや肥大化が主な原因です。

また、むくみや姿勢、紫外線、生活習慣の乱れもたるみの要因となります。

 

 


2.男性と女性ではどちらがたるみやすい?
男女でのたるみやすさの比較

 

 

最近では男性(メンズ)のエイジングケアの必要性も理解されつつあります。

実際、男性向け(メンズ)化粧水などもその種類が増え、エイジングケア化粧水なども男性向けのものも増えています。

では、たるみに関して、男女差はあるのでしょうか?

 

結論から言えば、性差としては男性の方が女性よりも「たるみ」に強いお肌と言えます。

 

なぜなら、男性のお肌は女性に比べて、

  • 真皮が厚くコラーゲンやエラスチンの量が多い
  • 皮脂分泌量が多い
  • 皮脂分泌の低下の年代は遅い(50~60歳ころ)

など、たるみを防ぐ力が強いためです。

 

一方、男性の場合は、女性に比べるとスキンケアやエイジングケアに無頓着な方がまだまだ多いので、年齢を重ねても、特にたるみをはじめとしたエイジングサインを気にすることが少ない傾向にあります。

また、一般的には、喫煙やアルコールなどの生活習慣も男性の方が多い傾向です。

だから、男性の方が外部要因としては、たるみになりやすい場合が多いのです。

 

逆に、男性がお肌の仕組みやたるみの原因などをしっかり理解して、早い時期から対策を行えば、たるみの予防は女性よりも楽なのです。

 


 

<第2章のまとめ>

男性の肌は、真皮が厚い、皮脂分泌量が多いなどの特徴があり、女性と比べれば、たるみになりにくいのです。

しかし、予防やケアを怠れば、たるみは早く訪れます

たるみに男女の違いはありますが、お肌の仕組みやたるみに原因と対策を知って、予防することが男女ともに大切です。

 

 


3.年齢別・年代別のたるみの特徴とエイジングケア

たるみを気にする女性

 

 

たるみは、ある日突然できるのではありません。

実は、20代から少しずつ始まっています。

なぜかというと、線維芽細胞のはたらきも20代をピークに30代、40代と年齢を重ねるごとに徐々に低下するからです。

また、皮下組織や表情筋も何も対策しなければ加齢によって衰えてきます。

 

お肌の老化の原因は、他にもたくさんありますが、たるみの予防には、真皮、皮下組織、表情筋の3つを意識する必要があるのです。

たるみをはじめ、エイジングサインを防ぐための基本は、バランスの良い食事、適度な運動、質の高い睡眠を取るなどの日常生活を過ごすことです。

 

しかし、お肌で何らかのエイジングサインが目立ってきた場合は、スキンケアやエイジングケア化粧品による対策なども必要です。

 

今回は、そのヒントになるような年齢・年代別のたるみの状態を説明します。

 

 

年齢別のたるみのイラスト

 

1)20代のたるみとエイジングケア

20歳前半では、お肌のたるみを意識することはまれです。

しかし、25歳頃からは、20代でピークを迎えたお肌の老化が始まる年代です。

コラーゲンとエラスチンが衰え始め、生活習慣に問題がある場合は、最も影響の大きい目元のしわや、表情筋によるシワが目立つ方も少ないながらもいます。

 

もちろん、多くの20代はたるみが目立ってくるケースはありませんから、それほど意識しないでしょう。

しかし、20代後半からは、コラーゲンやエラスチンの減少があるので、お肌の内側ではたるみが進みつつあるのです。

 

ですから、20代後半は、そろそろエイジングケアを考え始めるべき年代です。

 

エイジングケアをいつ始めるかについて、詳しくは、「エイジングケアって、いつから(何歳から)始めればいいの?」をご覧ください。

 

2)30代のたるみと肌悩みのエイジングケア

コラーゲンとエラスチンの衰えは続き、ほうれい線が目立ち始める、眉が垂れ始める、鼻と唇の溝が長くなる、眉間や額のしわが出てくる、といったエイジングサインがみられます。
本格的にエイジングケアを考えるべき年代です。

 

まだ、たるみで悩むケースは少ない年代ですが、30代でも35歳を超えると、たるみで悩む場合もあり得ます。

 

30歳からのエイジングケアについて詳しくは、「30代、初めてのエイジングケア化粧品。知らないと損する真実!」をご覧ください。

 

3)40代のたるみと肌悩みのエイジングケア

さらにコラーゲンやエラスチンの衰えは続き、下まぶたのたるみや、上下の唇のたるみなども目立ち始めます。
また、皮下脂肪が肥大化し始めるとともに、皮膚と深部の組織の結合が緩んでしまいます。

その結果、重力の影響を受けやすい頬やあごの周りのたるみが目立ってしまうこともあります。

そのようなたるみによるしわはエイジングケア化粧品だけでは解決できません。

 

40代は、これ以上、エイジングサインを進展させないように、しっかりと全身のエイジングケアをする時です。

 

40歳からのエイジングケアについて詳しくは、「40代だからこそ考えたいエイジングケアと化粧品の選び方!」をご覧ください。

 

4)50代のたるみと肌悩みのエイジングケア

残念ながら、皮膚の弾性はますます低下します。
たるみや、脂肪の重みでほうれい線やマリオネットラインは深く長くなってしまうこともあります。
また、首の横じわ、眉間のしわ、鼻の先端が垂下、唇が薄くなり口周囲のしわが現れてくることもしばしばあります。

 

残念ながら、50代はエイジングケア化粧品では対策できないたるみも増える年代です。

この年代で目立つたるみの大きな改善を望む場合は、美容医療が必要です。

 

50歳からのエイジングケアについて詳しくは、「50代のエイジングケアと化粧品の選び方と大切な7つの真実!」をご覧ください。

 

5)60代以降のたるみと肌悩みのエイジングケア

さらに皮膚は薄くなります。
目元、口元も今まで以上に乾燥しやすくなったり、たるみだけでなく褐色のしみ(老人性色素斑)ができてしまうこともよく起こります。

この年代のたるみも、エイジングケア化粧品では対策できないことが多々あります。

 

このように、加齢とともにお肌はたるんでしまいます。

加齢自体は避けられないですが、毎日の生活習慣でよいものは続け、悪ければ変える努力をしましょう。

 

「予防」こそが、エイジングケアの基本と考え、バランスの良い食事、適度な運動、質の高い睡眠などの日常生活を実践しましょう。

 

エイジングケア化粧品も優れた物が増えていますが、主役はあなたご自身。
エイジングケア化粧品は、あくまでサポート役です。

 


 

<第3章のまとめ>

たるみは、20代や30代前半で目立つことはまれです。

しかし、25歳頃からは、確実にお肌の内部で老化が始まっています

だから、たるみの予防は20代からはじめるくらいで考えましょう。

30代以降も年齢を重ねるごとに、お肌の老化は進むので、それを意識したエイジングケアを心掛けましょう。

 

 


4.まとめ

まとめ

 

 

男女別、年代別のたるみの状態とエイジングケアについてご理解いただけましたか?

 

たるみが目立ってなくても、お肌の内側で起こっている変化があります。

まずは、たるみ予防のために、日常生活に気をつけてエイジングケアを心掛けましょう。
その上で、エイジングケア化粧品をしっかり理解していただき、上手に使っていただければ幸いです。

 

 

関連記事

目の下のたるみの予防と改善・解消!全てが学べる7つのポイント

続きを読む

まぶたのたるみやしわの原因と予防・改善のエイジングケア対策

続きを読む

顔のたるみの症状と原因から予防のエイジングケアと改善対策

続きを読む

肌のハリとは?弾力がなくなる原因と取り戻すための方法・対策

続きを読む

頭皮のたるみで、ほうれい線に!予防と改善のエイジングケア

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」