注目の新発見!コラーゲンの「カルバミル化」は顔たるみの原因

顔のたるみの原因を知った女性

顔のたるみなど、お肌の老化を引き起こす原因の一つがコラーゲンの劣化。

これまで肌の酸化や糖化が原因と考えられてきました。

ですが、新たな要因として「カルバミル化」もコラーゲン劣化に関係していることが発見されました。

このカルバミル化というのは、いったいどういった現象なのかをご紹介します。

目次を紹介する女性のイラスト

スポンサードサーチ

1.「カルバミル化」はお肌のコラーゲン劣化の新たな要因

顔のたるみが気になる女性

「注目の新発見!コラーゲンの「カルバミル化」は顔たるみの原因」をお届けします。

エイジングケアを追求するため、日々、高度な研究開発が進んでいます。

先週のナールスエイジングケアアカデミー編集部ニュースでは、「新発見!テネイシンCの減少が光老化のサインだった」と題して、光老化のはじまりのサインである「テネイシンC」という糖たんぱく質の減少に関してご紹介しました。

さて今回は、コラーゲンの劣化に関係する要因として新たに発見された「カルバミル化」についてご紹介します。

「最近、頬が垂れてきたような気がする」

「フェイスラインのたるみやあごの下のたるみが気になる」

『コラーゲンの劣化=お肌の老化』の図式は、もはやエイジングケア世代の女性にとっては常識ですよね。

コラーゲンの量や質の低下は、お肌のハリや弾力を低下させて、シワ顔のたるみを引き起こす原因の一つに挙げられます。

このコラーゲンの劣化を招く要因としては、加齢、酸化、糖化、女性ホルモンの減少などが関与していることがわかっていました。

ここに新たに加わったのが「カルバミル化」です。このカルバミル化も、お肌のコラーゲン劣化に影響することが明らかとなりました。

ではこのカルバミル化とはいったいどのような現象なのか、株式会社ドクターシーラボのプレスリリースからご紹介します。


2.コラーゲンとエイジングの関係:おさらい

コラーゲンの構造

「コラーゲンとエイジングの関係についてはよく知っている」、という方は、次の章にうつってください。

肌のコラーゲンは、真皮にある線維芽細胞で生まれます。

そして、ヒートショックプロテイン47のサポートを受けながら、美しい3重にらせん構造を形成します。

これら成分と一緒に、真皮にあるヒアルロン酸エラスチンプロテオグリカンと細胞外マトリクスを形成して、肌ハリにあふれた状態にキープする中心的役割を果たしています。

このコラーゲンですが、真皮の約70%を占めており、その正体は「たんぱく質」です。グリシンプロリンヒドロキシプロリングルタミン酸アラニンアルギニン、アスパラギン、セリンリジンスレオニンなどのアミノ酸によってコラーゲンは形成されています。

そして、美肌を印象づける肌ハリの中心的役割を担っていますが、エラスチンなどとともに20歳頃をピークに産生量が低下し50代では、20代の70%程度になると言われています。

<図 コラーゲン、エラスチン産生量の加齢に伴う変化>

コラーゲン、エラスチン産生量の加齢に伴う変化の図

 

年齢とともに産生量が低下するだけでなく、紫外線ダメージやストレスなどによって発生する活性酸素(酸化)によりコラーゲンは変性します。

また、食事や生活習慣が原因で蓄積していく糖化によっても、コラーゲンと糖が結びついて体の中が焦げた状態になり、コラーゲンが劣化します。

そのため、お肌はハリ・弾力を失って、シワやたるみとなって現れてきます。

ドクターシーラボが30代~50代女性を対象に行った、肌悩みに関するインターネット調査からも、コラーゲンの減少や劣化に関連する「たるみ」「たるみのサイン」といった肌悩みが、どの年代でも上位に来ていることがわかっています。

だから、できる限りコラーゲンの質と量を維持していくことが、エイジングケアを行う上で大切ですよね。

<図 年代別肌悩み>

年代別肌悩みの図

(株)ドクターシーラボ調べ

コラーゲンに関する情報は、下記の記事も参考にしてください。

プルプル美肌になる!コラーゲンサプリメントの種類と選び方のコツ

コラーゲンはなぜ必要?その解説とおすすめコラーゲンサプリご紹介!

コラーゲンの敵!紫外線による光老化から肌を守るコラーゲンペプチド

ほうれい線の改善・解消にコラーゲンは効果があるのか?

毛髪に朗報!ノニと魚由来コラーゲン入りドリンクで抜け毛が減った

コラーゲンを毎日食べて、紫外線による光老化や肌老化を予防しよう!

コラーゲンを毎日食べることが「免疫力アップ」のカギ!

コラーゲンを増やすにはビタミンCのチカラが必要!

老化の症状改善にコラーゲンに含まれるグリシンが効果を

100%天然海水魚から抽出したマリンコラーゲンの秘密

コラーゲンの劣化の原因である酸化や糖化の対策については、下記の記事を参考にしてください。

お肌の酸化は老化の大敵!防ぐための対策とエイジングケア

肌老化の原因「糖化」を予防する対策は5つのポイントで!

糖化が原因でお肌の老化が!エイジングケアの前に予防を


スポンサードサーチ

3.新たなエイジング要因の「カルバミル化」とは?

カルバミル化がどのようなものかを考える女性

カルバミル化については、もともとリウマチや関節炎、糖尿病、慢性腎疾患など、疾病の分野で研究が進んでいました。

喫煙、大気汚染、加齢といった要因で体内に蓄積された尿素が分解されるときに、イソシアン酸というものが生成されます。

このイソシアン酸がコラーゲンなどの体内のたんぱく質と結合することで、たんぱく質を劣化させるという現象が起きます。

これを「カルバミル化」と呼んでいます。

実は、どんな方でもカルバミル化は幼少期から起こっていますが、代謝が正常なときは体外へと排出されています。

しかし、20歳代になって代謝が低下してくると、尿素の分解物によりカルバミル化したコラーゲンが蓄積されて、コラーゲンの損傷や劣化を引き起こします。

このことが理由で、お肌が柔らかくなって弾力がなくなり、お顔のたるみ、シワにつながると考えられています。


4.カルバミル化を視覚的に見てみよう!

カルバミル化を教える女性

では、実際にカルバミル化ってどのような感じになるのでしょうか?

たんぱく質の塊である湯葉をお肌に見立てて、カルバミル化液、生理食塩水それぞれに浸した様子をご紹介します。

湯葉を浸してから5分後に持ち上げてみると、生理食塩水の方の湯葉は水を含んだだけでしたが、カルバミル化液に浸されていた湯葉は、たんぱく質の構造が変化しており、ハリがなくなり、たるんだ様子がうかがえました。

<図>湯葉を使ったカルバミル化現象のイメージ
湯葉を使ったカルバミル化現象のイメージ

(株)ドクターシーラボ プレスリリースより


スポンサードサーチ

5.編集後記

「注目の新発見!コラーゲンの「カルバミル化」は顔たるみの原因」をお届けしました。

今回ご紹介した「カルバミル化」。

お肌をピンっとさせるために必要なコラーゲンに与えるダメージは、糖化よりも大きいとされているそうです。

酸化や糖化は、紫外線対策をしたり、糖質が過ぎる食事を見直すことで避けることができますが、生理的な変化により起こるカルバミル化は避けて通ることができないですよね。

だからこそ、この新しい知見に注目して、これからのエイジングケアを考える必要がありそうです。

今回の「注目の新発見!コラーゲンの「カルバミル化」は顔たるみの原因」の記事が、ナールスエイジングケアアカデミーの読者のみなさまのお役に立てれば幸いです。

(執筆:エイジングケアアカデミー編集部 やすだともよ

医学出版社、医学系広告代理店にて編集・ライターとして、医師向け、患者向けの情報提供資材や書籍等の記事の編集・執筆や、国内・海外医学会取材・記事執筆を行う。

(編集・校正:株式会社ディープインパクト 代表取締役 富本充昭)

ナールスエイジングケアアカデミー編集長

京都大学農学部を卒業後、製薬企業に7年間勤務の後、医学出版社、医学系広告代理店勤務の後、現職に至る。コスメ検定1級。

当社スタッフの本業は、医学・薬学関連の事業のため、日々、医学論文や医学会の発表などの最新情報に触れています。

そんな中で、「これは!」という、みなさまの健康づくりのご参考になるような情報ご紹介したり、その時期に合ったスキンケアやエイジングケアのお役立ち情報をメールでコンパクトにお届けしています。

ぜひご登録をお待ちしております。

キレイと健康のお役立ち情報が届く、ナールスのメルマガ登録はこちらから

ナールスチャンネルをみて動画でエイジングケアを学ぼう!

関連記事

徹底解剖!新しいナールスピュアはここが違う!みんなの感想は?

続きを読む

「メノポーズ(閉経)週間」だから、女性ホルモンによる肌悩みと体調不良を考えよう

続きを読む

皮膚科医1,023人へのアンケートからわかる、効果ある美白ケア

続きを読む

ハトムギ種子エキス「ヨクイニン」で秋の肌荒れ予防を!

続きを読む

マスク生活になって半年、あなたは敏感肌になっていませんか?

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」