ブルーライトをうまく浴びてアンチエイジングに役立てよう!

正しくブルーライトを浴びる

近年、このブルーライトが体やお肌など健康に与える影響が話題となっています。

ブルーライトは、太陽光線に含まれているだけでなく、私たちが日常生活で使う機器からも出ており、1日中浴びているといえます。

この記事では、ブルーライトのメリット・デメリット、防止方法をご紹介します。

1.ブルーライトって、わたしたちのからだとどう関係している?

夜遅くまでスマホを見る女性

 

私たちのまわりは、近年、ブルーライトであふれています。

太陽光線からのブルーライトだけでなく、液晶テレビ、パソコン、スマホ、タブレット端末やゲーム機など、日常生活や職場で見たり使ったりする機器からもブルーライトが出ていますので、浴びる量も以前に比べて増えています。

また、現代の社会生活は24時間動いていますよね。
24時間いつでも開いているスーパーやコンビニ、レストラン、ネオン街、そして1日中放送しているテレビに、最近ではYouTubeやネットの動画配信サービスなど、とにかく昼夜逆転の生活でも全く困らないですよね。

ブルーライトはわたしたちの健康と密接に関係しており、体内時計(サーカディアンリズム)の調整をしている一方、長時間浴びるとからだや目によくない影響があると言われているのはご存じと思います。

ブルーライトがからだにとってどのような影響を与えているか、一つ一つご紹介します。

 

1)ブルーライトとサーカディアンリズムとの関係

朝日を浴びる女性

 

ホルモン分泌や、血圧、心拍数、体温、睡眠・覚醒などの健康を維持する上で必要な生理活動は、サーカディアンリズム(階日リズム)が関係しています。このサーカディアンリズムは体内時計によってコントロールされています。

サーカディアンリズムは約24時間で1周しますが、1日は24時間周期でリズムを刻んでいるため、両者の間で、時間のずれが徐々に生じてきます。

このずれを正しくリセットするのが、ブルーライトです(波長380~500nm)。

そして、サーカディアンリズムをコントロールするうえで大きな役割を果たしているのが、ヒトの目の網膜で光を感知する「第3の視細胞(第3の光受容体)」で、この光受容体は、460nmという強い波長のエネルギーの光のみに反応します。

体内時計を正しく維持するには、朝、太陽の光を浴びましょう、というのをよく聞きますよね?

この朝浴びると良い太陽光が、「ブルーライト」なわけです。

 

2)ブルーライトは目にどう影響しているの?

眼精疲労で困る女性

 

近年、ブルーライトが、目の網膜への影響、加齢黄斑変性、眼精疲労、目の痛み、ドライアイの要因になっていることがわかってきました。

ブルーライトは波長が短いので散乱しやすいため、眩しさやチラつきの原因となって、脳が目のピントを合わせようとして疲れたり、また、ブルーライトのエネルギーが強くて瞳孔を縮めようと目の筋肉が収縮します。

だから長時間、パソコンやスマホ、ゲームなどでブルーライトを浴び続けていると、眼精疲労やドライアイのリスクが高まります。これが、目の老化を早めてしまうのです。

 

3)美肌づくりに欠かせない「メラトニン」の分泌量はブルーライトに影響される?!

ブルーライトを深夜まで浴びるのはNG

 

ブルーライトは、美肌づくりにも影響するのをご存じですか?

美肌に欠かせないのは、「質の高い睡眠」をとることです。質の高い睡眠によって成長ホルモンが分泌されて、女性ホルモンのバランスも整えることができます。

アンチエイジングホルモンとして注目されているメラトニンは、日が暮れると分泌が盛んになる「夜の訪れを告げるホルモン」です。睡眠や成長ホルモンの分泌を促すはたらきがあります。

しかし、睡眠不足になると、メラトニンの分泌量が減少することが研究で分かっています。また、メラトニンは青い光があたると減少することもわかっています。

つまり、分泌が活発になる夜間にブルーライトを浴びることで、メラトニンの量を減らしてしまうことになるわけです。

ですから、夜遅くまでパソコンをしていたり、寝る直前までスマホを見ているなど強い光を浴びつづける生活は、脳がブルーライトの刺激を感知して「朝が来た」と判断し、メラトニンが分泌しづらくなり、寝つきを悪くするだけでなく、睡眠の質を低下させます。

 

4)ブルーライトは生活習慣病や肥満も引き起こす?

ブルーライトは肥満を招く

 

生理活動に大きく関係しているサーカディアンリズムが乱れると、インスリンのはたらきが低下して血糖値のコントロールがうまく行かなくなったり、血圧やホルモンなどのリズムも乱れます。

このようなよくない影響により、糖尿病や高血圧、心筋梗塞といったメタボリックシンドロームのリスクが高まることが多くの研究でわかっています。

また、夜間に光を浴びたマウスでは、通常の光環境で過ごしているマウスと比べて、同じカロリーの食事をとっていても太りやすいといった研究報告もあります。

 

5)ブルーライトが、発がん要因なの?

論文データ

 

サーカディアンリズムの乱れと癌の発生に関連性があるとする研究報告は数多くあります。

深夜勤務を含む交代制勤務といった

夜勤の多い看護師や国際線のCAなど、サーカディアンリズムが乱れやすい仕事についている女性では、他の職種に比べて、乳がんの発生率が高く、国際線CAでは70%、交代制勤務の職種では40%の乳がん発生率が増えることが報告されています(Naturwissenschaften 95: 367-382, 2008)。また、交代制勤務に3年間以上従事している50歳以上の女性では、乳がんの発生リスクが4.3倍になるとの報告もあります。

男性では、日勤者に比べて交代制勤務者で、前立腺がんの発生率が3.0倍高くなるというデータも示されています(JACC Study)。

このような背景から、世界保健機関(WHO)も、2007年12月、「深夜に及ぶシフトワーカーにとっては、ブルーライトはおそらく発がん要因である」との宣言をしています。

 

以上から、健康なからだを維持するには、不必要に深夜遅くまでブルーライトを浴びる生活は避けて、サーカディアンリズムを乱さないようにするのが良いと言えますね。

 


2.ブルーライトへの対策はどうすればいいの?

正しくブルーライトを浴びる

 

1)最適な時間にブルーライトを浴びよう!

強い光のブルーライトは、「朝だけ浴びるようにし、夜間は避ける」ことで、サーカディアンリズムの乱れは防げます。

人類は本来、日の出とともに起きて、日の入りとともに寝るという生活を送っており、体内時計もそのようにコントロールされています。

ですから、できるだけ夜はブルーライトを浴びない環境で過ごすのが、健康維持のためにも、エイジングケアのためにも得策です。

ブルーライトを浴びるのは、就寝する10時間以上前が理想的。そうすることで、若さを維持する睡眠の質も上がります。

 

2)ブルーライトを避けた方がよい時間帯は、このアイテムで防止しよう!

ブルーライトを防止する方法やアイテムはいくつかあります。

 

  • 長時間浴びないようにするのは基本
  • パソコンなどで作業する時は、ディスプレイには近づきすぎず、輝度やコントラストの調整を設定したり、ブルーライトをカットするフィルターを使う
  • パソコンで1時間作業したら、15分休憩するなど工夫する
  • 寝る間際までスマホを使うのはNG
  • ブルーライトをカットするメガネをかける

 

いまナールスでは、ブルーライトだけでなく、紫外線や近赤外線もブロックするアイケアメガネを発売中です。

一般的なレンズは、これらの有害光線を反射してカットするのですが、ナールスのアイケアメガネはレンズが有害光線を吸収※して、カットしています。

 

だから、メガネの内側に入り込んでくる有害光線もブロック!しています。

※特許出願中

くわしいことは、下記からご覧くださいね。

ナールス 新発売のアイケアメガネ

 


3.編集後記

朝は太陽の光を浴びましょう!というのは、ブルーライトのことだったんですよね。

昨今のスマホやパソコンといったデジタル機器の普及で、ブルーライトにはあまり良いイメージがないようにも思いますが、わたしたちの生体リズムとは切っても切れない光です。

浴びる時間帯を気を付けたいですね。

 

また、「ブルーライトは視力に影響しない」ってネットなどいわれているのを聞いたことがある方はいますか?

これに関しては、ブルーライト研究会(世話人代表 坪田一男氏 慶應義塾大学医学部眼科学教室教授)から、「ブルーライトの人体に与える影響についての現在の見解と認識」が示されていますので、こちらをお読みいただくと、ブルーライトを正しくご理解いただけると思います。

 

(執筆:エイジングケアアカデミー編集部 やすだともよ

 

関連記事

「使いかけのメイクアイテムは病原性細菌に汚染されている」ことが研究で実証

続きを読む

低体温は体調不良のもと?!体温の高い人の生活習慣はどんな感じ?

続きを読む

エイジングケア世代女性の9割以上が、「夕方の顔は」朝からマイナス60点!

続きを読む

肌の触感でその日の気分が左右される女性は、なんと8割!

続きを読む

ヨーグルトは夜に食べるのが一番効果的!

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」