グリコシルトレハロースは高い保湿力のある化粧品成分!

グリコシルトレハロースとは、トレハロースに数個のグルコース(ブドウ糖)が結合した多糖体です。

化粧品やヘアケア製品などに幅広く配合されます。

グリコシルトレハロースは、その保湿力で乾燥肌の予防や改善に役立つ成分です。

また、細胞を保護することでエイジングケアの効果も期待できます。

この記事では、グリコシルトレハロース配合の化粧品に期待できる効果やどんな肌悩みに使えるかなどをご紹介します。

グリコシルトレハロースは高い保湿力のある化粧品成分!の目次

1.グリコシルトレハロースという化粧品成分が気になるあなたへ

グリコシルトレハロース配合化粧品を使う女性

グリコシルトレハロースは、化粧水フェイスマスク美容液からオールインワン化粧品ななどで使われる化粧品成分です。

グルコシルトレハロースは、高い保湿力によって美肌をもたらしてくれます。

そんなグリコシルトレハロースは、もちろん、エイジングケア化粧品にも配合されます。

この記事では、グリコシルトレハロースの特徴や効果、安全性についてご紹介します。

「グリコシルトレハロースってどんな化粧品成分なの?」

「グリコシルトレハロースの効果って?」

「グリコシルトレハロースに刺激はないの?」

「どんな肌悩みに使えばよいの?」

「グリコシルトレハロース配合のオススメのエイジングケア化粧品は?」

などが気になる方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。

<グリコシルトレハロース配合のナールス化粧品>

グリコシルトレハロース&ナールスゲン配合フェイスマスク「ナールスパッション」

グリコシルトレハロース配合フェイスマスク「ナールスパッション」

<この記事の大切なポイント>
  • グリコシルトレハロースは、二糖類であるトレハロースに、数個のグルコース(ブドウ糖)が結合した多糖体です。
  • グリコシルトレハロースは、基礎化粧品から洗顔料やクレンジング料、ボディケア用品、ヘアケア用品、メイク用品、入浴剤などに幅広く利用されています。
  • グルコシルレハロースの特徴は、高い保湿力があり、安全性に問題がないことです。
  • グリコシルトレハロース配合の化粧品は、乾燥肌の予防や改善、乾燥肌が原因の肌悩みの予防に役立ちます。
  • グリコシルトレハロースは、エイジングケア化粧品にも配合されています。

2.グリコシルトレハロースとは?

グリコシルトレハロースとは何かを考える女性

1)グリコシルトレハロースの基本特性

グリコシルトレハロースは、トウモロコシデンプンを分解してつくられるトレハロースに数個のグルコース(ブドウ糖)が結合した多糖体です。

トレハロースとは、2つの分子のグルコース(ブドウ糖)が結合した還元性をもたない酸化されにくい成分です。

2)トレハロースは自然界に存在する糖

自然界に存在するトレハロース

グリコシルトレハロースのもととなるトレハロースは、自然界の多くの動物や植物、微生物の中に存在する成分です。

緩歩動物であるクマムシ、魚類ではエビ、昆虫ではバッタ、イナゴ、蝶、ハチなどの体内にあります。

植物ではひまわりの種子、イワヒバ、海藻類などにあります。また菌類では椎茸、シメジ、マイタケ、ナメコ、キクラゲなどのキノコの中にあります。

さらに、パン酵母や酒酵母などの微生物にもあります。

トレハロースは、水分を保持する能力の高い成分です。

例えば、カラカラの干しシイタケをにつけるとすぐに潤った状態に戻ります。

これは、シイタケに約20%も含まれているトレハロースのおかげなのです。

また、クマムシやイワヒバは、水分の乏しい砂漠の中の厳しい環境で生き続けることができますが、それに大きく貢献しているのが、トレハロースの保水力なのです。


3.化粧品成分としてのグリコシルトレハロース

グリコシルトレハロース配合化粧品のイメージ

1)グリコシルトレハロースは、どんな化粧品に配合されるの?

グリコシルトレハロースは、基礎化粧品やメイクのためのアイテムなど、多様な種類の化粧品、スキンケアアイテムに配合されます。

石けん、洗顔料クレンジング料保湿化粧水乳液保湿美容液保湿クリーム、フェイスパック、美白化粧品、ボディケア用品、化粧下地、日焼け止め、ファンデーション、パウダー、マスカラ、シャンプー、コンディショナー、トリートメント、入浴剤など多岐にわたります。

2)グリコシルトレハロースに期待できる効果は?

化粧品の全成分表示に記載される場合は、「グリコシルトレハロース」と表記されます。

グリコシルトレハロースには、水溶性の成分で表皮角質の水分をしっかりとらえます。

だから、グリコシルトレハロース化粧品の効果は、高い水分保持力による保湿です。

つまり、グリコシルトレハロースは肌荒れの防止や乾燥肌対策の成分なのです。

また、肌に皮膜を作り、紫外線ダメージなどの外部刺激からお肌を守るはたらきや、細胞を活性化させるはたらきも期待されています。

そのためバリア機能ターンオーバーの正常化をサポートします。

3)グリコシルトレハロースの安全性は?

グリコシルトレハロースの安全性のイメージ

グリコシルトレハロースは、皮膚に対する刺激性や毒性および眼刺激性はほとんどありません。また、アレルギーの報告もありません。

だから、安全性の高い化粧品成分と考えられています。

4)トレハロース化粧品はどんな肌悩みに使うの?

トレハロースは安全性が高い成分であることから肌質を選ばずに使うことが可能です

普通肌脂性肌乾燥肌インナードライ肌の4つの基本肌タイプに加え、混合肌敏感肌でも使えます。

また、肌悩みとしては、毛穴の黒ずみくすみ小じわほうれい線など、乾燥肌が原因で目立つエイジングサインを予防することが可能です。

しかし、顔のたるみが原因の深いしわを消すことやほうれい線を解消することなどはできません。


4.オススメのトレハロース配合化粧品

オススメのトレハロース配合化粧品を使う女性

エイジングケアにオススメのグリコシルトレハロース配合のフェイスマスク「ナールスパッション」をご紹介します。

ナールスパッションは、バイオセルロース製のシートタイプのフェイスマスクです。

バイオセルロースとは、ナタデココの原料を主成分として、食用菌による発酵技術を用いてつくられた食物由来のナノ繊維のことです。

不織布のシートマスクと比べて、美容成分の浸透力が高いことが大きなメリットです。

ナールスパッションは、グリコシルトレハロース以外に、

など、乾燥によるお肌の老化を予防するために大切な成分が配合されています。

1枚でなんと25mlという美容液1本分もの美容成分が凝縮されたフェイスマスクです。

肌のキメを整え、ハリツヤのある透明感に満ちたお肌に導きます。

また、

などの対策にも役立ちます。

グリコシルトレハロース配合フェイスマスク「ナールスパッション」

 


5.まとめ

グリコシルトレハロースは高い保湿力のある化粧品成分!のまとめ

グリコシルトレハロースとはどのような成分なのか、その特徴をご紹介しました。

また、化粧品成分としてのグリコシルトレハロースの効果や安全性、用途についてもご紹介しました。

グリコシルトレハロースは、水溶性の保湿成分で、高い保湿力が特徴です。

また、細胞を保護することでエイジングケアの効果も期待できます。

グリコシルトレハロースを上手にエイジングケアに取り入れてくださいね。

関連記事

ペンチレングリコール(1,2-ペンタンジオール)とはどんな化粧品成分?

続きを読む

グリチルリチン酸2K(ジカリウム)化粧品の効果と安全性は?

続きを読む

カルボマーは高分子ポリマー。実は安全?危険?その真実!

続きを読む

ヒューメクタントとは?スキンケアや保湿での役割

続きを読む

エモリエントとは?保湿やエイジングケアとの関係

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」