グルコシルヘスペリジンはビタミンP!美肌のための化粧品の使い方

グルコシルヘスペリジン(ビタミンP)のイメージ

グルコシルヘスペリジンという化粧品成分をご存知でしょうか?

グルコシルヘスペリジンは、柑橘系の外果皮に含まれる成分のヘスペリジン(ビタミンP)を、肌に浸透しやすくするために開発された化粧品成分です。

グルコシルヘスペリジンはビタミンP誘導体で、血行促進や血管強化の効果があります。

この記事では、グルコシルヘスペリジンの特性や効果、安全性について詳しくご紹介します。

また、どんな化粧品に配合されるのかを取り上げます。さらに、おすすめのグルコシルヘスペリジン配合の保湿クリームをご紹介します。

グルコシルヘスペリジン(ビタミンP)の記事の目次

1.グルコシルヘスペリジンを美肌づくりに活かしたいあなたへ

グルコシルヘスペリジンに興味がある女性

あなたは、グルコシルヘスペリジンという化粧品成分をご存知でしょうか?

みかんやゆずなどの柑橘類の皮に豊富に含まれるポリフェノールの1つ、「ヘスペリジン」をもとに開発された成分です。

ヘスペリジンは、ビタミンPとも呼ばれますが、毛細血管の血流改善や血管強化によって冷え性の予防や改善くすみの予防や改善など、美肌のために役立つ成分です。

グルコシルヘスペリジンは、そんなヘスペリジンの効果を持つ化粧品成分として美肌効果を発揮します。

グルコシルヘスペリジンは、水溶性の成分で化粧水美容液保湿クリームなど多くの化粧品に配合されています。

もちろん、エイジングケア化粧品にも配合されます。

正しいエイジングケアのためには、グルコシルヘスペリジンなどの化粧品成分について理解することも大切です。

この記事では、グルコシルヘスペリジンの特性、効果、安全性について詳しくご紹介します。また、どんな化粧品に配合されるのかを取り上げます。さらに、グルコシルヘスペリジン配合のエイジングケア保湿クリームをご紹介します。

「グルコシルヘスペリジンってどんな化粧品成分?特徴は?」

「どんな効果があるの?使うメリットを知りたい!」

「グルコシルヘスペリジンの保湿力は?乾燥肌によいの?」

「安全性や刺激性は?敏感肌でも使えるの?」

「グルコシルヘスペリジン配合のオススメの化粧品は?」

などが気になる方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。

<オススメのグルコシルヘスペリジン配合化粧品なら>

グルコシルヘスペリジン&ナールスゲン配合エイジングケア保湿クリーム「ナールス ユニバ」

<この記事の大切なポイント>
  • グルコシルヘスペリジンは、ミカンなどの柑橘類から抽出されるヘスペリジン(ビタミンP)にブドウ糖を1分子、酵素の作用で結合させた成分です。ヘスペリジンと比べて水への溶けやすさが1万倍高くなったことで、食品や化粧品、医薬部外品などへ応用範囲が大きく広がりました。
  • ビタミンPは、現在ビタミン様物質と呼ばれています。ヘスペリジン、ルチン、エリオシトリンなどの総称として使われます。
  • 化粧品成分としてのグルコシルヘスペリジンには、毛細血管の血行促進や血行改善の効果があります。そのため、くすみケアや目の下のクマのケアのための化粧水、美容液、保湿クリームなど、さまざまなアイテムに使われます。
  • また、グルコシルヘスペリジンは、唇の血行をよくして魅力的に見せるために、口紅やリップグロスなどのリップケア用品によく使われます。このようにスキンケア化粧品からメイク用品まで幅広く使える成分です。
  • グルコシルヘスペリジンは、基本的には安全性の高い成分でどんな肌質でも使える化粧品成分です。敏感肌やインナードライ肌でも使えます。

2.グルコシルヘスペリジンとは?

グルコシルヘスペリジンの原料を含む柑橘類

1)グルコシルヘスペリジンの基本

グルコシルヘスペリジンとは、ミカンなどの柑橘類、ダイダイの果実や皮、キャッサバ芋の根茎などから抽出されるポリフェノールの一種であるヘスペリジンにグルコース(ブドウ糖)を1分子、酵素の作用で結合させた成分です。

グルコシルヘスペリジンは、糖転移ヘスペリジンとも呼ばれます。

もともとヘスペリジンは、に溶けにくい成分ですが、グルコシルヘスペリジンは1万倍水に溶けやすくなっています。

グルコシルヘスペリジンは、化粧品成分としての全成分表示では、グルコシルヘスペリジンです。また、医薬部外品でも同じです。

2)ヘスペリジンのデメリットを補ったグルコシルヘスペリジン

グルコシルヘスペリジンの前に、ヘスペリジンについてご紹介します。

ヘスペリジンはフラボノイド骨格を持つポリフェノールの一種で、陳皮の有効成分として知られています。

陳皮とは、みかんの皮を乾燥させたものですが、中国では陰干しにして一年以上経過したものが生薬として利用されています。

ヘスペリジンには、次のはたらきがあります。

  • 毛細血管の出血を防ぐはたらき
  • ビタミンCと協同で毛細血管を細菌やウイルスから守る
  • ビタミンCの消耗を防ぎ血管を強く保つ
  • 脂質異常症を予防する

このようにヘスペリジンには、健康や肌によいはたらきがありますが、極めて水に溶けにくいという特徴があるため、食品や化粧品への利用に限界があることがデメリットです。

そんなデメリットを補うために開発されたのが、グルコシルヘスペリジンなのです。

3)グルコシルヘスペリジンの安全性は?

グルコシルヘスペリジンの安全性のイメージ

グルコシルヘスペリジンについては、安全性のデータがほとんどありませんが、基本的には安全性の高い成分です。

だから、普通肌脂性肌はもちろん、混合肌乾燥肌インナードライ肌敏感肌など、どんな肌質でも使える成分です。

そのため、敏感肌化粧水などの敏感肌化粧品にも配合されます。

しかし、誰にでも全く安全とは言えません。

人によっては、赤みがでたり、肌荒れなどが起こる可能性も100%否定できません。

つまり、化粧品かぶれ(接触皮膚炎)を起こす可能性がないとは言えないことにご留意ください。

アトピー性皮膚炎がある方やお肌が弱い方は、パッチテストをすることをおすすめします。

4)グルコシルヘスペリジンはどんな化粧品に配合されるの?

グルコシルヘスペリジン配合化粧品のイメージ

グルコシルヘスペリジンは、さまざまな化粧品に配合されます。

洗顔フォームや石けんなどの洗顔料クレンジングジェルやクレンジングリキッドなどのクレンジング料保湿化粧水保湿美容液、まつ毛美容液、乳液保湿クリームフェイスマスクオールインワンジェルハンドクリーム、口紅やリップグロスなど唇ケア用品、日焼け止め、化粧下地、リキッドファンデーション、パウダーファンデーションなどメイクのアイテム、シャンプーリンス、ヘアコンディショナーなど頭皮ケア用品などに使われます。

なかでも、唇の血行をよくして魅力的に見せるために唇ケア用品にはよく使われます。

また、エイジングケア化粧水エイジングケア美容液エイジングケア保湿クリームなどにも配合されるようになっています。


3.グルコシルヘスペリジンの効果や役割は?

グルコシルヘスペリジンの効果を感じる女性

1)グルコシルヘスペリジンの経口摂取での効果

グルコシルヘスペリジンを食べることで、冷えの改善、肌状態の改善、メラニンの抑制によるシミ予防むくみの予防などができることが実験的に認められています。

また、血圧上昇の抑制、骨代謝の改善、酸化の抑制、免疫調節などの作用もあります。さらに、副交感神経のはたらきを活発にして、リラックス効果や更年期障害の軽減も期待できます。

もう1つ興味深いのは、コラーゲンと一緒に摂ると、相乗効果によって水分量や肌のハリがアップすることです。

2)グルコシルヘスペリジンの化粧品成分としての効果

グルコシルヘスペリジンのもつ毛細血管の血行促進や血管強化のはたらきによって、肌のくすみ目の下のくまの予防や改善に効果的です。

また、血行が改善され表皮に栄養が届きやすくなるので、ターンオーバーが整い、間接的な保水効果や保湿効果による乾燥肌の予防や改善も期待できます。

さらに、ビタミンC誘導体を安定化させるはたらきがあるので、一緒に配合されることがよくあります。

しかし、グルコシルヘスペリジンでも糖化が原因の黄ぐすみ顔のたるみが原因のほうれい線しわ目の下の黒くまなどを改善することはできません。


4.オススメのグルコシルヘスペリジン配合保湿クリームは?

グルコシルヘスペリジン配合保湿クリームナールスユニバ

グルコシルヘスペリジン配合のオススメのエイジングケア保湿クリームは、「ナールス ユニバ」です。

私たちの保湿クリームランキングでは、第1位です。

1)ナールス ユニバの開発コンセプト

ナールス ユニバとは、QOS(Quality Of Skin=お肌の質)の向上、つまり、「細かく整ったキメ」、「お肌の内側からのハリと弾力」、「健やかな肌の透明感」、「表皮バリア機能」、 「十分な潤い」などを実現すべく、攻めと守りのエイジングケアをサポートする成分をバランスよく配合した高機能な保湿クリームです。成分は濃厚、でも使い心地は軽く、すごく伸びがよいクリームです。

2)ナールス ユニバの配合成分のポイント

ナールス ユニバは、グルコシルヘスペリジンを配合することで、ビタミンC誘導体の維持などエイジングケアをサポートすることを目指しました。

グルコシルヘスペリジン配合以外には、次のような特徴があります。

①ナールスゲンを推奨濃度で配合

ナールスゲンを推奨濃度で配合しています。

ナールスゲンは、コラーゲンエラスチンヒートショックプロテイン(HSP)47、などの真皮のたんぱく質やヒアルロン酸、ヒートショックプロテイン(HSP)70、お肌の酸化を防ぐグルタチオンを増やします。

②3種のヒト型セラミド配合

人気の保湿成分であるセラミドの中でも浸透性に優れた3種のヒト型セラミド(2、AP、NP)で、お肌のバリア機能と高い保湿をサポートします。

③持続型ビタミンC誘導体配合

持続型ビタミンC誘導体VC-IPが、抗酸化作用とともに、ナールスゲンとの相乗効果を存分に発揮。

④シアバター配合

シアバターの保湿力に加え、お肌へのなじみのよさとなめらかな質感を実現。

⑤安全性の高いビタミンA誘導体配合

レチノールを改良したレチノイン酸トコフェリルで、お肌のハリ・ツヤしわの改善をサポートします。

⑥お肌に不要な成分は無添加

パラベンフリーフェノキシエタノールフリーほか、アルコール(エタノール)やアルコール性防腐剤の無添加化粧品です。

冬の乾燥肌対策をはじめ、40代のエイジングケアから50代のエイジングケアにもピッタリです。

さらに、60代以上のエイジングケア高齢の方の乾燥肌対策にも使える保湿クリームです。


5.まとめ

グルコシルヘスペリジンはビタミンP!美肌のための化粧品の使い方のまとめ

ビタミンP誘導体であるグルコシルヘスペリジンの特徴や効果、安全性について詳しくご紹介しました。

また、また、どんな化粧品に配合されるのかを取り上げました。さらに、グルコシルヘスペリジン配合のオススメのエイジングケア保湿クリームをご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

グルコシルヘスペリジンは、血行促進効果や血管強化効果など、エイジングケアにとってよいはたらきがある水溶性の成分です。

また、刺激性や毒性の少ない安全性の高い成分です。

そのため、エイジングケア化粧品を含めさまざまなスキンケアアイテムに配合されます。

ぜひ、グルコシルヘスペリジン配合の化粧品を上手にエイジングケアに活かしてくださいね。

ナールスチャンネルをみて動画でエイジングケアを学ぼう!

関連記事

BG(ブチレングリコール)は化粧品の保湿成分なのか、防腐剤なのか?

続きを読む

ベタインを上手に使ってキレイな肌に!おすすめの化粧品と効果

続きを読む

1,2-ヘキサンジオールは保湿力と抗菌力がある化粧品成分!安全なの?

続きを読む

グリセリンは化粧品や化粧水に適した成分!効果と安全性は?

続きを読む

HSP(ヒートショックプロテイン)を増やす7つの方法で美肌へ!

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」