レチノールの効果と副作用を知って、正しいエイジングケア!

レチノールの効果で美肌になった女性

あなたはきっと、レチノールってしわやほうれい線のケアによい成分と聞いたことがあるのでないでしょうか?

レチノールは、その効果も期待される一方で、刺激性の問題も取り上げられているエイジングケア化粧品成分です。

 

だから、しっかりと理解して使うことが大切です。

この記事では、そんなレチノールを詳しく取り上げてみます。

 

レチノールを改良したレチノイン酸トコフェリル配合のエイジングケア保湿クリーム「ナールスユニバ」

 

 

 

レチノールとは、「ビタミンA」のことで、エイジングケア化粧品成分としては、パルミチン酸レチノールや酢酸レチノールなどの「ビタミンA誘導体」がよく知られています。

レチノールには、高いエイジングケア効果が期待される半面、副作用もあるので正しい理解が大切です。

 

さて、美容やエイジングケアに興味のある多くの女性は、化粧品を選ぶ際に、話題の美容成分には特に注目をします。

最近では、どのような美容成分が配合されているかだけでなく、化粧品メーカーがどのような濃度で配合しているか、また、ナノ化など、どのように加工をしているのかにも注目が集まっています。

 

そんな中で、レチノールは、比較的よく名前が知られたエイジングケア化粧品成分です。

 

おそらく「レチノールクリーム」を、化粧品の専門店や百貨店で目にしたことのある方も多く、名前をご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

 

レチノールクリーム

 

 

その反面、特徴、効果、副作用の面では、理解が難しいエイジングケア化粧品成分です。

 

なぜなら、レチノールはお肌へのさまざまな作用があるとともに、代謝の過程での効果も変わるからです。

 

そこで今回の記事では、エイジングケア化粧品成分「レチノール」の性質や美容への効果について考えてみたいと思います。

 

「レチノールって、そもそも何なの?」

「レチノールってよく名前を聞くけど、エイジングケアに本当によいの?」

「しわやしみが取れるって聞くけど本当?」

「レチノールは、刺激が強いので使いにくいって本当?」

「レチノール配合のエイジングケア化粧品を選ぶポイントは何?」

 

などの疑問をお持ちの方は、ぜひ、読み進めていただければ幸いです。

 

なお、レチノールの安全性を高めたレチノイン酸トコフェリル配合のエイジングケア美容液やエイジングケア保湿クリームについて、先にチェックしたい場合は、こちら

 

ナールスゲン配合エイジングケア美容液「ナールスネオ」

 

ナールスゲン配合エイジングケア保湿クリーム「ナールスユニバ」

 

<この記事でお伝えしたい大切なこと>
  • レチノールとは、ヒトや動物の体内にあるビタミンA(レチノイド)の1種です。
  • レチノイン酸は、「トレチノイン」という名前の医薬品として、医師の処方の下で使えます。
  • レチノール類縁成分には、医薬品、医薬部外品、化粧品がありますが、効果と副作用は、その順で緩徐になります。
  • レチノールによる、使い始めの際の赤みやカサカサ感を、レチノイド反応と呼びます。
    お肌の強い方なら、1~2週間でこの反応がなくなるので継続して使えます。
  • 化粧品成分としてのレチノールにもいくつかの種類があり、少しずつ特性が異なります。
  • レチノール配合化粧品では、医薬品のような効果は期待できませんが、エイジングケアには有用です。
  • レチノール配合化粧品は、その効果と副作用を理解して、上手に選んで使いましょう。

 

1. レチノールとビタミンA

 

 

エイジングケア成分のレチノール

 

 

1)レチノールとビタミンAの関係は?

エイジングケア化粧品成分であるレチノールの説明に入る前に、ビタミンAとレチノールの関係について触れておきましょう。

 

ビタミンA は、レチノール、レチナール、レチノイン酸およびこれらの3-デヒドロ体やその誘導体の総称です。

また、ビタミンA関連の医薬品や化粧品すべてを、レチノイドと呼ぶこともあります。

 

この「誘導体」とは、簡単に言えば、基本的な性質が同じで、少し化学構造が違うために発揮する効果が異なる成分です。

 

どんな成分でも多くの場合は、唯一のものを示すケースよりも「仲間」「カテゴリー」を総称する場合が多く、ビタミンAとレチノールの関係も同じなのです。

 

つまり、レチノールは、ビタミンAの1つなのです。

 

レチノールは、ヒトの血液のビタミンAの大半を占めることから、狭い意味ではレチノールと言えば、ビタミンAのことを指すこともあります。

 

2)ビタミンAの効果は?

ビタミンAは、油溶性のビタミンで動物だけにあります。

 

にんじんなどに含まれるβ―カロテンもビタミンAと思われていますが、厳密には体内に入ってからビタミンAに変わるので、「プロビタミンA」として分けて考えられます。

 

このプロビタミンAは、動物にも植物にもあります。

 

また、プロビタミンAには、抗酸化作用があります。

 

日常的には、βカロテンもレチノールもビタミンAと呼んでも差し支えありませんが、詳しくみていくと名前もたくさんあって、少し複雑なのです。

 

ビタミンAには、

  • 粘膜や皮膚を健康に保つ効果
  • 視覚など視機能を改善する効果
  • 動脈硬化を予防する効果

など、さまざまな効果があります。

 

一方、油溶性であることから、摂りすぎると排泄されずに身体に溜るので、過剰摂取にも注意が必要です。

 

これから詳しく説明するエイジングケア化粧品成分のレチノールは、このビタミンAの持つお肌への効果に着目して開発されたのです。

 

 

レチノールクリームを使う女性

 

 


2.レチノールとレチノイン酸

 

ここからは、レチノールとレチノイン酸の関係について説明します。

 

1)レチノールとレチノイン酸

身体の中にあるレチノールは、体内で皮膚の表皮の基底層に運ばれると、酵素によって代謝を受けてレチナールに変わり、最終的にレチノイン酸に変化します。

 

レチノールからレチナールへの変化は可逆的で、レチナールがレチノールに戻る場合もありますが、レチナールが一旦レチノイン酸に変わると、もとには戻りません。

 

レチノール  レチナール ⇒ レチノイン酸 ⇒ ターンオーバー活性化

 

このレチノイン酸が、角質の代謝を促すことで、お肌のターンオーバーを活性化させるのです。

 

 

レチノールによるターンオーバーの効果を実感する女性

 

 

このレチノイン酸の効果によって、お肌の老化を遅らせるはたらきがあるのです。

 

つまり、実際にお肌を生まれ変わらせる立役者は、レチノールではなくレチノイン酸なのです。

 

また、レチノイン酸には、線維芽細胞に働きかけ、コラーゲンエラスチン線維の生成を促進させる効果や皮脂分泌抑制などの効果もあるのです。

 

それによって、

シワの改善たるみの改善シミの解消、ニキビ痕の解消、目の下のクマの解消が期待されます。

 

2)レチノイン酸は医薬品

ここで、「レチノールではなく、レチノイン酸をエイジングケア化粧品成分にすればよいのでは?」という疑問が浮かばないでしょうか?

 

実は、レチノイン酸は、「トレチノイン」という医薬品として存在します。

 

なぜ医薬品かといえば、トレチノインは、非常に強い効果を発揮する反面、副作用もあるので、専門家でないと取り扱いが難しいからです。

 

 

刺激の強いレチノイン酸

 

 

つまり、レチノールより効果も副作用も強い成分なのです。

 

だから、トレチノインは処方薬(医療用医薬品)となっています。

 

レチノイン酸による皮膚のターンオーバーを促進させる力は、かなり強力です。

ある意味、無理やりターンオーバーさせているのです。

そのため、刺激が強くなって、肌荒れのリスクが高まります。

 

さらには、レチノイン酸は紫外線にも弱いので、使用中は日焼け止めも併用することが必要です。

 

こうしたことから、トレチノインは、医師の処方によってしか使えないのです。

 

トレチノインは、皮膚科や美容クリニックで、小じわ、ニキビ、ニキビ痕、そばかす、毛穴の開きくすみ、老人性色素斑、しみ、日焼けあとのしみ、怪我や火傷や手術後の色の改善などの治療で処方されます。

たとえば、ニキビ治療に使われる「ディフィリンゲル」と呼ばれる医薬品があります。

 

一方、レチノールはといえば、もちろん、レチノイン酸と同じタイプの効果と副作用があります。

 

しかし、レチノールには、その種類や配合濃度によって、医薬品として扱われるケースから、医薬部外品、エイジングケア化粧品成分として扱われるケースまであるのです。

 

基本的には、レチノールは、

 

医薬品の場合は、高濃度で効果も高いが副作用がある

化粧品の場合は、低濃度で効果も低いが副作用も少ないといえます。

 

 


3.エイジングケア化粧品成分レチノールの効果と副作用

 

ここまでで、レチノールやレチノイン酸について詳しく説明してきました。

 

ここからは、エイジングケア化粧品をはじめ化粧品に使われるレチノールについて、お話を進めます。

 

 

レチノールの基本的な作用

 

 

1)レチノールの基本

レチノールは、ビタミンAアルコールとも呼ばれ、活性型のビタミンA誘導体の1つで、その基本的な特性は、

 

  • 化学的に合成され、黄色の結晶体
  • 水には溶けず、アルコールや油分に溶ける
  • 分子量が小さい
  • 乾燥や高温に不安定
  • 酸化を受けやすい
  • ビタミンEなどと一緒であれば安定性が増す

 

ことです。

 

なので、化粧品成分としては、誘導体にして安定化させています。

 

それが、パルミチン酸レチノール、酢酸レチノールなどです。

 

これらは、レチノイン酸と比べ、効果と副作用を減らすことによって、化粧品にも使えるようにしたものです。

 

また、レチノールは、一般的に化粧品に配合される場合、その濃度は0.1%程度までです。

その種類や濃度で異なりますが、レチノールの効果は、レチノイン酸の1/20~1/100程度になります。

 

医薬部外品では、もう少し高い濃度で配合される場合もありますが、2013年末に発売中止になった大手製薬メーカーのレチノール配合の医薬部外品のようなケースもあるので、配合濃度の高いものには、より注意が必要です。

 

2)レチノールの種類と特性

 

 

レチノインの特性について説明する女性

 

 

ここでレチノイン酸とレチノールをあらためて整理しておきましょう。

医薬品、化粧品で使うビタミンA(レチノイド)と言えば、レチノイン酸、レチナール、レチノールに分かれます。

 

化粧品成分として使われるのは、レチノールとレチナールです。

 

レチナールは、レチノールが酸化したものでレチノイン酸の前駆体です。

性質はレチノイン酸に近いので、作用と刺激もレチノールより強いものとなります。

レチナールを使った化粧品は、レチノールを使った化粧品ほど種類は多くありません。

 

化粧品成分のレチノールにはいくつかの種類があり、少しずつ特性がことなります。

ここでは、いくつかのレチノールの種類と特性を簡単にご紹介します。

 

①パルミチン酸レチノール

レチノールパルミテートとも呼ばれる浸透力の高いレチノールです。

パルミチン酸レチノールはレチノールにパルミチン酸を結合させることで、浸透力を高めた成分です。

 

②酢酸レチノール

レチニルアセテートとも呼ばれる比較的安定性の高いレチノールです。

レチノールに酢酸を結合させることで、安定性を増した成分です。

 

③シラスフィアレチノール

レチノールと天然ビタミンEなどを配合した混合成分でレチノールよりもマイルドです。

レチノール以外では、水 、BG、ダイズ油、カルボマー、トコフェロール(ビタミンE)、

アラビアゴム、アルギン酸PG、エチルパラベン、メチルパラベン プロピルパラベンが配合されています。

 

④ピュアレチノール

即効性に優れ、浸透力も高いことが特徴です。

ピュアレチノールは、レチノールの効果に近いので高い効果が期待できる反面、刺激も強いリスクがあります。

 

⑤レチノイン酸トコフェリル

レチノイン酸と名前がついていますが、医薬品ではなくレチノールの一種で、効果をそのままに安全性を高めた成分です。

レチノイン酸とビタミンE誘導体(トコフェロール)を結合させることで、安全性を高めています。

 

レチノイン酸トコフェリルの詳しい情報は、

レチノイン酸トコフェリルで、ハリ・ツヤが増すエイジングケア」をご覧ください。

 

他にも、リノール酸とレチノールを結合させたリノール酸レチノール、レチノールに水素を添加した水添レチノール、プロピオン酸とレチノールを結合させたプロピオン酸レチノールがあります。

これらは、全てレチノールを安定化し浸透を上げるために他の成分を結合させたものです。

 

3)レチノールの効果

レチノール配合の化粧品やエイジングケア化粧品でも、レチノイン酸と同じメカニズムにより効果が期待されますが、その効果は比較的、緩徐なものといえるのです。

 

そんなレチノール配合の化粧品には、大きく4つの効果が期待できます。

 

①ターンオーバーの促進

ターンオーバーを促して、角層内の細胞を、表皮の上方へ押し上げます。

その結果、メラニン色素を含む細胞を排出して、くすみやシミ、ニキビ跡を目立たなくするサポートをします。

 

また、結果的にお肌の表皮が生まれ変わるので、ピーリング効果も期待できます。

 

 

レチノールの効果によってピーリング効果を得た女性

 

 

だから、ターンオーバーが遅くなっている場合はよい選択肢なのですが、ターンオーバーが早すぎる場合に使うことは避けましょう。

敏感肌インナードライ肌の方は、バリア機能の低下でターンオーバーが促進している可能性があります。

また、乾燥肌がひどい場合を含め、特に注意が必要です。

 

②コラーゲンの産生のサポート

線維芽細胞を活性化させることで、コラーゲンやエラスチンの産生をサポートします。

その結果、お肌のハリやツヤを良くする効果が期待されます。

ただし、レチノール化粧品の場合、深く刻まれた真皮じわ、ほうれい線、たるみなどを改善することまではできません。

 

③皮脂分泌の抑制

皮脂分泌を抑制することでお肌を整え、ニキビを予防します。

また、毛穴の詰まりや黒ずみ、いちご鼻などの予防効果が期待できます。

 

④紫外線ダメージの軽減

紫外線を吸収することで光老化の軽減やお肌の細胞のDNAを保護します。

 

4)レチノールの副作用とは?

レチノールには、敏感肌ではない方でも

  • お肌がカサカサする
  • お肌の乾燥を感じる
  • 痒みを感じる
  • 赤みや刺激を感じる

 

などの副作用を伴うことがあります。

 

これはレチノイド反応と呼ばれます。

 

この副作用によるアレルギーは、使用量を減らしたり、使い続けることでお肌がなれて問題なくなることもあります。

 

これが、レチノールで良くおこる副作用です。

 

これらが出てても、さほど大きなダメージを感じない場合なら、目安として1~2週間程度、様子を見ることも1つの方法です。

1~2週間でレチノイド反応がなくなれば、使い続けても大丈夫な場合が多いようです。

 

レチノイド反応は、お肌の強さとレチノールの種類、配合濃度、使う量などで変わるものですが、ひどい場合には使用をストップして、医師に相談しましょう。

 

 


4.レチノール配合化粧品の使い方と選び方

 

 

レチノールが配合された美容化粧品

 

 

1)レチノール配合化粧品の使い方

レチノール配合化粧品は、エイジングケアの一環として、これらのエイジングサインの予防を意識して使うものです。

 

①腕などで大丈夫なのかをチェック

一方、先ほども説明したとおり、副作用もトレチノインと比較すれば少ないのですが、肌あれや肌が赤くなってしまうリスクはあります。

 

レチノール配合のエイジングケア化粧品を使う場合は、腕などで使って大丈夫かどうかをチェックしてみましょう。

 

ただ、最初はピリッとしても慣れると使える場合があるので、自分の肌質やお肌の状態と相談して使うこともポイントです。

 

②日焼け止めと一緒に使う

また、レチノール配合のエイジングケア化粧品は、紫外線に対して不安定なため、使用の際には日焼け止めと一緒に使うか、夜だけ使う、外出を避けるなどの工夫も必要です。

 

なお、夏場などでは紫外線が強いので外出前は避けた方が無難です。

 

③肌の状態で使用法を変える

もちろん、肌の状態が安定しない季節の変わり目、生理前、睡眠不足が続く日など、肌の状態が良くない場合や敏感になっている場合は、使用を控える、使用量を減らす、使用回数を減らすなどの工夫も必要です。

 

2)レチノール化粧品でケアする肌悩みは?

レチノール化粧品は、その作用特性からさまざまな肌悩みのスキンケア、エイジングケアに使うことが可能です。

 

しわ、ほうれい線、たるみ毛穴、毛穴の黒ずみ、くすみ、シミ、目の下のくま、にきびなどターンオーバーの遅れやお肌老化による肌悩みに使えます。

 

できるだけ目立たない時期から使うことで、予防したり、進行を遅らせることが可能です。

 

しかし、レチノール化粧品には、医薬品のレチノイン酸で期待できるほどの効果はないので、目立ってしまったエイジングサインを劇的に改善できる効果はないことを理解しておきましょう。

 

一方、レチノールは、乾燥肌や敏感肌、インナードライ肌などでバリア機能の正常化を目指す場合には、刺激が強いのであまりオススメできません。

 

こうした症状の場合は、バリア機能をサポートするセラミドなどの保湿成分の高い成分を配合した化粧品を使うことをおすすめします。

もちろん、肌悩みが複数の場合もあるので、両方の成分を同時に使うこともよい方法です。

 

3)レチノール配合エイジングケア化粧品を選ぶポイント

 

 

レチノール配合のエイジングケア化粧品の選びかた

 

 

まずレチノールが、油溶性であることから、レチノール配合のエイジングケア化粧品は、クリームか美容液から選ぶことが基本です。

 

種類が多いのは、レチノールクリームです。

 

レチノール配合化粧品を選ぶポイントしては、

 

①初めての場合は、高濃度配合のものを避ける

何度も説明しているとおり、配合濃度が高いものほど、刺激が強いので、高濃度のものは避けた方がよいでしょう。

 

とくにレチナールやピュアレチノールは効果も期待できる分、刺激も強いので最初は、これらの高濃度配合の化粧品を避けた方がよいでしょう。

 

②レチノール以外のエイジングケア化粧品成分に着目する

エイジングケアの基本は、何といっても保湿です。

そのため、レチノール以外の成分にどんなものがあるかを確認しましょう。

 

美容液なら、セラミドな どの保湿成分が一緒に配合しているものがおすすめです。

 

保湿クリームなら、セラミドに加え、スクワランやシアバターなどの保湿成分が一緒に配合しているものがおすすめです。

 

③レチノールを改良したレチノイン酸トコフェリル配合化粧品を選ぶ

先ほど説明したとおり、レチノールにビタミンE誘導体を結び付け、効果はそのままで、安定性を高めて刺激を少なくしたレチノイン酸トコフェリルというエイジングケア化粧品成分があります。

 

レチノールではなく、レチノイン酸トコフェリル配合のエイジングケア化粧品を選ぶこともよい選択肢の1つです。

 

なお、ナールスゲン配合のエイジングケア化粧品の中では、エイジングケア美容液ナールスネオとエイジングケア保湿クリームナールスユニバに、レチノイン酸トコフェリルを配合しています。

 

このように、レチノール配合のエイジングケア化粧品を選ぶ際には、3つの点を意識してみましょう。

 

 

レチノール配合化粧品

 

 


5.まとめ

 

レチノールとは一体どんな成分か、また、その効果や副作用をはじめレチノール配合化粧品の使い方から選び方までさまざまな観点から解説してきました。

 

レチノールは、エイジングケアにとって魅力的な効果が期待できる反面、刺激性などのリスクを持っています。

また、エイジングケア化粧品成分として使われる場合は、医薬品であるレチノイン酸ほどの効果が期待できるわけではありません。

 

レチノールの理解には、化学的な知識も必要なので少し難しい点があるかもしれませんが、化粧品に過度な期待をするのではなく、あくまで予防的なエイジングケアを考える成分として、デメリットや副作用のリスクを知ったうえで、正しく使いましょう。

 

 

関連記事

ダマスクローズ以外にもあるバラ由来のエイジングケア化粧品成分

続きを読む

シアバターのエイジングケアでの効果と上手な使い方の秘訣!

続きを読む

グリセリンは、化粧品や化粧水に適した成分!効果と安全性は?

続きを読む

尿素のメリットとデメリットは?エイジングケアの視点から

続きを読む

シアノコバラミン(ビタミンB12)は赤いエイジングケア化粧品

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」