パンテノールはプロビタミンB5!化粧品としての効果と安全性は?

パンテノール(プロビタミンB5)配合化粧品

パンテノールとは、プロビタミンB5のことです。

化粧品の成分としては、抗炎症効果や細胞活性によるエイジングケア効果があります。

だから、パンテノールは、肌荒れの予防や改善の対策に使われます。

また、育毛剤などの成分としても使われます。

この記事では、パンテノールの特性、効果や安全性についてご紹介します。

また、パンテノール配合のエイジングケア美容液をご紹介します。

パンテノールはプロビタミンB5!化粧品としての効果と安全性は?の目次

1.パンテノールをエイジングケアに活かしたいあなたへ

パンテノールをエイジングケアに活かしたい女性

パンテノールは、プロビタミンB5のことです。

つまり、体内でビタミンB5(パントテン酸)に変化する成分です。

パンテノールには、細胞を活性化させるはたらきがあります。

そんなパンテノールは、目薬や皮膚炎などの医薬品や医薬部外品の成分として使われています。

また、化粧品成分として、化粧水美容液などにも配合されますし、パンテノール配合のエイジングケア化粧品もあります。

アンチエイジングやエイジングケアを正しく行うためには、パンテノールをはじめさまざまな化粧品成分について理解することも大切です。

この記事では、パンテノールの特性、効果や安全性についてご紹介します。

また、パンテノール配合のエイジングケア美容液をご紹介します。

「パンテノールってどんな成分?」

「どのような特徴や効果があるの?」

「パンテノールはどんな肌悩みによいの?」

「安全性や刺激性について知りたい!」

「パンテノール配合のオススメのエイジングケア化粧品は?」

などが気になる方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。

<パンテノール配合のエイジングケア美容液なら!>

パンテノール&ナールスゲン配合エイジングケア美容液「ナールスネオ」

<この記事の大切なポイント>
  • パンテノールとは、水溶性ビタミンの一種です。また、ビタミンB群の一つであるパントテン酸のアルコール型誘導体です。
  • パンテノール自体を食べ物で摂ることはできません。ただし、パントテン酸は納豆や卵黄をはじめ、さまざまな食べ物に含まれています。
  • パンテノールには、細胞活性効果があり医薬品、医薬部外品、化粧品の成分としてさまざまな製品に配合されます。
  • 化粧品成分としてのパンテノールは、肌荒れ、小ジワ、かぶれなどの肌悩み対策のために化粧水や美容液に配合されます。また、育毛や養毛を期待して育毛剤などに配合されます。
  • パンテノールは、安全性の高い成分なので肌質を選ばずに使用できる成分です。

2.パンテノールとは?

パンテノールを考える女性

1)パンテノールの基本特性

パンテノールとは、水溶性ビタミンの一種であり、ビタミンB群の一つであるパントテン酸のアルコール型誘導体です。

パンテトンン酸は、「プロビタミンB5」とも呼ばれます。

パンテノールは、無色で粘性があり、にもアルコールにも溶けます。

パンテノールは、筋肉を動かす際に必要な「ATP」と呼ばれるエネルギーの産生や粘膜を保護するムチンを増やすはたらきなどによって、皮膚や粘膜の細胞、毛母細胞などへの細胞活性効果を発揮します。

そんなはたらきから、パンテノールは皮膚の病気の治療薬や目薬、化粧品、育毛剤などによく使われます。また、滋養強壮剤とし栄養ドリンクなどの医薬部外品にも配合されます。

パンテノールは、化粧品の全成分表示ではかつては、「D-パントテニルアルコール」でしたが、今では「パンテノール」と表記されます。

医薬部外品では、「D-パントテニルアルコール」または「DL-パントテニルアルコール」と表記されます。

なお、医薬品成分の1つであり、化粧品への配合量に関しては制限が設けられています。

例えば、DL-パントテニルアルコールの場合、粘膜に使用されることがあるものは100gあたり0.3g(0.3%)が上限で、粘膜に使用されず、洗い流さないものであれば100gあたり8.0g(8%)です。

しかし、粘膜に使用することなく洗い流すものには上限設定はありません。

2)パンテノールは食べ物で摂れるの?

パンテノールを食べ物で摂取する

パンテノールそのものは食べ物で摂れませんが、パントテン酸(ビタミンB5)は、さまざまな食べ物で摂ることができます。

もともと、パントテン酸の意味はギリシャ語で「広く、どこにでもある」です。

特に意識しなくても不足することはまれですが、納豆や卵黄に豊富です。

また、野菜ではモロヘイヤに豊富です。

モロヘイヤは、パントテン酸ほかβカロテンなどの栄養素も豊富なので、美肌のためにオススメの食べ物です。

さらに、パントテン酸は身体の中の腸内細菌のはたらきにより体内で合されているのです。

3)パンテノールの安全性は?

パンテノールは、毒性や皮膚刺激性がほとんどなく安全性が高い成分です。

また、眼刺激性やアレルギーのリスクがほとんどありません。

さらに、化粧品では配合量の上限も設定されているのでリスクは小さくなっています。

したがって、普通肌脂性肌はもちろん、混合肌乾燥肌敏感肌インナードライ肌のどんな肌質の方でも使うことが可能な成分です。

しかし、どんな成分でも誰にでも安全とは言えません。

だから、パンテノールで赤みが出たり、肌荒れかゆみが出るなどの可能性を100%否定することはできません。

アトピー性皮膚炎や肌が弱いなどで気になる方は、パッチテストをすることをおすすめします。


3.パンテノールが配合されるアイテムは?

パンテノールが配合されるアイテムのイメージ

1)医薬品としてのパンテノール

パンテノールの注射薬が、パントテン酸欠乏症の予防及び治療やストレプトマイシン及びカナマイシンによる副作用の予防及び治療、術後腸管麻痺、接触皮膚炎、急性や慢性の皮膚湿疹にも用いられます。

また、パンテノールの外用薬が、かゆみひび割れ・あかぎれの治療薬として使われます。

さらに、点眼薬が目の疲れや目のかすみを緩和するために使われます。

2)化粧品としてのパンテノール

パンテノール配合のヘアケア製品でも最も有名なのは、P&Gのパンテーンです。

パンテーンの主要成分の1つがパンテノールで、ブランド名もそれに因んでいます。

パンテノールには、育毛促進効果もあることから、ヘアケア製品や頭皮ケア製品にも数多く用いられています。

他にもパンテノールは、さまざまな基礎化粧品やスキンケア用品などに配合されます。

具体的には、クレンジングジェルやクレンジングリキッドなどのクレンジング料、洗顔石けんや酵素洗顔などの洗顔料保湿化粧水保湿美容液乳液保湿クリームフェイスマスク、リップグロスなど唇ケアのアイテム、マニキュアなどネイル(爪)ケア用品、ハンドクリーム、ボディマッサージやフェイスマッサージ用のクリームなどに使われます。

さらに、シャンプーやコンディショナー、白髪染めなど毛髪や頭皮のケア用品、リキッドファンデーションなどメイクのアイテム、マスカラなどアイメイク用品にも使われます。

また、エイジングケア化粧水エイジングケア美容液などにも配合されます。


4.パンテノールの効果

パンテノールの効果を実感する女性

1)保湿効果と肌を滑らかにする効果

お肌が乾燥するとさまざまな肌トラブルに悩まされます。

本来、お肌に、天然保湿因子(NMF)セラミドなどうるおいを保つ保湿成分がありますが、加齢に伴って減少する傾向があるので、保湿成分を適度に補うことが大切です。

パンテノールには保湿効果があり、皮膚への浸透率も高くなっています。

また、パンテノールには皮膚や髪を滑らかにし、お肌や髪の毛そのものの輝きを取り戻す効果が期待できます。

つまり、保湿するだけでなく肌のツヤを取り戻して美肌をサポートしたり、美髪の育成につながるのです。

2)組織修復効果や抗炎症効果

パンテノールにはお肌の修復力を増強する効果があります。

皮膚の細胞を活性化させ新陳代謝を促すことで、ダメージを修復させ回復を早めるのです。

また、繰り返し使用することで、お肌そのものの回復力を高める作用があることも判明しています。

また、パンテノールは抗炎症効果を発揮します。


5.パンテノールでケアできる肌悩みや肌老化は?

パンテノールでケアできる肌悩みや肌老化を気にする女性

パンテノールの保湿効果、組織修復効果、抗炎症効果によって、さまざまな肌悩み肌老化の予防が期待できます。

肌荒れ手荒れ、あかぎれ・ひび割れ、小じわなどの肌悩みや日焼け防止なども期待できます。

また、乾燥肌の予防や改善が期待できます。

乾燥肌対策がうまくいけば、肌のキメが整いハリやツヤをキープできます。

もちろん、透明感のあるお肌が得られます。

さらに、乾燥肌が原因で目立つほうれい線くすみ毛穴の開きや黒ずみなどの予防が期待できます。


6.おすすめのパンテノール配合エイジングケア化粧品

パンテノール&ナールスゲン配合エイジングケア美容液「ナールスネオ」

パンテノール配合のオススメのエイジングケア美容液ナールス ネオです。

美女が選ぶベスト美容液などでも高い評価を得ている目元・口元専用美容液です。

私たちの美容液ランキングの第1位です。

1)ナールス ネオの開発コンセプト

目元のハリや口元のハリやツヤをキープして、「目元・口元のエイジングサインへのファイナルアンサー」を目指して開発しました。

2)ナールスネオの配合成分のポイント

ナールスネオは、パンテノールを配合することで保湿力アップと質の高いエイジングケアをサポートすることを目指しました。

パンテノール配合以外には、次のような特徴があります。

①ナールスゲンを推奨濃度で配合

ナールスゲンは、コラーゲンエラスチンヒートショックプロテイン(HSP)47を増やします。また、身体や肌の酸化を防ぐ成分であるグルタチオンを増やします。

②ネオダーミルを推奨最高濃度で配合

ネオダーミルは、バイオテクノロジーによって生まれた細胞のエネルギー源で、Ⅰ型コラーゲンⅢ型コラーゲン、エラスチンを強力にサポート。

2週間でシワの体積を13%減少、シワの深さを15%減少させる臨床データを有する成分です。

③2種のビタミンC誘導体配合

ビタミンC誘導体のイメージ

ナールス ネオは、ビタミンC美容液です。

水溶性ビタミンC誘導体の中でも効果が高く刺激が少ないVCエチル(エチルアスコルビン酸)と、浸透性の高い両親媒性ビタミンC誘導体APPS(アプレシエ)を配合。

コラーゲン産生をサポートするとともに、皮脂をコントロールすることで毛穴ケアも期待できます。

④プロテオグリカン配合

ナールスネオは、プロテオグリカン美容液です。

プロテオグリカンは、糖とタンパクが複合した「糖たんぱく質」で、お肌の細胞の増殖や、ヒアルロン酸、コラーゲンの産生をサポート。また、ヒアルロン酸に匹敵する高い保湿力を持った成分です。

潤いのあるふっくらしたお肌をキープする「守るエイジングケア」と「攻めるエイジングケア」をサポートします。

⑤ビタミンA誘導体配合

レチノールを改良したビタミンA誘導体レチノイン酸トコフェリル配合。

ターンオーバーを促進して、お肌のハリを取り戻します。

⑥6種のセラミド配合

セラミドのイメージ

セラミドの中でも保湿力に定評のあるヒト型セラミドを6種配合(NG、NP、NS、EOS、EOP、AP)したセラミド美容液です。

お肌のバリア機能を守ります。

⑦金コロイド配合

半永久的に抗酸化作用を発揮する金コロイドを配合。

酸化を防ぎます。

⑧お肌に不要な成分を無添加

無香料・無着色、旧指定成分は配合していません。

パラベンフェノキシエタノールほか、アルコール性防腐剤の無添加化粧品です。

また、アルコールフリー化粧品です。

*フェノキシエタノール、パラベンが、キャリーオーバーとして微量含まれます。

そんなナールスネオは、エイジングケア世代になると、冬の乾燥肌対策だけでなく夏でも乾燥肌対策に使えるエイジングケア美容液です。


7.まとめ

パンテノールはプロビタミンB5!化粧品としての効果と安全性は?のまとめ

パンテノールの特性、効果や安全性についてご紹介しました。医薬品や医薬部外品として使われていたパンテノールですが、今ではエイジングケア化粧品にもよく配合されるようになってきました。

それは、パンテノールにエイジングケアにとってよい保湿効果や組織修復効果などがあるからです。

しかしながら、エイジングケア化粧品で期待できる効果はあくまで予防的な範囲です。

期待できる範囲と限界を理解して、パンテノール配合の化粧品を上手にエイジングケアに活用しましょう。

関連記事

ヒアルロン酸の効果を考える!正しいエイジングケアのために

続きを読む

マトリキシル3000はエイジングケアに効果的な化粧品成分!

続きを読む

ペンチレングリコール(1,2-ペンタンジオール)とはどんな化粧品成分?

続きを読む

グリチルリチン酸2K(ジカリウム)化粧品の効果と安全性は?

続きを読む

カルボマーは高分子ポリマー。実は安全?危険?その真実!

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」