「ヒートショックプロテイン加温健康法」の活用法と内容・特徴

ヒートショックプロテイン加温健康法の表紙
ヒートショックプロテイン加温健康法(伊藤洋子 著、株式会社法研、2013年11月)の活用法と内容・特徴をご紹介します。本書は、医療でも注目されているヒートショックプロテインによる加温健康法を、その研究者で医師である伊藤要子先生が、一般の方向けにわかりやすく解説した一冊です。ヒートショックプロテイン加温健康法で免疫アップと健康を!

「ヒートショックプロテイン加温健康法」の活用法と内容・特徴の目次

1.「ヒートショックプロテイン加温健康法」の活用法

ヒートショックプロテイン加温健康法の中面

「ヒートショックプロテイン加温健康法」の活用法と内容・特徴をお届けします。

ヒートショックプロテイン(HSP)といえば、熱ショックたんぱく質。

その1種であるヒートショックプロテイン(HSP)47は、ナールスゲンが増やすたんぱく質の1つとして、「ナールスエイジングケアアカデミー」でも取り上げています。

HSP47は、コラーゲンの形状が美しい構造になるのをサポートしています。

そんなヒートショックプロテインは、いまや医学でも注目の成分です。

本書「ヒートショックプロテイン加温健康法」(伊藤洋子 著、株式会社法研、2013年11月)は、そんなヒートショックプロテインの健康や医療への応用について、わかりやすく解説した一冊です。

ナールスエイジングケアアカデミー編集部では、「42℃温めで素肌美人 水島徹たった1℃が体を変える」と併せて、「HSP(ヒートショックプロテイン)を増やす7つの方法で美肌!」や「シミを予防するHSP(ヒートショックプロテイン)の効果とは?」、「HSP(ヒートショックプロテイン)でシワやほうれい線が予防できる」などの記事執筆の際に参考として活用しています。


2. 「ヒートショックプロテイン加温健康法」の内容・特徴

ヒートショックプロテイン加温健康法の中面

「ヒートショックプロテイン加温健康法」の内容・特徴をご紹介します。

本書は、第1章から第10章で構成されています。
章はたくさんありますが、1つ1つが短く簡潔にまとまっているのが大きな特徴です。

第1章では、低体温による冷え症が健康に良くないことや、からだを温めることの大切さ、そしてからだを温めることでHSPを増やすことにつながることが解説されています。
HSP入浴法を行えば、美肌ダイエット、老化や肌老化の予防につながることが紹介されています。

第2章では、HSPとは何か、そのはたらきの基本として免疫を高めることや、修復できないたんぱく質を分解することなどが紹介されています。
また、HSPがストレスで増えることや世界や日本での研究の状況が紹介されています。

ヒートショックプロテイン加温健康法の中面2

第3章では、HSPがさまざまな病気やストレス障害の予防に役立つことや副作用がないこと、そして実際にどう病気に役立つったかの実験による結果などが紹介されています。
例えば、腎機能の防御、放射線障害の防御、ボツリヌス毒素による死亡の防御などの例が取り上げられています。

第4章では、入浴によってHSPをたくさん作りだす方法や、入浴時の注意点などが紹介されています。
また、入浴以外のHSPを増やす方法として、ジョギングや薬剤、加圧トレーニングによる方法が紹介されています。

第5章では、HSPが風邪や感染症の予防や免疫アップ、健康増進などに役立つことなどが紹介されています。
また、予防医学への応用についても取り上げられています。

第6章では、HSPが酸化を予防し老化予防や認知症の予防に役立つこと、アンチエイジングにも役立つことが紹介されています。
なかでも興味深いのが、84歳の海女さんの加温生活。
また、HSPによる野菜を長持ちさせる方法も取り上げられています

ヒートショックプロテイン加温健康法の中面3

第7章では、HSPとお肌の関係について。紫外線ダメージによってできるメラニンの過剰発生を防いでシミの予防に役立つことや、シワなどの肌老化の予防にも役立つことが紹介されています。
また、失恋に対するHSPの効用やエステティックサロンでの活用法が取り上げられています。

第8章では、HSPでスポーツ・登山への活用法について紹介されています。また、オリンピック強化選手がHSP増加を活用したことや、登山家の声なども掲載されています。

第9章では、HSPをがんのマイルド加温療法に活用できることや免疫増強に役立つことが紹介されています。また、薬剤の副作用軽減へのHSP活用法、医師の声や患者さんの体験も掲載されています。

ヒートショックプロテイン加温健康法の9章

第10章では、HSPを普及させたいと願う著者の想いが紹介されています。
また、著者の伊藤要子先生がTV番組の「ためしてガッテン」や「世界一受けたい授業」に出演した話も取り上げられています。

HSPは、からだの健康にとっても、美肌にとっても大切な成分です。

本書は、アンチエイジングやエイジングケアに関する情報は多くありませんが、ヒートショックプロテインについて、幅広く学ぶには最適の一冊です。

 

ヒートショックプロテイン加温健康法 [ 伊藤要子 ]をアマゾンで購入する

ヒートショックプロテイン加温健康法 [ 伊藤要子 ]を楽天で購入する

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヒートショックプロテイン加温健康法[ 伊藤要子 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2020/2/17時点)


3.「ヒートショックプロテイン加温健康法」の基本情報と目次

ヒートショックプロテイン加温健康法の表紙

1)基本情報

単行本:192ページ

著者:伊藤要子

出版社:株式会社法研

出版年月日:2013年11月22日

定価:1,200円+税

2)目次

プロローグ 低体温は生活習慣病
第1章 からだを温めて健康になろう!
第2章 HSPを増やそう!
第3章 HSPのすごい力
第4章 HSPをたくさん作りだす活用法
第5章 HSPの元気活用法
第6章 HSPで長寿 活用法
第7章 HSPできれい活用法
第8章 HSPでスポーツ・登山への活用法
第9章 がんとマイルド加温療法
第10章 HSPを広めたい!
要子先生教えて!Q&A

結びに 患者さんとの約束

 

<HSPを増やす体温アップや入浴に関するおすすめ記事>

たった1℃が体を変える ほんとうに健康になる入浴法 早坂信哉

2019年オススメ温泉ランキング第1位は?入り方も注意しよう!

低体温は体調不良のもと?!体温の高い人の生活習慣5つのコツ

からだを温める食べ物で冷えの予防と改善!


4.編集後記

ヒートショックプロテイン加温健康法(伊藤要子 著、株式会社法研、2013年11月)の活用法と内容・特徴をお届けしました。
いかがだったでしょうか?

アンチエイジングやエイジングケアのためには、免疫アップが必須です。
HSPはそのためのとても大切な役割を担っています。

そんなHSPは入浴をはじめスポーツなどの日常の生活で増やすことが可能です。
この記事『「ヒートショックプロテイン加温健康法」の活用法と内容・特徴』が、エイジングケア世代の女性の健康や美肌のお役に立てば幸いです。

 

(執筆:株式会社ディープインパクト 代表取締役 富本充昭)
ナールスエイジングケアアカデミー編集長
京都大学農学部を卒業後、製薬企業に7年間勤務の後、医学出版社、医学系広告代理店勤務の後、現職に至る
医薬品の開発支援業務、医学系学会の取材や記事執筆、医薬品マーケティング関連のセミナー講師などを行う。

(編集:エイジングケアアカデミー編集部 やすだともよ
医学出版社、医学系広告代理店にて編集・ライターとして、
医師向け、患者向けの情報提供資材や書籍等の記事の編集・執筆や、国内・海外医学会取材・記事執筆を行う。

ナールスチャンネルをみて動画でエイジングケアを学ぼう!

関連記事

「化粧品成分ガイド 第6版 」は肌に合うコスメ選びでとても便利

続きを読む

「他人目線でたるみケア」に学ぶアンチエイジングと特徴・内容

続きを読む

「医者が教える最高の美肌術」でキレイになれる?活用法と内容・特徴

続きを読む

「できるオンナは「手」を捨てない 」の特徴・内容とハンドケア

続きを読む

「いつでもどこでも血管ほぐし健康法」の活用法と特徴・内容

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」