梅雨に気をつけたい!スキンケア&エイジングケアのコツ

梅雨のイメージであるカラフルな沢山の傘

梅雨は気温や湿度が高く、お肌がべたついたりテカリを感じることも多くなります。

でも、皮脂を取り過ぎると乾燥肌やインナードライ肌のリスクに。

今回は、美容情報サイト「キレイナビ」代表で美容ライターの飯塚美香さんに、梅雨のスキンケアやエイジングケアのコツをご紹介いただきます。

梅雨に気をつけたい!スキンケア&エイジングケアのコツの目次

1.梅雨のベタベタ肌が気になるあなたへ

梅雨のべたべた肌を気にする女性

6月から7月の梅雨の季節は気温・湿度とも高く、ジメジメした毎日が続きます。

皮脂腺から出る皮脂の分泌が活発になり、と混じって皮脂膜もたくさんできます。

だから、肌の潤いが保たれる季節なのです。

一方、皮脂が多くなるので、肌のべたつきやテカリが気になることも。

皮脂過剰のオイリースキンが度を越すと、化粧崩れの原因になったり、毛穴の黒ずみ角栓いちご鼻で悩むこともあります。

だから、一生懸命、皮脂を取るケアをしがちです。

しかし、ここに落とし穴があります。

なぜなら、皮脂の取り過ぎは乾燥肌インナードライ肌の原因になるから。

本来、お肌に優しい梅雨の季節ですが、間違ったスキンケアやエイジングケアによる肌トラブルのリスクが潜んでいるのです。

そこで今回は、美容ライターで美容情報サイト「キレイナビ」代表でもある飯塚美香さんに、梅雨の季節のスキンケアやエイジングケアのコツについてご紹介いただきます。

「梅雨の時期、肌のべたつきやテカリが気になる」

「梅雨のスキンケアで大切なことって?」

「梅雨の季節のインナードライ肌の対策は?」

などが気になる方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。

<飯塚美香さんプロフィール>

有限会社アイアール代表取締役。美容情報サイト「キレイナビ」を運営する他、JPMパーソナルメイクアドバイザー、日本ダイエット健康協会認定インストラクター、コスメコンシェルジュ、美容薬学、薬膳マイスター、スキンケアマイスター、アロマテラピー講師などの資格を生かし、全国各地でセミナー・イベントを開催。

また、サプリメントプロデュース、雑誌やWEBでの美容コラム執筆、美容関連サイトの監修、通販番組出演など美容家としても活動中。

パーソナルビューティーコンサルタントとして、美容・健康の悩み解決をサポートする活動もスタート。

<保有資格>

  • JPMパーソナルメイクアドバイザー
  • 日本ダイエット健康協会認定インストラクター
  • 日本化粧品協会認定コスメコンシェルジュ
  • 日本コスメティック協会認定スキンケアマイスター
  • SOEUR認定アロマテラピーアドバイザー
  • 美容薬学検定1級取得
  • 国際薬膳食育師3級取得(薬膳マイスター)

<梅雨の時期におすすめのエイジングケア美容液>

2019年5月に生まれ変わって新登場!

ナールスゲン配合エイジングケア美容液「ナールス ネオ」

ナールスゲン配合エイジングケア美容液「ナールス ネオ」


2.梅雨の季節と肌の関係

梅雨のイメージ

じめじめと湿気が多い梅雨の季節。お肌にとってはどのような影響があるのでしょうか?

梅雨の時期のお手入れ方法の前に、まずは梅雨の季節と肌の関係についてお話したいと思います。

1)高温で皮脂分泌が活発に

5月からは気温が高くなり、6月の梅雨の時期になると湿度も高くなってきます。

高温多湿になる梅雨は、皮脂の分泌が活発に。

汗をかきやすくなり、皮脂の分泌も多くなるので、肌はしっとりした状態になります。

お肌の乾燥を感じにくくなりますので、肌トラブルは少なくなるような印象ですが、実は梅雨の時期の肌はトラブルが起きやすいのです。

その理由として、皮脂が過剰に分泌されると、皮脂と汚れが混じり合い、肌にとどまることで大人ニキビ・吹き出物が出来やすくなります。

また、毛穴の詰まり、毛穴の開き、黒ずみ、いちご鼻などが目立ちやすくなります。

こうした毛穴トラブルで状態が酷くなると、たるみ毛穴の原因になる場合もあります。

一方で、皮脂分泌が多いが故に皮脂を取り除くケアをし過ぎて、肌が乾燥してインナードライ肌となってしまうことも。

肌がべたつくのと乾燥するのを繰り返すこともあり、肌に負担がかかりやすい時期とも言えます。

2)雨が多くても紫外線A波は多い

紫外線A波のイメージ

梅雨の時期といえども、紫外線の影響は無視できません。

特に波長が長い紫外線A波は雨でも曇りの日でも、私たちの肌にダメージを与え続けます。紫外線A波を浴びることで、光老化、つまり、肌のハリや弾力の元になるコラーゲンエラスチンが破壊され、シワシミたるみくすみなどあらゆる肌老化の原因となってしまいます。

雨が多い季節でも、日焼け止めを塗ったり、UVカット効果のある化粧下地やファンデーションなどのメイク用品を使ったりして、紫外線ダメージからお肌を守る必要があります。

3)多湿は潤いをもたらすが顔ダニや雑菌も増える

①顔ダニが増える

顔ダニは皮脂が餌です。だからこの時期は顔ダニが増えやすい季節です。

本来、顔ダニは余分な皮脂を分解して、お肌は弱酸性の状態を保つことができます。

そのため、正常な生息数でそのバランスさえとれていれば、美肌のために必要です。

しかし、顔ダニが異常に繁殖すると、皮膚常在菌のバランスが崩れ、肌のバリア機能ターンオーバーの周期を乱すきっかけとなります。

②カビや雑菌が増える

カビや細菌のイメージ

また、高温多湿の梅雨の時期は、お風呂場などでカビが発生しやすくなりますよね。

冷蔵庫に保存している食品にもカビが生えることもあります。

それほどカビや雑菌などが繁殖しやすい時期。

メイクの時に使うファンデーションのパフやスポンジ、アイシャドウのチップやパウダー用フェイスブラシにも、雑菌が繁殖しやすくなっています。

パフやブラシなどを滅多に洗わないという方は要注意。雑菌が繁殖したままの状態で使うと肌トラブルの原因となってしまいます。

吹き出物や肌荒れ、毛穴の詰まりの原因は雑菌によるものかもしれません。

パフやブラシなどは洗い替えをたくさん用意しておき、できれば梅雨の時期は毎日交換することが理想です。


3.梅雨の季節のスキンケア&エイジングケアのコツ

梅雨に上手なスキンケアを行う女性

続いて、梅雨の季節のスキンケアとエイジングケアのコツについてお話します。

肌トラブルが増える梅雨のお手入れ方法を知って、じめじめした季節にも若々しい美肌をキープしていきましょう。

1)優しい朝の洗顔で肌を清潔に

雑菌が繁殖しやすい梅雨の時期。スキンケアではまずお肌を清潔に保つことを心がけるようにしましょう。

また、乾燥しにくい季節とはいえ、スキンケアでは肌に刺激を与えるのは禁物。

汚れを落とそうとゴシゴシ洗うと、シワやたるみ、インナードライ肌の原因にもなります。

洗顔料はしっかりと泡立てて、肌の上で泡を指で転がせるようにして優しく洗うようにしましょう。

朝は水だけ洗顔の方もいるかもしれませんが、夜眠っている間にも皮脂は分泌されています。

特に梅雨の時期は枕カバーなどの寝具にも雑菌が繁殖し、肌にも雑菌や汚れがつきやすくなります。

朝のスキンケアも洗顔料を使って、肌を常に清潔にしておくことが大切です。

2)毛穴汚れをしっかり&優しく落とすクレンジング

しっかりとクレンジングを行う女性

夜のスキンケアのファーストステップがクレンジング。1日付けていたファンデーションやアイシャドウなどのポイントメイク。

しっかりと落とさないと肌の上で酸化して悪影響を及ぼしてしまいます。

皮脂分泌も多い梅雨の時期は、皮脂とメイクの油分が混じり合うため、長時間メイクをしたままでいることは避けたいもの。

帰宅後はなるべく早くメイクを落とすことをおすすめします。

梅雨の時期におすすめのクレンジングは、毛穴汚れをしっかりと、そして優しく落とすクレンジング料

オイルやクリームなどさまざまなクレンジング料がありますが、なるべく肌に負担となる成分が配合されていないものがよいでしょう。

具体的には、肌に負担をかけない水性のクレンジングジェルがおすすめです。

強い洗浄成分が入っていると、メイクや汚れだけでなく肌に必要な潤いまで取り除かれてしまいます。

エイジングケア世代にとって、潤いまで奪ってしまうクレンジング料を使い続けることは肌老化を招くもと。

潤いはキープしつつ、しっかりと毛穴汚れやメイクを落とせるクレンジング料を選ぶことが大切です。

3)梅雨でもしっかり保湿する

梅雨の時期にしっかりと保湿を行う女性

梅雨の時期は皮脂の分泌が多いとお話しました。確かに皮脂の分泌は多い時期なので、肌は潤いやすいと言えます。

しかし、室内にいる時はエアコンや除湿器などで、肌は意外と乾燥にさらされることも多いのです。

梅雨でもスキンケアではしっかりと保湿をすることが大切。

肌のべたつきが気になっていても、化粧水美容液保湿クリームなどを少量しか使わないでいると、潤い不足になってしまいます。

一方、化粧水を大量にバシャバシャ使うことも逆効果。化粧品は適量を使いましょう。

朝晩のスキンケアでは、化粧水、美容液、クリームとステップを踏んできちんと保湿をするようにしましょう。

肌の潤いは水分と油分のバランスがポイント。化粧水で水分を補ったら、美容液で水分保持。

そして、水分が蒸発していかないようにクリームなどの油分で蓋をすることがスキンケアの基本です。

油分が多めだな、と感じたらクリームなど油分を含むアイテムの量を調節するとよいでしょう。

4)皮脂を取り過ぎるケアは避ける

皮脂を取り過ぎるケアを注意する女性

皮脂の分泌が多い梅雨の時期、洗顔やクレンジングでしっかりと落とすケアをすることは大切です。

しかし、皮脂はお肌に潤いを与える大切な役割も担っています。

皮脂を取り過ぎてしまうと、肌が乾燥してしまい、シワやたるみ、くすみなど肌老化を招くことに。

また、逆に皮脂が不足していると肌が感じ、自らを守ろうとして皮脂を過剰分泌させることも。

洗浄力が強すぎる洗顔料やクレンジング料は避けましょう。

また、剥がすタイプの毛穴パックやピーリング剤、酵素洗顔など、肌に刺激となるようなアイテムの使用にも注意が必要です。

適度な使い方はよいのですが、過度な使用はNGです。

特にエイジングケア世代では、10代、20代と比べて皮脂の量は少なくなっています。

梅雨の時期だからといって、皮脂を取り過ぎて肌を老化させることのないように充分注意してスキンケアを行いましょう。

5)紫外線A波の対策を万全に!

紫外線A波の対策をバッチリ行う女性

雨が多い梅雨の時期は、紫外線対策に油断が出てしまいますよね。

梅雨だからといって、日焼け止めを塗らなかったり、帽子や日傘などの紫外線対策グッズを持たないで外出したりするのは危険。

雨上がりに太陽が燦燦と照り付ける時もありますので、晴雨兼用傘を常に持ち歩くと安心です。

紫外線A波は波長が長く、雨の日でも私たちの肌に到達してダメージを与えます。

シワやたるみなど肌老化の原因となる紫外線A波は徹底的に避けるのがエイジングケアの第一歩。

梅雨の時期でも日焼け止めやUVカット機能のある化粧下地、ファンデーションを塗るようにし、紫外線A波の対策は万全にしておきましょう。


4.まとめ

梅雨に気をつけたい!スキンケア&エイジングケアのコツのまとめ

梅雨の時期は皮脂の分泌が多く、落とすケアに注力しがち。

確かに洗顔やクレンジングなどの落とすケアはとても大切になってきますが、肌に負担をかけたり、乾燥させてしまう原因にもなります。

また、紫外線対策がおざなりになりやすいので、注意が必要です。

梅雨は肌トラブルを起こしやすい時。しっかりとお手入れをして、じめじめと嫌な梅雨を乗り切って夏に備えましょう。


5.編集後記

梅雨に気をつけたい!スキンケア&エイジングケアのコツのまとめ

美容家で美容情報サイト「キレイナビ」代表でもある飯塚美香さんに、梅雨のスキンケアやエイジングケアのコツをご紹介いただきました。

いかがでしたか?

梅雨の季節は高温多湿で過ごしづらい季節です。でも、本来はお肌にとっては比較的優しい環境です。

しかし、間違ったスキンケアやエイジングケア、紫外線対策が不十分なことが原因で、インナードライ肌になるなど、肌トラブルを招くことも。

だから、梅雨の季節と肌の状態に合ったスキンケアを正しく行うことが大切です。

この記事を参考に、正しい梅雨のケアを続けて美肌をキープしましょう。

関連記事

夏終盤!2019年8月のスキンケアとエイジングケアのコツ

続きを読む

夏本番!2019年7月のスキンケアとエイジングケアのコツ

続きを読む

梅雨の季節!2019年6月のスキンケアとエイジングケア!

続きを読む

春から夏へ!2019年5月のスキンケアとエイジングケア

続きを読む

春が来た!2019年4月のスキンケアとエイジングケア

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」