気になる「夏のニオイ」旅行先での対策は?

加齢臭などのにおいを気にして口元をふさぐ女性

夏の暑さで汗をかくことが多くなると、気になるのは自分の「ニオイ」ですよね。エイジングケア世代の女性も気にする方が多いですね。

総合旅行プラットフォーム「エアトリ」が、夏のニオイについてどんな対策をしているかなど調査しました。その結果をご紹介します。

1.夏のニオイ、旅先で気になるのは?

汗のニオイが気になる女性

 

自分の臭いは誰でも気になりますが、その代表格と言えばのニオイや、加齢臭、口臭。

なかでも夏といえば、汗のニオイが最も気になりますね。

梅雨があけると夏本番。気温・湿度ともに高くなり、少し外出するだけでも汗をかいてしまいますよね。

汗をかくと、どうしても気になるのは「ニオイ」。

加齢臭も気になりますが、夏はやはり、電車に乗ったり、人が集まるところに行くと他人の発するニオイが気になって、「もしかしたら自分も…」って思ったりしませんか?

総合旅行プラットフォーム「エアトリ」が、10代〜70代の男女934名を対象に、「夏のニオイ」に関する調査を実施しましたので、ご紹介します。

 

【調査概要】
調査タイトル  :「夏のニオイ」に関するアンケート調査
調査対象 :10代~70代の男女934名
調査期間 :2019年6月2日~6月5日
調査方法 :インターネット調査

 

1)普段「汗のニオイ」が気になったことはある?

「周囲のニオイが気になったことがある」と回答したのは、男性で7割以上、女性で8割以上と、多くの人が周りのニオイが気になるようです。そして、「自分のニオイが気になったことがある」人も男性で7割弱、女性で7割以上でした。

女性の方が敏感なようですね。

普段「汗のニオイ」が気になったことはある?

2)旅行先で「汗のニオイ」が気になったことはある?

こちらも同じく男性で7割近く、女性で8割以上が「周囲の人のニオイが気になったことがある」と回答しています。そして、「自分のニオイが気になったことがある」としたのは、男女ともに約5割と、普段よりも若干減っています。

旅行先で「汗のニオイ」が気になったことはある?

3)旅行先のどんなシーンで自分のニオイが気になった?

最も回答が多かったのは「新幹線や飛行機などでの移動中」で、65.5%でした。次いで、「観光などで並んで歩いている時」(62.4%)とほぼ同程度数の回答で、みんな、隣に人がいるシーンで自分のニオイが気になるようです。

旅行先のどんなシーンで自分のニオイが気になった?

4)旅行先のどんなシーンで周囲の人のニオイが気になった?

一番多かったのは、「新幹線や飛行機などでの移動中」(76.3%)、「観光などで並んでいる時」(68.7%)と自分のニオイが気になるシーンと同じでしたが、同じシーンでも、自分のニオイより周囲の人のニオイが気になる人の方が多いことが分かりました。

一方、「ホテルなどの個室」や「一緒のベッドで寝るとき」は、周囲のニオイよりも自分のニオイの方が気になると回答した方が多かったです。

旅行先のどんなシーンで周囲の人のニオイが気になった?

 


2.ニオイ対策はどうしてる?

汗対策として着替えるためのシャツ

どんなシーンで、自分だったり他人のニオイが気になることがわかったところで、みんなどのようなニオイ対策をしているのでしょうか。その結果もご紹介します。

 

1)どんなニオイ対策を行っていますか?

普段・国内旅行・海外旅行のすべてのシーンにおいて、男性は「コマメな着替え」をしており、女性は「汗拭きシート」を使って対策をしていると回答しています。

次いで、男女ともに普段・国内旅行での対策は「制汗スプレータイプ」を使っているとのことです。しかし、海外旅行では利用する人の割合は減ってTOP3にも入っていません。

海外旅行の場合スプレー缶は預け入れ荷物に入れられますが、手荷物の場合100ml以下の容器のみになるので、避ける人が多いのかもしれないですね。

どんなニオイ対策を行っていますか?(男性)

 

どんなニオイ対策を行っていますか?(女性)

 

2)旅行先で洗濯をしたことはありますか?

国内旅行では男性より女性の方が「洗濯したことはない」(男性:38.8%、女性:42.6%)を選ぶ人の割合が多い結果となりました。

海外旅行では過半数の女性が「手洗いをした」(男性:40.4%、女性:53.5%)と回答しています。日数の短い国内旅行では、洗濯しなくて済む程度の衣類を持っていく人が多いのかもしれませんね。

旅行先で洗濯をしたことはありますか?

 


3.編集後記

この調査から、みんな、周囲の人のニオイにも自分のニオイにも敏感で、気になっている人が多いことがわかりました。

日本人は毎日お風呂に入る人も多いですが、それでも毎日汗はかきます。

汗は汚くてにおうというマイナスな面だけでなく、汗は「天然の化粧水&美容液」とも言われていて、スキンケアやエイジングケアに効果があるんですよ。

皮膚角質層水分を補給して、潤いを与え、肌のバリア機能を高めて、保湿を助けるはたらきもあります。だから、汗の取りすぎには注意したいですね。

一方、汗をかき過ぎると乾燥肌のリスクがたかまります。なぜなら、汗が蒸発する際に、水分や天然保湿因子(NMF)も持って行ってしまうからです。

汗をたくさんかいたらちゃんと拭くことも大切です。

つまり、汗と上手に付き合うことが、夏の乾燥肌対策になるというわけですね。

ちなみに、このアンケートでは「異性の好きなニオイ」も調査しています。男女ともに、好きなニオイは「石鹸・シャンプーの香り」で、男性では約半数が支持していました。

今も昔も、異性へ求めるニオイは変わらないようです。
(執筆:エイジングケアアカデミー編集部 やすだともよ

関連記事

【20代、30代必見】40代が実感 エイジングケアのスタート年齢と理由

続きを読む

美容のプロが教える、コスメ選びの意外な落とし穴

続きを読む

マリンコラーゲンのメリット!日本酵研さんにインタビュー

続きを読む

顔のむくみ 美容高感度の女性たちはどうとらえてる?

続きを読む

枕のニオイが臭くない男性が実践している頭皮対策

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」