褐藻エキスの化粧品成分としての特徴と効果・安全性!

褐藻エキスの原料のワカメ

褐藻エキスという化粧品成分をご存知でしょうか?

褐藻エキスは、「かっそうエキス」と読みます。

これは、ワカメやコンブ、モズクなどの褐藻類から得られるエキスで、安全性も高く多様な作用があるため、さまざまな化粧品に配合されます。

この記事では、褐藻エキスの特徴や効果、安全性について詳しくご紹介します。

また、褐藻エキス配合のオススメのエイジングケア美容液をご紹介します。

褐藻エキスの化粧品成分としての特徴と効果・安全性!の目次

1.褐藻エキスに興味があるあなたへ

褐藻エキスに興味がある女性

褐藻エキスは、高級スキンケアブランド 「ドゥ・ラ・メール」のクレーム・ドゥ・ラ・メールとコモディティブランド「ニベア」のニベアクリームがほとんど同じ成分であると話題になった際に、取り上げられた化粧品成分です。

実は、クレーム・ドゥ・ラ・メールに配合されていて、ニベアクリームに配合されていないのが褐藻エキスなのです。

では、そんな褐藻エキスとは一体、どんな化粧品成分なのでしょうか?

褐藻とは、褐色の藻類植物の総称で、ワカメやコンブ、モズクなどの海藻が代表的です。

褐藻エキスはこれらから抽出されるエキスで、化粧水美容液をはじめさまざまな化粧品に配合されます。

安全性が高いことから、敏感肌化粧水などの敏感肌化粧品にも使われますし、もちろんエイジングケア化粧品にも配合されます。

肌悩み肌質に応じたエイジングケアを行なうためには、褐藻エキスをはじめ化粧品成分について理解することも大切です。

この記事では、褐藻エキスの特性や効果・安全性について詳しくご紹介します。

また、褐藻エキス配合のオススメのエイジングケア美容液をご紹介します。

「褐藻エキスってどんな化粧品成分?」

「どんな効果があるの?」

「褐藻エキスはどんな肌悩みに使えばよいの?」

「安全性は高いの?刺激性あるの?」

「褐藻エキス配合のオススメの化粧品は?」

などが気になる方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。

<オススメの褐藻エキス配合美容液なら>

褐藻エキス&ナールスゲン配合エイジングケア美容液「ナールス ネオ」

<この記事の大切なポイント>
  • 褐藻エキスは、海藻の中のワカメやコンブ、モズクなどの褐藻類から得られるエキスです。
  • 褐藻エキスは、フコイダンが主成分で他にもアミノ酸、ジアスターゼ 、アルギン酸、葉緑素、糖類などの天然ミネラルを豊富に含みます。
  • 褐藻エキスには、保湿作用に加えてエモリエント効果、乳化作用、増粘作用などがあります。
  • 褐藻エキスは化粧水や美容液、育毛剤ほかさまざまな化粧品に配合されます。
  • 褐藻エキスは、刺激性が低く安全性の高い成分なので、敏感肌やインナードライ肌でも使うことができます

2.褐藻エキスとは?

褐藻エキスについて疑問を抱く女性

1)褐藻エキスの特性とは?

褐藻エキスとは、褐藻類の特徴である「ぬめり」の成分が凝縮したエキスです。

その主成分はフコイダンで、他にもアミノ酸、ジアスターゼ 、アルギン酸、葉緑素、糖類などの天然ミネラルを豊富に含みます。

褐藻類といっても多くの種類があるので、褐藻エキスは、褐藻の種類や組み合わせによって抽出されるエキスの効果、特性が異なることが特徴です。

日本では海藻の種類と抽出方法により、4種の海藻エキスがあります。

いずれの種類でも保湿作用ほか、お肌を柔らかくするエモリエント効果や乳化作用、増粘作用があります。

化粧品成分としての全成分表示では、「褐藻エキス」です。

2)褐藻エキスの安全性は?

褐藻エキスの安全性を教える女性

褐藻エキスに関しての副作用や肌トラブルのデータは見当たりません。また、皮膚刺激性や毒性、アレルギーの報告もほとんどありません。

したがって、褐藻類は食べ物であり、サプリメントにも用いられていることから、基本的には安全性の高い成分と考えらえます。

だから、敏感肌インナードライ肌をはじめ、どんな肌質でも使える成分です。

しかし、誰にでも全く安全とは言えません。

肌荒れなどが起こる可能性も100%否定できません。

アトピー性皮膚炎がある方やお肌が弱い方は、パッチテストをすることをおすすめします。

また、褐藻類は健康増進に役立つ一方、毎日大量に食べることで甲状腺関連の病気を引き起こすリスクが指摘されています。

化粧品として用量を守って使う場合には特に心配はありませんが、過剰に食べることは控えましょう。

3)褐藻エキスはどんな化粧品に配合されるの?

褐藻エキスは、保湿作用、エモリエント作用、乳化作用、増粘作用があるのでさまざまな化粧品に配合されます。

例えば、洗顔料保湿化粧水保湿美容液乳液保湿クリームフェイスマスクハンドクリーム頭皮ケア用品、リップケア用品、ボディクリーム、日焼け止めやファンデーション、パウダーなどメイクのアイテムに使われます。

また、エイジングケア化粧水エイジングケア美容液などにも配合されるようになっています。


3.化粧品としての褐藻エキスのはたらき

褐藻エキスのはたらきを感じる女性

褐藻エキスの特徴から、バリア機能ターンオーバーの正常化による乾燥肌の予防や改善を目的に配合されます。

また、褐藻エキスは頭皮の血行促進や保湿効果から、男性や女性の薄毛対策として育毛剤にもよく配合されます。


4.オススメの褐藻エキス配合美容液は?

褐藻エキス&ナールスゲン配合エイジングケア美容液「ナールス ネオ」

褐藻エキス配合のオススメのエイジングケア美容液ナールス ネオです。

美女が選ぶベスト美容液などでも高い評価を得ている目元・口元専用美容液です。

私たちの美容液ランキング第1位です。

1)ナールス ネオの開発コンセプト

目元のハリや口元のハリツヤキープして、「目元・口元のエイジングサインへのファイナルアンサー」を目指して開発しました。

2)ナールス ネオの配合成分のポイント

ナールス ネオは、褐藻エキス配合以外には次のような特徴があります。

①ナールスゲンを推奨濃度で配合

ナールスゲンは、コラーゲンエラスチンヒートショックプロテイン(HSP)47を増やします。また、身体や肌の酸化を防ぐ成分であるグルタチオンを増やします。

②ネオダーミルを推奨最高濃度で配合

ネオダーミルは、バイオテクノロジーによって生まれた細胞のエネルギー源で、Ⅰ型コラーゲン、Ⅲ型コラーゲン、エラスチンを強力にサポート。2週間でシワの体積を13%減少、シワの深さを15%減少させる臨床データを有する成分です。

③2種のビタミンC誘導体配合

ビタミンC

水溶性ビタミンC誘導体の中でも効果が高く刺激が少ないVCエチル(エチルアスコルビン酸)と、浸透性の高い両親媒性ビタミンC誘導体APPS(アプレシエ)を配合。

コラーゲン産生をサポートするとともに、皮脂をコントロールすることで毛穴ケアも期待できます。

④プロテオグリカン配合

プロテオグリカンは、糖とタンパクが複合した「糖たんぱく質」で、お肌の細胞の増殖や、ヒアルロン酸、コラーゲンの産生をサポート。

また、ヒアルロン酸に匹敵する高い保湿力を持った成分です。

潤いのあるふっくらしたお肌をキープする「守るエイジングケア」と「攻めるエイジングケア」をサポートします。

⑤ビタミンA誘導体配合

レチノールを改良したビタミンA誘導体レチノイン酸トコフェリル配合。

ターンオーバーを促進して、お肌のハリを取り戻します。

⑥6種のセラミド配合

セラミドの中でも人の肌に最も多いヒト型セラミドを6種配合(NG、NP、NS、EOS、EOP、AP)。

お肌のバリア機能を守ります。

⑦金コロイド配合

金コロイド

酸化を半永久的に防ぐ成分である金コロイドを配合。

エイジングケアをサポートします。

⑧お肌に不要な成分を無添加

無香料・無着色、旧指定成分は配合していません。

パラベンフェノキシエタノールほか、アルコール性防腐剤の無添加化粧品です。

また、アルコールフリー化粧品です。

*フェノキシエタノール、パラベンが、キャリーオーバーとして微量含まれます。


5.まとめ

褐藻エキスの化粧品成分としての特徴と効果・安全性!のまとめ

褐藻エキスの特徴や効果・安全性について詳しくご紹介しました。

また、オススメの褐藻エキス配合エイジングケア美容液「ナールス ネオ」についてもご紹介しました。

褐藻エキスは、保湿作用やエモリエント作用など、さまざまな効果を発揮します。

また、刺激性もなく安全性も高いことから、敏感肌の方をはじめどんな肌質でも使うことができます。

ぜひ、褐藻エキス配合の化粧品を上手にエイジングケアに活かしてくださいね。

関連記事

お肌の酸化は老化の大敵!防ぐための対策とエイジングケア

続きを読む

ターンオーバーの周期で考えるエイジングケア化粧品の使い方

続きを読む

しわ取りクリームは、本当にシワに効く?その選び方と使い方

続きを読む

ノンアルコール化粧品って、本当はどんな化粧品?

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」