30代にオススメのクレンジングのランキング不要の選び方

30代女性のクレンジング

30代になると、女性は自分自身のお肌に合ったクレンジング料をどのように選べば良いのでしょうか。

年齢を重ねることで肌は老化するので、刺激に弱くなって乾燥を感じやすくなります。

この記事では、エイジングケアが必要な30代にとっての、美肌をキープするためのランキングに頼らないクレンジング料の選び方や使い方を幅広くご紹介します。

また、30代からの女性のお肌にオススメのクレンジング料をご紹介します。

目次ちゃん

目  次

1.30代になって優しいクレンジングを求めるあなたへ

お肌に優しいクレンジング

メイクをした日の夜のスキンケアの最初のステップ「クレンジング」。

  • 濃いアイメイクも落とせるメイク落ちのよさを重視
  • 拭き取りタイプなどの手軽さを重視
  • 洗い流してしまうので、価格の安さを重視

30代になると様々なメイクを経験していますし、クレンジング料もいくつかのタイプを試していることでしょう。

どんなクレンジング料を使うかは、メイクの濃淡や好みなどもあってひとさまざまですね。

クレンジングは基本的には、メイクを落とすことが目的のスキンケアアイテムですが、選び方や使い方の失敗で肌老化肌悩みの原因になることをご存知でしょうか?

クレンジングでは、「洗浄力や刺激の強さ」、また「落としきれないメイク汚れ」などがお肌の負担になり、乾燥肌肌荒れの原因になるのです。

30代にさしかかるころにそんなクレンジングを続けていると、シミほうれい線シワなどのエイジングサインをもたらす原因になることも。

30代からはエイジングケア化粧品を使い始める女性が多いのですが、頑張って保湿やスキンケアしても、間違ったクレンジングを続けてしまえば効果半減です。

間違ったクレンジングとエイジングの負の相乗効果は、30代のお肌に対するダメージのもと。

だからこそ、30代からのエイジングケアを考える場合には、クレンジング料の選び方や使用方法を決して軽視してはいけないのです。

一方で、自分のお肌に合ったクレンジングは、後でつけるエイジングケア化粧水エイジングケア美容液などの浸透を高めます。

その結果、お肌のターンオーバーを整えて、いつまでも健やかで肌トラブルのないエイジレス美肌の第一歩となります。

つまり、上手なクレンジングは30代のエイジングケアにとても大切なのです。

この記事では、ランキングに頼らない30代からのエイジングケアの視点によるクレンジング料選びや使い方を幅広くご紹介します。

「30代になってクレンジングの後につっぱりを感じる」

「去年は大丈夫だったのに、今年はクレンジング後にお肌がカサカサしがち」

「30代からのエイジングケアを意識したクレンジングって実際、どうすれば良いの?」

などが気になる30代の女性は、ぜひ読み進めてくださいね。

なお、先にクレンジングに関する皮膚科の先生の実践的なQ&Aをチェックしたい場合は、

皮膚科医に聞く!エイジングケアのためのクレンジングQ&A」をご覧ください。

<PR>

30代からのエイジングケアにピッタリのオイルフリーのクレンジングジェル

ナールス エークレンズ

ナールスエークレンズ

<今だけ!無料サンプルプレゼント!!>

30代の女性にオススメのクレンジング!ぜひお試しください☆

ナールスエークレンズ無料サンプル申し込み

<この記事の大切なポイント>
  • メイクをしっかり落とすことは肌を守ることなので、クレンジングは必須です。同時にクレンジングはお肌の負担になることも知っておきましょう。
  • 30代になると多くの女性は、水分量や皮脂量が減って乾燥肌傾向になります。30代からはクレンジング料は優しいタイプに変えることがエイジングケアの基本です。
  • 30代のクレンジング料の選び方は、単純にクレンジング料のタイプだけではなく、自分の肌質や肌状態、エイジングについてしっかり理解することが大切です。
  • 30代からのエイジングケアに適したオイルは油脂系のオイルで、界面活性剤はアミノ酸系界面活性剤です。
  • エイジングケアのためには正しいクレンジングの方法を実践することも大切です。特に30代からはより優しいクレンジングを意識しましょう。

2.クレンジングの前に30代のお肌の変化を知ろう

30代のお肌の変化

30歳からのクレンジングの選び方を考える前に、30代のお肌の変化を知りましょう。

1)30代のお肌の表皮の変化は?

20代後半から30歳くらいが、最初に肌の変化を感じやすい時期と言われています。

まさに、25歳はお肌の曲がり角なのです。

30代のお肌では、肌のうるおいを保つ保湿の3大因子と呼ばれる「皮脂膜」「角質細胞間脂質」「NMF(天然保湿因子)」の3つの減少が始まります。

保湿の3大因子は、文字通り、お肌の表皮角質層バリア機能を正常に保ち、保湿の役割を果たしています。

しかし、20代の半ばから、少しずつ減少し始め、30代では誰もが「乾燥肌になりやすくなった」などと実感することが増えます。

同じ洗顔料やクレンジングを使っていてもお肌のツッパリを感じることがあるのは、お肌の老化が原因なのです。

だから、30代からは、保湿の3大因子の減少による影響を最小限に抑えるため、クレンジングにもエイジングケア発想を取り入れていくことが大切なのです。

①皮脂膜の減少

30代に入ると、皮脂腺から分泌される皮脂が減り、と混じって肌を守る天然の保湿クリームである皮脂膜の生成も減っていきます。

そのため、以前より乾燥やお肌のかさつきなどを感じるようになる場合が多いのです。

さらに、クレンジングでも皮脂を流すことになるので、30代からは優しいクレンジング料を選ぶことが大切です。

②角質細胞間脂質

角質層の細胞と細胞の間に存在している角質細胞間脂質は、約半分近くがセラミドからできています。

肌の水分保持に関して非常に重要な役割を持っている角質細胞間脂質が減少することで、うるおいが失われがちになります。

30代からは、セラミドを洗い流さないクレンジングを意識しましょう。

③NMF(天然保湿因子)

角質細胞内で水分を保つ役割をしているのがNMF(天然保湿因子)です。

単一の成分ではなく、アミノ酸やミネラル、尿素など、人がもともと持っている水分を抱え込む成分の総称です。

水分を取り入れるはたらき(吸湿性)と水分を抱え込むはたらき(保湿性)の両方を持ち、肌のうるおいを保つ上で重要なはたらきをしています。

NMFが減少すると、水分を外から補給しても、またすぐに乾いた状態に戻ってしまいがちです。

健やかなで潤いが十分な角質層には、約20%〜30%の水分が含まれていると言われていますが、この水分量が減ってしまうと、お肌のキメが乱れがちになり、ハリやうるおいのある肌からは遠のいてしまいます。

刺激の強いクレンジングもNMFを洗い流す原因になってしまいます。

このように、30代になって肌の表皮のはたらきが衰えることで、バリア機能が低下しがちになります。

また、角質細胞が生まれてから角質まで上がって役割を終えるお肌の新陳代謝であるターンオーバーの期間も長くなっていくのです。

だからこそ、30代からはクレンジングもエイジングケアや予防美容の考え方を取り入れていくことが大切になってくるのです。

2)30代のお肌の真皮の変化は?

お肌の表皮の奥には、お肌の真皮があります。

30代では、真皮はどんな変化が起こるのでしょうか?

真皮の70%はコラーゲンで、ほかにはコラーゲンを束ねてバネの役割を担うエラスチン、潤いを担うヒアルロン酸プロテオグリカンがあります。これらの成分を作っているのが、真皮にある線維芽細胞です。

30代になると真皮も衰えはじめ、これらの線維芽細胞の活力も低下し始めます。その結果、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、プロテオグリカンの量も減っていくのです。

つまり、30代は表皮と真皮がともに衰えだし、「エイジング」を実感し始める年齢と言えるのです。といっても、真皮の衰えが大きいわけではないので、早くエイジングケアを行なえば予防は可能です。

また、クレンジング料そのものが真皮に影響を与えることはありませんが、擦り過ぎなどクレンジングの摩擦で真皮を傷つけることもあるので注意しましょう。

3)30代のエイジングインデックスって?

私たちは、こうした表皮と真皮の衰えを数値で表せるように指標化しました。

それが、お肌のエイジングインデックスです。

エイジングインデックスとは、お肌の状態を、年代別に「お肌全体の代謝」「表皮の老化」「真皮の老化」の3つを軸に、それぞれに関連する要素を8つの指標で数値化し、レーダーチャートで表現したものです。

お肌のエイジングインデックス・図
30歳のエイジングインデックス
35歳のエイジングインデックス

4)30代から目立つエイジングサインとエイジングケア

30代は、今、説明したエイジングインデックスの低下を受けて、さまざまなエイジングサインが目立ち始めます。

乾燥肌やそれが原因で小じわやほうれい線が目立ったり、化粧のノリが悪くなってしまうこともあります。

エイジングケアは、なるべく早いうちから行うことが大切なので、30代からはクレンジングでもエイジングケアを意識しましょう。

エイジングケアは年齢に負けないエイジレスな美肌を作るための前向きなアクションです。

皮膚・お肌の基本的なつくりは誰でも同じですが、スキンケアやエイジングケで若々しさは変わります。

エイジングケアはいつから始めるか?」については、クレンジングも含めて30代になれば早めにエイジングケアをする習慣を取り入れましょう。


3.クレンジングの種類と特徴!30代にオススメはどのタイプ?

30代にオススメのクレンジング

30代からのクレンジングの選び方の前に、7つのタイプのクレンジング料の特徴を整理します。

ただし、界面活性剤やオイルの種類が増えた今では、クレンジング料をタイプだけで判断できなくなってきました。

1)オイルタイプで低価格のものはエイジングケアに不向き

一番洗浄力が高いのがオイルタイプです。

クレンジングオイルの安価な製品の多くはミネラルオイルやエステル系オイルを使っています。これらは脱脂力が強く、濃いメイクも比較的簡単に落とせます。

洗い流しも短時間で済みますが、すすいでもヌメリ感が残るので、多くの場合、ダブル洗顔が必要です。

また、洗浄力が高いということは、本来お肌に必要な皮脂まで落としてしまい、乾燥肌の原因になってしまうこともあります。

つまり、安価なクレンジングオイルは、30代からのエイジングケアには不向きです。

しかし、アルガンオイルやオリーブオイルなど、美容オイルの成分としても有名な油脂系オイルを使ったクレンジングオイルの中には、敏感肌や30代からのエイジングケアにも使えるものがあります。

2)リキッドタイプは30代からは使い分けを!

油分が少なく、水分が多めのクレンジングリキッドは、サラッとしたテクスチャーが特徴です。

オイルタイプに次いで洗浄力が高く、洗い上がりがさっぱりしています。

濃いメイクも落とせますが、比較的強い界面活性剤が使われている場合も多いので、30代からのエイジングケアにはあまりオススメできないタイプです。

また、サラサラした使用感のために、つい肌を強くこすってしまうなどの間違ったケアにつながる場合もあります。

30代からは、リキッドタイプを使用する時は、メイクが濃い部分のみに使用するなど、使い分けることをオススメします。

3)ジェルタイプのクレンジングは水性が30代にオススメ

弾力のあるテクスチャーが特徴的なのがクレンジングジェルです。

濡れた手でも使用できるものもあり、肌に伸ばしやすいことから余計な摩擦を抑えられるなどのメリットがあります。

大きくは水性タイプと油性タイプの2種類があり、さらに水性タイプは、「オイルイン」と「オイルフリー」があります。

「マツエク」をしているなら、オイルフリーの水性タイプを使うなど、自分のメイクで使い分けることができます。

水性のものは、肌への刺激が少なく優しい使い心地ですが、油性のものよりメイクを落とす力は低くなります。

だから、ナチュラルメイクの方は、水性タイプのクレンジング料が30代からのエイジングケアにはオススメです。

油性のものは、オイルタイプと同様にメイクを落とす力に優れていますが、強い界面活性剤が含まれている場合が多く、30代からのクレンジングとしてはあまりオススメできません。

4)クリームタイプは30代から洗い流すタイプを

油分と界面活性剤のバランスがよいのがクレンジングクリームです。

洗浄力は高いとは言えませんが、十分にメイクオフする力があり、お肌への負担も少ないです。

クリーム状のテクスチャーのため、お肌に密着してのばしやすく、余計な力を入れずに摩擦を少なくしてメイクを落とすことが可能です。

マッサージクリームとして使用されるものもありますが、長時間のフェイスマッサージはメイク汚れを肌にすり込んでしまう危険があるので注意しましょう。

ふき取るタイプと洗い流すタイプがあります。

洗い流すタイプの方が、摩擦によるダメージを避けることができるので、30代からはこちらがオススメです。

5)ミルクタイプは乾燥肌や敏感肌も使える

肌へのダメージが少なく、敏感肌や乾燥肌の人も使いやすいのがミルクタイプです。

水分が多いので、なめらかな使い心地です。

洗浄力はやや弱いですが、皮脂を落とし過ぎず、お肌のうるおいは残したまま汚れだけを落としてくれるというメリットがあります。

使用するときには、メイクとなじむまでに少々時間がかかるので、時間的な余裕を持って使うようにしましょう。

また、ベースメイクが落とせる程度の洗浄力なので、ポイントメイクを落とす場合には、他のものを使う必要があります。

濃いアイメイクなどは、ポイントメイク専用のクレンジング料で落としてから使用するなど、使い方を工夫することが大切です。

6)バームタイプ

クリームタイプとオイルタイプの良いところを組み合わせているのがバームタイプのクレンジング料です。

容器に入っている状態では固形で、体温で溶けて肌になじむとオイル状に変わるという不思議な特徴があります。

高い洗浄力を持っていますが、オイルタイプと比べると刺激が少なく、クリームタイプよりも洗い上がりがさっぱりしています。

手早く確実にメイクを落としたい人には特にオススメのクレンジング料です。

30代からのエイジングケアでバームタイプを使う場合は、配合されるオイルと界面活性剤が優しいタイプがオススメです。

7)シートタイプ

拭き取るだけでメイクオフができるシートタイプは、時間がない時や旅行の際に使うには便利なクレンジング料です。

しかし、拭き取る際にお肌をこすってしまい、摩擦による肌ダメージを受けやすいというデメリットがあります。

強くこすり過ぎれば、シミの原因になることもあります。

だから、シートタイプは、30代からのエイジングケアにはオススメできません。

8)ポイントメイク専用タイプ

目元や口元の濃いメイクもしっかり落としてくれるのがポイントメイク専用タイプです。

高い洗浄力がありますので、部分的に使用するのは有効ですが、刺激には注意が必要です。

落ちにくいメイクを落とそうとして、強い力でこすりがちな場合もあるので、30代からのエイジングケアには注意が必要です。


4.30代で気をつけたいクレンジングのポイント

気をつけるべきクレンジングのポイント

クレンジングによる肌トラブルには主に5つの原因があります。

30代からのエイジングケアでは、この5つを避けてクレンジング料を選ぶこと、使うことが大切です。

1)30代からは強すぎる脱脂力と洗浄力は避ける

クレンジング料のオイルの脱脂力や界面活性剤の洗浄力が強ければ、お肌のセラミドや必要な皮脂まで取り去ってしまいます。

必要な皮脂やうるおいまでメイク汚れと一緒に洗い流してしまえば、乾燥肌やインナードライ肌を引き起こすことがあります。

このように、クレンジングで洗浄力が高いものを長期間使用し続けてしまうと、肌のバリア機能を損なってしまうので注意が必要です。

30代からのエイジングケアの観点からは、強すぎない脱脂力、洗浄力のクレンジング料を選ぶことが大切です。

2)肌への摩擦を避ける

エイジングとともに皮膚は薄くなることをお伝えしました。

30歳を超えると表皮の水分量の低下で肌ツヤは無くなり、キメが乱れお肌の透明感も無くってくる方もいます。

そこにメイクを落とそうとクレンジング料でゴシゴシこすってしまうと、摩擦が増えダメージが大きくなります。

その結果、ターンオーバーが乱れ乾燥肌やくすみなどをもたらすのです。

さらに、そんなクレンジングを続けると真皮にまでダメージがおよび、たるみの原因になってしまうリスクもあります。

つまり、30代以降に刺激の強いクレンジングを続けると、たるみが原因の肌老化であるほうれい線、シワ、たるみ毛穴目の下のクマ目の下のたるみゴルゴラインマリオネットラインなどの原因にもなりかねないのです。

30代からのエイジングケアのためのクレンジングは、肌に摩擦による余計な負担をかけることがないよう、十分に気をつけることがとても大切なのです。

3)クレンジングの時間は短く、回数は1日1回

優しいクレンジング料を使っても、洗い過ぎや過度なクレンジングをしていては問題です。

  • クレンジング料を多く使いすぎる
  • 1回のクレンジングにかける時間が1分30秒を超える
  • メイクをしていない朝にクレンジング料を使う

などは、避けたい行為です。

洗いすぎて、皮脂を取りすぎてしまうことで乾燥肌になったり、お肌を守ろうと皮脂の分泌量が過剰になってお肌がオイリーになってしまうこともあります。

洗浄力の弱いタイプのクレンジング料を使っていても、洗いすぎては逆効果です。

30代からのエイジングケアでは、クレンジングの頻度、時間、クレンジング料の量を適切に守ることが大切なのです。

4)静電気を避けよう

クレンジングの際に気をつけるべき静電気

クレンジングが与えるお肌への負担であまり知られていないのが、静電気。

界面活性剤には、水と混じってイオン化するものが多くあります。そして、イオン化することで静電気を帯びるのです。

しかし、非イオン界面活性剤なら、イオン化せず電気を帯びません。

また、アミノ酸系界面活性剤は、アニオン(陰イオン)界面活性剤ですが、静電気を帯びるリスクが少ない界面活性剤です。

5)メイク汚れを残さない

ここまでは、メイクを落とす際のリスクを中心にご紹介しましたが、メイク汚れが残っていることもお肌の老化の原因になるのです。

油分は時間が経つと酸化します。それが進むとお肌の酸化につながります。

その結果、皮膚の新陳代謝を妨げ、お肌がくすんだり、シミやシワができやすくなります。

だから、30代からのエイジングケアは、しっかりとメイクを落とすことも大切なのです。


5.ランキングに頼らない30代からのクレンジング料の選び方

タイプ別でクレンジングを選ぶ女性

1)クレンジングのランキングや口コミも参考に

クレンジングは、今や大手メーカーから通信販売専業のメーカーまで、たくさんの種類のものが市販されています。価格もプチプラの安いものから高いものまで様々です。

百貨店、専門店、ドラッグストア、コンビニ、アマゾン、楽天などでも売られ、どれを選べば良いか迷ってしまいます。

そんなクレンジングの選び方を助けるのが、@コスメやまとめサイトなどのランキングや口コミ、ブロガーによる使用実感や感想です。

クレンジングランキングをはじめとするこれらの情報を参考にすることは良いことです。

しかし、肌はみんな違います。

30代のエイジングケアのためには、ランキングや口コミに過度に頼らず、正しい知識でクレンジング料を選びましょう。

2)30代のクレンジング料の選び方の基本

30歳からのエイジングケアのためのクレンジング料の選び方を考える要素は、

  • 自分の肌質や肌状態
  • 年齢による肌老化
  • 自分のメイクの濃淡

の3つです。

肌質は遺伝的な要素はあっても変わります。

年齢は誰もが毎年1歳ずつ増えていきます。

一方、メイクは自分の意思でコントロール可能です。

エイジングケアのためのクレンジングの選び方は、この3つの要素を考慮した上で、洗浄力と刺激の少なさのバランスを考えて選びましょう。

3)肌質で考えるクレンジング料の選び方

クレンジング料は、自分の肌質に合ったものを選ぶことが基本です。

肌質は、お肌の表皮の角質層の水分量と皮脂分泌量によって、普通肌脂性肌、乾燥肌、インナードライ肌(乾燥性脂性肌)の4つのタイプに分かれます。

肌質の図表

また、これら以外にも、乾燥肌がひどくバリア機能の低下が著しいお肌は敏感肌、顔のパーツで脂性肌と乾燥肌が混在するお肌を混合肌と呼びます。

①普通肌のクレンジング料の選び方

普通肌の場合は、30代以下ならどのタイプのクレンジング料でも大丈夫な場合が多いでしょう。

しっかりと濃いメイクの方なら洗浄力が強いオイルタイプやリキッドタイプが基本ですが、ナチュラルメイクならジェル、ミルク、クリームなどがオススメです。

30代からは少しでも優しいものを使いましょう。

②脂性肌のクレンジング料の選び方

脂性肌の方は、角質の状態は良いのですが、皮脂量が多いので洗い上がりのさっぱりとしたジェルタイプがオススメです。

伸びが良くなめらかなテクスチャーで、摩擦も少ないため、肌への負担を軽減できます。

ジェルタイプには水性と油性がありますが、30代からは低刺激な水性タイプがオススメです。

③混合肌のクレンジング料の選び方

混合肌の方は、クレンジングだけでなく、スキンケアが難しい肌質なのです。

  • 多かれ少なかれ、誰もがTゾーンはテカり気味で、Uゾーンは乾燥気味
  • 実は混合肌は多くの場合で乾燥肌

ということを知っておくことが大切です。

だから、混合肌の方は、乾燥肌やインナードライ肌と同じ考え方で30代のクレンジング料を選びましょう。

④乾燥肌・敏感肌クレンジング料の選び方

30代以下のエイジングケア世代より若い世代でも、乾燥肌やインナードライ肌、敏感肌の場合は、優しいクレンジング料を選ぶことが大切です。

ましてや30代以上で乾燥肌や敏感肌ならなおさらです。

クレンジング料の選び方は、次の3つのポイントをチェックしましょう。

  • 界面活性剤ならアミノ酸系界面活性剤
  • オイルなら油脂系オイル
  • お肌の刺激になる成分が配合されていない

敏感肌の30代の方にオススメなのは、刺激が少なくお肌に優しいアミノ酸系界面活性剤配合の水性のクレンジングジェル、またはアルガンオイルやコメヌカ油など美容オイルと同じ油脂系オイルを使ったクレンジングオイルがオススメです。

4)エイジングが進めば進むほど優しいものを

今、肌質別のクレンジング料の選び方の基本的な考え方をご紹介しました。

しかし、肌質は、エイジングを重ねると多くの方が乾燥肌に傾きます。

また、先ほども触れましたが、年齢を重ねると、皮膚が薄くなります。

これは、加齢によって女性ホルモンの分泌が低下することや、コラーゲンやエラスチンを作り出す線維芽細胞の力が衰えることなどが原因です。

お肌の老化は、20代後半から始まり、30代、40代、50代と年齢を重ねるごとに進みます。

だから、自分のお肌の変化に合わせて、その時点の肌質や将来のお肌のさらなる衰えを意識してクレンジング料を選ぶことが大切なのです。

エイジングケアを意識するなら、クレンジング料を使った後の肌の変化を観察し、もし、乾燥しているなど良くない変化がある時は、クレンジング料をより刺激が少ないマイルドなタイプに変えることをオススメします。

5)30代からはエイジングケアを意識した成分

エイジングケアを意識した成分

30代からのクレンジング料は、酸化を防ぐこと、潤いを保つこと、刺激を避けることを意識して、成分にも着目することが大切です。

①抗酸化のある成分はメリットになる

例えば、油脂系オイルの1つであるコメヌカ油などにはビタミンEが含まれていて、抗酸化作用があるのでメリットになります。

貴金属のプラチナや金(ゴールドコロイド)などの抗酸化作用のある成分が配合されているクレンジング料もオススメです。

②刺激のある成分は避ける

30代のエイジングケア化粧品でも同じですが、アルコール、PG、DPGが多いクレンジング料は避けましょう。

これらは、刺激になる可能性があるため、エイジングケアの視点ではオススメできない成分です。

③保湿成分は必要?

最近のクレンジング料はオイルと界面活性剤以外にも、保湿成分や洗浄をサポートする成分が含まれているものも増えています。

保湿成分については、水溶性成分でテクスチャーをしっとりさせるために使っている場合は良いのですが、油溶性の保湿成分はあまりオススメできません。

なぜなら、油分が残ると、クレンジング後の保湿化粧水に含まれる水溶性成分の浸透を妨げる可能性があるからです。

④毛穴汚れにも良いクレンジング

30代でも、毛穴の黒ずみいちご鼻などに悩む方がたくさんいます。

だから毛穴汚れを落とすクレンジング料が必要です。

また、クレイなどの汚れを吸着する成分、アーチチョーク葉エキス(アーティチョーク葉エキス)など毛穴ケア成分を配合したクレンジングがオススメです。

5)30代からはメイクも控えめがオススメ

クレンジング料が負担になるという観点からは、メイクをしないという選択肢もあります。しかし、メイクには紫外線ダメージからお肌を守ったり、メイクでウキウキするという心理的なメリットもあります。

一方、濃いメイクをすれば、洗浄力の強いクレンジング料を使わないとメイクが落ちません。だから、30代からはエイジングとともにナチュラルなメイクにすることをオススメします。


6.30代にオススメのクレンジング料は?

ナールスエークレンズ

30代のエイジングケアにオススメのアミノ酸系界面活性剤配合クレンジングジェル「ナールス エークレンズ」をご紹介します。

水性のオイルフリーのクレンジングジェルで、アミノ酸系界面活性剤であるラウロイルグルタミン酸Naが主な洗浄成分なので、敏感肌でも安心して使えるクレンジング料です。

ナールス エークレンズは、皮膚科医監修で、

  • アミノ酸系界面活性剤により、お肌に負担の少ないクレンジングが可能です。
  • 粘りのあるジェルがお肌に密着し、汚れをしっかり落としながらも、優しく洗い上げます。
  • クレイ(軟質多孔性の海泥)が毛穴の汚れを吸着し、クリアな素肌をサポートします。
  • アーチチョーク葉エキス配合で、毛穴のたるみ、開き、詰まり、いちご鼻、ザラつきなどの毛穴の悩みにアプローチし、毛穴の目立ちにくいお肌をサポートします。
  • ナノサイズまで小さくした「金コロイド」を配合。永続する抗酸化効果で、お肌の老化の原因となる活性酸素を除去し、お肌の酸化を防ぎます。
  • グルコシルセラミドユズ果実エキスの効果で、バリア機能の改善をサポートします。
  • 肌荒れ防止成分のカワラヨモギ花エキスシソ葉エキスが、デリケートなお肌を優しくいたわり、肌荒れを感じさせない健やかな素肌へと導きます。
  • 10の無添加(無香料、無着色、無鉱物油、オイルフリー、アルコールフリーパラベンフリー、石油系界面活性剤フリー、PG・DPGフリー、紫外線吸収剤フリー、旧表示指定成分フリー)を実現しています。
  • マツエクもOKです。
  • W(ダブル)洗顔は、原則として不要です。

といった特徴があります。

<全成分>

BG、ラウリン酸ポリグリセリル-10、ペンチレングリコールグリセリン、ラウロイルグルタミン酸Na、ヒアルロン酸Na加水分解ヒアルロン酸、グルコシルセラミド、金、タナクラクレイ、カワラヨモギ花エキス、シソ葉エキス、ユズ果実エキス、アーチチョーク葉エキス、ダマスクバラ花油α-グルカンPEG-60水添ヒマシ油カルボマーポリアクリル酸Na、水酸化K


7.30代からの正しいクレンジング習慣

正しいクレンジングの習慣

30代からのエイジングケアのためには、正しいクレンジング習慣を心がけることが大切です。

1)その日のうちにメイクを落とす

まず、当たり前のことですが、メイクはその日のうちにキチンと落としましょう。

メイクを残したまま寝ることは、不衛生で、お肌の老化を早めます。角栓の原因になったり、肌荒れ、大人ニキビの原因になります。さらに、顔ダニを増殖させてしまう危険性もあるのです。

メイクした日は、その日のうちに必ずクレンジングを行うことを習慣にして、お肌を清潔な状態を保つことが大切です。

特に、エイジングケア世代になると、メイク落としを怠ったダメージが目に見える変化として生じやすいので気をつけましょう。

2)正しいクレンジングのポイント

クレンジングの方法については、「クレンジングの正しい方法と使い方で美肌を目指す!」で詳しくご紹介していますので、ここではポイントをご紹介します。

ぜひ、チェックしてみてください。

  • メイクを落とす前に手を洗う
  • ポイントメイクは先に落とす
  • クレンジング料は手を乾かして使う
  • 使用量をしっかり守る
  • Tゾーンから、頬、目や口の順で行う
  • メイクをしているパーツに満遍なく馴染ませる
  • すすぎは、ぬるま湯(30度~35度程度)を使う
  • 所要時間は、すすぎを含めて1分程度
  • クレンジング後は、清潔なタオルで優しく水分を拭き取る

クレンジングの使い方は、「ナールス エークレンズの使い方」を参考にしてください。

3)クレンジング後はしっかり保湿を

クレンジングをした後は、保湿化粧水、美容液乳液や保湿クリームを使ってしっかり保湿ケアを行いましょう。

そのまま放置してしまうと、どんなに低刺激のものを使っていても乾燥肌の原因になってしまいます。

クレンジング後は、有効成分も浸透しやすくなっていますので、時間をあけずにケアすることが大切です。

エイジングケアを意識するなら、30代に合った化粧水をはじめエイジングケア化粧品を使うことをオススメします。


8.まとめ

まとめ

30代からのエイジングケアを意識したクレンジング料の選び方や使い方のポイントをご紹介しました。また、30代にオススメのクレンジング料「ナールス エークレンズ」についてもご紹介しました。

クレンジングのランキングや口コミなど増えてきて、選ぶための情報も簡単に入手できるようになってきました。

しかし、大切なことは正しい知識を持って自分のお肌に合ったクレンジング料を選ぶこと。

ぜひ、この記事を参考に、ランキングだけに頼らず、30代のあなたにピッタリのクレンジング料を選んでくださいね。

30代のエイジングケアにぴったりのオイルフリーのクレンジングジェル「ナールス エークレンズ」

<今だけ!無料サンプルプレゼント!!>

30代の女性にオススメのクレンジング!ぜひお試しください☆

ナールスエークレンズ無料サンプル申し込み

【衝撃】オチがすごすぎて、ハマる人続出!|ナールス史上初の素敵なストーリー

関連記事

しわを予防・改善するクレンジング料の選び方と使い方

続きを読む

シミを予防するクレンジング料の選び方と使い方

続きを読む

くすみの予防や解消のためのクレンジング料の選び方と使い方

続きを読む

インナードライ肌を改善するクレンジング料の選び方と使い方

続きを読む

ほうれい線を予防するクレンジング料の選び方と使い方

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」