水酸化Na(ナトリウム)は化粧品に使うアルカリ剤(pH調整剤)

水酸化Na(ナトリウム)のイメージ

水酸化Naは、水酸化ナトリウムと読みますが、アルカリ剤の一種で化粧品ではpH調整剤として配合されます。

また、水酸化Naは、食塩水を電気分解して得られるかたくてもろい成分です。

この記事では、水酸化Naのはたらきや効果、安全性をご紹介します。

また、水酸化Na配合のオススメのエイジングケア保湿クリームについてもご紹介します。

水酸化Na(ナトリウム)は化粧品に使うアルカリ剤(pH調整剤)の目次

1.水酸化Na(ナトリウム)に興味があるあなたへ

水酸化Na(ナトリウム)に興味がある女性s

水酸化Na(ナトリウム)は、水酸化K(カリウム)などと並ぶ代表的なアルカリ剤のひとつです。

水酸化Naは、塩化ナトリウムを電解して得られる成分で、化粧水美容液など化粧品のpH調整剤として使われます。

また、エイジングケア化粧品にも配合されます。

正しいエイジングケアのためには、水酸化Naをはじめ、さまざまな化粧品成分について理解することが大切です。

この記事では、水酸化Naの特性、効果、安全性について詳しくご紹介します。

また、水酸化Na配合のオススメのエイジングケア保湿クリームについてもご紹介します。

「水酸化Naのはたらきは?」

「安全性や刺激性はどうなの?」

「水酸化Na配合のオススメの保湿クリームは?」

などが気になる方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。

<オススメの水酸化Na配合エイジングケア保湿クリームなら>

ナールスゲン配合エイジングケア保湿クリーム「ナールス ユニバ」

<この記事の大切なポイント>
  • 水酸化Naは、代表的なアルカリ剤のひとつです。
  • 主に、水酸化NaはpH調整剤、石けん素地の材料として使われます。
  • 化粧品では、水酸化Naは洗顔料やクレンジング料、化粧水などのさまざまなアイテムに配合されます。
  • 水酸化Naは、強いアルカリなので本来はとても危険性の高い成分です。
  • しかし、化粧品成分として配合される場合は、酸で中和されてかつ低い濃度で配合されます。そのため、安全性のリスクはほぼ取り除かれています。

2.水酸化Naとは?

水酸化Naに疑問を持つ女性

水酸化Naは、食塩水を電気分解して得られる成分で、苛性ソーダとも呼ばれます。

水にも溶けやすく、かたくてもろく白色の結晶です。

水酸化Naは、水酸化Kと同じくアルカリ剤(pH調整剤)です。

水酸化Naや水酸化Kの希薄溶液は表皮を柔らかくするはたらきがありますが、その作用は水酸化Naの方が小さいことが特徴の1つです。

水酸化Naは、ステアリン酸やラウリン酸などの脂肪酸と反応させて塩をつくり、石けんを合成する原料として利用されることもあります。

また、カルボマーや(アクリレーツ/アクリル酸(C10-30))クロスポリマーなどの高分子ポリマーと化学反応を起こさせて、化粧品の増粘や乳化の安定性を高めるためにも利用されます。

化粧品としての全成分表示は、「水酸化Na」です。

一方、医薬部外品の場合の表示名称は、「水酸化ナトリウム」です。


3.水酸化Naが配合される化粧品

水酸化Naが配合される化粧品のイメージ

水酸化Naは、さまざまな化粧品に配合されます。

石けんや洗顔フォーム、酵素洗顔パウダーなどの洗顔料、クレンジングミルクやクレンジングジェルなどのクレンジング料保湿化粧水保湿美容液乳液保湿クリームフェイスマスクオールインワン化粧品、ボディローション、ハンドクリーム頭皮ケアのアイテム、化粧下地などのメイク用のアイテムに使われます。

エイジングケア化粧水エイジングケア美容液エイジングケア保湿クリームなどにも配合されます。


4.水酸化Naの安全性

水酸化Naの安全性を確かめる女性

水酸化Naは、水酸化Kと同じく水に溶けると非常に強いアルカリ性を示し、皮膚につくと大変危険な成分です。

そのため、5%の濃度を超える場合は、毒物及び劇物取締法により劇物に指定されています。

しかし、脂肪酸など酸と反応して中和されることで、毒性や刺激性が無くなります。

化粧品に配合される場合は、必ず中和させて危険性を無くしていますし、また配合濃度も低く設定されます。

だから、水酸化Naの単体としての危険性が化粧品などで現れることはありません。

つまり、化粧品に配合されるレベルでは、水酸化Naは、毒性、刺激性、アレルギーなどが少ない安全性の高い成分であると考えられます。

だから、水酸化Naは、バリア機能を壊すなどのリスクが低い成分です。

したがって、水酸化Na配合の化粧品は、普通肌脂性肌だけではなく、乾燥肌敏感肌インナードライ肌など、どんな肌質の方でも使うことが可能です。

しかし、どんな成分でも、誰にでも100%安全とは言えないことは留意しておきましょう。

かゆみがでたり肌荒れなどになる可能性を否定することはできません。

だから、アトピー性皮膚炎などアレルギーのある方やお肌が弱い方は注意が必要です。

肌が弱いなどで気になる方は、パッチテストをすることをおすすめします。


5.オススメの水酸化Na配合保湿クリームは?

ナールスゲン配合エイジングケア保湿クリーム「ナールス ユニバ」

水酸化Na配合のオススメのエイジングケア保湿クリームは、「ナールス ユニバ」です。

私たちの保湿クリームランキングの第1位です。

1)ナールス ユニバの開発コンセプト

ナールス ユニバとは、QOS(Quality Of Skin=お肌の質)の向上、つまり、「細かく整ったキメ」、 「お肌の内側からのハリと弾力」 、「健やかな肌の透明感」 、「表皮バリア機能」、 「十分な潤い」 などを実現すべく、攻めと守りのエイジングケアをサポートする成分をバランスよく配合した高機能な保湿クリームです。成分は濃厚、でも使い心地は軽く、すごく伸びがよいクリームです。

2)ナールス ユニバの配合成分のポイント

ナールス ユニバは、pH調整を目的として、水酸化Naを低濃度で配合しました。

水酸化Na配合以外には、次のような特徴があります。

①ナールスゲンを推奨濃度で配合

ナールスゲンを推奨濃度で配合しています。

ナールスゲンは、コラーゲンエラスチンヒートショックプロテイン(HSP)47などの真皮のたんぱく質や、お肌の酸化を防ぐグルタチオンを増やします。

②3種のヒト型セラミド配合

セラミドの中でも浸透性に優れた3種のヒト型セラミド(2、AP、NP)で、お肌のバリア機能と高い保湿をサポートします。

ナールス ユニバは、セラミドクリームの1つです。

④持続型ビタミンC誘導体配合

持続型ビタミンC誘導体VC-IPが、抗酸化作用、ナールスゲンとの相乗効果を存分に発揮。

⑤シアバター配合

シアバターのイメージ

シアバターの保湿力に加え、お肌へのなじみのよさとなめらかな質感を実現。

⑥安全性の高いビタミンA誘導体配合

レチノールを改良したレチノイン酸トコフェリルで、お肌のハリ・ツヤをサポート。

しわの改善をサポートします。

⑦お肌に不要な成分を無添加

パラベンフリーフェノキシエタノールフリーほか、アルコール性防腐剤の無添加化粧品です。

また、アルコールを配合しないノンアルコール化粧品です。

40代のエイジングケア50代のエイジングケアにもピッタリです。

もちろん、60代以上のエイジングケアにも使えます。


6.まとめ

水酸化Na(ナトリウム)は化粧品に使うアルカリ剤(pH調整剤)のまとめ

水酸化Naがどんな化粧品成分なのか、その特徴や効果、安全性をご紹介しました。

また、水酸化Na配合のオススメのエイジングケア保湿クリームについてもご紹介しました。

水酸化Naは、保湿クリームをはじめさまざまな化粧品に使われています。

ぜひ、水酸化Na配合の化粧品を上手にエイジングケアに取り入れてくださいね。

関連記事

(ジメチコン/メチコン)コポリマーとはどんな化粧品成分?

続きを読む

尿素のメリットとデメリットは?エイジングケアの視点から

続きを読む

キュアパッションはパッションフルーツのエイジングケア成分

続きを読む

シアノコバラミン(VB12)は赤いエイジングケア化粧品

続きを読む

ジメチコンが危険って本当?その効果と安全性!

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」