エイジングケア世代女性の9割以上が、「夕方の顔は」朝からマイナス60点!

夕方に疲れ顔を実感する女性

女性として、年を重ねていっても、いつまでも綺麗でいたいですよね。

でも、仕事や家事、育児と多忙な日々を送るなかで知らず知らずに疲れが顔に出ていることもあります。マンダムが行った、30~40代の女性を対象にした「疲れ顔」に関する調査結果を紹介します。

エイジングケア世代女性の9割以上が、「夕方の顔は」朝からマイナス60点!

1.疲れ顔の原因って?

疲れ顔に悩む女性

 

ふとした時に、自分の顔を鏡で見て愕然!とした日がやってきた経験のある女性は多いと思います。

「え?いつから、こんな疲れた顔してるの?」って。

毎日多忙に過ごしつつも、自分なりにエイジングケアやスキンケアをがんばっているのに・・・と、気持ちも沈んでしまいますよね。

疲れ顔は、老けて見える原因の一つですが、そもそも疲れ顔の原因として挙げられるのが、目の下のクマ肌のくすみハリの低下毛穴の開き顔のむくみ、目の使い過ぎ、肌荒れストレス、睡眠不足、血行不良など。

こうした要素がさまざまに絡み合って、知らない間に「疲れ顔」になっています。

今回、マンダムが調査した「疲れ顔」についてご紹介します。30代40代のエイジングケア予備軍・エイジングケア世代群の女性はどんな風に感じているのでしょうか?

 

【調査概要】
調査方法:インターネットリサーチ
調査時期:2019年8月実施
調査対象:30歳~49歳 女性 n=426(マンダム調べ)

 


2.30~40代女性の9割以上が、夕方に「疲れ顔」を実感

9割以上の女性が夕方に疲れを実感

 

自分の顔を見て疲れていると感じたことがあると答えた女性は、なんと92.5%!

ほぼ回答者全員に近い方が、「疲れ顔」を実感していることがわかりました。

 

自分の顔を見て疲れていると感じたことがあるとのアンケート結果

 

また、「疲れ顔」実感したシーン別では、「夕方のトイレ」が70%と一番多く、ついで、肌状態が気になった時(50%)、仕事後の電車の窓を見て(44%)となっています。

ここから、肌状態の変化だけでなく、夕方のトイレや仕事終わりの電車の窓といった、1日の終わりの「夕方」に疲れ顔を実感していることが浮き彫りになりました。

 

「疲れ顔」を実感したシーンのアンケート結果

 

 


3. 疲れ顔を特に実感する時間帯は、17~19時

疲れ顔を一番感じる時間帯

 

疲れ顔を実感する時間帯は、「17時~19時」との回答が多く、この時間帯が「疲れ顔のピークの時間帯」のようです。

疲れた顔をしていると思うシーンとこの時間帯はリンクしており、夕方の疲れ顔の印象が少なくなるようなケアの見直しが、自分のエイジングケアの改善のヒントになりそうです。

 

自分の顔が一番疲れていると感じる時間帯のアンケート結果

 

 


4. 夕方の顔の評価は、朝の顔からマイナス60点という結果に!

夕方の顔は朝の顔よりマイナス60点

 

また、夕方6時の自分の顔に点数をつけてもらったところ、平均点が40点。なんと、朝の顔からマイナス60点にもなっています!

満足した顔ができている朝と近い顔の状態が維持できないのは、やるせない気持ちになりますよね。。。

夕方の疲れ顔は、メイク崩れだけでなく、乾燥肌、毛穴の開きや朝に目立たなかったメラニンの蓄積といった疲れ顔の印象を左右する要素が前面に出てくるからかもしれません。

 

夕方6時の顔が何点かというアンケート結果

 


5. あなたの「疲れ顔」、例えるとなに?

疲れ顔を例えるならしぼんだ風船

 

自分の顔をみて疲れてると感じた時、その状態を例えると何か、との問いには、悲しい例えばかりが上がってくる結果に。

他人はそう思っていなくても、自分自身では特に敏感に感じるのかもしれませんね。

 

  • ゾンビ(30代、40代多数)
  • しぼんだ風船(40代多数)
  • ブルドッグ(40代多数)
  • 渋柿(34歳)
  • しおれたブドウ(42歳)
  • 梅干し(45歳)
  • 干しシイタケ(49歳)
  • しなびたピーマン(40歳)

・・・など、他食べ物多数

 


6.編集後記

どれもこれも、私自身も一番多い回答と同様に思っています。

仕事終わりに、誰かと会う約束があると、ボロボロの顔で会うのがなんとも憂鬱で、一度家に帰ってシャワー浴びてリフレッシュしてから出かけたい気持ちに毎回なります。

夕方でも単なるメイクの崩れなら、テクニックで戻しようがありますが、やはり、土台となるお肌が、水分をしっかり蓄えたハリやツヤのある美肌でいたいですね。

エイジングケア化粧品によるお手入れに加えて、美肌のための栄養素の摂取食事の取り方などアンチエインイングを意識した日常生活を少しでも取り入れて、お肌が健康な状態に感じられるようにしていきたいと思います。

なお、夕方の疲れ顔の対策をもっとしっかり理解したい方は、「夕方になるとお肌にくすみが!エイジングケア対策が必要?」をご覧ください。

 

(執筆:エイジングケアアカデミー編集部 やすだともよ

関連記事

「使いかけのメイクアイテムは病原性細菌に汚染されている」ことが研究で実証

続きを読む

低体温は体調不良のもと?!体温の高い人の生活習慣はどんな感じ?

続きを読む

肌の触感でその日の気分が左右される女性は、なんと8割!

続きを読む

ヨーグルトは夜に食べるのが一番効果的!

続きを読む

「聞こえ」と認知症の関連 エイジングケア世代約7割が知らない結果に

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」