30代のエイジングケア化粧水の選び方と使い方のコツは?

自分にあった化粧水を考える女性

30代は多くの女性が、「そろそろエイジングケアを始めよう!」と思う時。

あなたも30代なら、そうお考えではないでしょうか?

その際、真っ先に使う基礎化粧品と言えば、化粧水。

この記事では、そんな30代で初めてエイジングケア化粧水を使う方のために、選び方と使い方のコツをご紹介します。

1.30代で初めてエイジングケア化粧水を試したいあなたへ

お肌のハリツヤが十分にあった10代や20代。

その頃は、エイジングケアを意識することもなかったのに、30代になった今では、「そろそろエイジングケアを!」と考える方もいるのではないでしょうか?

そんなエイジングケアのためのエイジングケア化粧品で、洗顔後に真っ先に使うのがエイジングケア化粧水です。

多くの30代女性のエイジングケアのスタートは、エイジングケア化粧水を選ぶことから始まります。

その時に頼るのは、@コスメなどの口コミや美容雑誌の特集。あるいは、ウェブサイトの化粧水ランキングではないでしょうか?

もちろん、それも悪い方法ではありませんが、本当に大切なのは、30代のお肌の変化やあなたご自身の肌質を知ったうえで、自分に合ったエイジングケア化粧水を選ぶことではないでしょうか?

そして、そのエイジングケア化粧水を正しく使うことも大切です。

この記事では、30代のエイジングケア化粧水の選び方と使い方のコツを幅広くご紹介します。

「30代のお肌の変化って?」

「そもそもエイジングケア化粧水って何?」

「30代からはエイジングケアを始める必要があるの?」

「30代で初めてエイジングケア化粧水を使うので失敗したくない!」

「エイジングケア化粧水の正しい使い方が知りたい」

などとお考えの方は、是非、続きを読み進めていただければ幸いです。

なお、30代のエイジングケア全般についての詳しい情報は、「30代、初めてのエイジングケア化粧品。知らないと損する真実!」をご覧ください。

30代、初めてのエイジングケアなら
ナールスゲン配合エイジングケアローション「ナールスピュア」
初回限定 4,500円 → 3,150円(税別)

<この記事でお伝えしたい大切なこと>
  • 30代からは、お肌の表皮で保湿の3大因子の減少が目立ち始めます。また、真皮の衰えも始まりコラーゲンやエラスチンも減少します。
  • そのため、30代からは様々なエイジングサインが目立ち始めます。
  • そんな30代からは、エイジングケアを意識して化粧水を選ぶことが大切です。エイジングケア化粧水は、抗酸化成分を配合したものをはじめ、コラーゲンやエラスチンをサポートするものを選びましょう。
  • エイジングケア化粧水は、肌質や肌悩みから選び方を考えることも大切です。
  • 30代の自分にピッタリのエイジングケア化粧水を選んだら、正しく使いましょう。

2.30代のお肌と老化と肌悩みは?

30代の肌悩みで悩む女性の写真

1)30代のお肌の表皮の変化は?

20代後半から30歳位が、最初に肌の変化を感じやすい時期と言われています。

代表的な変化として、肌のうるおいを保つ保湿の3大因子と呼ばれる「皮脂膜」「角質細胞間脂質」「NMF(天然保湿因子)」の3つの減少が始まります。

これらの成分は、お肌の表皮角質層バリア機能を保ち保湿の役割を果たしています。

しかし、お肌の曲がり角と言われる20代の半ばから、少しずつ減少し始め、30代では「乾燥肌になりやすくなった」などと実感することがあるのです。

だから、30代からは、保湿の3大因子の減少による影響を最小限に抑えるため、エイジングケアを取り入れていくことが必要になってくるのです。

①皮脂膜

30代に入ると、皮脂腺から分泌される皮脂が減り、と混じってできる肌を守ってくれる天然の保湿クリームである皮脂膜の生成も減っていきます。

そのため、以前より乾燥やお肌のかさつきなどを感じるようになる場合が多いのです。

20代のころは脂性肌でベタつきを感じることがあった人でも、30代では肌の状態が変化する女性も少なからずいます。

②角質細胞間脂質

角質層の細胞と細胞の間に存在している角質細胞間脂質は、約半分近くがセラミドからできています。

肌の水分保持に関して非常に重要な役割を持っている角質細胞間脂質が減少することで、うるおいが失われがちになります。

③NMF(天然保湿因子)

角質細胞内で水分を保つ役割があるNMF(天然保湿因子)です。

単一の成分ではなく、アミノ酸やミネラル、尿素など、人がもともと持っている水分を抱え込む成分の総称です。

水分を取り入れるはたらき(吸湿性)と水分を抱え込むはたらき(保湿性)の両方を持ち、肌のうるおいを保つ上で重要な働きをしています。

NMFが減少すると、水分を外から補給しても、またすぐに乾いた状態に戻ってしまいがちです。

健やかなで潤いが十分な角質層には、約20%〜30%の水分が含まれていると言われていますが、この水分量が減ってしまうと、お肌のキメが乱れがちになり、ハリやうるおいのある肌からは遠のいてしまいます。

このように、年齢を重ねると肌の表皮のはたらきが衰えることで、バリア機能が低下しがちになります。

また、角質細胞が生まれてから角質まで上がって役割を終えるお肌の新陳代謝であるターンオーバーの期間も長くなっていくのです。

だからこそ、30代からは年齢に合わせたお手入れであるエイジングケアを取り入れていくことが大切になってくるのです。

2)30代のお肌の真皮の変化は?

お肌の表皮の奥には、お肌の真皮があります。

30代では、真皮はどんな変化が起こるのでしょうか?

真皮の70%はコラーゲンで、ほかにはコラーゲンを束ねてバネの役割を担うエラスチン、潤いを担うヒアルロン酸プロテオグリカンがあります。これらの成分を作っているのが、真皮にある線維芽細胞です。

30代になると真皮も衰えはじめ、これらの線維芽細胞の活力も低下し始めます。その結果、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、プロテオグリカンの量も減っていくのです。

つまり、30代は表皮と真皮がともに衰えだし、「エイジング」を実感し始める年齢と言えるのです。といっても、真皮の衰えが大きいわけではないので、早くエイジングケアを行なえば予防は可能です。

3)30代のエイジングインデックスって?

私たちは、こうした表皮と真皮の衰えを数値で表せるように指標化しました。

それが、お肌のエイジングインデックスです。

エイジングインデックスとは、お肌の状態を、年代別に「お肌全体の代謝」「表皮の老化」「真皮の老化」の3つを軸に、それぞれに関連する要素を8つの指標で数値化し、レーダーチャートで表現したものです。

お肌のエイジングインデックス・図
30歳のエイジングインデックス
35歳のエイジングインデックス

4)30代から目立つエイジングサイン

30代は、今、説明したエイジングインデックスの低下を受けて、さまざまなエイジングサインが目立ち始めます。

代表的なエイジングサインとして以下のようなものがあります。

  • お肌が乾燥気味でカサカサする
  • 今までの保湿化粧水の浸透が悪くなった気がする
  • 縦長の毛穴が目立つようになってきた
  • 疲れが顔にでやすいと感じる
  • 顔色がパッとせず暗く見える
  • 小じわが目立ってきた
  • 乾燥によるほうれい線が目立ってきた
  • お肌の傷が治りにくい
  • 化粧ノリが悪くなった

いかがでしたでしょうか?

1つでも当てはまるものがあるようなら、できるだけ早めにエイジングケアを行うことをオススメします。

30代で出やすいエイジングサインではありますが、早い人では20代後半から実感する人もいます。

エイジングケアは、なるべく早いうちから行うことが大切です。

気付いた時からすぐに始めるようにしましょう。

5)30代からのエイジングケアの意義は?

エイジングケアは、決して後ろ向きの行動ではありません。

むしろ年齢に負けないエイジレスな美肌を作るための前向きなアクションです。

どんな人でも年齢を重ねます。例外はありません。

しかし、同じ年数を生きてきても、いつまでも若々しい人は存在します。

女優さんのように見られる職業の人は、特に意識的にケアを行っているからこそ、人が憧れるような美しさを保つことができるのです。

皮膚・お肌の基本的なつくりは誰でも同じです。年齢を重ねるほど、自分を大切にケアしてきた人がより輝きやすくなります。

まずはできることからの小さなアクションでも大丈夫です。

エイジングケアはいつから始めるか?」は、人それぞれですが、30代になれば早めにエイジングケアをする習慣を取り入れて、より輝く女性になっていきましょう。


3.30歳からのエイジングケア化粧水の役割と特徴

30歳からのエイジングケア化粧水

30代からのエイジングケア化粧水の選び方の前に、化粧水の種類と役割を理解し、エイジングケア化粧水の役割と特徴を押えておきましょう。

1)化粧水の種類と役割を理解しよう

化粧水には、たくさんの種類があります。代表的なものをみていきましょう。

①保湿化粧水/柔軟化粧水

一般に化粧水と言えば、保湿化粧水(柔軟化粧水)のことです。

主な目的は保湿です。普段使いの基本の化粧水と言えます。

一般肌用化粧水、柔軟化粧水、あるいは保湿化粧水やただ化粧水とだけ表記されます。

基本的には、洗顔後のお肌に水分と保湿成分を補うこと、そして、化粧水の後の美容液乳液保湿クリームなどの基礎化粧品を浸透しやすくするための土台を作る役割があります。

保湿成分にも多くの種類があり、1つ1つの化粧水で濃度なども異なっています。
化粧品には全成分表示が義務付けられており、濃度が高い順に記載されています。
自分の肌に合った商品を選ぶ意味でも、化粧品を購入する際は、成分チェックを欠かさないようにしましょう。

もちろん、これらの化粧水の数はとても多く、1,000円程度のプチプラコスメから10,000円以上する高級ブランドコスメまで様々ありますが、成分をチェックする基本は同じです。

また、アルコールが使われていないアルコールフリー化粧水セラミド化粧水アミノ酸化粧水ビタミンC誘導体化粧水などの配合成分を冠にした呼び名がありますが、それらの多くは保湿化粧水です。

さらに、エイジングケア化粧水も大きな意味では、このカテゴリーで、主に30代以上の方向けにエイジングケア化粧品成分を配合したものです。

②美白化粧水

シミ対策美白を主眼においた化粧水です。

美白化粧水に含まれる成分は、「日焼けによるメラニンの生成を抑え、シミやそばかすが増えるのを防ぐ」ことを主な目的としています。

美白と言っても肌を白くするのではなく、シミの予防やくすみを改善することで肌の透明感や明るさが減少するのを防ぐことがメインです。

「美白」という表記をするためには、厚生労働省が認めた美白有効成分が配合されている医薬部外品(薬用)であるという条件を満たす必要があります。

③収れん化粧水

収れん化粧水とは、肌を引き締める効果がある化粧水のことです。

一般的に、化粧水・美容液・乳液とケアをした後に使われます。

余分な皮脂の分泌を抑えてくれる働きがあるので、夏場のテカリや化粧崩れ防止に特に効果を発揮してくれるものです。

多くの収れん化粧水には、肌を引き締める効果があるアルコール分が含まれていますので、乾燥肌敏感肌インナードライ肌の人など、肌質によっては使用を控えることをオススメします。

また、その性質から、男性がテカリ防止などの目的で使用することもあります。

④拭き取り化粧水

拭き取り化粧水の目的は保湿することではありません。

クレンジングによるメイク落としや洗顔などで落としきれなかった汚れや古い角質を、コットンを使って拭き取ることを目的として作られています。

保湿成分がまったく含まれていない訳ではありませんが、一般的な化粧水とは役割が違いますので、その点は理解しておきましょう。

拭き取り化粧水を使用した後は、普段使いの化粧水でしっかり保湿してあげることが大切です。また、敏感肌や、皮膚が薄い人は、控えるか注意が必要です。

⑤ニキビ用化粧水

ニキビ対策の化粧水です。

サリチル酸、グリチルリチン酸ニカリウムなど、殺菌作用や抗炎症作用のある成分が配合されています。

その分、肌に刺激を与え場合によっては乾燥を助長させてしまうことがありますので、使用する際には気をつけましょう。

⑥アルカリ性化粧水

PH(ペーハー)が「アルカリ性」の化粧水です。

肌が弱酸性であることから、化粧水は基本的に弱酸性となっています。

表皮常在菌のバランスを保ち、肌に刺激を与えないためです。

アルカリ化粧水は、あえてアルカリ性にすることで角質を溶かすはたらきを持たせたものです。言ってみれば、アルカリ性の温泉とよく似た効果を発揮するのです。

アルカリ化粧水は、ターンオーバーが遅くなった場合や角質肥厚 など、ゴワゴワしたお肌を柔らかくしたい場合に使われる化粧水です。

長く使用しすぎると、肌が薄くなったり、ターンオーバーが早まりすぎるなどのデメリットが生じますので、注意が必要です。

また、敏感肌や、皮膚が薄い人は、使用を控えたほうが良いでしょう。

他にも、化粧水の前に使用する化粧水である「プレ化粧水」や「導入化粧水」などがあります。

2)エイジングケア化粧水とは

エイジングケア化粧水には、法律上の定義はありません。エイジングケア化粧水とは、一般的には保湿成分だけではなく機能性の高いエイジングケア化粧品成分を配合した保湿化粧水で主に30代以上の方向けに作られたものです。

ビタミンC誘導体ビタミンE誘導体などの成分が入った化粧水などがエイジングケア化粧水と呼ばれます。

ビタミンC誘導体とビタミンE誘導体には、どちらも抗酸化作用があります。またビタミンC誘導体には、他にも美白効果や、毛穴の引き締め・詰まり改善効果など多くの働きがあります。

水溶性のエイジングケア化粧品成分である「ナールスゲン」、「ネオダーミル」、「アスタキサンチン」、「フラーレン」、「プラセンタエキス」などが含まれた化粧水もエイジングケア化粧水と呼ばれます。

エイジングケア化粧水は、抗酸化作用などのある機能性の高い成分や保湿力の高い成分が配合された化粧水と理解しておきましょう。


4.30代のエイジングケア化粧水の選び方

30代のエイジングケア化粧水の選び方を考える女性

 

1)保湿を化粧水に求める選び方と求めない選び方

30代に限らずスキンケアで求めるべきことは、保湿です。だから、スキンケア化粧品に求めるはたらきは保湿です。

だから、化粧水も30代からは保湿力が大切です。

しかし、化粧水だけでは保湿は完了できないのです。
なぜなら、「化粧水」という特性上、セラミドなどの油溶性成分、シアバターやオイル系の油分は、その配合濃度が極めて少なくなるからです。
スキンケア化粧品による保湿には、「水分を与える」「水分を保持する」「水分の蒸発を防ぐ」という3つのプロセスがありますが、そもそも化粧水は、「水分の蒸発を防ぐ」プロセスは弱いのです。

アイテムごとの保湿の性質

だから、30代からの化粧水の選び方としては、

①水溶性の保湿成分による「水分の保持」と「エイジングケア」の両方を重視する。

②化粧水では、あまり保湿を重視せず「「エイジングケア」を重視する。

という2つの考え方ができます。

①の場合は、プロテオグリカンやヒアルロン酸など保湿効果の高い成分とナールスゲンやビタミンC誘導体、ビタミンE誘導体などを配合した化粧水を選ぶことになります。これで十分潤う方で普通肌の方なら美容液は不要の場合もあります。

②の場合は、保湿成分はあまり気にせず、ナールスゲンやビタミンC誘導体、ビタミンE誘導体、その他にも抗酸化成分を意識すれば良いでしょう。
ただし、この場合は、保湿力の高い成分を配合した美容液を一緒に使うことをオススメします。

このように化粧水の選び方は、後に使う美容液や保湿クリームをどう選ぶかも併せて考えることも大切なのです。

だから30代からは、化粧水ランキングなどで化粧水のことだけに集中するのではなく、エイジングケア全体のプロセスを考えた上で化粧水を選ぶことが大切なのです。そのポイントは、「化粧水のおすすめ!大切にしたい7つのチェックポイント」をご覧ください。

2)肌質を考えた化粧水の選び方

30代からは、多くの方が乾燥肌に傾きます。この時期、あらためて肌質を考えて化粧水を選ぶことが大切です。

詳しくは、「エイジングケア化粧水の選び方は、肌質と年齢で考える」で取り上げていますが、ここではポイントをご紹介します。

まずは自分の肌質を把握してみましょう。

ここで大切なのは、30代の今の自分の肌質をチェックすることです。

肌質は変化しますので、20代や以前の肌質を見た時の結果を参考にすると、現在の肌質に合っていない場合があります。

①普通肌とオススメの化粧水

普通肌とは、健やかな状態の肌です。

どんな化粧水を使っても、肌トラブルなどが起こることは少ない理想的なお肌の持ち主です。

お肌全体に適度な潤いがありますが、30代からは頬やUゾーンは多少カサついてくることもあります。

そんな乾燥肌とまではいかない肌状態でも、30代は保湿を強く意識しましょう。

基本的には、皮脂量と水分量のバランスがとれていますので、過度な皮脂ケアは不要です。

保湿とエイジングケアを兼ねたエイジングケア化粧水がオススメです。

ビタミンC誘導体やナールスゲンなどのエイジングケア化粧品成分とプロテオグリカンやヒアルロン酸などの保湿成分が配合された化粧水がオススメです。

それで状態が良ければ普段は化粧水によるスキンケアだけでも大丈夫です。

冬の時期や乾燥を感じる場合には、美容液ほか他のスキンケアアイテムも使いましょう。

②乾燥肌

乾燥肌とは、肌の水分量や皮脂量が少ない状態の肌のことです。

肌の水分量が少なく皮脂量が多ければインナードライ肌ですが、その本質は乾燥肌です。

30代になると多くの女性が乾燥肌傾向になります。

全体的にカサカサしていて、うるおいやツヤが減少しています。また、目元のしわをはじめ小じわが生じやすいという特徴もあります。

乾燥肌が進むとよりバリア機能が低下して敏感肌になることもあります。

だから、保湿をシッカリ行うことが30代からの乾燥肌対策として大切です。

化粧水は、プロテオグリカンやヒアルロン酸などの保湿成分が配合された化粧水がオススメです。

また、エイジングケアにはビタミンC誘導体化粧水は良いのですが乾燥肌をさらに進ませてしまうリスクがあるので、濃度は低めのものをオススメします。

乾燥肌の場合はどんな化粧水でもそれだけでは不十分な場合もあるので、美容液や保湿クリームも使いましょう。

インナードライ肌も乾燥肌と同じと考えて化粧水を選べば良いのですが、乾燥肌以上に美容液や保湿クリームを重視して保湿をしっかり行うことが大切です。

なお、乾燥肌の場合は、ふき取り化粧水、収れん化粧水、アルカリ性化粧水はバリア機能の低下のリスクがあるので、控えるかまたは慎重に使いましょう。

特に、敏感肌の方は、「敏感肌化粧水の選び方は、ランキングより正しい知識で!」を参考にして化粧水を選んでくださいね。

③脂性肌

脂性肌とは、肌全体がテカりやすいなど、皮脂量や水分量が多い状態の肌のことです。

キメが粗く毛穴が開いている状態であるため、化粧も崩れやすいという特徴があります。

脂性肌は、どの化粧水を使っても基本的には問題ありません。

皮脂量のバランスが崩れているので、皮脂をコントロールするビタミンCを誘導体入りのエイジングケア化粧水がオススメと言えます。

ただし、一見脂性肌に見えて実は乾燥肌というインナードライ肌の場合は、脂性肌のケアを行ってはいけません。

30代で急に脂性肌の変わったという方には、実はインナードライ肌だったという場合もあるので要注意です。

④混合肌

混合肌とは、部分的に乾燥肌であったり脂性肌である肌のことです。

どんな方でもTゾーンは脂っぽくUゾーンはかさつきがありますが、30歳を超えて、その差が顕著になることがあります。

必要に応じて、顔のパーツ別のケアをする必要がありますが、混合肌も多くの場合は、その本質は乾燥肌です。

だから化粧水は、乾燥肌と同じ考え方で選びましょう。

化粧水だけでエイジングケアを行なうのは難しいので、美容液や保湿クリームに重点をおくことがオススメです。

3)肌悩みに合ったエイジングケア化粧水を選ぼう

30代の肌悩みに合った化粧水を選ぶ女性

30代では、エイジングインデックスの低下によって、様々な肌悩みがでてきます。また、お肌の老化も進んできます。

とはいっても、大きくは3つの肌悩みに分かれます。

①表皮の肌悩みはエイジングケア化粧品で改善

1つは、表皮のバリア機能とターンオーバーの乱れによる乾燥肌とそれに関連する肌悩みです。乾燥による小じわ、乾燥によるほうれい線、乾燥によるくすみなどがそれにあたります。

また、敏感肌やインナードライ肌などもお肌の乾燥が深く関わっています。

 

これらの表皮の肌悩みは、保湿をしっかり行えるエイジングケア化粧品で改善が可能です。

表皮に関する肌悩みでもう1つは、メラニンに関係があるのがシミです。これも、角質層にメラニン色素が留まってしまう肌悩みです。この場合は、美白化粧水を使うことも必要ですが、その前にしっかりと紫外線対策を行いましょう。

30代ではまだ表皮の肌悩みの方が多いので、多くは正しいエイジングケアや生活習慣で改善することも可能です。

②真皮の肌悩みが目立つ前にエイジングケア化粧水で予防

もう1つは、真皮の衰えによる肌悩みです。

シワにはいくつか種類がありますが、真皮じわがその代表です。

また、ほうれい線顔のたるみ目の下のたるみ目の下のクマ(黒くま)たるみ毛穴黄ぐすみなどがそうです。

これらの真皮の衰えで目立つエイジングサインは、どんなエイジングケア化粧水でも改善は難しくなります。だから、こうしたエイジングサインに悩む前から、抗酸化作用やコラーゲンやエラスチンなどをサポートする成分を配合したエイジングケア化粧水を使うことをオススメします。

40代や50代になってさらにエイジングサインが進行する前に、しっかりとエイジングケアを行ないましょう。

オススメは、浸透性が高く刺激が少ない両親媒性ビタミンC誘導体APPS、プロテオグリカン、ナールスゲン、ビタミンE誘導体を配合し、界面活性剤フリーを実現したエイジングケア化粧水「ナールスピュア」です。

また、個別の肌悩みに対する詳しい化粧水の選び方は、次の記事を参考にしてください。

30代~40代でほうれい線を消す?エイジングケア化粧水の選び方!

シワのケアに!オススメのエイジングケア化粧水の選び方と使い方

たるみ毛穴ケアのオススメ化粧水と選び方・使い方のコツ

③他の要素の肌悩みと化粧水

さらに、表皮や真皮以外にも皮下脂肪表情筋、血行などの要素が絡む肌悩みもあります。

たとえば、目の下の青クマ、くすみなどは、血行不良が原因の場合があります。

また、たるみは皮下脂肪や表情筋の影響を受けることがありますが、30代ではまだそれほど深刻な場合は少ないでしょう。

まれに30代でもゴルゴラインマリオネットラインに悩む方がいますが、これらは顔のたるみが原因です。

それ以外でも、むくみが原因となるほうれい線急激なダイエットによるほうれい線などもあります。

これらは、化粧水ではケアできません。

だから、30代でこうした肌悩みがある場合は、生活習慣の改善や美容医療が必要です。

4)30代からの男性のエイジングケア化粧水

男性の場合の化粧水の選び方について触れてきませんでしたが、基本は女性と同じです。

ただ、男性の肌は、女性と比べて

  • 皮脂が多い
  • 水分量が少ない
  • 髭剃りによるダメージを受ける

の影響もあります。

また、紫外線ダメージを気にしない方も多いので、30代からはエイジングケア化粧水を使うことをオススメします。

男性のエイジングケアや化粧水の選び方についての詳しい情報は、「メンズ(男性)にもエイジングケアが必要な3つ理由と5つの対策」や「メンズ(男性)も化粧水を使う時代!ランキングに頼らない選び方」をご覧ください。


5.30代の化粧水の使い方

化粧水を使う30代の女性

1)化粧水を使う前に30代で意識したいこと

30代は化粧水でただ保湿するという考えではなく、化粧水に含まれる成分をしっかり肌に浸透させる意識を持つことがとても大切です。

そのために必要なのが、先ほど挙げたようなエイジングケア化粧品成分です。

また、30代からは間違った使い方でお肌への負担や刺激を与えることの無いようにすることも大切です。

つまり、化粧水の持つはたらきを最大限引き出すとともに、化粧水を安全に使うことも大切なのです。

20代ではあまり意識せずに使っていた化粧水も30代からは、エイジングケアを意識した使い方が大切です。

化粧水の使い方については、「化粧水の使い方・つけ方で美肌効果アップ!上手なエイジングケア」で詳しく取り上げていますが、ここでは30代のエイジングケアで気をつけたいポイントを整理してみます。

2)化粧水の使い方の基本

化粧水を使う時は、まず適量を両手のひらに取り、体温であたためてあげましょう。

あたためることで化粧水の成分が肌に浸透しやすくなります。

つけ方としては、顔の中心から外側へ、手で顔を包み込みながら、大きく円を描くように全体に優しく塗布をしていきます。バシャバシャとつけるのは望ましくありません。

続いて、 目元や口元などお肌が薄くデリケートなパーツは、指の腹でそっと押さえるように伸ばします。

次におでこは手に残った化粧水をなじませ、最後にフェイスラインを軽く押さえましょう。

潤いが足りないようなら、もう一度同じことを繰り返してもかまいません。ただし、何度も化粧水を使うよりも続いて美容液など違うアイテムを使う方が効果的です。

乾燥しやすいUゾーン(顎〜頬)は、特に気を配りましょう。

30代以降は、お肌は刺激に弱くなっていきます。化粧水は、優しく肌に乗せるようなイメージで使いましょう。

その後、美容成分が肌に染み込みやすいように優しく丁寧にハンドプレスしてあげると効果的です。丁寧なお手入れを心がけましょう。

また、30代のエイジングケアとしては、デコルテなどのケアにも化粧水を付けましょう。

3)30代からの化粧水の使い方は浸透と優しさを重視

また、美容成分を浸透させるには化粧水パックを活用する方法も良いです。

生え際などの手では難しい部分にもじんわり化粧水を浸透させることができます。

コットンやシートにたっぷりと化粧水を染み込ませ、肌の気になる箇所において成分を浸透させましょう。

さらに、ビタミンC誘導体、アミノ酸、ナールスゲン、プラセンタエキス、トラネキサム酸などは、イオン導入に向く成分です。

これらの成分が配合されている化粧水は、イオン導入化粧水としても使えます。

化粧水の後は、エイジングケア美容液で水溶性、油溶性両方の美容成分を補うことも30代のエイジングケアには大切です。

さらに、乾燥が気になる場合や冬場は、乳液、保湿クリームあるいは美容オイルで油分を補ってあげることも大切です。


6.まとめ

30代からのエイジングケア化粧水の選び方と使い方について幅広くご紹介しました。20代では気にならなかったお肌の乾燥やエイジングサインが気になり始める方も多くなるころです。

そんな時に使うのが、エイジングケア化粧品ですが、多くの方はエイジングケア化粧水を最初に使い始めます。

ぜひ、この記事の内容をご参考に、30代のあなたの肌質や肌状態、肌悩みにピッタリのエイジングケア化粧水を選び、正しくお使いいただければ幸いです。

30代もそれ以降も、健やかかで美しい素肌を手に入れてくださいね。

関連記事

メンズ(男性)も化粧水を使う時代!ランキングに頼らない選び方

続きを読む

40代の肌悩みで考えるエイジングケア化粧水の選び方・使い方

続きを読む

化粧水の使い方・つけ方で美肌効果アップ!上手なエイジングケア

続きを読む

ふき取り化粧水の効果は?メリットとデメリットと使い方のコツ

続きを読む

収れん化粧水は毛穴の開きに効果的?その真実の効果と選び方

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」