40代、目の下のクマをナチュラルに隠すメイク法

No.2目の下のクマ

40代の目の下のクマは、スキンケアやエイジングケアで消せればいいけど、すぐには難しいことも。

そんな時に頼りになるのがメイク。

この記事では、メイクアップアーティストのMANAMIさんに、動画で目の下のクマをナチュラルに隠すメイク法をご紹介いただきます。

40代、目の下のクマをナチュラルに隠すメイク法の目次

1.ナールス美肌メイクレッスン~40代の目の下のクマ編~とは?

ナールス製品

目の下のクマには、青クマ、茶クマ、黒クマ、赤クマの4種類があります。

これらの原因は、エイジングや血行不良、メラニンが溜まることなどです。

40代のエイジングケア世代になると、そんな目の下のクマが目立つことも。

目の下のクマは、スキンケアやエイジングケアで改善できればよいのですが、なかなか難しいことも。

顔のたるみ冷え性による血行不良によるクマは、エイジングケア化粧品を使うだけでは、大きな改善は期待できません。

でも、人前に出る仕事の多い女性ならとにかく目の下のクマは隠したいですね。

そんな時に頼りになるのがメイク

そこで、美肌のためのメイクやフェイスマッサージのテクニックをお伝えすべくナールスエイジングケアアカデミーでは、メイクアップアーティストのMANAMIさんのご協力・監修のもと「ナールス美肌メイクレッスン」と題した動画を企画・制作することになりました。

その第2回目が今回の「40代、目の下のクマをナチュラルに隠すメイク法」。

ナールスのエイジングケア化粧品を半年間お使いいただきレビューいただいた井上智子さんに、今回のメイク動画のモデルとしてご協力いただき、MANAMIさんに実際に目の下のクマをナチュラルに隠すメイク方法を教えていただきます。

ぜひ、40代で目の下のクマでお悩みの方はチェックしてみてくださいね。

もちろん30代のエイジングケア世代50代のエイジングケア世代の方もメイクテクニックは基本的に同じなので、お役に立てますよ!

<MANAMIさんプロフィール>

メイクを施すMANAMIさん

単身海外でのモデル活動を経験し、帰国後は芸能人を始め専門家や経営者、企業、ミスコンテスト出場者などのヘアメイク・ファッション・歩き方など「見た目全てに関わるプロデュース」を手がける。

2019年に開催される世界五大ミスコンのミススプラナショナルジャパン東京神奈川大会オフィシャルビューティキャンプアドバイザー。

著書「メイクの超基本テクニック」(マイナビ)他5冊。雑誌、新聞掲載、テレビ出演中。

40歳にして中央大学法学部試験に合格。2019年春より中央大学法学部法律学科3年生。

instagram

アメブロ

Twitter

<井上智子さんプロフィール>

大阪出身。

イベント・式典・ブライダルなどの司会業を営む。自撮りでのリポーターとしても活躍。

趣味はゴーカート・ ゴルフ・温泉・猫好き


2.動画でみる「40代、目の下のクマをナチュラルに隠すメイク法」

1)40代、目の下のクマをナチュラルに隠すメイク法

2)目の下のクマをメイクで隠すポイント

今回の井上さんは、茶クマタイプだったので、「オレンジのコンシーラー(スティックタイプ)」を使って、クマに沿って『くの字』に入れることできれいにクマをカバーできました。

青クマの場合は、コントロールカラーを使って補正し、黒クマはファンデーションより明るめのリキッドタイプのコンシーラーを使うと、ナチュラルな仕上がりでクマを隠せますよ。

詳しくは、『書籍レビュー』コーナーでもご紹介している、「メイクの超基本テクニック キレイになるメイクのプロセス・道具がよくわかる」をご覧ください。


3.目の下のクマを改善する対策は?

血行不良によるくすみについて考える女性の手

1)青クマの対策

青クマは、血行不良が原因。

蒸しタオルなどで目元を温めて目の疲れを取ることが大切です。

また、保湿したり、むくみ解消にためのツボ押し、フェイスマッサージや温感パック、適度な運動、湯船に入って身体を温める、生姜などの身体が温まる食事や、鉄分の多い食べ物を摂ることを心がけるなどもよい方法です。

2)茶クマの対策

茶クマはメラニンが溜まることが原因です。

だから、紫外線対策が大切です。

また、日焼け止めを塗っていても紫外線のアフターケアも大切です。

さらに茶クマ予防には、美白化粧水ビタミンC誘導体化粧水なども効果的です。

3)黒クマの対策

黒クマは、たるみが原因なので、基本的にエイジングケア化粧品では解消できません。

大幅な改善を期待するには、美容クリニックで美容医療を受ける必要があります。

しかし、予防美容としてこれ以上進まないようにするためには、コラーゲンエラスチンの産生をサポートするナールスゲンなどのエイジングケア化粧品成分が配合されたエイジングケア化粧品がオススメです。

4)赤クマの対策

赤クマの原因は青クマと同じ血行不良が原因の場合と眼窩脂肪の突出の場合があります。

血行不良が原因なら青クマと対策は同じです。

しかし、眼窩脂肪の突出による目の下のふくらみがある場合は、美容医療が必要です。

なお、詳しくは、「目の下のくま(クマ)の原因・種類と解消のエイジングケア」で詳しくご紹介していますので、ぜひ、ご覧ください。


4.まとめ(編集後記)

40代、目の下のクマをナチュラルに隠すメイク法のまとめ

このメイクレッスン動画にご協力をお願いしたモデルの方たちには、すっぴんでのご登場をお願いしたのですが、みなさま快くお受けくださいました。まずはその点、心から御礼申し上げます。

このメイクレッスン動画の撮影は、モデルの方が実際にお肌で悩んでおられる点について、MANAMIさんに改善するポイントをご紹介いただく形式で進めました。

今回モデルを務めていただいた井上智子さんのお悩みは、「目の下のクマ」とのことでした。スタジオに入ってこられたとき、素顔だと、確かに目の下のクマが少し目につく印象でした。

撮影時は、井上さんと私の距離は2~3メートル離れていたのですが、MANAMIさんがオレンジのコンシーラーでカバーするメイクを進めていくにつれ、目の下のクマが分からなくなってきました。これだけ距離が離れているのに…と、ビックリでした。

関連記事

ナールスチャンネルをみて動画でエイジングケアを学ぼう!

続きを読む

MANAMIさんの動画で見る「ナールス美肌メイクレッスン」

続きを読む

50代のおでこや眉間のシワをカバーするメイク法

続きを読む

30代以上の悩ましいニキビ跡の赤みの消し方

続きを読む

30代の目元のくすみをパッと明るくするメイク術

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」