医者が教える最高の美肌術 小林暁子

医者が教える最高の美肌術を書籍レビュー
医者が教える最高の美肌術(株式会社アスコム、2018年8月)をご紹介します。本書は、内科・皮膚科を診療している医師の小林暁子先生による、美肌術のためのアンチエイジング本。私たちは、食べ物や便秘、腸内環境などの記事を執筆する際に参考にしてします。

目次ちゃん

1.「医者が教える最高の美肌術」の私たちの活用法

医者が教える最高の美肌術1

本書は、数十年にわたって、15万人以上ものさまざまな患者さんと接してきた医師によるアンチエイジング本です。

といってもフォーカスしているのは、エイジングケア化粧品の使い方やスキンケアではなく、からだの内側からのアンチエイジング。

豊富な経験から、からだの衰えを加速させる最大の原因が、生活習慣の乱れによる腸の乱れと考えて、それを改善するさまざまな方法を、一般の方でも理解できるようにわかりやすく解説しています。

著者が言う美肌のもとなるのが、美肌菌。

これは、腸内細菌皮膚常在菌の2つを指しています。

医学的に正しい食事と簡単なメソッドを続ければ、美肌菌のバランスが整う「美肌菌育成プログラム」を実践することで、マイナス10歳肌が手に入れられるとのこと。

医者が教える最高の美肌術2

まず、美肌のための食事については、実践的な方法を詳しく紹介されているので、とても参考になります。

食品添加物の問題、糖化を防ぐ食事、酸化を防ぐ食事、肌荒れを防ぐ食事などが具体的に紹介されています。

続いて、美肌菌育成プログラムは、腸マッサージ、股関節ストレッチ、呼吸法の3つですが、ちょっと頑張れば誰でもできそうです。

お肌だけではなく、からだの健康にも良いので、エイジングケア世代の女性が実践するにはとても良いプログラムだと思います。

医者が教える最高の美肌術3

さらに、美肌作りの方法として、洗顔クレンジング、化粧品の使い方、紫外線対策などについてもポイントをわかりやすく紹介しています。

最後の章では、目元の小じわ顔のたるみ肌のハリのない状態、ほうれい線くすみシミ乾燥肌脂性肌むくみ、肌荒れ、更年期対策などがQ&A形式で改善のポイントをわかりやすく解説されています。

からだの内側からのアンチエイジングやエイジングケアを学ぶには、ピッタリの一冊です。

私たちも、食べ物や便秘、腸内環境などの記事を執筆する際に参考にできることがたくさんありそうです。

医者が教える最高の美肌術[ 小林暁子 ]をアマゾンで購入する

医者が教える最高の美肌術【電子書籍】[ 小林暁子 ]を楽天で購入する

 

 


2.「医者が教える最高の美肌術」の基本情報と目次

医者が教える最高の美肌術4

1)基本情報

単行本:234ページ

著者:小林暁子(小林メディカルクリニック東京院長)

出版社:株式会社アスコム

出版年月日:2018年8月20日

定価:1,300円+税

2)目次

はじめに

  • 美肌菌が増える「食事術」
  • 美肌菌育成プログラム
  • 美肌づくりの「新習慣」
  • 肌のお悩み別“特効ワザ”

おわりに

著者紹介

関連記事

天然成分だけで化粧品をつくることはできないのか? 角谷貴斗

続きを読む

メイクの超基本テクニック キレイになるメイクのプロセス・道具がよくわかる MANAMI(メイクアップアーティスト)

続きを読む

美人に化粧水はいらない 吉木伸子

続きを読む

化粧いらずの美肌になれる3つのビューティケア 菅原由香子

続きを読む

美容薬学検定試験 公式ガイド&テキスト 日本セルフケア支援薬剤師センター

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」