マリンコラーゲンとフィッシュコラーゲンに大きな違い!真実は?

フィッシュコラーゲンとマリンコラーゲンを比較する女性

今や、誰もが知っているコラーゲン。サプリメントや化粧品で人気の成分です。

そんな中で最近、特に人気があるのは魚由来のタイプ。

しかし、フィッシュコラーゲンとマリンコラーゲンでは、使っている原料の魚に大きな違いがあるのです。

この記事では、その真実をご紹介します。

マリンコラーゲンとフィッシュコラーゲンに大きな違い!真実は?の目次

1.良質で安全なコラーゲンを摂りたいあなたへ

良質で安全なコラーゲンについて考える女性

今や、誰もが知っている美容成分コラーゲン

美肌や健康のためにサプリメントを摂ったり、コラーゲン化粧品スキンケアやエイジングケアを実践している女性がたくさんいます。

そんなコラーゲンは、今やさまざまな原料からつくられています。そして、その原料の違いや製造のプロセスで品質や価格などが異なるのです。

そのため、コラーゲン配合のサプリメントやエイジングケア化粧品で、効果や実感に違いが出てきます。また、安全性にも違いがあります。

だからこそ、コラーゲンの違いをしっかり理解することがサプリメントを選ぶ上でも大切なのです。

この記事では、動物由来のコラーゲンと魚由来のコラーゲンの違いをご紹介します。また、魚由来のフィッシコラーゲンとマリンコラーゲンの違いについてもご紹介します。

「動物由来のコラーゲンってどんな特徴があるの?」

「フィッシュコラーゲンってどんな成分?特徴は?」

「マリンコラーゲンってどんな成分?特徴は?」

「どのコラーゲンがおすすめなの?教えて!」

「良質で安全なコラーゲンは?」

などが気になる方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。

<この記事の大切なポイント>
  • コラーゲンは、多数のアミノ酸からできているたんぱく質です。ヒトでは全体重の約6%も占める大切な成分です。
  • サプリメントや化粧品に使われるコラーゲンの原料は、動物由来と魚由来があります。最近では、吸収がよく臭いが少ない魚由来のコラーゲンが人気です。
  • 魚由来のコラーゲンは、フィッシュコラーゲンと呼ばれます。天然魚の表皮由来のものと養殖魚の鱗由来のものにわかれます。
  • 天然魚の表皮由来のものだけが、パッケージにマリンコラーゲンや天然海水魚由来コラーゲンと表記することが可能です。
  • マリンコラーゲンは、加熱と酵素だけでコラーゲンが抽出できます。だから、活性を失うリスクが小さいことがメリットです。また、吸収がよいこともメリットです。

2.コラーゲンについておさらいしよう!

コラーゲンについて解説する女性

コラーゲンについては、「コラーゲンのエイジングケアとアンチエイジングにおける役割」で詳しく解説していますが、ここであらためてコラーゲンの基礎知識についておさらいしましょう。

コラーゲンは、脊椎動物の皮膚真皮、骨、軟骨、靭帯、血管などにある成分です。

グリシンプロリンヒドロキシプロリングルタミン酸アラニンアルギニン、アスパラギン酸、セリンリジンスレオニンなどのたくさんのアミノ酸からできているたんぱく質です。

たんぱく質は、人の身体の20%を占めますが、そのうちの約30%がコラーゲンです。つまり、コラーゲンは、全体重の約6%もあるのです。

皮膚の中ではほとんどが真皮にあって、約70%を占めています。

線維芽細胞によってつくり出され、三つ網のような3重のらせん構造で皮膚を支え、お肌のハリをサポートします。

コラーゲンには、Ⅰ型、Ⅱ型など約30種類のタイプがあることが知られています。

そのうち、お肌で最も多いのはⅠ型コラーゲンで、他にはⅢ型コラーゲンなどもあります。


3.サプリメントや化粧品に使われるコラーゲンのトレンド

コラーゲンサプリのイメージ

サプリメントや化粧品に使われるコラーゲンの原料は、大きく分けて動物由来と魚由来があります。

動物由来は、豚や鶏からつくられます。かつては、牛も原料でしたが、BSE問題以降は、使用されていません。

動物由来のコラーゲンでは、豚を原料としたものが最も多く流通しています。

動物由来のコラーゲンは、魚由来のコラーゲンと比較して分解能がよくない事が研究論文で明らかになっています。

また、同じ分子量で比較すると、分解能は魚由来のコラーゲンの7分の1しかないというデータがあります。

さらに、臭いが強いこともデメリットです。

そんな中で、最近では魚由来のコラーゲンの人気が高まっているのです。

なぜなら、動物由来と比較して、吸収しやすく臭いが少ないからです。


4.フィッシュコラーゲンとマリンコラーゲンは同じ?

フィッシュコラーゲンとマリンコラーゲンについて考える女性

魚由来のコラーゲンは、フィッシュコラーゲンと呼ばれます。

そんなフィッシュコラーゲンは、天然魚の表皮由来のものと養殖魚の鱗由来のものに分かれます。

どちらもⅠ型コラーゲンですが、原料や抽出プロセスの違いによって特徴や価格が異なります。

1)養殖魚のウロコ由来のコラーゲンの特徴

養殖魚のウロコ由来のコラーゲンは、もともとアマゾンに生息していたテラピアという淡水魚が主な原料です。

パッケージなどには、「フィッシュコラーゲン」とは表記できますが、マリンコラーゲンとは表記できません。

このフィッシュコラーゲンのメリットは、原料価格が安いので低価格のサプリメントが提供できることです。

一方、鱗は硬くて加熱や酵素で溶けないため、加工の過程で塩酸を使う必要があることがデメリットです。

なぜなら、塩酸がコラーゲンを溶かすので、もとの活性を失う可能性があるからです。

つまり、コラーゲン本来の効果を得られないリスクがあるのです。

もう1つは、塩酸の残留リスクです。こちらは、製造過程の管理体制によって問題を最小化できますが、塩酸を使う以上、リスクは残ります。

さらに、養殖魚そのものの問題もあります。

養殖の効率化のために抗生物質や抗菌剤が使われることもあります。

現在では、検出食品は流通できないことになっている魚の病気の治療薬として使われる合成抗菌剤「マラカイトグリーン」が、ヨーロッパや中国の魚から検出された例があります。

マラカイトグリーンは、発がん性が疑われ、日本では2005年から養殖での使用が禁止されています。

養殖魚にはこうしたリスクがつきまといます。

2)天然魚の表皮由来コラーゲンの特徴

天然魚の表皮由来コラーゲンは、まぐろやサケ、タラ、カレイなどの天然魚の表皮から抽出したコラーゲンです。

パッケージにマリンコラーゲンや天然海水魚由来コラーゲンと表記することが可能です。

魚皮はやわらかいため、加熱と酵素だけでコラーゲンが抽出できます。

だから、コラーゲンの活性を失うリスクが小さいことがメリットです。

また、動物由来や養殖魚の鱗由来のコラーゲンと比べて、体内での吸収がよいこともメリットです。

中でも、タラやカレイのような低体温の魚は、まぐろやサケのような体温が高めの魚よりも吸収力が高いのです。

一方、デメリットしては原料価格が高くなるので、コラーゲン配合のサプリメントの価格が上がってしまうことです。


5.ケニー&ロス社のマリンコラーゲンとは?

マリンコラーゲンの生産拠点であるノヴァスコシャ州の港

100%天然海水魚から抽出したマリンコラーゲンの秘密」で詳しく紹介しているケニー&ロス社のマリンコラーゲンは、カナダの大自然の海で育った天然の海水魚(タラ科など)の皮から抽出した良質で安心・安全なコラーゲンペプチドの顆粒です。

香料、着色料、防腐剤をはじめとする一切の添加物を含まないピュアなコラーゲンペプチドです。

100%天然海水魚コラーゲンペプチドには、次のメリットがあります。

  • 良質で安全な・安心なアミノ酸18種を一度に摂取できる
  • 脂肪分フリーなのでダイエット中でも影響がない
  • 低分子のペプチドなので吸収がとてもよい
  • 化学薬品による漂白・脱臭をしていないにもかかわらず、原料の質がよいことから、色や臭いが気にならない
  • によく溶ける顆粒なので、料理や飲料に加えることも可能


6.まとめ

マリンコラーゲンとフィッシュコラーゲンに大きな違い!真実は?

エイジングケア化粧品やサプリメントに使われるコラーゲンの種類と特徴についてご紹介しました。

また、魚由来のタイプでもフィッシュコラーゲンとマリンコラーゲンで違いがあることをご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

今や、誰もが知っている美容成分であるコラーゲンも、種類によって特徴が異なるのです。

この記事を参考に、コラーゲンサプリメントを上手に選んでいただければ幸いです。

関連記事

化粧崩れはエイジングケアで予防!原因と対策は?

続きを読む

100%天然海水魚から抽出したマリンコラーゲンの秘密

続きを読む

40代美女3名が実践する毛穴ケア!3つの法則

続きを読む

紫外線・近赤外線をカットするアイケアメガネを40代美女が試着

続きを読む

加齢臭はエイジングケア世代の女性も気をつけよう!

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」