20代や30代の酵素洗顔!失敗で10年後に美肌から老け顔

酵素洗顔を正しく愛用している20代の女性

20代もしくは30代のあなたは、もしかして酵素洗顔を軽く考えていませんか?

毛穴の黒ずみや詰まり、いちご鼻など20代や30代に多い肌悩みの解決法として人気の酵素洗顔。

正しく使えば5年後や10年後の美肌につながり、エイジングサインの予防にもつながります。

しかし、誤った使い方をすれば、乾燥肌や肌トラブルをもたらし、10年後の老け顔につながります。

20代や30代の方で、将来の美肌のために酵素洗顔の正しい選び方や使い方を知りたい方は、ぜひ、続きをお読みくださいね。

先に、20代や30代にも優しい酵素洗顔パウダーをチェックしたい方はこちら

天然パパイン配合酵素洗顔パウダー「ナールス フォーム」

20代や30代の酵素洗顔!失敗で10年後に美肌から老け顔の目次

1.20代または30代で酵素洗顔を始めたい方へ

20代で酵素洗顔を始めた女性

「20代や30代の酵素洗顔!失敗で10年後に美肌から老け顔」をお届けします。

20代や30代前半のお肌は、40代以上のエイジングケア世代と比べれば、ハリツヤ、みずみずしさなどどれをとっても十分に満たされている肌ですよね。

もちろん、肌のキメも整って、透明感のあるお肌がキープできていますね。

だから、顔のたるみしわほうれい線などのエイジングサインで悩む方も少ないのではないでしょうか?

一方で、20代や30代前半では、毛穴の黒ずみや開き・詰まりいちご鼻角栓などの肌悩みが多いようです。

また、皮脂の分泌も盛んなので、脂性肌(オイリー肌)で悩んでいる方もいらっしゃいますよね。

さて、そんな20代や30代で大切なスキンケアといえば、洗顔クレンジングによる清潔、保湿化粧水保湿美容液などによる保湿日焼け止めUVカット機能のある衣類による紫外線対策です。

この3点は、20代や30代だけでなく何歳でも同じように大切なこと。

スキンケアの最初の一歩は「洗顔」です。

顔の肌を清潔に保つ手段が洗顔です。

洗顔をおろそかにしては、10年後の美肌はありません。

この記事では、20代や30代の毛穴の悩みや脂性肌などで使われることの多い「酵素洗顔」について、その正しい方法や選び方のポイントを紹介します。

また、20代、30代におすすめの酵素洗顔パウダーをご紹介します。

「20代だけど酵素洗顔を始めた方がよいの?」

「30代だけどまだ酵素洗顔を使ったことがない!どんな肌状態に使えばよいの?」

「20代でも酵素洗顔を使えば肌トラブルになることってあるの?」

「20代や30代とそれ以降のお肌の違いは?10年後のために注意することは?」

「20代や30代の酵素洗顔の選び方は?また、おすすめは?」

などが気になる方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。

洗顔や洗顔料のより詳しい情報は、「洗顔の正しい知識でランキング不要のオススメの洗顔料の選び方」をご覧ください。

また、年代に関わらず酵素洗顔をより深く幅広く理解したい方は、「酵素洗顔とパウダーの全て!ランキング無用の正しい選び方」を参考にしてください。

また、酵素洗顔のメリットは次の動画や記事「酵素洗顔のメリットを知ってツヤ肌へ|動画で3分間エイジングケア」もチェックしてくださいね。

<この記事の大切なポイント>
  • 20代や30代でも、肌質や肌状態によって酵素洗顔が向く場合や向かない場合があります。だから、まずはいまの肌に使ってよいかどうかを見極めることが大切です。
  • 20代や30代では、皮脂分泌が多いことから、比較的、酵素洗顔が向きます。ただし、ターンオーバーが遅くなっている場合に限って活用しましょう。
  • 肌悩みとしては、毛穴の黒ずみ、角栓、大人ニキビの初期、角質肥厚などです。しかし、これらはバリア機能の低下やターンオーバーが促進している場合もあります。20代や30代でもそんな場合は、酵素洗顔は控えましょう。
  • 誤った角質ケアや角栓ケアを行っている場合は、酵素洗顔の前にそれをやめることが先決です。20代や30代でも保湿ケアや紫外線対策を見直して正しい方法で実践することが大切です。
  • 20代や30代の酵素洗顔料は、洗浄力と優しさのバランスを考えて選びましょう。また、泡立ちがよく合成着色料や合成香料など不要な成分が配合されていないものがおすすめです。
  • 20代や30代でも、酵素洗顔を始める際は、夜のスキンケアで試してみましょう。刺激を感じなければそのまま使ってOKです。また、毎日、酵素洗顔することは避け、週に3~4回程度の使用に留めましょう。
  • 酵素洗顔の後は、保湿をしっかり行うことが、10年後の美肌への近道です。保湿力の高い化粧水や美容液でしっかり保湿ケアを行いましょう。
  • 20代や30代は酵素洗顔だけではなく、メイク落としも大切です。メイクをしている場合は、クレンジングでしっかりと落としましょう。

2.酵素洗顔の前に20代や30代のお肌の状態を知ろう

酵素洗顔の前に20代や30代のお肌の状態を説明する女性

今、20代や30代のあなたは、ご自身の肌質、肌状態や、年齢と肌の老化の関係をご存知でしょうか?

酵素洗顔に入る前に、そのポイントを理解しておきましょう。

お肌は遺伝や人種、年齢、環境などで、お1人おひとり違います。

しかし、肌質や肌の状態はある程度、分類できます。

また、お肌の老化の程度も、いくつかの指標を使えば、ある程度わかるのです。

1)肌質(肌タイプ)の基本は、4つ

肌質あるいは肌タイプは、「肌質(肌タイプ)の診断と改善のコツは?」で紹介していますが、角質の水分量と皮脂腺からの皮脂の分泌量で決まります。

そのタイプの基本は、「普通肌」、「乾燥肌」、「乾燥性脂性肌(インナードライ肌)」、「脂性肌」の4つです。さらに、パーツによってオイリーとドライが混合している混合肌もあります。

「肌質」や「肌タイプ」といえば、その言葉のイメージで「固定的なもの」「変わらないもの」という印象がありますが、むしろ「肌の状態」と考えた方がよいと思います。

なぜなら、遺伝やその傾向はあっても、スキンケアや年齢などで変化するからです。

<肌質分類>

酵素洗顔に向く肌タイプを調べるための肌質分類表

この4タイプの中で、酵素洗顔に向くのは普通肌や脂性肌です。

逆に、向かないのは乾燥肌やインナードライ肌です。

また、乾燥肌やインナードライ肌が悪化している敏感肌乾燥性敏感肌も酵素洗顔には向きません。

これはもちろん、絶対的な基準ではありませんが、酵素洗顔を行うかどうかの1つの目安です。

20代や30代だけではなく、40代や50代以上のエイジングケア世代でも同じです。

2)年齢別のお肌の老化の指標「エイジングインデックス」

<年齢別のお肌の指標エイジングインデックス>

年齢別のお肌の指標エイジングインデックス

エイジングインデックスとは、年齢にともなってお肌のなかの成分や代謝がどう変化するかを目で見える形にレーダーチャート化したものです。

エイジングインデックスは、お肌全体として、ターンオーバーの期間と女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量を指標としました。

表皮の老化は、お肌の水分量、皮脂の量、セラミドの量を指標としました。

真皮の老化は、コラーゲンの量、エラスチンの量、ヒアルロン酸の量を指標としました。

ここに、20歳、25歳、30歳、35歳のエイジングインデックスをお示しします。

<20代のエイジングインデックス>

20歳のエイジングインデックス

<25歳のエイジングインデックス>

25歳のエイジングインデックス

<30代のエイジングインデックス>

30歳のエイジングインデックス

<35歳のエイジングインデックス>

35歳のエイジングインデックス

<45歳のエイジングインデックス>

45歳のエイジングインデックス

20歳から25歳、30歳、35歳へと向かうと全体に面積が小さくなっていますが、20歳からの比較でもお肌の水分量、皮脂の量はそれほど大きく減っていません。

表皮で最も減っているのはセラミドです。

一方、45歳のエイジングインデックスを見るといかがでしょうか?

20代や30代と比べるとその差は歴然ですね。

あくまで目安なので過度に気にしなくてもよいと思いますが、年齢を重ねるとお肌がどのように老化するかイメージがつかめたのではないしょうか。

年齢的な視点では、20代や30代では皮脂量が比較的多いことからも酵素洗顔が向いているのです。

もちろん、年齢を重ねるごとに、洗顔はより優しく行うことが大切です。

そして、若いときからの正しい洗顔が、10年後のエイジングインデックスの低下を抑える、つまり美肌をつくるのです。

また、「30代必見!20代と40代が答えたエイジングケアのスタート年齢と理由」でも紹介したとおり、エイジングケアはいつから始めるかについては、早いほうがよいのです。

20代や30代のエイジングケアは、「20代でもエイジングケア化粧品は必要?オススメと選び方」や「30代、初めてのエイジングケア化粧品。失敗で老け顔に!」を参考にしてくださいね。


3.20代や30代も大切!酵素洗顔の基本を知ろう

酵素洗顔パウダーで洗顔を始めた30代の女性

1)酵素洗顔の基本

酵素洗顔とは、たんぱく質や脂肪などを分解する力を持つ「酵素」を配合した洗顔料を使って洗顔することです。

お肌の角質や角栓の70%はケラチンと呼ばれるたんぱく質です。

また、皮脂は脂肪が多く含まれます。

だから、酵素は角質や角栓、皮脂を落とすことができるのです。

もちろん、石けんをはじめとする界面活性剤でも皮脂は落とせるのですが、たんぱく質を落とすことが難しいのです。

つまり、酵素洗顔の最も大きな意義は、たんぱく質である古くて不要な角質や角栓を落とすことです。

そんな酵素には、パパイン、プロテアーゼ、リパーゼなどがあります。

2)酵素洗顔の力と20代や30代の肌悩み

肌悩みに酵素洗顔を使いたい30代の女性

酵素洗顔の力は、「肌に留まった不要な古い角質を取りのぞくことで、遅くなっているターンオーバーを正常化させること」です。

20代や30代で多い肌悩みは、毛穴の詰まりや黒ずみ、いちご鼻、角栓が代表的なものですから、酵素洗顔がおすすめなのです。

また、30代後半になると、お肌のくすみでお悩みの方もいるかもしれません。

酵素洗顔は、これらのはたらきで、くすみを改善するのです。

くすみほか、肌悩み別や季節別の酵素洗顔は、次の記事を参考にしてください。

毛穴の黒ずみは酵素洗顔で解消!?正しいエイジングケアは?

お肌のゴワゴワ「角質肥厚」は酵素洗顔でつるつるの美肌へ

大人ニキビの改善に酵素洗顔は使って良いの?悪いの?使い方のコツ!

肌のくすみの改善に酵素洗顔の効果は?エイジングケアのコツ

脂性肌を改善したい!酵素洗顔の方法と選び方の5つのコツとおすすめ

角栓を取るための酵素洗顔のメリットとデメリットとは?

春・夏・秋・冬。季節別の酵素洗顔の上手な活用法とは?

3)酵素洗顔の前にやめよう!間違ったスキンケア

皮脂過剰や角栓など肌悩みも、角質や角栓が、「やりすぎ洗顔」や「取りすぎ」などの間違ったスキンケアで目立っている場合は、過度にターンオーバーが促進しています。

そんなときは、バリア機能も低下しているので、未成熟な角質が表皮にあります。

こんな場合は、酵素洗顔はNGなのです。

もし、20代や30代のあなたが次のようなことをやっている場合は、酵素洗顔の前にいまのスキンケア全体を見直しましょう。

  • メイクの油分や鼻の汚れが残ってしまう雑なクレンジングや洗顔
  • 摩擦の強い洗顔やクレンジング
  • 熱すぎるお湯(38℃以上)での洗顔
  • 2分以上の長い洗顔
  • ピンセット、綿棒、毛抜きなどで引っ張って角栓を除去する
  • 毛穴パックを何度も繰り返して角栓を除去する
  • スクラブ入り洗顔料を毎日使う
  • オロナインなど医薬品の本来の使い方ではない方法で角栓を除去する

これらは、毛穴の黒ずみやいちご鼻、角栓の原因になってしまう間違ったスキンケアです。

4)20代や30代は紫外線対策をしっかり行う

酵素洗顔の前に、日焼けによるシミソバカスほか光老化による肌老化など、ありとあらゆる肌トラブルの原因である紫外線対策は、20代や30代でも大切。

エイジングケアの基本なので、年間を通して行いましょう。

また、目の紫外線対策も大切です。紫外線ブロック機能のあるサングラスなどを使って対策しましょう。


4.20代や30代の酵素洗顔料の選び方と使い方

酵素洗顔料を上手に泡立てて使用する20代女性の手

1)20代や30代の酵素洗顔料の選び方

酵素洗顔料の選び方は、20代や30代と40代以上で大きく変わることはありません。

考え方は、「洗浄力」と「刺激」のバランスを考えて自分に合ったものを選ぶことです。

酵素洗顔料、酵素洗顔パウダーを選ぶポイントは、次の2つが基本です。

  • 自分の肌にとって洗浄力が適切であること
  • 使用時の刺激感がないこと

また、酵素洗顔をはじめ洗顔料は、次の2点も大切です。

  • 泡立ちが十分で泡質もキメ細かいこと
  • 洗顔後の感触は、サッパリしながらもしっとり感も残す

20代や30代で敏感肌ではなく、いままで洗顔で刺激を感じたことがない方なら、石けんを使った酵素洗顔がオススメです。

また、成分の種類が少ない、合成香料や合成着色料、アルコールや防腐剤などが配合されていないできるだけシンプルなものを選ぶことをオススメします。

20代や30代は、健やかなお肌で、多少の刺激に耐えることができるので、10年後の美肌のために酵素洗顔料は慎重に選びましょう。

なお、酵素洗顔の洗浄剤の見分け方は、「酵素洗顔の洗浄剤の見分け方とは?|動画で3分間エイジングケア」も参考にしてくださいね。

2)20代、30代の酵素洗顔の使い方

酵素洗顔を正しく使う30代の女性

酵素洗顔の方法は、「酵素洗顔の頻度はどれくらいが適切?その回数と正しい方法」に詳しく紹介していますので、ここではポイントをお示します。

最初は週1回、夜のスキンケアの際からスタートし、お肌の状態を見ながら、3~4回の使用を目処にすることが基本です。

お肌がかゆくなったり、ひりひりするなど、違和感があった場合は使用を控えましょう。

あるいは、化粧品かぶれ接触皮膚炎を起こしているかも。

そのような場合は一旦使用を中断し、様子をみましょう。

酵素洗顔で古い角質や角栓が剥がれるとターンオーバーが改善します。

しかし、過度に速くなると、バリア機能の低下を招くことになってしまいます。

また、逆にお肌を守ろうとして、皮脂を過剰に分泌するなどのトラブルにもつながります。

だから、20代や30代の酵素洗顔は“適度”に行うことが大切です。

また、酵素洗顔の後は、化粧水美容液保湿クリームなどでしっかり保湿を行いましょう。

洗顔の後に十分保湿できていないと、乾燥肌の原因になってしまうことがあります。

酵素洗顔の後の保湿は、乾燥肌予防のための対策であると心得ましょう。

特にくすみがある場合などは、くすみ対策の化粧水くすみケア美容液がおすすめです。

なかでも、水分保持力に優れた保湿成分であるヒト型セラミド配合のセラミド美容液がおすすめです。


5.20代、30代にオススメの酵素洗顔パウダー

20代、30代にオススメの酵素洗顔パウダー『ナールス フォーム』

20代や30代の方にオススメも酵素洗顔パウダー「ナールス フォーム」のご紹介です。

私たちの酵素洗顔ランキングでは第1位です。

「ナールス フォーム」の特徴は、次のとおりです。

  • とてもキメ細かい泡立ち
  • 高品質な石けんによる適度な洗浄力
  • 天然パパインが不要な角質だけを除去
  • 刺激をもたらすリスクをできるだけ排除
  • フィッシュコラーゲンで、しっとりした洗い上がり

良質な石けん素地、パパイン、シリカ加水分解コラーゲンタルク全成分がたった5成分というシンプルな酵素洗顔パウダーです。

もちろん、着色料や香料、パラベンフェノキシエタノールなどの防腐剤やアルコールも配合していません。

また、ナールス フォームの使い方は、「パパイン配合酵素洗顔パウダー「ナールスフォーム」の使い方」の動画を参考にしてください。

ナールス フォームの詳しい情報は、こちら

天然パパイン配合酵素洗顔パウダー『ナールス フォーム』解剖


6.20代や30代は酵素洗顔だけでなくクレンジングも大切

20代向けや30代向けクレンジング料のイメージ

この記事では、20代や30代の酵素洗顔を中心に取り上げてきました。

しかし、20代や30代の女性はほとんどがメイクをするので、クレンジングの方法を正しく行うことや自分に合ったクレンジング料を選ぶことが大切です。

たとえば、メイク汚れは酵素洗顔でも落ちないので、毛穴汚れをしっかり落すクレンジング料を選ぶ必要があります。

アーチチョーク葉エキスタナクラクレイなどを配合したクレンジング料などがオススメです。

30代からのエイジングケア世代には優しいながらも毛穴ケアを行なえるタイプがよいので、クレンジングミルクやクレンジングジェルがオススメです。

また、最近では、毛穴汚れを落とせるダブル洗顔不要のクレンジング料も登場していますので、こちらもオススメです。

なお、20代や30代のクレンジング料の選び方は、「20代にオススメのクレンジング。10年後の美肌のために!」や「30代におすすめのクレンジングのランキング不要の選び方」をご覧ください。


7.まとめ

20代や30代の酵素洗顔!失敗で10年後に美肌から老け顔のまとめ

20代や30代の方向けに酵素洗顔の選び方や使い方をご紹介しました。

また、おすすめの酵素洗顔パウダーも取り上げました。

いかがでしたか?

酵素洗顔は、皮脂や古い角質を取り除き、ターンオーバーを促してくれるので、毛穴の黒ずみやいちご鼻など若い世代の肌悩みの解決手段の1つです。

しかし、どんな場合でも使えるわけではなく、肌質や肌状態をチェックすることが大切です。

酵素洗顔を味方にして10年後も美肌でいるには、お肌に合った酵素洗顔料を選び、正しい方法で行うことが大切です。

この記事でそのポイントをご理解くださいね。

ぜひ、将来の健やかな美肌のために、上手に酵素洗顔を活用してくださいね。

この記事「20代や30代の酵素洗顔!失敗で10年後に美肌から老け顔」が、20代や30代の女性のエイジングケアにお役立ちすれば幸いです。

★20代や30代におすすめの酵素洗顔パウダー「ナールス フォーム」

エイジングケアの第一歩は、良質な洗顔料による正しい洗顔から!

天然パパイン&石鹸でつくった酵素洗顔パウダー「ナールス フォーム」

(執筆:株式会社ディープインパクト 代表取締役 富本充昭)

ナールスエイジングケアアカデミー編集長

京都大学農学部を卒業後、製薬企業に7年間勤務の後、医学出版社、医学系広告代理店勤務の後、現職に至る。

医薬品の開発支援業務、医学系学会の取材や記事執筆、医薬品マーケティング関連のセミナー講師などを行う。

(編集・校正:エイジングケアアカデミー編集部 若森収子

大学卒業後、アパレルの販促を経験した後、マーケティングデベロッパーに入社。流通関係を中心にマーケティングプランやPB商品の開発等を担当。1990年よりフリーとなり、飲食関連のコーディネート、企業広報誌や医療・健康関連情報誌のライティングやコスメ関係のブログ記事発信など、仕事の領域を広げつつ現在に至る。

ナールスブランドのエイジングケア化粧品には、開発段階から携わり、最も古い愛用者の一人。

ナールスチャンネルをみて動画でエイジングケアを学ぼう!

関連記事

春・夏・秋・冬。季節別の酵素洗顔の上手な活用法とは?

続きを読む

酵素洗顔とパウダーの全て!ランキング無用の正しい選び方

続きを読む

角栓を取るための酵素洗顔のメリットとデメリットとは?

続きを読む

角栓の除去はダメ!?鼻の毛穴に詰まる原因と正しいエイジングケア

続きを読む

肌のくすみの改善に酵素洗顔の効果は?エイジングケアのコツ

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」