目の下のくま(クマ)の原因・種類と解消のエイジングケア

気になるエイジングサインの1つが「目の下のくま(クマ)」。

目の下のくま(クマ)は、年齢とともに出やすくなり、実年齢より老けて見えたり、疲れた感じに見えてしまうので、エイジングケアにとって大敵ですよね。

 

もともと、目のまわりの皮膚は非常に薄く、乾燥や紫外線などのダメージを受けやすい部分です。

その中でも、特に目の下の皮膚は薄いので、真皮にある毛細血管が透けてみえることもあります。

そのため、目の下のくまをはじめ、目元のエイジングサインは目立ちやすいのです。

 

どんな事情であれ、目立つ目の下のくまは、いち早く解消したいですね。

 

実は、目の下のくまは、原因によって4つの種類に分けられ、対策もそれぞれ違います。

そのため、目の下にくまがあっても、いきなりスキンケアやエイジングケア化粧品でくま対策をするのではなく、まずはその原因と種類をしっかり理解することが大切です。

また、くまだけでなく、目元のスキンケアを考えるためには、目のまわりのお肌に関する知識を、身に付けることも大切です。

 

もう1つ気を付けたいのは、目の下のくまはお肌以外の病気のサインの場合もあります。

そんな場合は、スキンケアで対策するのではなく、医療機関に相談しましょう。

 

この記事では、目元のお肌に関する基礎知識とくまの解消のためのエイジングケアについてお話しいたします。

 

  • 目の下のくまの原因を知りたい
  • 目の下のくまの種類は?
  • 私の目の下のくまってどんな対策があるの?
  • 美容医療に頼ってくまの悩みを早く解消したい
  • 目の下のくまと病気の関係は?

などを知りたい方は、ぜひ、続きを読んでくださいね。

 

<この記事でお伝えしたい大切なこと>

  • 目元はお肌の中でもデリケートな部分なので、お肌の特徴を理解してスキンケアを行いましょう。
  • 目の下のくまは、青くま(青クマ)、茶くま(茶クマ)、黒くま(黒クマ)、赤くま(赤クマ)の4種があります。
  • 自分の目の下のくまの原因と種類を知り、その解消の対策をしましょう。
  • 自分のくまの種類にあったエイジングケア化粧品を選ぶことが、目の下のくま解消のポイントです。
  • 目の下のくまは、エイジングケア化粧品だけではなく、予防の対策や全身のエイジングケアが大切です。
  • 目の下のくまの美容医療は、信頼できる美容医療の専門医としっかり相談して検討しましょう。
  • 目の下のくまには、病気が潜んでいる場合があるので注意しましょう。

 

 

1.くまができやすい目の周辺のお肌の特徴

 

目の下のくまで悩む女性

 

目の下のくま(クマ)の原因や解消の対策の前に、目の周辺のお肌について理解しましょう。

 

まぶたの周りをはじめ、目元の皮膚は非常に薄く、皮脂腺も少ないことが特徴です。そのため、刺激に弱く、強くこすったり、刺激をあたえると、メラニン色素が沈着することがあります。

また、たくさんの毛細血管が走っていて、そこに流れる血液によって、目や周りの皮膚に酸素と栄養を運んでいます。

そのため、疲れや老化などの影響で血液の流れが悪くなった場合、薄いお肌にその状態が反映されます。

それに加え、乾燥しやすい部分であることも特徴の1つです。

 

■目元のお肌の特徴のまとめ

  • 皮膚が薄い
  • 乾燥しやすい
  • よく動くので負担が大きい
  • しわやたるみなどのエイジングサインが目立つ

 

つまり、目元はお肌の中でもデリケートな部分で、特にエイジングケアに気を使うことが大切です。

スキンケアのあり方をしっかり理解し、目の下のくまの解消をサポートするエイジングケア化粧品も慎重に選びましょう。

 

なお、目元や口元のお肌の特徴は「エイジングケアの悩みは尽きない!目もと・口もとのお肌の特徴は?」に詳しく解説しています。

 

 


2.目の下のくま(クマ)の種類と見分け方

 

目の下のくまをチェックしてみよう

 

1)目の下のくま(クマ)の種類

目の下のくま(クマ)は、大きく青くま(青グマ)、茶くま(茶グマ)、黒くま(黒グマ)、赤くま(赤グマ)の4つに分かれます。

 

目の下のくまは、このように4色の色で分かれ、それぞれ、症状、原因、対策が異なるので、自分の目元のくまがどれにあたるかをしっかり見極めることが大切です。

 

2)目の下のくまの見分け方

目の下のくまは、4色に分かれるので見た目でわかる場合もありますが、必ずしも色がはっきしりない場合があります。

そこで、目の下のくまの原因の説明の前に簡単な見分け方をご紹介します。

 

①くまの見分け方

1.目尻を引っ張って、色が薄くなる  → 青くま

2.目尻を引っ張って、色が変わらない → 茶くま

3.鏡でくまを見ながら、上を向けば色が薄くなる → 黒くま

4.頬の上部を下の方に引っ張ると赤みが増す  → 赤くま

 

②目の下のくまとお肌タイプなどの特徴

ご自身のお肌のタイプを知っておくことも大切です。

 

  • 青くまは、色白の方に多い
  • 茶くまは、日焼けした際、赤くなってもあまり黒くならない方に多い
  • 黒くまは、目が大きな方や目鼻立ちのはっきりした方に多い
  • 赤くまは、冷え性の方や目をこするクセのある方に多い

 

なお、2つあるいは3つの目の下のくまが同時にできてしまう場合もありますので、判断が難しいケースもあります。

 

 


3.目の下のくまの症状・原因と解消の対策

 

ここからは、青くま、茶くま、黒くま、赤くまのそれぞれについて、症状、原因、解消のためのエイジングケアをご紹介します。

 

1)青くま

①青くまの症状

目の下を引っ張ると青みを帯びたり、くまが薄くなれば、青くまの可能性が高いです。

また、青くまは、鏡を見ながら顔を上に向けても、ファンデーションを塗っても薄くなりません。

青くまは、目のまわりの毛細血管の血液が滞り、老廃物が排泄されなくなったため、毛細血管が透けて、青っぽく見えてしまっている状態です。

毛細血管の状態によって、日や時間で濃くなったり、薄くなったりと変化します。

 

②青くまの原因

目の疲れ、睡眠不足、月経時などのホルモンバランスの乱れ、喫煙、冷え、ストレスなど、日常生活の中で引き起こされる血行不良が原因とされます。

また、リンパの流れも悪くなって、老廃物が排出できないことも原因の1つです。

ですから、手足にむくみを感じる方は青くまがある場合が多いかもしれません。

パソコンやスマホを長時間使用すると、症状を慢性化させてしまうリスクも高くなってしまいます。

 

③青くまの解消対策

原因が、血行不良なので、それを改善することが対策です。

まず“目の疲れを取ること”です。

パソコンやスマホ画面から離れ、意識的に目を休ませることを心掛けましょう。

また、蒸しタオルで目元を温めながら保湿することも良いでしょう。

 

その他には、むくみ解消にためのツボ押し、マッサージや温感パック、適度な運動、湯船に入って身体を温める、生姜などの身体が温まる食事や、鉄分の多い食べ物を摂ることを心がけるなども良い方法です。

 

ただし、ツボ押しやマッサージはきつくやるとお肌の負担になってしまい、茶くまの原因であるメラニン色素が沈着してしまうリスクが高くなるので、ご注意ください。

ツボ押しは、薬指の腹を使って、目の下やまぶたを垂直に気持ち良いと感じる力で押さえましょう。

毎日、続けることで血行が良くなったり、リンパの流れが良くなって青くまの改善、解消につながります。

 

青くまは、スキンケアではなく、全体的なヘルスケア対策が基本ですが、目元を守る観点から、スキンケアでは「保湿」と「紫外線ケア」が基本です。

 

保湿についての詳しい情報は、「お肌の保湿とは?本当にわかるスキンケアの基本と保湿成分」をご覧ください。

 

エイジングケア化粧品なら、セラミドプロテオグリカンヒアルロン酸、NMF(天然保湿因子)など保湿力の高いエイジングケア化粧品がオススメのアイテムです。

 

また、リンパ管ケア成分であるキュアパッションなども良い成分です。

青くまの解消のために、キュアパッションなどの保湿成分が配合されたフェイスマスクで集中ケアをしてみるのもオススメです。

 

 

目の下のくま対策でフェイスマスクをしている女性

 

 

さらに、コラーゲンを増やすことでお肌をふっくらさせることも青くまの解消の手段です。

ビタミンC誘導体レチノールレチノイン酸トコフェリルなどのビタミンA誘導体、ナールスゲンネオダーミルなどを配合したエイジングケア化粧品がオススメです。

 

④ナールスブランドで青くまの対策をするなら

ナールスゲン、ネオダーミル、ビタミンC誘導体、レチノイン酸トコフェリル、セラミド、プロテオグリカンなどを配合した目元専用集中美容液「ナールスネオ」キュアパッション配合&バイオセルロースでお肌へ密着性を高めたフェイスマスク「ナールスパッション」がオススメです。

 

2)茶くま

①茶くまの症状

目元全体が茶色くくすんでいるなら、茶くまです。

皮膚を引っ張っても茶色っぽさが残り、鏡を見ながら顔を上げても、茶くまは薄くなりませんが、ファンデーションを塗れば薄くなります。

また、年齢が高くなるとより目立つこともあります。

 

茶くまはメラニン色素の沈着が原因ですが、それが表皮レベルで留まっているか、真皮まで進んでいるかで2つに分かれます。

 

②茶くまの原因

表皮レベルの茶くまは、紫外線から受けたダメージや、目のこすり過ぎで、一時的にメラニン色素が沈着することで起こります。

また、アトピー性皮膚炎や乾燥による痒み、化粧品かぶれ、落としきれないマスカラなどもメラニン色素の沈着を加速させるリスクがあります。

 

真皮レベルの茶くまは、遅発性両側性太田母斑様色素斑(ちはつせいりょうそくせいおおたぼはんようしきそはん)と呼ばれるアザです。

20歳前後から、両頬・おでこ・小鼻・目の下などにあらわれる青みのある灰色と茶色が混ざったような色素斑が特徴で、メラニンが真皮に沈着している状態です。

こうなるとスキンケアの範疇を超えてしまっていますので、皮膚科の専門医にご相談されることをおすすめします。

 

③茶くまの解消対策

まずは、紫外線を避ける工夫をしましょう。

茶くまは、紫外線対策が予防のための最も大切な手段です。

紫外線対策については「紫外線ダメージ、効果的に防ぐには?」をご覧ください。

 

 

茶くまの予防のための紫外線対策の防止と日焼け止め

 

また、日焼け止めを塗っていても紫外線のアフターケアも大切です。

紫外線のアフターケアについては「外出とエイジングケア 日焼けのアフターケアはビタミンACEで」をご覧ください。

 

また、目を強く擦らないことも大切です。

 

スキンケアの基本は、保湿と紫外線対策ですが、加えて美白化粧品を使うことも良いでしょう。

 

美白や美白化粧品については、「エイジングケアにとって大切な「美白」を正しく理解する!」や「美白化粧水の選び方にランキングは必要?」をご覧ください。

美白を謳っていない化粧品でも、ビタミンC誘導体ほか抗酸化成分の配合されたエイジングケア化粧品も良い選択肢になります。

 

さらに、メラニンが溜まって角質が厚くなっている場合は、酵素洗顔やピーリングで角質ケアを行うことも選択肢の1つです。

ただし、目元の角質ケアは、お肌が薄いので慎重に行いましょう。

 

酵素洗顔の詳しい情報については、「酵素洗顔とパウダーを学ぶ!ランキング無用の正しいエイジングケア」をご覧ください。

 

④ナールスブランドで茶くまの対策をするなら

ナールスゲンとビタミンC誘導体を含む「ナールスピュア」+美白化粧品を基本として、目の下に角質肥厚があるよゆうなら天然パパイン配合酵素洗顔パウダー「ナールスフォーム」を使いましょう。

 

3)黒くま

①黒くまの症状

目の下のお肌がたるんでしまい、その影響で影ができて、それが黒く見えてしまう状態です。

上から光やライトが当たると、黒くまは一層目立ってしまいます。

 

目の下の黒くまには、生まれつき目の下の脂肪が少なく、加齢により目の周りの脂肪が萎縮することで、皮膚のへこみが目立つために影ができるタイプと、加齢により目の下の眼窩脂肪(がんかしぼう)を支えている筋肉がゆるみ、眼窩脂肪が突き出て、目袋になるタイプがあります。

こうしてできた黒くまは、スキンケアで解決することは難しいので、医師などの専門家へ相談するようにしましょう。

 

②黒くまの原因

黒くまは、目の下の皮膚のたるみが原因です。

 

目の下のたるみは、真皮の衰え、眼輪筋(がんりんきん)の衰え、眼窩脂肪(がんかしぼう)の衰えでできてしまいます。

その原因の影響の大きさの度合いで、黒くまは、少しずつ特徴が異なる場合があります。

たとえば、眼窩脂肪の突出でできる目の下のふくらみの影による黒くまと、眼窩脂肪の突出がなく目の下のくぼみによる黒くまでは、見た目の印象も少し異なります。

 

もともと筋肉の動きが多い目元ですが、加齢によってその動きや器質が衰えるため、たるんだり、窪んだりしてしまいす。

これらが目元のしわとたるみを誘発し、より老けた印象をつくってしまいます。

 

また、むくみが長く続くことで、皮下脂肪が垂れ下がって黒くまが目立つ場合もあります。

 

 

黒クマの原因は眼輪筋の衰え

 

 

③黒くまの解消対策

黒くまは、たるみが原因なので、基本的にエイジングケア化粧品では解消できません。

大幅な改善や解消を目指すなら、美容医療がその選択肢です。

 

ただし、これ以上進まないようにするためには、コラーゲンやエラスチンの産生をサポートする成分が配合されたエイジングケア化粧品がオススメです。

コラーゲンを増やすには、コラーゲン自体を摂取するのではなく、コラーゲンを作る線維芽細胞を活性化させる成分を取り入れるのが効果的です。

 

そんなエイジングケア化粧品成分には、

  • ビタミンC誘導体
  • ビタミンA誘導体(レチノールやレチノイン酸トコフェリルなど)
  • ナールスゲン
  • ネオダーミル

などがあります。

 

黒くま対策のエイジングケアは、これらの成分が含まれるエイジングケア化粧品を選びましょう。

 

また、「目元美容液の選び方。ランキングよりエイジングケアの知識」でも目元美容液に関する説明をしているので、是非あわせてチェックしてみてください。

さらに、黒くまの原因である目の下のたるみについては、「目の下のたるみの解消!すべてが学べる7つのポイント」をご覧ください。

また、目の下のむくみ対策は、「ほうれい線の意外な敵!むくみによるたるみの対策とは?」が参考になるので、気になる方はご覧ください。

 

④ナールスブランドで黒くまの対策をするなら

黒くまのナールスによる対策は、青くまと同じですが、目立つ黒くまを改善することは難しく、あくまで予防的に使いましょう。

 

ナールスゲン、ネオダーミル、レチノイン酸トコフェリルなどを配合した目元専用集中美容液「ナールスネオ」とプラセンタ、キュアパッション配合&バイオセルロースでお肌へ密着性を高めたフェイスマスク「ナールスパッション」がオススメです。

 

4)赤くま

従来、目の下のくまと言えば、「青くま」、「茶くま」、「黒くま」の3種に分類されていました。しかし、最近では、「赤くま」も1つのくまの種類として取り上げられることが増えてきました。

 

①赤くまの症状

赤くまは、皮膚を引っ張ると赤みが増すのが特徴で、目頭の下あたりによくできます。

目の下が赤くなって、その周辺が腫れているように見えますが、圧迫された眼輪筋(がんりんきん)が赤く透けて見えているのです。

 

青くまと同じく血行不良が原因で発生することが多く、他の種類のくまに比べると、比較的軽度のくまだといえるでしょう。血行不良により、目を上下にとりまく眼輪筋(がんりんきん)という筋肉が透けて見えたり、眼窩脂肪(がんかしぼう)が突出し、それが赤く見えることでくまになります。

また、目の下で小さな血栓症を起こすことでも発生します。

 

②赤くまの原因

赤くまの原因の1つは血行不良です。青くまが静脈のうっ血に対し、赤くまの場合は静脈・動脈両方のうっ血が原因です。

また、眼窩脂肪の突出も赤くまの原因です。

血行不良と眼窩脂肪の突出で、眼輪筋が皮膚の内側から押し出された結果、目の下が赤く見えるのです。

 

③赤くまの解消対策

赤くまは、比較的、軽度な場合から重度の場合まであります。

血行だけが原因の赤くまなら、青くまと同じく血行を改善すれば解消することもあります。

この場合は、スマホやパソコン、テレビなどを長時間見ることを避け、目を休ませることが大切です。

また、コンタクトやメガネなども外して過ごすことも良い方法です。

 

しかし、眼窩脂肪の突出による目の下のふくらみがある場合は、血行の改善やエイジングケア化粧品ではなく、美容医療が適応となります。

 

血栓症によって引き起こされる赤くまの場合には、ビタミンKを摂ることが大切だといわれています。海藻類やブロッコリーに多く含まれている成分で、サプリメントや化粧品にも含まれているものなので、ビタミンKが配合されているサプリメントや化粧品を積極的に使うなど対策をとりましょう。

 

 

茶くま対策はブロッコリー

 

 

④ナールスブランドで赤くまの対策をするなら

赤くまのナールスによる対策は、青くまと同じですが、眼窩脂肪や血行そのものを改善することがナールスの役割ではなく、あくまでも目の下のエイジングケアのためにお使いいただき、赤くまの予防としてください。

 

ナールスゲン、ネオダーミル、ビタミンC誘導体、レチノイン酸トコフェリル、セラミド、プロテオグリカンなどを配合した目元専用集中美容液「ナールスネオ」とキュアパッション配合&バイオセルロースでお肌へ密着性を高めたフェイスマスク「ナールスパッション」がオススメです。

 

一口に「目の下のくま」といっても4種あり、その違いと原因、対策の違いもご理解いただけましたでしょうか?

くまの種類によってエイジングケア化粧品を使い分けることが必要です。

もちろん、エイジングケア化粧品を使う前にくまの予防・対策は必須です!

 

 


4.目の下のくま解消の美容医療

 

美容医療を受ける女性

 

血流の問題やたるみが原因でおこる目の下のくまは、エイジングケア化粧品で解消することはできませんから、大きな改善や解消を求めるなら美容医療が選択肢となります。

ここでは、目の下のくまに対するいくつかの美容医療について簡単に紹介します。

 

美容医療を選択する場合は、信頼できる専門医と十分に相談の上、ご自身で納得した上で治療を受けましょう。

 

1)青くまの美容医療

青くまの美容医療としては、W-PRP(白血球添加多血小板血漿)注入療法や各種レーザー療法などが行われます。

また、最近では、目の下のくまに血流改善ガスを注入して、血流が改善と皮膚のターンオーバーや真皮の代謝アップを期待する方法も使われます。炭酸ガスの刺激で、皮膚の再生能力が活性化し、コラーゲンが増えることも期待できるといわれています。

 

2)茶くまの美容医療

茶くまの美容医療としては、高濃度ハイドロキノンクリーム、レチノイン酸などに医薬品による治療、美白効果のあるレーザーやケミカルピーリングなどが適応されます。

また、フラクショナルレーザー治療により、色素沈着部の肌を剥がして新しい肌と生まれ変わらせる方法もあります。

 

3)黒くまの美容医療

黒くまの美容医療としは、ヒアルロン酸注入、脂肪注入、眼窩内脂肪の摘出に加えて、W-PRP(白血球添加多血小板血漿)注入療法やラジオ波治療やレーザー治療などがあります。

たるみが原因なので、不要な脂肪の除去、コラーゲン産生の促進などが目的の治療法を選択することになります。

 

4)赤くまの美容医療

赤くまは黒くまと同時に発生する場合もあり、黒くまと同じ、または近い治療が行われます。赤くまの美容医療としては、眼窩脂肪(がんかしぼう)の摘出に加えて、W-PRP(白血球添加多血小板血漿)注入療法やラジオ波治療やレーザー治療などがあります。

 

 


5.目の下のくまと皮膚以外の病気の関係

 

目の下のくまを発見した女性

 

 

お肌は身体の不調や病気を表す鏡のような存在にもなりえます。

中でも、目の下のくまは、全身の不調や病気が原因の場合があるので注意が必要です。

疲れの代名詞として、漫画などでも目の下にくまが描かれることも多いので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

お肌悩みなら、これまでご紹介した対策でくまの解消が可能ですが、身体の不調や病気ならば、効果はありません。

 

スキンケアやエイジングケアでも効果がなく、体調が気になる場合は、早めに病院で検査を受けたり、相談したりすることが大切です。

 

1)青くまに潜む可能性のある病気

①貧血には腎臓が原因の場合もあるので要注意

青くまは、血液の流れが良くないことが原因ですから、それに関連する病気が潜んでいる可能性があります。

比較的わかりやすいケースとしては、貧血です。

貧血にはいくつか種類がありますが、もっともポピュラーなのは、生理による出血などで起こる鉄欠乏性貧血です。これは、出血で赤血球内にあるヘモグロビンの量が減ることが原因です。

 

  • 疲れやすい
  • 口角炎ができやすい
  • 髪がよく抜ける
  • 朝起きずらい
  • 肩こりや首のコリがある
  • 頭痛、頭重がある

などの症状があり、目の下に青くまがある場合は、鉄欠乏性貧血の可能性があります。

 

鉄欠乏性貧血なら、貧血の治療を行うことで、目の下の青くまが改善します。

 

さらに、最近、注目されている腎性貧血も考えられる貧血の1つです。

これは、赤血球をつくるはたらきのある腎臓で分泌される「エリスロポエチン」というホルモンの不足によるものです。

 

  • 動悸・息切れがある
  • めまいを起こすことがある

の場合は、腎性貧血の可能性があります。

 

この場合は、腎臓の治療が必要です。

 

②肝臓病や糖尿病でも目の下にくまができる

腎性貧血に限らず腎臓の病気があると、血流が滞るので、青くまができやすくなります。

腎臓以外でも、肝臓の病気や糖尿病などでも青くまや、その他のくまが目立つ場合があります。

 

2)茶くまに潜む可能性のある病気

アトピー性皮膚炎や花粉症による皮膚炎になると、目の周りのくすみが目立ったり、炎症を起こして色素が沈着する場合があります。

そうなると、目の下に茶くまができてしまいます。

季節的には、春や秋の花粉の季節でアトピー素因をもっている方に起こりやすい症状です。

医療機関を受診してアトピー性皮膚炎の治療を行うとともに、スキンケアではしっかり保湿を行いましょう。

 

花粉症による皮膚炎の保湿対策は、「花粉による肌荒れはエイジングケア化粧品成分で保湿」を参考にしてください。

 

3)黒くまに潜む可能性のある病気

甲状腺機能亢進症であるバセドウ病は、甲状腺ホルモンが過剰に分泌される病気です。

バセドウ病の症状の特徴の1つは眼球突出です。

これは、眼窩脂肪や眼輪筋の炎症が原因で、眼球が飛び出てきている状態です。

この場合、黒くまができることがあります。

 

4)赤くまに潜む可能性のある病気

アトピー性皮膚炎や花粉症による皮膚炎で、目の周りに炎症を起こして赤くなる場合もありますし、目の下の血行不良に加えて、こすったりすれば赤くまになる場合があります。

 

 


6まとめ

 

目の周辺のお肌の基礎知識と、「目の下のくま」の種類、症状、原因、対策を詳しく説明いたしましたが、ご理解いただけましたでしょうか?

また、目の下のくまに潜む病気についても解説を行いました。

 

目の下のくまの対策は、原因に合わせて行うこと、それにあったエイジングケア化粧品を選ぶことが大切です。

また、エイジングケア化粧品だけでなく身体の内側からのケアも大切であることがおわかりいただけたと思います。

場合によっては目の下のくまの美容医療が必要なこともあります。

 

ご自分の目の下のくまの種類をしっかりと把握していただき、エイジングケアを行っていただければ幸いです。

 

なお、乾燥肌の対策はすべてのエイジングケアの基本です。ぜひ、「乾燥肌の改善対策 | 正しいスキンケアとエイジングケア」も合わせてお読みくださいね。

 

 


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」