40代の気になる目元のシワを目立たせないメイクポイント

美肌メイクレッスン_目元のシワ

40代の目元のシワ。スキンケアやエイジングケアで消せればよいけど、深くなると難しいことも。

そんな時に頼りになるのがメイクですね。

この記事では、メイクアップアーティストのMANAMIさんに、動画で目元のシワをメイクでカバーする方法をご紹介いただきます。

40代の気になる目元のシワを目立たせないメイクポイントの目次

1.ナールス美肌メイクレッスン~40代の目元のシワ編~とは?

目元のシワが気になる女性

 

顔の中でも皮膚の薄い目元

40代のエイジングケア世代では、目尻や目の下など目元のシワで悩む女性もたくさんいます。

20代など若い時代のシワなら乾燥肌が原因の薄い小ジワが多いので、保湿ケアをしっかり行えば消すこともできます。

しかし、エイジングを重ねると、顔のたるみが進んで目元のシワも深くなることがあります。

そんな深い目元のシワは、エイジングケア化粧品を使ってもすぐに消すことはできません。

そんな時に頼りになるのが、メイクで目元のシワを目立ちにくくすること。

そこで、美肌のためのメイクやフェイスマッサージのテクニックをお伝えすべく、ナールスエイジングケアアカデミーでは、メイクアップアーティストのMANAMIさんのご協力・監修のもと、「ナールス美肌メイクレッスン」と題した動画を企画・制作することになりました。

その第5回目が、今回の「40代の気になる目元のシワを目立たせないメイクポイント」

ナールスゲン配合エイジングケア化粧水「ナールスピュア」エイジングケア世代向けクレンジングジェル「ナールス エークレンズ」のご愛用者モデルとしてご協力いただいている中川ゆうこさんに動画のモデルとしてご協力いただき、MANAMIさんに実際に目元のシワを目立ちにくくするメイクのコツを教えていただきます。

ぜひ、40代で目元のシワでお悩みの方はチェックしてみてくださいね。

もちろん、30代のエイジングケア世代50代のエイジングケア世代、それ以上の60代や70代の方でもメイクのテクニックは基本的に同じなので、お役に立ちますよ!

<MANAMIさんプロフィール>

MANAMIさんのメイクレッスン

単身海外でのモデル活動を経験し、帰国後は芸能人を始め専門家や経営者、企業、ミスコンテスト出場者などのヘアメイク・ファッション・歩き方など「見た目全てに関わるプロデュース」を手がける。

2019年に開催される世界五大ミスコンのミススプラナショナルジャパン東京神奈川大会オフィシャルビューティキャンプアドバイザー。

著書は「メイクの超基本テクニック」(マイナビ)他5冊。雑誌、新聞掲載、テレビ出演中。

40歳にして中央大学法学部試験に合格。2019年春より中央大学法学部法律学科3年生。

MANAMIさんのインスタグラム

MANAMIさんのフェイスブック

MANAMIさんのツイッター

<中川ゆうこさんプロフィール>

関西発のファッションブランドのモデルやイメージモデル、雑誌「Saita」などのモデルを務める。

2014年より京都市観光おもてなし大使としても活躍中。2017年アジアを拠点とする企業主催の「アジアの美しい顔100人」に選出。お二人の男子のママ。


2.動画「40代の気になる目元のシワを目立たせないメイクポイント」

1)40代の気になる目元のシワを目立たせないメイクポイント

2)目元のシワをカバーするポイント

目元のシワは、お肌よりも一段明るいリキッドコンシーラーを選びます。

目じりのシワは横に走っていることが多いので、コンシーラーをシワに対して垂直にしっかりと叩きこむように塗って、指でなじませます。

その後は、パウダーもシワに対して垂直になるよう入れ込んでいき、しっかりとおさえることでヨレにくくなります。


3.40代の目元のシワの対策は?

目元対策をする女性

目元、目尻や目の下は、お肌が薄く、刺激に弱いためにシワが目立ってしまいます。

目の周りは、次のような特徴があります。

  • 外部の刺激の影響を受けやすい
  • お肌の内部の状態が表面にあらわれやすい
  • いつも目や目の周りは動いている

そのため、紫外線ダメージや外部刺激、また疲れなどの目によくない状態が原因となり、シワをはじめエイジングサインが目立ちやすくなるのです。

だから、目の周りのシワの予防は、強い刺激を避けることが大切です。

つまり、日々のスキンケアやエイジングケアも優しく行うことが大切なのです。

具体的には、目元の洗顔クレンジングは特に優しく行うこと、目元美容液などは敏感肌でも使える優しいタイプを選びましょう。

もう1つ気をつけたいのが、目尻と目の下、目の上のシワでは、原因が異なる場合が多いこと。

そのため、改善の対策やエイジングケアの手段も異なります。

3つのシワの原因と対策のポイントを整理します。

①目尻の小じわ

目尻にできる小じわは、主にお肌の乾燥が原因です。

比較的若い、20代や30代の女性でも目立つ小じわです。

もちろん、40代、50代以上でもお肌の乾燥で目立つことがあります。

この場合、エイジングケア化粧品でしっかり乾燥肌対策を行いましょう。

ただし、エイジングとともに真皮の衰えや表情筋の衰えが原因で目立ってしまうことも。

これらの目尻のシワは、40代以上の方で目立ちますが、エイジングケアだけでは消すことはできません。

目元美容液を使う女性

 

②目の下のシワ

一方、目の下にできるシワは、目の下のたるみによってできることがほとんどです。

真皮や表情筋の衰えに加えて、皮下組織が衰え、弾力が失われることが原因です。

40代以上になると、こうした深い目の下のシワが目立つこともあります。

さらに、目の疲労やストレスが原因となり、老廃物や血液がたまることでシワが目立つこともあります。

だから、お肌のハリを取り戻すための対策や、血管やリンパ管のケアも必要です。

それでも、エイジングケア化粧品で解消したり、改善するのが難しいのが、このタイプの目の下のシワです。

③目の上のシワ

上目瞼(上まぶた)のシワは、主に目の周りの表情筋である眼輪筋の衰えによってできるシワです。

実は、このシワは頭皮のたるみも原因の1つです。

だから、目の上のシワ対策には、頭皮ケアも大切なのです。

このタイプのシワも、肌老化によるもので、40代以上のエイジングケア世代の女性に目立つことが多いのです。

たるみが原因の目元のシワの改善を望むなら、美容医療も選択肢になります。

目元のエイジングサインの治療のための美容クリニック・施設検索

なお、目元のシワ対策は、「目元・目尻・目の下のシワの予防と改善対策のエイジングケア」で詳しくご紹介していますので、ぜひ、ご覧ください。

ナールス 化粧品

 


4.まとめ(編集後記)

このメイクレッスン動画にご協力をお願いしたモデルの方たちには、すっぴんでのご登場をお願いしたのですが、みなさま快くお受けくださいました。まずはその点、心から御礼申し上げます。

このメイクレッスン動画の撮影は、モデルの方が実際にお肌で悩んでおられる点について、MANAMIさんに改善するポイントをご紹介いただく形式で進めました。

今回モデルを務めていただいたのは、ナールスではおなじみの中川ゆう子さんです。

中川さんはいつも笑顔で朗らかでいらっしゃるんですが、そういう方って、どうしても目じりにシワができやすいですよね。

中川さんも目じりのシワに悩んでおられるとのことでした。

しっかりとコンシーラーをシワに入れ込むとストレッチ効果が期待できるそうで、確かにメイク後は、目じりのシワが目立ちにくくなっていました。

関連記事

ナールスチャンネルをみて動画でエイジングケアを学ぼう!

続きを読む

MANAMIさんの動画で見る「ナールス美肌メイクレッスン」

続きを読む

50代のおでこや眉間のシワをカバーするメイク法

続きを読む

30代以上の悩ましいニキビ跡の赤みの消し方

続きを読む

30代の目元のくすみをパッと明るくするメイク術

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」