美容のプロが教える、コスメ選びの意外な落とし穴

プチプラとデパコスのイメージ

SNSやYou Tubeなどでメイクのやり方や、プチプラ、デパコスなど流行のコスメの紹介が公開されており、参考にしている人も多いですよね。

でも美容のプロから見ると意外な落とし穴があるようです。今回は、Cocon de Soieが行った「美容のプロの本音」の調査を紹介します。

美容のプロが教える、コスメ選びの意外な落とし穴

1.「美容のプロによる本音」調査の概要

美容のプロ

 

エイジングケアやスキンケアのアイテム選びは、使われている成分や自分のお肌に合うかどうかを基準にしている人が多いと思います。

一方、メイクアイテムを選ぶ時は、成分よりも発色の良さ、流行の色やアイテム、コスパなどを重視して選んで、自分を魅力的にみせられる顔になるよう努力している女性は多いのではないでしょうか。

巷でも、雑誌だけでなく、SNSやYou Tubeで化粧の仕方やコスメの選び方などが公開されています。

しかし、そこには意外な落とし穴があることも。

スキンケアブランドの『Cocon de Soie -ココン デ ソワ-』が行った、20~50代のプロの美容(メイク含む)従事者を対象とした、「美容のプロの本音」に関する調査結果をご紹介します。

落とし穴に陥りやすいコスメの選び方やお化粧の仕方などの参考になると思いますよ。

 

【調査概要】
調査期間:2019年8月28日〜8月29日
調査方法:インターネット調査
調査対象:20〜50代のプロの美容(メイク含む)従事者1,156人
(ゼネラルリサーチ調べ)

 


2.プロが見分けるデパコスとプチプラの違い

メイク道具

 

リーズナブルでお手軽な“プチプラ”と、高級で品質の良い“デパコス”について、プロの美容従事者は見分けることができるかを聞いたところ、8割近くが「はい」と回答。かなりの精度で見分けることができるようです。

また、「はい」と回答した人に「どのような特徴で見分けているか」を聞いたところ、下記のようなコメントが挙げられました。

 

  • コスメの発色や色持ち(千葉県/30代/女性)
  • 年齢やメイクの濃さ(東京都/30代/男性)
  • 肌の質と長持ち具合(神奈川県/20代/女性)
  • ファンデーションを使用した肌の質感、アイシャドウの馴染み感(愛知県/30代/女性)

プチプラとデパコスの見分けと特徴

 

自分自身やほかの女性のメイクを見て、このような状態になっているのに気づいたことがある方もいるのではないでしょうか。

 


3.プロが教える、声を大にしては言えないオススメできないプチプラとは?

オススメできないプチプラ

 

「声を大にしては言えない、お肌を考えるとあまりおすすめできないコスメを教えてください」という質問には、『ティント化粧品』(24.1%)と回答した人が最も多く、次いで『ウォータープルーフ』(22.3%)、『クッションファンデ』(19.8%)との回答でした。

 

オススメできないプチプラ

 

ティント化粧品は、韓国コスメが流行っている今、メイク崩れや色移りがしにくいというアイテムなので、使っている方も多いと思われます。

では、なぜティント化粧品がおすすめできないのか、その理由として、

 

  • タール色素やコチニールが肌に非常に悪いから(千葉県/30代/女性)
  • 外国産なら勧めない(愛媛県/20代/男性)
  • 乾燥しやすい(北海道/50代/男性)

 

また、ディント化粧品の次に多かったウォータープルーフについては、

 

  • しっかり落とさないと肌トラブルを起こす(埼玉県/400代/女性)

 

といったコメントが挙げられました。

たくさんの女性の美をお手伝いしているプロの美容従事者だからこそ、お肌のことを考えるとあまりオススメはできないコスメもあるようですね。

 


4.プロが伝える、美容のためにオススメしたいこと

保湿してお肌をうるおわせる女性

 

「美容のためにオススメしたいことは何か」という質問には、最も多かった回答は『時間をかけてゆっくりと』でした。次いで『化粧品ブランドの統一』(25.3%)、『安いものは使用しない』(22.1%)が続きました。

化粧品ブランドは、化粧水美容液乳液クリームなどライン使いするものをトータルでみて様々な成分を配合しているため、使う部位によってブランドの違う化粧品を使用するのはおすすめできず、統一するべきとのコメントがありました。

 

美容のためにオススメしたいこと

 


5.スキンケアでメイクの効果を高めるコツとは?

スキンケアでメイクの効果を高める女性

プロは、美容にはゆっくり時間をかけて取り組むことが重要と考えている人が半数近くいることがわかりましたが、「化粧がうまくなりたい人は、まずどんなスキンケアが必要か」と考えているかを聞いたところ、『お肌の保水力を高める』(45.1%)が最も多かったです。

次いで『普段のコスメでの肌の負担を軽減させる』(26.7%)、『ナチュラル処方がされているケア用品を使用する』(20.4%)と続きました。

 

メイクがうまくなりたい人に必要なスキンケア

 


6.編集後記

美容のプロは、日頃からたくさんのお客様のお肌と接しておられるので、その経験に裏打ちされたアンケート結果は、参考になると思います。

アイラインがペンシルかリキッドか、ファンデーションがクリーム系かパウダー系か、マツエクかどうかなどは見分けることは比較的簡単だと思いますが、プチプラなのかデパプラなのか、見た目で違いがあるとは思っていませんでした。

メイクがうまくなる方法も、何も特別なことではなく、エイジングケアやスキンケアでの基本の「保湿」がやっぱり重要なんですね。お肌に潤いを与えることで、メイクのノリも違ってくるんだと思います。

日々の生活で忙しくしていると、なかなかゆっくりとケアする時間を取ることが難しい時もありますが、週に1回でも、ゆっくりとお肌と向き合う時間を取れるようにしたいなと思います。

(執筆:エイジングケアアカデミー編集部 やすだともよ

 

関連記事

【20代、30代必見】40代が実感 エイジングケアのスタート年齢と理由

続きを読む

マリンコラーゲンのメリット!日本酵研さんにインタビュー

続きを読む

顔のむくみ 美容高感度の女性たちはどうとらえてる?

続きを読む

枕のニオイが臭くない男性が実践している頭皮対策

続きを読む

肥満型?それともやせ型? 都道府県別のBMIに関する実態調査

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」