「夏は痩せやすい神話」ってホントなの?!

脳腸相関でダイエット

1年の中で一番暑い季節「夏」。代謝がアップしてもっとも痩せやすい季節と思っている人が多いことが、脳腸相関LABO.の調査で分かりました。

夏のダイエットについてその落とし穴と、いま注目の脳腸相関を利用したダイエットを紹介します。

この方法は、エイジングケア世代が美肌をキープする上でも役立つのでぜひ、チェックしてくださいね。

「夏は痩せやすい神話」ってホントなの?!の目次

1.「痩せやすい季節」に関する意識調査の結果をご紹介

夏痩せに関する意識調査

「夏は痩せやすい」

そう思っている人って多いのではないでしょうか?

脳腸相関LABO.が、エイジングケア世代(30歳~49歳)の働く女性568名を対象に、「夏は代謝がアップし最も痩せやすい季節だと思っている方が多いのではないか」というアンケート調査を行いました。

まず、「あなたが最も痩せやすいと思う季節を選んでください」という質問には、「夏」と約5割が回答しています。

もっとも痩せやすいと思う季節は夏

脳腸相関LABO.調べ

そして、「夏は代謝がアップする季節なのでぜひダイエットしたいと思うか」という質問には、「かなりそう思う」、「そう思う」を合わせると、全体の60%近くを占めています。

以上から、多くの人が「夏は痩せやすい」と思っていることがわかりました。

夏はダイエットしたい季節

脳腸相関LABO.調べ


2.ダイエットのカギを握るのは「脳腸相関」?

脳腸相関によるダイエット法

夏のダイエットには3つの落とし穴があるとされています。それは、「飲み物は冷たい物をたくさん飲んでしまうこと」、「暑いから、湯船につからずシャワーで済ませがちになること」、そして「エアコンによるからだの冷やしすぎや暑さを我慢しすぎなど体温調節が難しいこと」です。

雑誌、テレビ、ラジオ、セミナーで活躍されていて、著書も多数あるダイエットエキスパートの和田清香さんによると、夏のダイエットを成功させるのは、この3つだそう。

そして、この3つの方法は、ナールスエイジングケアアカデミーでもお伝えしている夏の乾燥肌対策としても共通しています。

健康なダイエットのためにも肌悩みのないエイジレスな美肌のためにもぜひ、実践してはいかがでしょうか?

1)夏のダイエットの成功ポイント

①冷たい飲み物だけで飲むのは避ける

冷たい飲み物だけを摂らないようにする

「腸を冷やさないようにする」のが大切。冷たいものを摂るときは温かいものとセットで飲むのが、腸によってよい方法です。

②暑くても、お風呂に浸かるようにする

暑くてもお風呂に浸かる

お風呂に浸かることで、副交感神経(リラックスモード)のスイッチが入ります。

そして、脳や自律神経のバランスが整い、脳腸の相互からダイエットしやすいコンディションが整えられます。

40~42℃の温度のお風呂に入ると、細胞が熱の刺激を受けて、ヒートショックプロテインを増やすので、からだの内側からエイジングケアができて、美肌パワーがアップしますよ。

③エアコンの温度設定は27度に

エアコンの温度は27度に設定

暑いからと、冷房で部屋がキンキンするほど冷やし過ぎないようにしましょう。

自律神経は、体温調節や発汗をコントロールしていますが、冷房の効いた室内にいて「寒さ」に慣れてしまうと、外気温との温度差に自律神経のバランスが崩れて、身体がついていけなくなったりします。

また、エアコンは乾燥肌の原因になります。

だからといって、暑いのを我慢していると、その不快感がストレスとなって、こちらも自律神経のバランスが崩れる原因となります。

自律神経が崩れると、自律神経に支配されている脳と腸のネットワーク、つまり「脳腸相関」にも、よい影響がありません。

2)脳腸相関にあったダイエットは究極のダイエット法

最近ダイエットで注目されているのが、この脳腸相関です。

脳腸相関とは、脳と腸は血管や神経を介して、お互いに密接に影響しあう仕組みのことを言います。

脳で感じた緊張やストレスは腸に伝わり、逆に、腸で感じた情報が脳に伝わって、イライラしたり落ち込んだりと気分にも影響することが知られています。

脳腸相関

 

ダイエットは、好きなものも食べるのを我慢したり、運動もして、それを続けていく必要がありますが、その過程でストレスもたまったり、結果が出なければあきらめがちになってしまいますよね。

ダイエットを意志の力だけで続けるのはなかなか難しいことは、ダイエットを経験したことがある人は身に覚えがあるかも。

和田さんによると、「好きなことや続けられそうなことを選んで、心とからだ(脳と腸)を心地よい状態に整えることが、ダイエットで一番重要なこと。脳腸相関の仕組みとも合致しています。

だから、脳腸ダイエットは、太らない身体を手に入れる究極のダイエット」だそう。

脳と腸のお話を詳しく知りたい方は、「腸にまつわる超すごい話 脳と腸の不思議な関係」もあわせて読んでみてくださいね。


3.編集後記

腸は「第2の脳」といわれるぐらい、人間のからだでは多様で重要なはたらきをしています。

脳腸相関が崩れてしまうと、腸内フローラ(腸内細菌叢)のバランスが崩れて、便秘や過敏性腸症候群になったり、肌荒れになったりなど、よいことがあまりありません。

「からだ」「お肌」「心」を健やかで、美しい状態でいるためには、脳腸相関のバランスを保てるような日常生活の過ごし方や食生活を工夫したいですね。

 

(執筆:エイジングケアアカデミー編集部 やすだともよ

関連記事

枕のニオイが臭くない男性が実践している頭皮対策

続きを読む

肥満型?それともやせ型? 都道府県別のBMIに関する実態調査

続きを読む

ストレスオフの秘訣は「音楽習慣」 20代からシニアまで大調査

続きを読む

ブルーライトをうまく浴びてアンチエイジングに役立てよう!

続きを読む

無重力まくら 頭の動きに合わせたフィット感で快眠

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」