ヨーグルトは夜に食べるのが一番効果的!理由とおすすめの食べ方

健康と美肌に良いヨーグルト

ヨーグルトの健康効果は知られていますが、食べる時間帯によってその効果が違うことをご存じですか?

ヨーグルトは夜に食べるのが一番効果的。

腸からの栄養素の吸収がよくなるだけでなくダイエットにもつながります。なぜ夜のヨーグルトが良いかをご紹介します。

また、おすすめの食べ方をご紹介します。

本当にキレイになれる!動画「ナールス60日間美肌プログラム」とは?

ヨーグルトは夜に食べるのが一番効果的!理由とおすすめの食べ方の目次

1.ヨーグルトがもつ美肌や健康の効果

健康と美肌に良いヨーグルト

今回のナールスエイジングケアアカデミー編集部ニュースは、プレスリリースではなく、私が本などで最近勉強したヨーグルトの効果的な食べ方をシェアいたします。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌が、腸内でビフィズス菌などの善玉菌を増やします。

善玉菌は悪玉菌を抑制する効果があるので、腸内で攻めぎあっている善玉菌と悪玉菌のバランスが善玉菌に優勢になって、腸内環境が良い状態に整います。

そのため、腸内のぜんどう運動が正しく行われるので便秘を改善するだけでなく下痢も改善し、肌荒れが改善します。

また、血流促進で冷え性むくみの予防にもつながりますし、体内外の老化や生活習慣病を予防する効果も期待されます。

さらに、乳酸菌が花粉症を予防したり症状を軽くすることもわかってきましたので、花粉症による肌荒れにも効果的と言えます。

実は、乳酸菌以外のヨーグルトの栄養素もお肌に良い影響があります。

ヨーグルトには、健康な肌を作るためのたんぱく質、お肌のターンオーバー、毛髪の発育に欠かせないビタミン2も豊富に含まれています。

つまり、腸内環境のバランスがよくなると栄養の吸収率がUP!するので、アンチエイジングだけでなく、美肌にもつながるというわけです。

そんなヨーグルトは、夜食べることがおすすめです。

これから、その理由やおすすめの食べ方をご紹介します。


2.ヨーグルトの効果を一番摂れるのは「夜に食べること」!

腸のイラスト

1)なぜヨーグルトは夜に食べれば良いの?

ヨーグルトが健康に良いのは誰でも知っていることですが、朝食時に食べることが多いのではないでしょうか?

実は、「ヨーグルトは夜に食べる」ことで、美肌だけでなくダイエットにも効果的で、その他にも安眠効果や虫歯予防といったメリットもあります。

そのカギとなるのが、「腸のゴールデンタイム」です。

1日の人のからだのリズムは、朝は排泄、昼は食べたものを消化・栄養補給、夜間は吸収となっています。

腸の活動がもっとも活発にはるのは、夜中の0時過ぎ頃。この時間帯にリラックスモードの副交感神経の活動がピークになるので、腸からの栄養素の吸収も良くなります。

だから、この時間帯にぐっすり眠っているのが理想的です。

このリズムにあわせて、腸内環境を整えてくれるヨーグルトは「夜に食べる」のがベスト!

夜間に善玉菌がはたらいて腸内が活性化して、美肌に良い栄養素の吸収がよりよくなったり、正しい形の便を作って翌朝のお通じもよくなったり、老廃物の排泄や有害物質を減らすなど、太りにくい体質作りに役立つとされています。

また、ヨーグルトに含まれるカルシウムにはリラックス効果があるので、質の高い睡眠が得られて、お肌のターンオーバーも活発化してお肌の調子も整い、美肌効果も期待できます。

そのほかに、ヨーグルトに含まれる乳酸菌は殺菌効果もあるので、口の中の菌を殺菌したり、就寝中に虫歯の予防もできるといえます。

つまり、健康なからだや美肌を維持するには、「腸のゴールデンタイム」を効率的に活用しましょうというわけです。

2)夜のヨーグルトの食べ方

ヨーグルトとナスの料理

ヨーグルトを食べるタイミングは、夜と言っても基本的に夕食後。

食べてすぐ寝ると副交感神経がうまく働かないので、腸のはたらきや良い睡眠をとるためには、就寝の3時間前には食べておくのが理想的です。

できれば21時までには食べ終えていたいですね。

  • ヨーグルトの量の目安は120g前後です。
  • 脂肪分の高いリッチタイプや加糖タイプはさけて、無脂肪や低脂肪を選ぶようにしましょう。
  • 無糖のプレーンタイプなら、120gで大体75kcal〜80kcalです。

人によって効果を感じる乳酸菌は異なります。

市販のヨーグルトは、パッケージに使われている乳酸菌の種類が明記されていることが多いので、一種類を2週間くらい食べて、ご自分に合ったものを摂るようにしましょう。

また、色々なヨーグルトをローテーションすることもおすすめです。

ヨーグルト単体で食べるのも良いですが、夕食後に単体で食べるのではなく、料理に使ってもOKです。

乳酸菌は熱に弱いので、なるべく加熱をせずに使いましょう。40℃くらいなら温めても良いですが、60℃以上になると乳酸菌やビフィズス菌が死んでしまいます。

ヨーグルトだけで食べる時は、どうしても甘みが欲しいときは、はちみつを少し入れてみます。

また、コラーゲンのサプリもまぜて食べるのもよいですね。ヨーグルトに含まれるカルシウムとたんぱく質との相乗効果が期待できます。

コラーゲンのサプリは、純度の高い天然海水魚由来のマリンコラーゲンがオススメです。

もちろん、ヨーグルト単体でなく、お料理に使って食べると、バリエーションも広がって、よりヨーグルトを楽しみながら食べられます。

例えば、ヨーグルトでドレッシングを作ってみたり、お肉を漬け込んだり、カレーやスープにヨーグルトを入れたりレシピも豊富ですよ。

■ヨーグルトを使ったレシピの参考図書

決定版 「デブ菌」が消えて「ヤセ菌」が増える腸活×菌活レシピ100:
女性のお悩みすべて解決 
– 2018/10/11

藤田 紘一郎 (監修), 川上 晶也  田和 璃佳  (著)

藤田鉱一郎(著)腸活×菌活レシピ100

3)夜にヨーグルトを食べる時に注意したいこと

ヨーグルトを食べ過ぎた人

きちんと食事をとらずにヨーグルトだけで食事の代わりにするのはやめましょう。

極端な食べ方は、栄養が偏ってからだに必要な栄養素をきちんと摂れなくなり、栄養バラウスを崩してしまいます。かえって健康を損なって、美肌も遠のいてしまいますし、太りやすい体質に傾きます。

また、食べるヨーグルトの量が多かったり、寝る直前や遅い時間に食べるのもよくありません。腸のゴールデンタイムに沿ったとり方ができませんし、体重が増えてしまいます。

健康や美肌のためにはバランスの良く食べ物を摂ることが大切です。


3.ヨーグルトに含まれる乳酸菌の効果に違いはあるの?

ヨーグルトに含まれる乳酸菌には、共通して整腸作用があります。

しかし、乳酸菌にも種類があって、少しずつ効果が異なります。

ここでは、ヨーグルトに含まれる代表的な乳酸菌とその効果を簡単にご紹介します。

  • シロタ株

免疫維持作用や膀胱がん再発防止作用などが報告されています。

生きたまま腸に届くことがメリットです。

  • LB21乳酸菌

便秘改善と肌荒れ乾燥肌の改善の効果が期待できます。

胃酸に強いだけでなく、増殖性も高いことがメリットです。

  • ガセリ菌SP株

内臓脂肪減少効果があり、ダイエットに適しています。

また、免疫力の強化にも作用し、インフルエンザや風邪などの予防も期待できます。

さらに、ガセリ菌SP株は日本人由来の菌なので、日本人のおなかになじみやすいことがメリットです。

  • ビフィズス菌BB536

便秘だけでなく、下痢にも効果があります。

また、免疫力強化や、花粉症の予防が期待できます。

  • クレモリス菌FC株

便秘改善、大腸炎の症状の改善に効果が期待できます。

また、善玉コレステロールを増加させ。中性脂肪を低下させます。

さらに、アトピー性皮膚炎の症状を緩和するはたらきもあります。


4.ヨーグルトパックはお肌に良いの?

ヨーグルトパックに美肌効果を期待する女性

食べて健康や美肌に良いヨーグルト。

「それなら、ヨーグルトパックで美肌になれるので使おう!」とお考えの方もいるのではないでしょうか?

ヨーグルトパックとは、市販のヨーグルトを使って顔をパックする美容法です。小麦粉、はちみつ、塩などを一緒に混ぜて使うこともあります。

ヨーグルトパックには、ピーリング効果、シミソバカスの予防などが期待されます。

しかし、そもそもスキンケアが目的ではない食べ物としてのヨーグルト。

その効果がスキンケアアイテム以上ではありませんし、経皮吸収でアレルギーやバリア機能低下などのリスクがあります。

やはり食べ物は食べ物としての活用がおすすめです。

詳しくは、「ヨーグルトパックに美肌効果を期待できる?危険?」をご覧ください。


5.ヨーグルトも同じ!何か1つに頼るのは危険

テレビなどのメディアである食べ物の美容や健康、アンチエイジングなどへの効果が紹介されるとそればかりに注目がいってしまうことがあります。

ヨーグルトの効果もメディアで取り上げられることがありますが、それだけに頼ること危険です。

ヨーグルトを始めどんな食べ実物であっても、それだけを食べれば良いということはないのです。

ナールスエイジングケアアカデミーでも食べ物については、さまざま記事を掲載しています。

編集部ニュースでも、今回のヨーグルトの記事ほか食べ物や栄養素をテーマとした記事を問取り上げています。

食べ物は、1つのものに頼らずバランスよく食べましょう。


6.編集後記

ヨーグルトの健康効果と美肌効果、夜に食べるのが良い理由をご紹介しました。

また、おすすめの食べ方をご紹介しました。

今回、ヨーグルトの食べ方を調べてみたのは、アーモンドを食べてシワを少なくしようと思って、毎日食べ続けられる方法を探し出したのがきっかけでした。

ヨーグルトは腸内環境を整えようと思って朝に食べていたわけですが、「ベストなタイミングで食べる」ということも重要ですよね。

(執筆:エイジングケアアカデミー編集部 やすだともよ

ナールスチャンネルをみて動画でエイジングケアを学ぼう!

関連記事

美肌づくりでこだわるスキンケアとは?Re:Cosmeの専門家へのアンケート結果

続きを読む

スマホやPCの見過ぎによる目の疲れ! 解消する方法とは?

続きを読む

新型コロナウイルスで外出控え!室内エクササイズと室外の紫外線対策

続きを読む

新型コロナウイルス予防で手洗いした後はたっぷり保湿を!

続きを読む

美意識の高い30代~50代女性のエイジングケアとヒト幹細胞培養液

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」