60代のほうれい線や口元のシワを目立たなくするメイク術

美肌メイクレッスン08_60代の口元のシワを目立たなくする術

年齢を重ねると、ほうれい線や口元のシワが目立ちます。

60代では深くなることもあり、エイジングケアで改善しないことも。

この記事では、メイクアップアーティストのMANAMIさんに、動画でほうれい線や口元のシワをメイクでカバーする方法をご紹介いただきます。

60代のほうれい線や口元のシワを目立たなくするメイク術の目次

1.ナールス美肌メイクレッスン~60代のほうれい線や口元のシワ編~とは?

ほうれい線や口元のシワが気になる60代女性

 

60代のエイジングケア世代になると、どうしても顔のたるみが目立ってきます。

そんな顔のたるみが原因の肌老化の代表格が、ほうれい線口元のシワ

これらの肌悩みは若いうちから予防することが大切ですが、60代ともなると、どうしても年齢によって目立ってしまうことも多くなるのです。

年齢を重ねたケースで目立つ深いほうれい線は、真皮表情筋の衰え、皮下組織の肥大化が原因です。

だから、エイジングケア化粧品ほうれい線を消すことは難しいのです。

もちろん、シワを消すことも同じです。

そんな場合は、何といってもメイクの出番。

そこで、美肌のためのメイクのテクニックをお伝えすべく、ナールスエイジングケアアカデミーでは、メイクアップアーティストのMANAMIさんのご協力・監修のもと、「ナールス美肌メイクレッスン」と題した動画を企画・制作することになりました。

その第8回目が、今回の「60代のほうれい線や口元のシワを目立たせないメイク法」。

60代女性のナールスのエイジングケア化粧品使用実感インタビュー」でご協力いただいたあんこさんに、動画のモデルとしてご協力いただき、MANAMIさんに実際にほうれい線や口元のシワをカバーするメイクのコツを教えていただきます。

ぜひ、60代でほうれい線や口元のシワでお悩みの方はチェックしてみてくださいね。

もちろん30代のエイジングケア世代40代のエイジングケア世代、さらには50代の方もメイクのテクニックは基本的に同じなので、お役に立ちますよ!

 

<MANAMIさんプロフィール>

MANAMIさんのメイクレッスン

単身海外でのモデル活動を経験し、帰国後は芸能人を始め専門家や経営者、企業、ミスコンテスト出場者などのヘアメイク・ファッション・歩き方など「見た目全てに関わるプロデュース」を手がける。

2019年に開催される世界五大ミスコンのミススプラナショナルジャパン東京神奈川大会オフィシャルビューティキャンプアドバイザー。

著書は「メイクの超基本テクニック」(マイナビ)他5冊。

雑誌、新聞掲載、テレビ出演中。40歳にして中央大学法学部試験に合格。

2019年春より中央大学法学部法律学科3年生。

instagram

アメブロ

Twitter

<あんこさんプロフィール>

大阪府出身。

大学のIT室勤務のかたわら、フリーライターとしても活動。

趣味は旅行や食べ歩き。チャンスがあれば、工場見学などにも積極的に出かけている。

ボランティアで自衛官募集相談員を務めていることもあり、自衛隊の航空ショー、基地・駐屯地記念行事見学、ヘリや艦艇、戦車などの体験搭乗なども。

 


2.動画「60代のほうれい線や口元のシワを目立たなくするメイク術」

1)60代のほうれい線や口元のシワを目立たなくするメイク術

2)ほうれい線や口元のシワをカバーするポイント

コンシーラーでほうれい線や口物のシワ、たるみによってできる影を消していきます。

まず、お肌の色よりも1~2トーン明るいものを準備します。リキッドタイプだとフィット感がありオススメです。

コンシーラ―のつけ方は、ほうれい線を中心にして、内側と外側を縫うようにおいていき、指でたたきながら、内側と外側を往復するようにして伸ばしていきます。

それでも影が気になる場合は、シワに沿うように、コンシーラーで細くラインを引いて、指で伸ばします。

なるべく、シワの中にコンシーラーを入れるようにしてなじませるのがポイントです。

 


3.60代のほうれい線や口元のシワを目立たせない方法

口元のシワ対策を示す女性

 

ほうれい線や口元のシワは、20代の若いときでも乾燥肌や摩擦、刺激の強いクレンジング洗顔などの物理的刺激、急激なダイエットなどで目立つことがあります。

しかし、50代、60代と年齢を重ねると、紫外線ダメージの蓄積やエイジングそのものの影響で、顔のたるみでほうれい線やシワは深く刻まれてしまうことが多くなります。

だから、一生懸命にエイジングケアを頑張ってもなかなか改善しないのです。

だから、可能な対策としては優しい洗顔やクレンジングと保湿による乾燥肌対策紫外線対策です。

紫外線対策にかかせないアイテム

 

また、ナールスゲンネオダーミルなどのコラーゲンエラスチンを増やすサポートをする成分が含まれたエイジングケア化粧品を使うこともよい方法です。

さらに、美肌によい食べ物を摂るなど日常生活で予防する方法、表情筋を鍛える対策やEMS美顔器をはじめとする美顔器を使った対策などがあります。

美顔器

 

しかし、それでもほうれい線や口元のシワが目立つ場合は、メイクでカバーして目立ちにくくするか、美容医療で改善する必要があります。

ほうれい線や口元のシワの美容整形には、レチノールなど外用薬による治療、ケミカルピーリング、ヒアルロン酸注入などのプチ整形、FGF注入療法などの再生医療、レーザー治療、切開による手術などさまざまあります。

美容整形を受ける女性

 

また、ボトックス注射は、筋肉の緊張をやわらげることで、下あごのシワや口の周りの表情ジワの改善が期待できます。

美容医療を受ける場合は、信頼できる専門医を見つけて、納得いくまで相談することをおすすめします。

ほうれい線や口元のシワの治療のための美容クリニック・施設検索

なお、ほうれい線や口元のシワ対策は、「ほうれい線を消す、改善するための対策がすべてわかる!」や「口元のしわを消す!原因と予防・改善のコツとエイジングケア」で詳しくご紹介していますので、ぜひ、ご覧ください。


4.まとめ(編集後記)

このメイクレッスン動画にご協力をお願いしたモデルの方たちには、すっぴんでのご登場をお願いしたのですが、みなさま快くお受けくださいました。まずはその点、心から御礼申し上げます。

このメイクレッスン動画の撮影は、モデルの方が実際にお肌で悩んでおられる点について、MANAMIさんに改善するポイントをご紹介いただく形式で進めました。

今回モデルを務めていただいたのは、あんこさんです。ほうれい線から口のまわりのシワがお悩みとのこと。

50代、60代となると、どんなにお手入れをしていてもお肌のたるみが出てきて、口まわりのシワが気になってしまいます。

このシワを目立たせないためのメイクポイントが「シワにコンシーラーを入れるようにする」ということで驚きました。

シワにファンデーションやコンシーラーが入っていると、不自然な感じになってシワが目立つものと思っていました。

動画をご覧いただければわかりますが、影がなくなることで、お肌がパリッとして見えるんですね。

関連記事

ナールスチャンネルをみて動画でエイジングケアを学ぼう!

続きを読む

MANAMIさんの動画で見る「ナールス美肌メイクレッスン」

続きを読む

50代のおでこや眉間のシワをカバーするメイク法

続きを読む

30代以上の悩ましいニキビ跡の赤みの消し方

続きを読む

30代の目元のくすみをパッと明るくするメイク術

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」