HSP(ヒートショックプロテイン)を増やす3つの方法

「ヒートショックプロテイン(HSP)」という言葉は、最近よく聞きますよね。
このHSPは、自分のからだの中にあるたんぱく質でエイジングケアにとって強力な味方。美肌をつくる大切な成分です。

 

でも、HSPは年齢とともに減少していきます。ここでは、美肌成分のHSPを増やす方法をご紹介します。

 

 

1.HSPの美肌パワーに注目!

 

病気からの回復やエイジングケアと関係で注目を浴びるHSP(ヒートショックプロテイン)
最近、雑誌やTV番組でも取り上げられている話題になることもありますよね!

 

このHSP(ヒートショックプロテイン)、みなさんはどんなものかご存知ですか?

 

HSPとは、「熱ショックたんぱく質」とも呼ばれる、人間の細胞の中にあるたんぱく質のひとつです。

 

そもそも、私たちの体は、皮膚や筋肉、血管など、あらゆる組織や細胞がたんぱく質でできていて、紫外線やウィルス、気温の変化、精神的ストレスなど、外部から過度のストレスを受けると、たんぱく質が傷ついて正常なはたらきができなくなってしまいます。

 

一方で、たんぱく質が傷つくと、それを修復しようとはたらくたんぱく質が生まれるのですが、それがHSP。

 

私たちの体に備わっている自己回復力を呼び覚まし、健康をサポートしたり、しわやシミなどの予防にも効果を発揮し、美肌をもたらしてくれることもわかってきたのです。

 

美肌3

 

HSPがもつ美肌パワーの中でも、注目したいのがコラーゲンへの作用です。
HSPにはいくつかの種類があって、そのひとつ、HSP 47(分子量47のヒートショックプロテインという意味だそうです)はコラーゲンと結びついて、コラーゲンを正しい形に導き、質の高いコラーゲンにするのを助けるはたらきがあります。

 

コラーゲンはお肌のハリや弾力を保ち、しわやたるみと深く関わっていることはご存じですよね。

 

つまり、日頃から体内にHSPを増やしておけば、コラーゲンへのはたらきを高めて、イヤ~なエイジングサインの予防につながるというわけなのです。

 

では、普段の生活の中でできる「HSPを増やす3つの方法」をご紹介します。

 

 


2.お風呂はちょっと熱めの40~42℃で

 

まず、もっとも手軽なHSPアップの方法は、入浴によって適度な熱ストレスを与えること。
HSPは、熱の刺激を受けて細胞が「熱い」と感じた時に増加します。

その温度の基準は、40~42℃のちょっと熱めです。

 

ですので、下記の温度と時間を目安に入浴して、しっかり体を温めるのがポイントです。

 

<温度と目安時間>

 42℃の場合:10分程度

 41℃の場合:15分

 40℃の場合:20分

 

pixta_8704800_S

 

身近で手軽なお風呂を利用して、HSPを増やすことができるならウレシイですね。

 

その他のHSP入浴法のポイントとして、

 

・熱いのが苦手な方は、ふだんよりは少し高め、体が気持ちいいと感じるくらいの温度で試してみる。

・入浴前後の水分補給は、冷水より常温のお水やスポーツドリンクで。

・入浴後はHSPが減らないように、しっかり保温。

 

 


3.42℃洗顔でお肌もツヤツヤ

 

全身のHSPを増やすには42℃の場合10分程度はかかるのですが、
皮膚表面の細胞だけなら熱が伝わりやすいので、5分ほど温めれば増やすことができます。

 

そこで、美肌のためには、お顔を温める42℃洗顔が効果的

 

やり方は、

1.3分間42℃のお湯で洗いながら顔を温める。

2.顔が温まったら、42℃のお湯で温めたタオルで約2分間お顔を保温する。

 

これなら、湯船に浸かりながらできますし、とってもカンタンですね。
(クレンジングは、この前に済ませておいてくださいね)

 

 


4.食材選びも一工夫

 

食べ物の中では、水溶性食物繊維の一種できのこや海藻類、
酵母などに多く含まれるβグルカンが、HSPを増加させる作用があることがわかっています。

また、唐辛子などを使った辛い料理は、胃腸に適度な刺激を与えることで、HSPを増やすのに効果的とか。

 

バランスのよい食事が基本ですが、こうした食材を上手に利用することで、HSPアップにつなげたいですね。

 


5.まとめ

 

自宅で簡単にできる、体の中からのエイジングケアをご紹介しました。

HSPは、私たちの体に備わっている自己回復力を呼び覚まし、健康をサポートしたり、しわやシミなどの予防にも効果を発揮し、美肌をもたらしてくれる成分。

ぜひ、日々の生活のなかでHSPを増やす工夫をしてくださいね。

 

 

関連記事

レチノールの効果と副作用を知って、正しいエイジングケア!

続きを読む

ダマスクローズ以外にもあるバラ由来のエイジングケア化粧品成分

続きを読む

シアバターのエイジングケアでの効果と上手な使い方の秘訣!

続きを読む

グリセリンは、化粧品や化粧水に適した成分!効果と安全性は?

続きを読む

尿素のメリットとデメリットは?エイジングケアの視点から

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」