40周年を迎えた美顔器のヤーマンさんにインタビュー!

40周年を迎えた美顔器のヤーマンさんにインタビュー

美顔器のメーカーとして有名なヤーマン株式会社は、2018年に創立40周年を迎えられました。

現在は美顔器だけでなく、先端電子機器なども販売されています。

今回は、そんなヤーマン株式会社を訪問し、美顔器を通じたお客様への価値提供への思いなどについてインタビューさせていただきました。

エイジングケア(※)化粧品に加えて美顔器も試してみたいとお考えの方は、なぜヤーマン社製の美顔器には高い効果があり、支持されているのかがお分かりいただけると思いますので、ぜひ、チェックしてみてくださいね。

40周年を迎えた美顔器のヤーマンさんにインタビュー!の目次

1.ヤーマン株式会社インタビューの背景

ナールスエイジングケアアカデミーでは、エイジングケア(※)やスキンケアの情報、エイジングケア(※)化粧品について幅広く情報提供を行っています。

美顔器もエイジングケア(※)のアイテムの1つで、その記事もいくつか掲載しています。

そんな中、ヤーマン株式会社の美顔器は、当社スタッフや協力スタッフが試した上で愛用しています。また、その体験レビューなども掲載しています。

その理由は、製品が信頼できることに加え、革新的・効果的であるからです。

今回は、そんなヤーマン株式会社の技術力や開発力の秘密を探るべく、ヤーマン株式会社営業本部直販事業部のOさまとAさまに美顔器の歴史やお客様にとっての価値、これからの取り組みやビジョンなどをインタビューさせていただきました。

ヤーマンさんの美顔器が多くのお客様に受け入れられている理由や、美顔器の機種別の効果がご理解いただけると思いますので、ぜひ、続きをお読みいただければ幸いです。

※肌年齢に応じたケア


2.ヤーマン株式会社とは?

ヤーマン株式会社は、1978年設立された東京都江東区に本社を置く美容・健康機器メーカーです。

ヤーマン株式会社

現在、「美しくを、変えていく。」をスローガンに、美容機器と化粧品の研究開発や製造・輸出入販売を行っておられます。

美容・健康機器の業界を牽引するメーカーとして、2018年に創立40周年を迎えられましたが、なんとこれまで900種もの製品を開発されてきました。

ヤーマンと言えば美顔器で有名ですが、その歴史はまさに「ひとをきれいにする発明」の歴史です。

国内外で取得した特許技術など、先端技術を用いた独創的で画期的な商品開発で、日本をはじめアメリカ・ヨーローッパ・中国などを中心に、260件(*)件の特許を取得されています。

その高い技術力を活かして、1992年に日本初の体脂肪計を開発されたのです。

その後、培った技術に一層磨きをかけ、ユニークで革新的な製品の開発を続けておられます。

美容機器は、高機能で高効果を求められる業務用美容機器から開発を始められ、その技術と知見を美容家電にまで広げられました。

つまり、ヤーマン株式会社は、『新しい「美のカタチ」をつくる。』を過去、現在、未来を通して実現されようとする企業です。

*2018年2月時点 取得済みの特許の累計


3.ヤーマンさんへのインタビュー

ここからは、実際にインタビューさせていただいた内容です。

1)美顔器の歩み

◎2018年で40周年を迎えられましたが、美顔器におけるこれまでの歩みについてお話いただけますでしょうか?

当社の強みは、高い技術力をもとに、スピード感のある製品開発を進めていることです。

美顔器の歴史もその強みをいかしたものになっています。

当初は、エステティックサロン向けに業務用美顔器の開発を始めました。

その後、その高い機能や効果をキープしたままで、家庭用の美顔器の開発もおこなったのです。

ここで、苦労したのは美顔器のコンパクト化です。

家庭でお使いいただくには、業務用の製品を小さくする技術が求められます。

一方で、当社の強みである高機能・高効果もキープする必要があります。

これは家庭用美顔器を開発するにあたっての大きな課題でしたが、創業以来培ってきた技術力を生かすことで、乗り越えたのです。

例えば、コンパクト化の技術を体現したのが、RF美顔器「フォトプラス」です。

ヤーマンRF美顔器「フォトプラス」

ご覧のようにこの製品は、女性が持ちやすいこのコンパクトなヘッド1つで、イオン導出によるクレンジングからイオン導入表情筋エクササイズ保湿、LEDによる目元ケア、冷却でお肌を引き締めて潤いがキープできるという高機能な美顔器です。

「フォトプラス」は、こうした高機能・高効果が評価されて、当社の売り上げNo1商品となっています。

<ヤーマンの美顔器の歩み>

年度 製品 製品写真
2004年 フォトイオン ヤーマン フォトイオン
2005年 インデュオ ヤーマン インデュオ
2009年 イオンマグソニック ヤーマン イオンマグソニック
2009年 トリフォト
2010年 プラチナホワイト
2013年 プラチナホワイトRF ヤーマン プラチナホワイトRF
2015年 フォトプラス ヤーマンフォトプラス

2)美顔器に関する今後のビジョンや価値の向上について

◎創業40年を迎えた今、何を変えてどんな価値をお客様に提供しようとお考えでしょうか?将来のビジョンを美顔器を中心にお聞かせください。

当社は2018年に創業40周年を迎えましたが、3つの価値を高めたいと考えています。

1つ目は、「高効果」です。

これは今までも当社の強みなので、今後も引き続き強化に取り組んでいきたいと考えています。

2つ目は、美顔器のパーソナル化です。

最近では、美顔器にIoT(Internet of Things)のコンセプトを取り入れることで、よりパーソナル化した製品を提供したいと考えています。

IoTとは、簡単に言えば「身の回りのあらゆるモノがインターネットにつながる」仕組みのことですが、美顔器にも応用することで、お客様のお肌の状態に応じてパーソナルな価値を提供できるようになってきたのです。

例えばムダ毛のケアができる光美容器「レイボーテRフラッシュPLUS」。

ローラーモード使用時の速度判定、ヘッド交換タイミングのお知らせなど、便利な機能が搭載された専用アプリと連動し、ムダ毛ケアがもっと便利に! 自宅でのムダ毛ケアを、より効率よく行えるような工夫がなされています。

ヤーマンレイボーテRフラッシュPLUS

レイボーテRフラッシュPLUS

また、フォトプラスの上位機種の「フォトプラス Smart」という銀座三越店のみで先行販売している製品があります。

RFボーテ フォトPLUSスマート

この製品には肌診断のレンズが付いています。

肌診断レンズで、その日の角質水分量や肌のキメ毛穴の状態を撮影して、診断結果に基づいたトリートメントを行うことができます。

この美顔器では、測定レンズに当社のノウハウを活かしたアルゴリズムが組み込まれていて、パーソナルなケアを実現できるのです。

今後は、さらにお客様の測定データを蓄積することで、よりパーソナルなトリートメントができる美顔器の開発に努めたいと考えています。

そして、最後がネガティブレス化です。

美顔器は、従来からも「ながら美容」のための機器でした。

とはいっても、ローラーをあてるなど少しは手間がかかるものです。

しかし、それを何もせずに使えるように、究極の「ながら美容」を実現したのが、ウェアラブルなマスク型のEMS美顔器の「メディリフト」です。

ヤーマンメディリフト

▶ウェアラブルEMS美顔器「メディリフト」

これはつけるだけで、その間、ローラーをあてるなどの手間が不要です。

忙しい方でも、つけているだけで効果を実感できることがメリットです。

1つは、効果のバラつきがないことです。

一般的に美顔器は、お一人お一人の使い方によって効果が異なりますが、メディリフトはつけるだけなので使い方による効果のバラつきが少ないのです。

この点も大きなメリットだと考えています。

このような美顔器の持つネガティブな側面をなくすことが、私たちの考えるネガティブレス化です。

この3つをそれぞれ進化させ、相互に有機的に結びつけることで、お客様への価値を高めていきたいと考えています。

3)美顔器の信頼性やお客様へのニーズ対応

ヤーマンコールセンターのイメージ

◎ヤーマンの美顔器の信頼性はどんなところにあるのでしょうか?お客様へのニーズ対応などの観点から教えていただけますか?

お客様の声を聞く窓口として、カスタマーサポートというコールセンターがあります。

ここでは、たくさんのお客様の声を集めています。

そして、その声を1カ月ごとに集約して、経営陣にも共有する仕組みがあります。

経営陣も多くのお客様の声に耳を傾け、それを開発部門にフィードバックすることで、常に製品の改善に取り組んでいます。

このように、お客様の信頼性を上げるためのフィードバックの仕組みがあるのです。

また、直接、お客様との接点を持つことで、美顔器の使い方などの啓発活動にも取り組んでいます。

当社には、「美容家電マイスター」また「美顔器マイスター」と呼んでいる社内的な資格制度があります。

この資格は、美容家電や美顔器の知識レベルが一定の水準以上にある社員に与えられるものです。

その資格を持つ社員が、お客様向けに「大人のための美顔器講座」というセミナーを、関東中心に定期的に開催しています。

セミナーでは、お客様に商品説明や美容知識の提供を行っています。

さらに、直営店へいらしていただけば、メイク、スキンケアを含めたフルフェイシャルで美容をサポートし、また直接お目にかかれない地方のお客様には、ウェブサイトや動画を通じてサポートを行っています。

4)ヤーマンの主な美顔器や美容機器の特徴やメリット

◎貴社の美顔器の各製品の最も大きなベネフィットについて教えてください。また、どんな肌悩み、どんな年代に向いているかも教えていただけますか?

当社にはたくさんの種類の美顔器や美容機器があります。

だから、お客様からは、「美顔器の使い分けやどんな肌悩みによいのか、よくわからない」などのご意見をいただくこともあります。

その点を踏まえて、次の5つの製品について説明させていただきます。

①メディリフト

主に30代向けのお顔の下半分専用のEMS美顔器です。

口元、フェイスライン、輪郭のお悩みにおすすめです。

少しフェイスラインが気になったり、お肌のもたつきが気になる方に使っていただきたいです。

もたつきケアには表情筋を鍛えることが大切ですが、全てを鍛えていいわけではありません。

メディリフトは、完全ハンズフリー、オートプログラムなので、間違いやすい表情筋ケアを誰もが正しくできることが大きなメリットです。

具体的には、鍛えるべきリフト筋と休ませるべき咬筋に対し、異なるEMSでアプローチすることで正しい表情筋ケアができるのです。

また、美容のために時間が取れない方でも使えるように、ネガティブレスを実現したものなので、長く続けていただけると思います。

看護師のメディリフト体験記

「ヤーマンのマスク型EMS美顔器「メディリフト」を看護師が体験!」

ヤーマンの美顔器メディリフト
ヤーマンのEMS美顔器「メディリフト」

②フォトプラス

女性のあらゆる肌悩みのケアに使えるオールインワン美顔器で、20代後半から30代前半の方のエイジングサインに対する転ばぬ先の杖としてお使いいただきたい製品です。

つまり、10年後のお肌の老いを防いで美肌をキープすることを目指す方に使っていただきたい美顔器です。

フォトPLUS EXは、目もとや表情筋を含めフルフェイシャルのケアができる上に、6つのモードでその日の肌状態に合わせたエイジングケア(※)やスキンケアが可能です。

業務用でも採用される1MHzのラジオ波でお肌の深部 (角質層) まで温めながら、クレンジング・うるおい・表情筋ケア・フォトによるケアに加え、仕上げの冷却でハリキメの整ったお肌へと導きます。

エイジングケア(※)のために、こうした機能を日々のお肌状態に応じて使っていただきたい美顔器です。

ヤーマンRFボーテ フォトプラスEX

マイクロカレント・ダブル波EMSで目もとも深層表情筋*も本格ケア!
RFボーテ フォトプラスEX
*表情筋の一部 (しゅう眉筋、側頭筋、口角挙筋、翼突筋、頬筋、オトガイ筋) を表した造語。

ナールススタッフのフォトプラス EX体験記

「編集部員が体験!ヤーマン『フォトプラス EX』を使ってみました」 → 近日公開!!

※肌年齢に応じたケア

③ブルーム

ヤーマン ブルーム

RF(ラジオ波)機能の技術を集約した美顔器です。

肌のハリや弾力をキープするための製品で、主に39歳から50代や60代のエイジングケア(※)世代向けです。

RFとは、radio frequency(ラジオフリークエンシー)の略で、周波数30~300MHz(波長100km~1m)の電磁波のことです。

RFボーテブルームは、RFを利用した角質層の深部へ届く温熱効果で、1回6分間の使用でお肌のハリと弾力を実現します。また、お肌の状態に合わせて、RFのレベルも選ぶことができます。

この製品のもう1つの大きな特徴は、美顔器を立てることができることです。

これは今までのヤーマンの美顔器と異なる点で、ドレッサーに化粧品と同じように並べていただきたいと考えたことが理由です。

ヤーマン ブルーム

さらに、使い方も簡単です。

専用ジェルを付けて引き上げるだけなので誰でも簡単に使えることもメリットです。

ブルームは、目的と機能がシンプルなのでわかりやすいのではないでしょうか。

※肌年齢に応じたケア

④WAVY

2018年10月に新発売のローラー美顔器です。

WAVYシリーズは、20代後半から30代前半の方にお使いいただきたいローラー美顔器です。

WAVYシリーズには、顔とボディの両方に使えるWAVYと顔専用のWAVY miniの2種類があります。

WAVY miniは、フェイスラインや目もと、口もとに加えてデコルテのケアにも使えます。

ローラー美顔器は、使っている実感があるので特定のファンがいらっしゃいます。

WAVYは、心地よい刺激でお肌を目覚めさせ、根本に働きかける表情筋トレーニングでケアができる美顔器です。

また、目もとは、マイクロカレント微弱電流でデリケートな目のまわりの肌をトリートメントすることも可能です。

WAVYmini

WAVYmini

<ヤーマンの美顔器の主な対象年齢と特徴>

製品名 主な対象年齢 主な特徴
メディリフト 20代後半~30代前半 顔の下半分専用のマスク型EMS美顔器

完全ハンズフリーでウェアラブル

RFボーテ

フォトPLUS EX

 20代後半~30代前半 10年後の美肌のためのオールインワン型美顔器。多機能高効果を実現
RFボーテブルーム 39歳以上 RFに特化して肌のハリと弾力実現

エイジングケア(※)のためのRF美顔器

WAVY 20代後半~30代 エイジングケア(※)のためのRF美顔器

WAVY20代後半~30代使う実感が欲しい方の為のローラー美顔器

独自開発の「LIFT WAVE EMS」を採用

※肌年齢に応じたケア

⑤レイボーテ Rフラッシュプラス

インテリジェントローラーを肌に滑らせるだけで高速連射する、ムダ毛ケアのための家庭用のローラー型光美容器です。顔や腕をはじめ全身に使用可能です。

肌色センサーが個人の肌色に合わせて最適な出力に自動調整し、アプリと連動してケア情報を管理するIoT 家電です。

ヤーマンレイボーテ Rフラッシュプラス

ローラーを肌の上にコロコロさせるだけです。使い方に工夫が必要だったものをローラーするだけでむらなく、早くムダ毛ケアができることが大きなメリットです。

美肌のための波長を出すことができるので、スキンケアを同時にできることもメリットです。

エステの脱毛より、低コストでムダ毛処理ができる点もメリットです。

ヤーマンレイボーテRフラッシュPLUS
レイボーテRフラッシュPLUS

5)美顔器の周波数の違いと効果

◎美顔器と言えば、周波数がよく説明に登場しますが、お客様には理解が難しい点もあると思います。

美顔器の周波数の違いと効果や安全性の関係について教えていただけますか?

美顔器の周波数と言えば、RF美顔器とEMS美顔器に関係があります。

例えば、フォトプラスEXのRFは、1MHz(メガヘルツ)です。

これは、エステで使われる美顔器の周波数と同じです。

1MHzは、最もお肌のために効率がよいと言われている周波数です。

EMSの周波数は、低・中・高の3種類あります。

家庭用の美顔器の場合は、ほとんどが低周波です。

低周波の体感としては、筋肉を大きく動かすイメージ、つまり筋トレのようなものです。

顔の肌のような比較的浅い部分の筋肉を鍛えます。

一方、高周波は、じんわり奥の方まで届くような刺激の周波です。お肌の土台の筋肉にアプローチします。

中周波はその中間程度です。

フェイスケアには低周波のEMSを使うことが一般的で、ヤーマンの美顔器もほとんどが低周波です。

例えば、フォトプラスは低周波です。

また、フォトプラスエクストラは、中周波でエイジングケア(※)や目もとケアを意識しています。

じわじわひびくことで40代のエイジングケア(※)や50代のエイジングケア(※)をサポートします。

WAVYには、独自開発の「LIFT WAVE EMS」を採用していますが、ヤーマンでも初めての高周波です。

しっかりと身体の曲線美を目指すため、身体の深部の筋肉も効果的に刺激することができます。

※肌年齢に応じたケア

6)最後に貴社からお客様へメッセージをいただけますでしょうか?

当社のスローガンである「美しくを、変えていく。」をもとに活動を続けて参りますので、これからもご支援いただければウレシイです。

また、美顔器でしか提供できない価値を生み出していければと考えています。

具体的には、美顔器をお使いいただくことで、お客様の持つ潜在的な美しさや可能性を引き出すことができればと思っています。

そうすることで、お客様の毎日が充実したり、また、前向きに過ごせるなど、精神的なご満足を感じていただければ私たちも幸せです。

ありがとうございました。


4.まとめ(編集後記)

40周年を迎えた美顔器のヤーマンさんにインタビュー!のまとめ

ヤーマン株式会社営業本部直販事業部のお二人にインタビューさせていただき、貴重なお話をうかがうことができました。

さて、このインタビュー、いかがでしたか?

美顔器を通して、お客様への価値提供に真摯に対応しておられる企業姿勢を感じ取れたのではないでしょうか。

40年の歴史と技術力によるヤーマンさんの美顔器がなぜ愛されているのかもよくわかりました。

エイジングサインでお悩みの方は、ナールスのエイジングケア(※)化粧品とともにヤーマンさんの美顔器をお試しいただいてはいかがでしょうか?

※肌年齢に応じたケア

<本記事のインタビュー・執筆>

株式会社ディープインパクト 代表取締役 富本充昭

京都大学農学部を卒業後、製薬企業に7年間勤務。

その後、医学出版社、医学系広告代理店勤務の後、現職に至る

医薬品の開発支援業務、医学系学会の取材や記事執筆、医薬品マーケティング関連のコンサルティング、セミナー講師、著作活動などを行う。

関連記事

歌手川奈ルミさんのナールス使用インタビュー

続きを読む

健康ならお酒も美味しい!健康測定会@神戸酒心館レポート

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」