ヨーグルトパックに美肌効果を期待できる?危険?

ヨーグルトパックに美肌効果を期待する女性

最近、ヨーグルトを使ったパックが巷で流行しています。

食べ物のヨーグルトを顔に塗ってパックする美容法です。

果たして美肌効果は?エイジングケア効果は?

また、本当に安全でよいことなのか?危険性はないのでしょうか?

この記事では、そんなヨーグルトパックのメリットやデメリットについてご紹介します。

ヨーグルトパックに美肌効果を期待できる?危険?の目次

1.ヨーグルトパックが気になるあなたへ

ヨーグルトパックが気になり調べる女性

ヨーグルトパックとは、食べ物であるヨーグルトでフェイスパックをする美容法です。

美肌になった、また、美白効果が得られたなどの情報をウェブサイトなどで見かけます。

女性からそんな情報がたくさん発信されていれば、誰もが試してみたくなりますね。

ヨーグルトそのものは健康や美肌をサポートする食べ物です。

でも、本当にヨーグルトパックによるスキンケアやエイジングケアで美肌になれるのでしょうか?危険性はないのでしょうか?

結論を先にお伝えすると、食べ物であるヨーグルトをフェイスパックにすることはあまりおすすめできません。

なぜなら、そもそもスキンケアのために作ったものではありませんし、肌に塗ることで肌荒れやアレルギーのリスクがあるからです。

もちろん、ヨーグルトは安全な食べ物なので、大きな心配はありません。それでも、食べて問題のないものが、皮膚でトラブルになることはあります。

だから、ヨーグルトパックよりも、自分の肌質や肌タイプにあった化粧品を使ったスキンケアやエイジングケアをおすすめします。

「なぜ、ヨーグルトパックで美肌になれるの?」

「どんな成分が入っているの?」

「ヨーグルトパックが危険な理由は?」

などが気になる方は、ぜひ続きをチェックしてくださいね。

<ヨーグルトパックよりエイジングケアフェイスマスクを!>

キュアパッション&ナールスゲン配合フェイスマスク「ナールス パッション」

キュアパッション&ナールスゲン配合フェイスマスク「ナールス パッション」

<この記事の大切なポイント>
  • 食べることを目的としたヨーグルトで顔をパックすることは、基本的には誤った使い方です。だから、ヨーグルトパックはおすすめできる美容法ではありません。
  • ヨーグルトパックとは、市販のヨーグルトを使って顔をパックする美容法です。小麦粉、はちみつ、塩などを一緒に混ぜて使うこともあります。
  • ヨーグルトに含まれるたんぱく質、脂質、カルシウム、ビタミンA、B群、D、Eや乳酸菌、フルーツ酸などがお肌にもよいはたらきをすることから、この美容法が広まりました。
  • ヨーグルトパックには、ピーリング効果、シミやソバカスの予防などが期待されます。しかし、その効果がスキンケアアイテム以上であることはありません。
  • ヨーグルトパックには、アレルギーやバリア機能低下などのリスクがあります。あえてリスクを冒してまで食べ物を肌に塗る必要性はありません。

2.そもそもヨーグルトに期待できる効果は?

ヨーグルト

ヨーグルトパックの前に、食べ物としてのヨーグルトについて整理してみます。

1)ヨーグルトとは?

ヨーグルトは、牛乳など乳からつくられる発酵乳の一つです。

濃縮した脱脂乳に脱脂粉乳や砂糖、香料などを加えて、90℃程度で加熱殺菌します。

その後、33〜35℃に冷却し、乳酸菌を加えて発酵、凝固させてつくられます。

ヨーグルトに含まれる栄養素は、たんぱく質、脂質、カルシウム、ビタミンA、B群、D、Eなどです。

これは、原料の牛乳と同じですが、ビタミンB2やカルシウムは、発酵の作用によって、牛乳より豊富なのです。

また、ヨーグルトは乳酸菌のはたらきによって、たんぱく質や脂質などが分解されています。

だから、消化吸収率が非常に高く、牛乳の2~3倍の速さで体内に吸収されます。

さらに、乳糖不耐症(にゅうとうふたいしょう)の方でも、下痢などお腹の調子が悪くなるリスクが低いこともメリットです。

2)ヨーグルトに期待できる効果は?

ヨーグルト効果のイメージ

①身体の健康増進効果

ヨーグルトの中で生きている乳酸菌は、腸内でビフィズス菌などの善玉菌を増やす一方で、乳酸や酢酸をつくって悪玉菌を減らします。

そのため腸内環境を整え、便秘を改善するほか、老化や生活習慣病を予防する効果が期待されます。

また、ラクトバシルス属の乳酸菌がピロリ菌を減少させることから、胃潰瘍や胃がんのリスクを小さくする効果が期待されています。

さらに、乳酸菌が花粉症の予防や軽減にはたらくこともわかってきました。

だから、花粉症による肌荒れの軽減も期待できます。

②美肌効果は?

ヨーグルトに豊富に含まれているビタミンB2は、皮膚や、毛髪の発育に深くかかわっています。

だから、お肌の健康にもよいのです。

ヨーグルトを食べることで乾燥肌予防や改善の対策にもなるのです。


3.ヨーグルトパックとは

ヨーグルトパックをする女性

ヨーグルトパックとは、市販されているヨーグルトを使って顔をパックする美容法です。

本来、正しい使い方ではないので、何がヨーグルトパックなのかと言われても、答えはないのです。

一般的には、プレーンヨーグルトと小麦粉を混ぜ合わせてつくられていることが多いようです。

また、はちみつ、塩、オリーブオイルなども一緒に混ぜて使うこともあるようです。

ヨーグルトパックは、こうしてできたものを顔にパックして、数分から10分程度そのままにして、その後、洗い流す美容法です。


4.ヨーグルトパックに期待できる美肌効果は?

ヨーグルトパックの美肌効果を実感する女性

ヨーグルトに含まれる成分には、肌にもよい成分がたくさんあります。だから、肌に塗っても効果が期待できることは確かにあります。

ただし、そもそも「肌用」ではないので、塗ることによる刺激や安全性に配慮してつくったものではありません。

ここで、ヨーグルトパックをおすすめする意味ではなく、成分から見た期待できる効果についてご紹介します。

1)乳酸によるピーリング効果

乳酸は、グリコール酸、クエン酸、リンゴ酸などと同じフルーツ酸の1つです。

ヨーグルトに含まれる乳酸のはたらきで表皮の古い角質を取ることができます。

その結果、ターンオーバーの促進が期待できます。つまり、ピーリングによく似た効果が期待できるのです。

お肌のターンオーバーが遅くなって角質肥厚になった場合や毛穴の黒ずみが溜まっている場合には、ある程度の効果が期待できます。

また、角栓が取れたりシミの予防なども期待できます。

ただし、ヨーグルトパックによるピーリング効果は、それほど大きな作用があるわけではありません。

その分、皮膚が薄くなったり、刺激を感じるリスクも小さいことがメリットですが、効果もマイルドです。

2)美白効果

色白な女性

ヨーグルトパックの上澄み液には、乳清(ホエー)と呼ばれる栄養素が豊富です。

乳清には、美肌にとって大切なアミノ酸やビタミン、ミネラルなどが含まれています。

また、乳清はメラニンを生成する際、「チロシナーゼ」という酵素のはたらきを抑える作用があります。

そのため、この作用によってしみやそばかすが予防できるのです。

3)紫外線のアフターケア

ヨーグルトにはビタミンAやビタミンEが含まれています。

これらには、酸化を防ぐはたらきがあります。

だから、ヨーグルトパックは、紫外線のアフターケアにもよい効果が期待できます。

しかし、化粧品成分は浸透性や安定性を高めるためにビタミンA誘導体(レチノールレチノイン酸トコフェリル)やビタミンE誘導体(トコフェロールトコフェリルリン酸Na)などにしています。

ヨーグルトに含まれるビタミンには、当然ながらそうした工夫はありません。だから、効果の点では化粧品よりも劣ると考えるのが妥当です。


5.ヨーグルトパックのリスク

リスクのイメージ

1)アレルギーのリスク

乳製品がアレルゲンになる場合は、お肌でもアレルギーのリスクがあります。

また、ヨーグルト以外でも小麦粉などを使う場合は、そのアレルギーのリスクもあるのです。

食べても問題がなくても、肌でトラブルになることもあるので、食べるものをむやみに肌へ使うことは肌トラブルのリスクになってしまいます。

2)敏感肌のリスク

ピーリング効果があるので頻繁に行えば、バリア機能を低下させて敏感肌になってしまうリスクがあります。

また、かゆみが出てしまうリスクもあります。


6.それでもヨーグルトパックを試したいなら

ヨーグルトパックをする女性

1)化粧品のヨーグルトパックを使う

実は、豆乳ヨーグルトパック「玉の輿」という製品があります。

これは、化粧品です。

ヨーグルトパックを試したいなら、まずこのスキンケアアイテムを使うこともよい方法です。

ヨーグルト液(牛乳)や乳酸桿菌/豆乳発酵液が配合されています。

また、保湿成分として、グリセリンBGスクワランなどが配合されています。

お使いの場合は、ご自身の肌質に合うかどうかはわかりませんので、合わない成分が入っていないか、しっかりと全成分の表示をチェックしてみましょう。

2)自分でつくりたいなら

自分でヨーグルトパックをつくることは、おすすめはできません。

それでも、どうしても試してみたい場合は、自分でリスクを取る前提で行いましょう。

乳酸によるピーリング作用があるので、毎日行わないことも大切です。

また、もちろん消費期限内のヨーグルトを使いましょう。

もし、刺激を感じたり赤みが出るなどがあれば、すぐにやめましょう。

また、症状がひどい場合などは、皮膚科などを受診しましょう。


7.まとめ

ヨーグルトパックに美肌効果を期待できる?危険?のまとめ

ヨーグルトパックとはどんな美容法なのか、また、その美肌効果やメリットとデメリット、危険性についてもご紹介しました。

いかがでしたか?

ヨーグルトパックには、その成分が持つ効果から確かに美肌効果が期待できます。

しかし、食べ物であるヨーグルトをフェイスパックにすることはおすすめできません。

そもそもヨーグルトはパックするためにつくったものではありません。

だから、肌に塗った際の刺激性や安全性に配慮されておらず、肌荒れやアレルギーのリスクがあります。

スキンケアやエイジングケアは、肌のためにつくられたスキンケアアイテムを正しく使いましょう。

関連記事

酸化鉄は紫外線散乱剤としても有用!効果と安全性は?

続きを読む

酸化亜鉛は紫外線散乱剤の代表!役割と安全性は?

続きを読む

化粧品のアルコール(エタノール)のメリットとデメリット!

続きを読む

褐藻エキスの化粧品成分としての特徴と効果・安全性!

続きを読む

お肌の酸化は老化の大敵!防ぐための対策とエイジングケア

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」