ヒト型セラミドと天然・合成セラミドの効果の違いは?

潤い肌_小

セラミドは、今や知らない人がいないほどの人気のエイジングケア成分。
しかし、その種類もいっぱい。中でも、最も保湿効果が高いと言われるのが「ヒト型セラミド」。

 

この記事では、エイジングケア化粧品保湿クリームに配合のヒト型セラミドの秘密に迫ります。

 

セラミド全般について知りたい方は「セラミドは肌の保湿力の鍵!その秘密と化粧品の選び方」をご覧ください。

 

 

1.エイジングケア成分セラミドの分類

 

セラミドは、「注目のエイジングケア成分“セラミド”が、よくわかる!」という記事で、もともとお肌の細胞間脂質にあること、それはエイジングケア化粧品成分で使われるものとは別であることを説明しました。

また、エイジングケア化粧品成分として使われるものには、たくさん種類があることも説明しました。

 

ここで、エイジングケア化粧品成分の中でも「ヒト型セラミド」が、なぜ注目を浴びているのかに迫ります。

 

潤い肌_小

 

その前に、もう一度、セラミドを分類しておきます。

 

1)合成由来

①ヒト型セラミド

ヒトのセラミドに近い構造になるように、酵母を利用して生成された化粧品成分です。
化粧品成分の表示は、セラミド1セラミド2セラミドNPセラミドAPなどです。

 

②合成セラミド

セラミドに類似した物質を化学的に合成したもので、疑似セラミドとも呼ばれています。
化粧品成分の表示は、セチルPGヒドロキシエチルパルミタミドなどです。

 

2)天然由来

①天然セラミド

馬などの脳や脊髄から抽出される動物由来の化粧品成分です。
化粧品成分としての表示は、ビオセラミドセレブロシドウマスフィンゴ脂質です。

 

②植物性セラミドとは

コメ、トウモロコシ、大豆、コンニャクなど植物由来の化粧品成分です。
化粧品成分の表示は、植物性セラミドコメヌカスフィンゴ糖物質などです。

 

 


2.セラミドの定義と構造は?

 

ヒト型セラミドは、人がもとから持っているものと全く同じではありませんが、ほぼ同等の構造を持つものです。

そのため、お肌への親和性が最も高く、他の種に比較して、保湿力や浸透力に優れていることや、刺激が少ないことが特徴です。

 

では、ヒト型セラミドと他では、何がどう違うのでしょうか?

 

最初に理解するポイントは、「セラミド」と呼んでいるのは、「単一のもの」を指しているのではなく、ある化学構造を持ったものを全て、そう呼んでいることです

 

エイジングケア化粧品の成分などで、理解を難しくしているのがこの点です。

 

余談ですが、「ナールスゲン」は、唯一無二ですが、「コラーゲン」「アミノ酸」など、もとから動物や植物にある成分には、いくつもの種類があるのです。

 

++++++++++++++++

 

さて、話を戻します。エイジングケアのお話なのに、化学の授業のようでややこしくなっていきますが、お付き合い下さい。

 

セラミドとは、スフィンゴ脂質の1種であり、 スフィンゴシンと脂肪酸がアミド結合した化合物の全てです。

「脂肪酸」は、脂質を構成する成分で、肉の脂肪、牛乳の脂肪、魚の油、植物油なども、その成分はほとんど脂肪酸からできています。

「スフィンゴシン」は、18個の炭素が長くつながった「長鎖アミノアルコール」と呼ばれる物質です。

アミド結合は、酸アミドRCONH2のカルボニル基Oと窒素原子の間の結合です。

 

アミノ酸構造の図

 

 

要は、今、説明した2つの成分が特定のつながり方をしていれば、全てセラミドなのです。

現在、この定義で、ヒトのセラミドの種類は、大分類で12種、小分類だと300種以上あると言われています。

 

 


3.ヒト型セラミドと他のセラミドで何が違うの?

 

定義と構造を説明しましたが、「ヒト型セラミド」だけでなく、他の由来のものも、セラミドと言えなくはないのです。

しかし、どこか違っている点があるのです。

 

1)合成とヒト型の違いは?

合成セラミドは、一見、ヒトの角層にあるセラミドと同じ構造なのですが、「鏡に映った姿」のセラミドも混じっているのです。
この鏡に映った姿の物体は、他の化合物でも存在し、有機化学では「光学異性体」と呼ばれます。

また、このセラミドは、「ラセミ体セラミド」と言って、本来のセラミのはたらきがありません。
つまり、合成セラミドは、本来の角層のセラミドと全く同じ構造のものとそうでないラセミ体セラミドが混ざったものなのです。

逆に言えば、ヒト型セラミドと呼べるのは、人のお肌の角層のセラミドと全く同じ光学異性体の構造のセラミドだけなのです。

どちらがエイジングケア化粧品成分として、良いはたらきをする可能性が高いかは、もうおわかりですね。

 

2)天然とヒト型の違いは?

「天然」と言う言葉からもわかるとおり、天然セラミドは、自然界に存在する動物から「抽出・精製」することによって、「セラミド」の構造と同じ成分と作ったものです。

広い意味では、天然は「動物」と「植物」も含まれますが、エイジングケア化粧品での氷原の使い方では、「天然=動物由来」と位置づけられることが多いので、それにならいます。

 

最近では、「馬」由来の天然セラミドがよく使われていますが、ヒト型セラミドとどう違うのでしょうか?

 

「馬」由来のセラミドは、馬のセラミドではなく、馬の脳や脊髄から採ったもので、さまざまなタイプのセラミドや脂質が混在しています。
ヒト型セラミドにも、さまざまなタイプがあるので、そのことは問題ではありません。

 

天然セラミドの構造上の特徴は、セラミドの基本構造に加えて、「ガラクトース」という糖類が付いていることです。
これらは、糖セラミドと呼ばれることもあります。

これは、厳密に言えば「セラミド」ではなく、その前駆体、つまり、セラミドになる前の物質です。
セラミドの前駆物質は、人のお肌の上では、糖を取り去って、ヒト型セラミドに成ります。
しかし、天然セラミドがそのようなはたらきをするかどうは不明です。

一方、セラミドの合成を促進作用があることがわかっていますので、これは注目すべきポイントです。

 

3)植物セラミドとヒト型セラミドの違いは?

植物セラミドも、天然セラミドとよく似た構造です。

植物セラミドの構造上の特徴は、セラミドの基本構造に加えて、「グルコース」という糖類が付いていることです。
なので、天然セラミド同様に、ヒト型と同じはたらきをするかどうは不明です。

 

セラミドの図

 

このように詳しく見れば、ヒト型セラミドだけが、お肌のセラミドと同じ構造であることがわかります。

ヒト型セラミドは、角層のセラミドそのものではありませんが、構造的な視点、活性のあるなしなどを考えれば、お肌のセラミドのはたらきに近い効果を期待できるエイジングケア化粧品成分と言えます。

 

ところで、エイジングケアに良いといわれるこの成分は理解がややこしくても、見極めは簡単です。
なぜなら、化粧品の表示名に「セラミド」と記載を許されているのは、ヒト型だけだからです。

エイジングケア化粧品の表示の際、必ず、セラミド○○と、数値か英語があります。

 

※数値と英語については、「エイジングケア化粧品成分ヒト型セラミドの分類」の記事で、詳しく説明しています。

 

 


4.まとめ

 

エイジングケア化粧品成分として有名な「セラミド」についての理解が進んだでしょうか?
セラミドと一口にいっても、奥が深いことがおわかりいただけたと思います。

ヒト型セラミドと他のセラミドの違いをご理解いただき、エイジングケアを実践いただければ幸いです。

 

【ヒト型セラミドを配合したナールスブランド】

3種ヒト型セラミド配合エイジングケア保湿クリーム「ナールスユニバ」

セラミド2配合エイジングケア美容液「ナールスネオ」

セラミド2配合ハンド美容ジェル「ナールスロゼ」

 

 

関連記事

セラミドが少ない!皮膚の病気「アトピー性皮膚炎」の原因は?

続きを読む

セラミドは肌の保湿力の鍵!その秘密と化粧品の選び方

続きを読む

セラミドを減らさないスキンケア!間違ったクレンジングはNG

続きを読む

セラミドを食べ物、飲み物で!乾燥肌とシワにも効果が期待?

続きを読む

保湿成分セラミドのはたらきとエイジングケア効果とは?

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」