美容ライターさんがナールスユニバの保湿力を実感!

ナールスユニバを美容ライターさんにレビューしていただきました

ナールスブランドのエイジングケア保湿クリーム「ナールスユニバ」を美容ライターさんに使っていただき評価してもらいました。

また、ナールスユニバがどんな保湿クリームなのかもわかりやすくご紹介いただいています。

お一人のユーザーの声として、ご参考にしていただければ幸いです。

美容ライターさんがナールスユニバの保湿力を実感!の目次

1.美容ライターさんにナールス ユニバを使っていただきました!

ナールスユニバ

ナールスエイジングケアアカデミーでは、さまざまな特集を組んでいます。

そんな中の1つが、ナールスのエイジングケア化粧品を美容ライターさんに使ってもらってレビューしていただく企画。

今回は、美容ライターのM.Y.さんにナールスゲン配合エイジングケア保湿クリーム「ナールスユニバ」をレビューしていただきました。

<美容ライターM.Y.さんプロフィール>

1974年生まれ。カナダ在住。

学生時代に化粧品メーカーでの販売業務を経験したことから、美容業界に興味をもち始める。

2003年より2014年まで中国及び香港に居住、日系企業でのマーケティング業務に携わる。

2014年より美容ライターとして活動開始、海外の美容情報にも精通している。

現在はカナダで自然派美容を実践中。日本に一時帰国の際には、毎回日本製美容&健康アイテムでスーツケースをいっぱいにして戻っている。


2.ナールス ユニバを使ってみて

ユニバ1

1)ナールス ユニバはジェルタイプの保湿クリーム

ナールスゲン配合のフェイスクリーム「ナールス ユニバ」は、ジェルタイプの保湿クリームです。

さっと手軽に使えて、しかも保湿力が高いという評判が気になっていたので、さっそく使ってみることにしました。

ナールス ユニバの使い心地や効果について、レビューします。

2)ルビー色のボトルに入ったナールス ユニバ

ユニバ16

ナールス ユニバはコンパクトなボトルに30g入っています。

30gというと、ちょっと少ないかな、と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

私も正直、最初手に取った時には、小さいな、と思いました。

でも、実際に使ってみると、少量でもすごくよく伸びるし、美肌効果も高いので、心配なく使えることが分かりました。使い方によっては1ボトルで2か月くらい持ちそうです。

しかも、スタイリッシュな美しい赤色のボトルがキラキラしていて、はじめて手に取ったとき素直に「きれいだな」と思いました。

3)ナールス ユニバに含まれる美容成分

ユニバ16

ナールス ユニバの全成分は、箱でも記載されていますし、公式サイトでも公開されています。

その中で、「カルボキシメチルフェニルアミノカルボキシプロピルホスホン酸メチル」と書かれている成分が、話題のナールスゲンのことです。

その他にも、このナールス ユニバには、油溶性のビタミンC誘導体(VC-IP、または「テトラヘキシルデカン酸アスコルビル」)や、ビタミンA誘導体(レチノール)ビタミンE誘導体を結合させた成分「レチノイン酸トコフェリル」も含まれています。

ビタミンC誘導体は、美肌成分としてよく化粧品に配合されていますが、その種類はいくつかのものが存在しています。

ビタミンC誘導体の中でもこのVC-IPは、油溶性の持続性が高いしっとりしたタイプのビタミンCで、しかも、低刺激なのです。

ナールス ユニバは、お肌によくない添加物が入っていない上に、配合成分もお肌にやさしいものを採用しているんですね。

その他の成分として、セラミドの中でも保湿力の高いヒト型セラミドを3種、スクワラントレハロースシアバターといったおなじみの保湿成分も使用されています。

また、化粧品の全成分表示はその配合量が大きなものから表示しなくてはいけないという決まりがあります。

肝心の成分ナールスゲンは、表示の中でもかなり初めの方に登場しますので、その配合濃度が高いことがうかがえますね。

4)ナールス ユニバを実際に使ってみた感想

ユニバ4

さて、ちょっと前置きが長くなりましたが、さっそく私もこのクリームを使用してみました。

まず、ふたを開けると、白く半透明なジェル状クリームになっています。

ふわっとフローラルな香りがしますが、これはダマスクバラ花水が使われているからかな、と思いました。

香りといっても、ほんのりとやさしい自然な香りなので、香料が苦手な人でもほとんど気にならないくらいです。

ジェル状クリームですが、すっきりしたやわらかめのタイプで扱いやすいです。

さらっと軽いタッチで、すっとお肌に伸びるのもいい感じですね。

ユニバ5

冒頭でも言いましたが、少量ですごくよく伸びるので、使用量の調節には気を付けた方がいいかもしれません。

あまりたくさん手に取ってしまうと、余ってしまうことがあります。

その場合、私は、首やデコルテに使うようにしています。

お肌に広げた後は、べたつき感もなく、さっぱりし過ぎることもありません。

一般的なさっぱりタイプのジェルクリームでは使った後に粉っぽさが残ることがありますが、そんな感触もありません。

お肌がすぐにしっとりして、その保湿感がずっと長持ちするのが印象的です。

ユニバ6

さすがに低刺激を追及しているクリームなだけあって、目の周りなどの敏感な部分に使用しても違和感がありません。

それどころか、お肌のキメが整ってハリが出るような気がします。

乾燥肌だけでなく、肌質敏感肌インナードライ肌でも安心して使えそうですね。

まさか、はじめての使用でそんなに早く効果が?と思いましたが、お肌に栄養がいきわたっているということなのかもしれませんね。

ユニバ9

ただ、一つ難点を言えば、ナールス ユニバにはスパチュラが付いていないことかな、と思います。

指よりスパチュラを使いたい方もいるので、ちょっとそこだけが気になりましたね。

もちろん、品質管理の厳しい日本国内工場で製造されているので、しっかりとしたつくりになっています。

ヒノキチオールなどで防腐効果を発揮しるので衛生面と言う点では問題ありません。

5)ナールスピュアとの併用がおすすめ

ユニバ10

ナールス ユニバは、同シリーズのエイジングケア化粧水「ナールスピュア」と併用するのも推奨されています。

特に、冬の乾燥肌対策にはおすすめです。

私もこの2アイテムを同時に使っているので、効果を実感するのが速かったのかもしれません。

ナールスピュアだけでもかなりしっとりしますが、そのしっとり感を長続きさせてくれるのがナールス ユニバかもしれませんね。

この2つのアイテムでスキンケアすると、元気になったお肌がずっとそのままキープできる感じなんです。

翌日になってもお肌がふんわりとやわらかく、化粧(メイク)のノリもよくなります。

また、ナールス ユニバは、気になる箇所だけポイント使いするのもおすすめです。

そのときのお肌のコンディションによって、使い方を変えることもできるんですね。

でも、私はエイジングケアをしっかりやっていきたいので、基本的に両方のアイテムを顔全体に使っています。

また、顔だけでなく、首元やデコルテなど、ボディにも使えるので、乾燥が気になるときには積極的に使っていきたいですね。

乾燥肌用のクリームは、付けた時にべたつき感が残るものも多いですよね。

そういったべたつきが苦手な方でも、気持ちよく使えると思います。

また、翌日の朝になっても長続きするふっくら感も気に入っています。

トータル的なエイジングケアとして、ぜひ試してみてくださいね。


3.編集後記

美容ライターさんがナールスユニバの保湿力を実感!のまとめ

美容ライターのM.Y.さんにエイジングケア保湿クリーム「ナールス ユニバ」をレビューしていただきました。

いかがだったでしょうか?

使い心地はどうか、保湿効果がどう評価されるかなど不安もありましたが、お肌への効果を実感していただき、よいコメントをいただくことができました。

また、お客様視点で上手に特徴や使い方もご紹介いただけてとても良かったです。

ナールスエイジングケアアカデミーの読者の皆様のエイジングケア保湿クリームの選び方や使い方の参考になれば幸いです。

関連記事

40代美女3名が実践する毛穴ケア!3つの法則

続きを読む

紫外線・近赤外線をカットするアイケアメガネを40代美女が試着

続きを読む

加齢臭はエイジングケア世代の女性も気をつけよう!

続きを読む

ミス・スプラナショナル ジャパン西東京代表・野口美沙希さんインタビュー

続きを読む

ヘパリン類似物質は医薬品!美容目的で使うのはNG

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」