ナールスゲンの学術論文(エビデンス)は?

ナールスゲン研究のイメージ

ナールスゲンは京都大学と大阪市立大学の共同研究・開発で生まれたエイジングケア化粧品成分です。

様々な研究が行われ学術論文もたくさんあります。この記事では、ナールスゲンの学術論文と抄録をご紹介します。

ナールスゲンの学術論文(エビデンス)は?

1.ナールスゲンのエビデンスが気になる方へ

ナールスゲンのエビデンスが気になるイメージ

 

ナールスゲンは、京都大学化学研究所と大阪市立大学大学院の共同研究で生まれたエイジングケア化粧品成分です。

ナールスゲンには、次のようなはたらきがあります。

 

 

こうしたはたらきは、ナールスゲンの研究に基づいたもので、これまでの学会発表が行われたり、学術論文として学術雑誌などに掲載されています。

 

ナールスエイジングケアアカデミーでは、ナールスゲンに関係する下記の記事を掲載しています。

 

今回、この記事ではナールスゲンの学術論文と抄録をご紹介します。

 


2.ナールスゲンの学術論文と抄録

ナールスゲン研究のイメージ

 

学術雑誌に掲載されたナールスゲンの学術論文のタイトルや著者、学術雑誌及び抄録を新しいものから順番に記載します。

 

タイトル:Synthesis and evaluation of the inhibitory activity of the four stereoisomers of the potent and selective humanγ-glutamyl transpeptidase inhibitor GGsTop

雑誌(巻、頁、年):Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, 27, 4920–4924, (2017)

著者:Bunta Watanabe, Yukiko Tabuchi, Kei Wada, Jun Hiratake

「Synthesis and evaluation of the inhibitory activity of the four stereoisomers of the potent and selective humanγ-glutamyl transpeptidase inhibitor GGsTop」の抄録

 

タイトル:Phosphonate-based irreversible inhibitors of human γ-glutamyl transpeptidase (GGT). GGsTop is a non-toxic and highly selective inhibitor with critical electrostatic interaction with an active-site residue Lys562 for enhanced inhibitory activity

雑誌(巻、頁、年):Bioorganic & Medicinal Chemistry, 24, 5340-5352, (2016)

著者:AkaneKamiyama,Mado Nakajima,Liyou Han,Kei Wada,Masaharu MizutaniYukiko Tabuchi, Akiko Kojima-Yuasa,Isao Matsui-Yuasa, Hideyuki Suzuki, Keiichi Fukuyama,Bunta Watanabe,Jun Hiratake

「Phosphonate-based irreversible inhibitors of human γ-glutamyl transpeptidase (GGT). GGsTop is a non-toxic and highly selective inhibitor with critical electrostatic interaction with an active-site residue Lys562 for enhanced inhibitory activity」の抄録

 

タイトル:グルタチオン代謝とチオールケミストリー

雑誌(巻、頁、年):化学と生物, 53, 354-361, (2015)

著者:渡辺文太;平竹潤

「グルタチオン代謝とチオールケミストリー」の抄録

 

タイトル:Inhibiting lung lining fluid glutathione metabolism with GGsTop as a novel treatment for asthma

雑誌(巻、頁、年):Front.Phramacol., 5, 179, (2014)

著者:Tuzova, M.; Jean, J.-C.; Hughey, R. P.; Brown, L. A. S.; Cruikshank, W. W.;Hiratake, J.; Joyce-Brady, M.

 

「Inhibiting lung lining fluid glutathione metabolism with GGsTop as a novel treatment for asthma」の抄録

 

タイトル:Glutathioneanalogous peptidyl phosphorus esters as mechanism-based inhibitors of γ-glutamyl transpeptidase for probingcysteinyl-glycine binding site

雑誌(巻、頁、年):Bioorg. Med. Chem., 22, 1176-1194, (2014)

著者:Nakajima, M.; Watanabe, B.; Han, L.; Shimizu, B.; Wada, K.; Fukuyama, K.; Suzuki, H.; Hiratake, J.

 

「Glutathioneanalogous peptidyl phosphorus esters as mechanism-based inhibitors of γ-glutamyl transpeptidase for probingcysteinyl-glycine binding site」の抄録

 

タイトル:虚血性急性腎障害に対する新規選択的γ-glutamyl transpeptidase 阻害薬GGsTopTM の改善効果について

雑誌(巻、頁、年):腎とフリーラジカル, 11, 146-149, (2013)

著者:田中亮輔、山本真也、渡辺文太、平竹潤、大喜多守、松村靖夫

「虚血性急性腎障害に対する新規選択的γ-glutamyl transpeptidase 阻害薬GGsTopTM の改善効果について」の掲載雑誌

 

タイトル:γ-Glutamyltranspeptidase and its precursor

雑誌(巻、頁、年):Handbook of Proteolytic Enzymes, 3rd Ed., Dec. (2012)

著者:Hiratake J., Suzuki H., Fukuyama K., Wada K., Kumagai H.

タイトル:γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(GGT)阻害剤によるコラーゲンおよびエラスチン産生能の亢進効果とそのメカニズム

雑誌(巻、頁、年):日本香粧品学会誌, vol.36, No.2,  93-100, (2012).

著者:湯浅(小島)明子、林綸子、韓立友、渡辺文太、平竹潤、湯浅勲

「γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(GGT)阻害剤によるコラーゲンおよびエラスチン産生能の亢進効果とそのメカニズム」の抄録

 

タイトル:Inhibiting Glutathione Metabolism in Lung Lining Fluid as a Strategy to Augment Antioxidant Defense.

雑誌(巻、頁、年):Curr Enzym Inhib., Jul;7(2), 71-78, (2011)

著者:Joyce-Brady M, Hiratake J.

「Inhibiting Glutathione Metabolism in Lung Lining Fluid as a Strategy to Augment Antioxidant Defense.」の抄録

 

タイトル:Preventive effect of GGsTop, a novel and selective γ-glutamyl Transpeptidase inhibitor, on ischemia/reperfusion-induced renal injury in rats.

雑誌(巻、頁、年):J Pharmacol Exp Ther, 339(3), 945-951, (2011).

著者:Yamamoto S, Watanabe B, Hiratake J, Tanaka R, Ohkita M, Matsumura Y.

「Preventive effect of GGsTop, a novel and selective γ-glutamyl Transpeptidase inhibitor, on ischemia/reperfusion-induced renal injury in rats.」の抄録

 

タイトル:γ-Glutamyl transpeptidase (GGT)の新規阻害剤 - GGTの生理的意義をさぐる新たな化学ツール

雑誌(巻、頁、年):和光純薬時報, 76(3), 2-6, (2008)

著者:平竹潤

 

タイトル:Design, Synthesis, and Evaluation of γ-Phosphono Diester Analogues of Glutamate as Highly Potent Inhibitors and Active Site Probes of γ-Glutamyl Transpeptidase

雑誌(巻、頁、年):Biochemistry,46, 1432-1447, (2007)

著者:Liyou Han, Jun Hiratake, AkaneKamiyama, and Kanzo Sakata

「Design, Synthesis, and Evaluation of γ-Phosphono Diester Analogues of Glutamate as Highly Potent Inhibitors and Active Site Probes of γ-Glutamyl Transpeptidase」の抄録

 


3.まとめ

ナールスゲンの12の学術論文をご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

といっても、タイトルが英語であったり難しい専門用語が登場するので医学や化学などの専門家でないと理解が難しいと思います。

ここでは、エイジングケア化粧品成分のナールスゲンにいくつものエビデンスがあることをご理解いただければ幸いです。

 

関連記事

ナールスゲン 京都大学発エイジングケア化粧品の10の秘密

続きを読む

大学発エイジングケア化粧品成分ナールスゲンの作用メカニズムは?

続きを読む

エラスチンのエイジングケア効果と化粧品成分としての役割

続きを読む

ナールスゲン発見の地!京都の美味しい食べ物と美肌!vol.1

続きを読む

抗酸化物質グルタチオンとナールスゲンのとても不思議な関係

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」