無重力まくらで快眠と美肌を!頭の動きに合わせたフィット感が大切

寝相に関係なく頭にフィットするまくら

今回は、快眠のための無重力まくらのお話。健康なお肌の維持や生活習慣病の予防のためには「睡眠」はとても重要です。

ただ寝るのではなく、質・タイミング・時間良く寝るためには「枕」の良し悪しが左右します。

そこで、ウェザリージャパン(株)の「無重力まくら The Cubesビックサイズ」をご紹介します。

本当にキレイになれる!動画「ナールス60日間美肌プログラム」とは?

無重力まくら 頭の動きに合わせたフィット感で快眠の目次

スポンサードサーチ

1.アンチエイジングホルモンの分泌には、よい「睡眠」が必須!

美肌や美容に大切な良質な睡眠をとる女性

1)快眠が美肌の源

健康なお肌、そして美肌を維持するために、わたしたちエイジングケア世代は、日々のエイジングケアやスキンケアを含めた「アンチエイジング」にいそしんでいると思います。

そのアンチエイジングの中でも、最も大切なのが「質が高い睡眠」ではないでしょうか。

質の高い睡眠が取れれば、成長ホルモンがしっかり分泌されて身心の回復に役立ちますし、女性ホルモンのバランスも整います。

そんな睡眠については、「スタンフォード式 最高の睡眠 西野精治」や「病気を治したければ「睡眠」を変えなさい 白濱龍太郎」が理解を深めるのにとても役立ちます。

2)睡眠ホルモン「メラトニン」とは?

さて、脳から分泌される睡眠ホルモンのメラトニンは、分泌量が多いほど、よく眠れることが知られています。

なぜかというと、メラトニンの分泌によって、からだをリラックスさせる効果があるからです。

また、最近の研究で、メラトニンが活性酸素による攻撃で細胞を老化させるのを防ぐ役割があることが示されたり、服部淳彦先生(東京医科歯科大学教授)の研究では、マウスやラットの飲み水にメラトニンを入れておくと寿命が1.2倍伸びたという結果も得られています。

このことから、メラトニンは「アンチエイジングホルモン」として期待されています。

では、いったいどういう状態が「よい睡眠」なのでしょうか?

それは、睡眠の「質」「タイミング」「時間」をよくとれていることです。


2.日本人の睡眠の実態は?

しかし、日本人の睡眠時間は海外の人に比べると短いことがわかっています(経済協力開発機構:OECD 2011年調査)。

■就業者の睡眠時間 (OECD 2011年調査)

女性男性
日本7時間36分7時間41分
韓国7時間42分7時間52分
アメリカ8時間42分8時間29分
カナダ8時間27分8時間13分
メキシコ8時間08分8時間16分
フランス8時間33分8時間26分
イタリア8時間46分8時間40分
スペイン8時間34分8時間30分
フィンランド8時間34分8時間27分
ニュージーランド8時間49分8時間42分

また、日本人の全年齢の平均睡眠時間は女性: 7時間36分、男性: 7時間49分で、その長さは30代、40代となるにつれて短くなっていて、最も睡眠時間が短いのが男女ともに45~49歳になります。(平成23年 総務省「社会生活基本調査」より)

そう、まさしくエイジングケア世代の人たちなんです。

仕事をしていたり、家庭のことでやることが一番多い世代ですから、理想的な睡眠に入るタイミングや、睡眠時間を長く確保するのってなかなか難しいのではないでしょうか。

でも、睡眠の「質」は、寝具を工夫することで、確保できるかもしれません。


スポンサードサーチ

3.「無重力まくら」は77個のキューブで快眠をサポート

無重力まくらThe Cubesで寝る夫婦

「無重力まくら」ってご存知ですか?

ウェザリー・ジャパン株式会社が、香港を拠点とするF1F2社が製品開発した「無重力まくら The Cubes」のことで、仰向け、うつ伏せなど、どんな風な姿勢で寝ていても、頭の動きに合わせてまくらが自在に動いてフィットするように設計されているとのこと。

快眠をサポートする77個のキューブ

頭の形にフィットして、重さをサポートする秘密は、3つ。

  • 特殊な形状にカットされた77個のキューブで頭を両側から支える構造
  • このキューブが一つひとつ頭の形に沿って重さを支えている
  • NASAが宇宙飛行士の離着陸時の負担軽減のために開発した「メモリーフォーム」を採用しているので、体重が分散されて、まくらが型崩れしないため、頭をしっかりサポート

どんな寝相でも対応できるまくら

わたしたちは一晩に20回ほど寝返りをするとされていますが、仰向け、横向き、うつ伏せなど、寝ている間にどんな動きをしようとOKで、さらに、一般的なまくらとちがって、カット構造のため通気性が抜群で、湿気も溜まりにくい構造となっています。

興味を惹かれた方は、くわしくは「The Cubesビッグサイズ先行販売」をご覧ください。

先行販売は2019/7/1~7/30です。


4.良い睡眠のためにまくら以外も大切

良い睡眠のために、まくらは大切なアイテムです。

しかし、まくらだけでに頼りすぎてはいけません。

ブルーライトをうまく浴びてアンチエイジングや健康に役立てよう!」でもご紹介していますが、朝起きたらまず朝日を浴びることで、ブルーライトを上手に浴びることも良い方法です。

また、魚類、肉類(特に、レバー)、乳製品、大豆製品、ナッツ類などのトリプトファンを含む食べ物や卵、バナナ、サツマイモなどビタミンB6が豊富な食べ物を摂ることも大切です。

これらは、良い睡眠をもたらす美肌のための食べ物です。

さらに、睡眠の前にスマホを使わないことやクラシック音楽などでリラックスすること、蒸しタオルで目を温めること、入浴で体温を上げることのなども良い方法です。

良い睡眠でメラトニンを増やすことは、シミ対策になったり、薄毛対策にもなるので、ぜひ、良いまくらと他の工夫で肌悩み肌老化を予防しましょう。


スポンサードサーチ

5.編集後記

快適な睡眠をサポートするアイテムとして、ウェザリージャパン(株)の「無重力まくら The Cubesビックサイズ」をご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

まくら難民の私にとって、「無重力まくら」ときいて、とても興味が惹かれました。

低反発や高反発まくら、首の高さに合わせたまくらも試したり、バスタオルをたたんで、めっちゃ低い高さでも寝てみたりしましたけど、いまひとつなじめず・・・。

睡眠も細切れになって、決して質よく、時間よくの睡眠がとれていないので、試してみようかな、どうしようかなと迷っています。

(執筆:エイジングケアアカデミー編集部 やすだともよ

ナールスチャンネルをみて動画でエイジングケアを学ぼう!

関連記事

注目の新発見!コラーゲンの「カルバミル化」は顔たるみの原因

続きを読む

Ⅳ型コラーゲンの特徴とそれを守るプリンセスケア

続きを読む

コラーゲンを毎日食べて、紫外線による光老化や肌老化を予防しよう!

続きを読む

コラーゲンを毎日食べることが「免疫力アップ」のカギ!

続きを読む

モデルが実践している美肌キープのケアはやっぱり「保湿」?!

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」