アンダーヘアの最新事情 脱毛はもはや常識?!

美容クリニックを紹介する看護師

女性の間では一般的になってきたアンダーヘア脱毛。昨今は男性でも脱毛する人が増えてきました。
また近年、介護を見据えた「介護脱毛」や、妊娠・出産に備えた「妊活脱毛」なども増加中です。

でも、デリケートな部位の話題なので、実際のところアンダーヘア事情はどうなっているのでしょうか?医療脱毛専門院「リゼクリニック」が実施した『アンダーヘアに関するアンケート調査』から探ってみましょう。

「アンダーヘアの最新事情 脱毛はもはや常識?!の目次

1.アンダーヘア処理事情は実際のところどうなの?

みんなのアンダーヘアの処理を知りたい女性

 

もうすぐ夏がやってきます。肌の露出が多い季節なので、脇の脱毛をはじめ、腕や足のムダ毛処理は女性では当たり前になっていますが、男性で脱毛する人も増えてきていますよね。

夏はビーチやプールなどで水着姿になる機会も多くて、による蒸れもありますし、みんな、アンダーヘアの処理ってどうしているのでしょうか。

ナールスエイジングケアアカデミーでは、今まで取り上げたことの無いテーマです。

デリケートな部位だから、友人同士でもあまり話す機会もないので、気になる方々はぜひご覧ください。

 

【調査概要:【アンダーヘアに関するアンケート調査】

■調査主体:医療脱毛専門院『リゼクリニック』調べ

■対象期間:2019年5月24日(金)~5月25日(土)

■調査方法:インターネット調査

■対象者 :都内在住の20~40代男女600名

 

1)お手入れしている人は、男性でも4割以上

お手入れしている人は、女性は6割弱、男性でも4割以上いることがわかります。

女性では、20代で67%、30代が57%、40代は48%の人がお手入れしていて、もはや当たり前になっているようですね。

男性だと、20代が49%、30代が47%、40代が35%で、20~30代は約半数がお手入れしていると回答!ここ数年、見た目の問題だけでなく利便性を求めてアンダーヘアをすべてなくしてしまう「ハイジ男子」の増加を反映しているようです。

アンダーヘアのお手入れ状況

リゼクリニック調べ

 

2)お手入れする理由は?

アンダーヘアをお手入れする理由としては、女性が「下着からはみ出るのがイヤ」、男性が「陰部を清潔に保つため」が最も多い回答でした。そのほかの主な理由としては、「ムレや痒みの解消」、「ニオイの解消」が多くあがっています。

排泄時のふき取りや、妊娠中や出産後の手入れがラクでお手入れしているのは、介護を見据えた『介護脱毛』や『妊活脱毛』の増加を反映しているようですね。

女性がアンダーヘアを処理する理由

 

女性がアンダーヘアを処理する理由

リゼクリニック調べ

 

3)どのようにアンダーヘアを処理している?

一番多い回答は、女性がカミソリで、男性はハサミでカットと、「自己処理」が上位に来ています。ですが、費用は考慮しないで、理想とするお手入れ法としては、男女ともに「医療機関での脱毛」をトップに挙げていました(女性55.0% 男性30.1%)。

アンダーヘアの処理方法

リゼクリニック調べ

 

4)あなたが考えるアンダーヘアを処理するメリットは?

女性は「生理時」「水着など露出する時」が多く、清潔感や利便性、見た目を重視していますが、男性は清潔感のほかに3人に1人が「セックス時」(30.0%)に感じると回答していて、お手入れする理由に挙げている人よりも多くメリットを感じているようです。

もう1つ注目したいのは、「排泄時」が、男性で21.7%、女性で27.2%ととても高いこと。

エイジングで要介護になった高齢の方の脱毛が増えているようです。また、介護している方が自分に両親を介護していて、自分も将来を見据えて脱毛しているケースも増えているそうです。

アンダーヘアを処理するメリット

リゼクリニック調べ

 


2.アンダーヘアの処理と年収の関係は?プロに脱毛してもらうことをどう思ってる?

アンダーヘア処理と年収の関係を考える女性

 

1)アンダーヘアの処理率は、年収が高い人ほど「無毛状態」

年収別に「無毛状態」を調べたところ、年収1,000万円以上の人では4割以上が処理されていました。

年収1000万円以上の人に、パートナーや異性のアンダーヘアの状態について希望を聞いたところ、5人に1人が「異性には無毛を希望」(23.0%)していました。

では、どのような量や形が理想的かというと、男性は「全体的に薄く」(25.7%)、女性は「下着からはみ出ないよう短く」(34.7%)と回答しています。

年収別のアンダーヘア処理状況

リゼクリニック調べ

 

2)プロに「VIO脱毛」をしてもらうのは抵抗感あり

理想とするお手入れ法として「医療期間での脱毛」との回答が一番多かったのですが、実際にクリニックは脱毛サロンなどの専門機関でVIO脱毛するのは「抵抗がある」と60.2%の人が回答しています。

その理由としては、男女とも、「他人に見られるのが恥ずかしいから」をトップに挙げています。

 

専門機関でのアンダーヘア処理に抵抗がある理由

リゼクリニック調べ

 

*アンダーヘア脱毛をやってみたい!という方はこちらから

ワガママ総額

*全国の脱毛ができる美容クリニックを検索したいときは!

美容クリニック検索はこちら


3.編集後記

大人のアンダーヘア事情をご紹介しましたが、いかがでしたか?

「痛い」「恥ずかしい」「レーザーがからだによくなさそう」など、医療脱毛は、ちょっと不安がありますよね。

欧米ではアンダーヘアの脱毛は当たり前になっていると聞きますが、日本でも以外に脱毛率が高いんですね。日本人の美意識の高さのあらわれだと思いますが、ムダ毛との闘いは続いていきそうです。

忘れてはいけないのが、脱毛自体はお肌に負担がかかることなので、脱毛後はお肌も敏感になっていて、そのままにしていると肌荒れしたりしますので、アフターケアはしっかりするのが大切。

化粧水を塗った後、保湿クリームを使って、しっかりとお肌を保湿してくださいね。

 

(執筆:エイジングケアアカデミー編集部 やすだともよ

関連記事

肌老化をまねく近赤外線 アイケアメガネでブロック!

続きを読む

気になる「夏のニオイ」旅行先での対策は?

続きを読む

毛髪に朗報!ノニと魚由来コラーゲン入りドリンクで改善

続きを読む

「日本姿勢と歩き方協会」の10周年記念パーティーをレポート

続きを読む

「夏は痩せやすい神話」ってホントなの?!

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」