ナールスエイジングケアアカデミーを、初めて訪れてくださった方へ

 

 

「正しいエイジングケアのあり方を深く理解し、ご自身の持つ素肌の力を最大限に発揮していただきたい!」
この願いのもと、われわれ「ナールスエイジングケアアカデミー」編集部一同、記事を執筆・編集しています。

 

今の時代、アンチエイジングやエイジングケア、スキンケアの情報は、ネット上にあふれています。

パソコンやスマホを立ち上げて、「エイジングケア」「スキンケア」といったキーワードを入力すれば、さまざまなコンテンツを見ることができます。

 

アットコスメをはじめとするクチコミや、化粧水ランキング・美容液ランキング、

おすすめの保湿クリームなど、美容に関する情報はまさに百花繚乱。

 

また、化粧品も本当に多くの種類があって、どれを選んでよいかわからないくらい

アイテムがあふれています。

 

その一方で、自分自身のお肌の状態や、エイジングケアのあり方に満足している方は、

どれだけいるでしょうか?

 

いろんなエイジングケア化粧品を試したけれど、思ったほどの成果はみえない…。

化粧品のクチコミサイトや広告の雰囲気に流され、試行錯誤を続けているけど、
次のようなお悩みを抱えていることもあるのではないでしょうか?

 

  • ランキング1位の化粧水を使ったけど肌質に合わなかった!
  • ウェブ上の「美肌になる方法」を試したけどうまくいかない!
  • どのエイジングケア化粧品を使ってもピンとこない!
  • 素肌が美しい知人から教わった方法を試したのに、思ったほど素肌が美しくならない!
  • 毎日、しっかりスキンケアをしているのに、かえって肌が荒れてしまった。

 

その原因は、エイジングケアには基本を理解した上で、お一人おひとりに合った方法があるのに、
それを考えずにエイジングケアに取り組んでしまっていることです。

 

肌質は、普通肌、脂性肌、乾燥肌、混合肌、インナードライ肌、敏感肌に分かれます。

また、年齢も環境もさまざまです。

 

だから、お肌はお一人おひとり違いますし、

最も良いエイジングケアを実践する方法もお一人おひとりで違うのです。

 

エイジングケアを考えるに際して、絶対にやってはいけないこと!

 

1.自分のお肌に合わないエイジングケアを行うこと

2.良かれと思って、お肌をかまいすぎること。つまり、過剰なスキンケアをやってしまうこと

3.からだ全体の健康を考えず、スキンケアだけに過剰に頼ってしまうこと

 

です。

 

それは、正しい知識なしにはできません。

「エイジングケアは、からだ全体から考える部分が80%、スキンケアでできることは20%」です。

 

つまり、エイジングケアを始めるにあたって考え、実践することは、

 

1.まず、からだやお肌の仕組み、はらたきを理解すること

2.その上で、食事、睡眠、運動など身近な生活を見つめなおして、
   エイジングケアにとってよりよい生活習慣を身につけること

3.自分自身のお肌の特徴や状態をしっかり理解すること

 

から、スタートすることが、とてもとても大切なのです。

 

そして、

 

4.化粧品の知識を身につけ、その役割、可能性、限界をしっかり理解すること

5.その上で、しっかり自分に合ったエイジングケア化粧品を選ぶこと

6.正しいエイジングケアを実践し続けること

 

で、健やかで美しい素肌があなたのものになるのです。

 

ぜひ、あなたが必要とするエイジングケアに際して、化粧水・美容液・保湿クリーム・フェイスマスク・美容オイルや洗顔・クレンジングなどの情報を活用していただければ幸いです。

 

また、どんなに良いものを選んだとしても、正しく使うことが大切です。
1つ1つのアイテムを正しく使う方法をマスターしてくださいね。

 

さらに、ナールスエイジングケアアカデミーでは、食生活、睡眠、運動、女性ホルモンなど、健康やアンチエイジングと関係の深い情報もたくさん掲載しています。

 

なぜなら、日々のアンチエイジングを意識した生活習慣が大切だからです。

 

エイジングケア化粧品とあわせて、正しい生活習慣を身につける参考としてください。

 

 

最後に、これだけは忘れないでいただきたいことがあります。

 

健やかで美しい素肌は、正しい知識と毎日の実践の上に成り立つということです。

 

ひと時の流行や誤った知識に振り回されず、
ぜひ、エイジングケアの基本となる原理原則を身につけていただき、
健やかで美しい素肌、つまり「美肌」を目指していただきいと考えています。

 

これが私たちの願いです。

 

 

株式会社ディープインパクト ナールス事業部
エイジングケアアカデミー編集部