ステアロイルラクチレートNaは美肌のためのアミノ酸系界面活性剤!

ステアロイルラクチレートNa配合製品を使う女性

ステアロイルラクチレートNaという成分をご存知でしょうか?

よくセラミドと一緒に配合されるアミノ酸系界面活性剤であり、乳化安定剤としてさまざまなスキンケアアイテムに配合されます。

この記事では、ステアロイルラクチレートNaの特性や効果、安全性について詳しくご紹介します。

また、どんな化粧品に配合されるかを取り上げます。

さらに、おすすめのステアロイルラクチレートNa配合のエイジングケア保湿クリームをご紹介します。

アミノ酸系界面活性剤のステアロイルラクチレートNaの記事の目次

1.ステアロイルラクチレートNaで美肌をキープしたいあなたへ

ステアロイルラクチレートNaで美肌になりたい女性

あなたは、ステアロイルラクチレートNaという成分をご存知でしょうか?

ステアロイルラクチレートNaは、アミノ酸系界面活性剤の1種で、アニオン(マイナスイオン系)界面活性剤の一つです。

ステアロイルラクチレートNaは、皮膚の保護作用のある乳化安定剤として、有名な保湿成分であるセラミドと一緒に配合されることの多い成分です。

つまり、セラミド化粧水セラミド美容液セラミドクリームなど、ヒト型セラミドが配合されているセラミド化粧品に使われる成分です。

もちろん、他のエイジングケア化粧品にも配合されます。

美肌のためのアンチエイジングやエイジングケアのためには、ステアロイルラクチレートNaをはじめ化粧品成分を理解することが大切です。

この記事では、ステアロイルラクチレートNaの特性、効果、安全性について詳しくご紹介します。

また、どんな化粧品に配合されるかを取り上げます。

さらに、ステアロイルラクチレートNa配合のオススメのエイジングケア保湿クリームをご紹介します。

「ステアロイルラクチレートNaってどんな成分?」

「特徴やはたらきは?」

「ステアロイルラクチレートNaの効果や安全性は?」

「乾燥肌や敏感肌でも使える化粧品成分なの?」

「ステアロイルラクチレートNa配合のオススメの化粧品は?」

などが気になる方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。

<オススメのステアロイルラクチレートNa配合化粧品なら>

ステアロイルラクチレートNa&ナールスゲン配合エイジングケア美容液「ナールス ユニバ」

<この記事の大切なポイント>
  • ステアロイルラクチレートNaは、アニオン界面活性剤であり、アミノ酸系界面活性剤の1種です。医薬部外品では、ステアロイル乳酸ナトリウムと表記されます。
  • ステアロイルラクチレートNaは、乳化安定剤としてセラミドと一緒に配合されることの多い成分です。また、保湿効果も期待できます。
  • ステアロイルラクチレートNaは界面活性剤の1つですが、刺激性や毒性のない成分です。だから、安全性が高く敏感肌でも使えます。
  • ステアロイルラクチレートNaは、クレンジング料、美容液、乳液、保湿クリームほか、メイク用品にも使われます。とても使用範囲の広い有用性の高い成分です。
  • ステアロイルラクチレートNaは、食品添加物として、麺類やパンの生地の伸びをよくしたり、発酵の安定性のために使われることもあります。

2.ステアロイルラクチレートNaとは?

ステアロイルラクチレートNaについて考える女性

1)ステアロイルラクチレートNaの基本的な特性

ステアロイルラクチレートNaは、高級脂肪酸のステアリン酸と乳酸で構成されたアミノ酸系界面活性剤の一種であり、またアニオン界面活性剤です。

ステアロイルラクチレートNaは、白または微黄色で、性状はビーズ状粉末です。

化粧品成分としての全成分表示では、ステアロイルラクチレートNaです。

医薬部外品では、「ステアロイル乳酸ナトリウム」と表記されます。

2)ステアロイルラクチレートNaの安全性は?

ステアロイルラクチレートNaの安全性のイメージ

ステアロイルラクチレートNaの安全性のデータは多くありませんが、毒性や皮膚刺激性がなく、アレルギーの報告もありません。また、厚生労働省に食品添加物としても承認されている成分です。

したがって、ステアロイルラクチレートNaは、界面活性剤として安全性の高い成分です。

普通肌脂性肌はもちろん、乾燥肌インナードライ肌敏感肌などの肌質でも安心して使える成分です。

アニオン界面活性剤の性質として静電気を帯びるので100%安全とは言えませんが、問題が起こりにくい成分のため敏感肌向けの化粧品にも使われています。

しかし、人によっては、かゆみや赤みがでたり、刺激を感じるなどが起こる可能性も100%否定できません。

つまり、化粧品かぶれ(接触皮膚炎)を起こすこともありえます。

アトピー性皮膚炎がある方やお肌が弱い方は、パッチテストをすることをおすすめします。


3.ステアロイルラクチレートNaのお肌への効果と役割

ステアロイルラクチレートNa配合ヘアケア剤を使う女性

1)ステアロイルラクチレートNaの効果

乳化安定剤としてセラミド配合の化粧品によく配合されます。

保湿効果や毛髪への吸着性もあることから、ヘアケア用品のコンディショニング剤として使われることがあります。

2)ステアロイルラクチレートNaはどんな化粧品に配合されるの?

ステアロイルラクチレートNaはさまざまな化粧品に配合されます。

クレンジングジェルなどのクレンジング料保湿美容液乳液保湿クリームオールインワンゲルハンドクリームシャンプーなど頭皮ケアのアイテム、日焼け止めや化粧下地、コンシーラーなどのメイク用品に使われます。

また、エイジングケア美容液エイジングケア保湿クリームなどに配合されることもあります。


4.オススメのステアロイルラクチレートNa配合保湿クリームは?

ステアロイルラクチレートNa配合保湿クリームナールス ユニバ

ステアロイルラクチレートNa配合のオススメのエイジングケア保湿クリームは、「ナールス ユニバ」です。

私たちの保湿クリームランキングでは、第1位です。

1)ナールス ユニバの開発コンセプト

ナールス ユニバとは、QOS(Quality Of Skin=お肌の質)の向上、つまり、「細かく整ったキメ」、「お肌の内側からのハリと弾力」、「健やかな肌の透明感」、「表皮バリア機能」、 「十分な潤い」などを実現すべく、攻めと守りのエイジングケアをサポートする成分を、バランスよく配合した高機能な保湿クリームです。

成分は濃厚、でも使い心地は軽く、すごく伸びがよいクリームです。

2)ナールス ユニバの配合成分のポイント

ナールス ユニバは、ヒト型セラミドを3種配合しているので、相性のよいステアロイルラクチレートNaを配合しています。

ステアロイルラクチレートNa配合以外には、次のような特徴があります。

①ナールスゲンを推奨濃度で配合

ナールスゲンを推奨濃度で配合しています。

ナールスゲンは、コラーゲンエラスチンヒートショックプロテイン(HSP)47、ヒートショックプロテイン(HSP)70 など真皮のたんぱく質やヒアルロン酸、さらにお肌の酸化を防ぐグルタチオンを増やします。

また、ターンオーバーの正常化をサポートします。

②3種のヒト型セラミド配合

セラミドの中でも浸透性に優れた3種のヒト型セラミド(2、AP、NP)で、お肌のバリア機能の正常化と高い保湿をサポートします。

ナールス ユニバは、セラミドクリームの1つです。

④持続型ビタミンC誘導体配合

持続型ビタミンC誘導体VC-IPが、抗酸化作用、ナールスゲンとの相乗効果を存分に発揮。

⑤シアバター配合

シアバターの保湿力に加え、お肌へのなじみのよさとなめらかな質感を実現。

⑥安全性の高いビタミンA誘導体配合

レチノールを改良したレチノイン酸トコフェリルで、お肌のハリ・ツヤをサポート。

しわの改善をサポートします。

⑦お肌に不要な成分を無添加

パラベンフリーフェノキシエタノールフリーほか、アルコール(エタノール)、アルコール性防腐剤、香料、着色料の無添加化粧品です。


5.ステアロイルラクチレートNaの食品としてのはたらき

ステアロイルラクチレートNaは、ステアロイル乳酸ナトリウムの名前で、パンなどの発酵の安定性、生地の伸びをよくするために使われます。

また、麺などのほぐれを減らしたり、つるつるした状態をつくるための食品添加物として使用されます。

つまり、乳化剤、安定剤、製造用剤として使われるのです。

食品添加物としては、厚生労働省によって各種試験成績などを用いて食品健康影響評価が実施され、一定も基準のもとに配合の濃度などが設定されています。


6.まとめ

ステアロイルラクチレートNaの記事のまとめ

ステアロイルラクチレートNaの特徴や効果、安全性について詳しくご紹介しました。

また、どんな化粧品に配合されるかや、食品としての配合目的なども取り上げました。

さらに、ステアロイルラクチレートNa配合のオススメのエイジングケア保湿クリームをご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

ステアロイルラクチレートNaは、保護作用をもつ乳化安定剤としてセラミドと一緒に配合されていることが多い成分です。

また、界面活性剤としては、アミノ酸系であって刺激も小さく比較的安全な成分です。

そのため、エイジングケア化粧品ほか、さまざまなスキンケアアイテムに配合されています。

ぜひ、ステアロイルラクチレートNa配合の化粧品を上手にエイジングケアに活かしてくださいね。

ナールスチャンネルをみて動画でエイジングケアを学ぼう!

関連記事

ポリアクリル酸Naは高吸収性ポリマー!化粧品での役割は?

続きを読む

酸化チタンは紫外線散乱剤!その役割・UVブロック効果と安全性は?

続きを読む

エチルヘキシルグリセリンは保湿力のある化粧品成分?効果と安全性

続きを読む

トコフェロール(ビタミンE)化粧品で美肌になる5つの効果とは?

続きを読む

ジグリセリンの化粧品成分としての効果と安全性の秘密!

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」